誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西原理恵子

西原理恵子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西原理恵子」のブログを一覧表示!「西原理恵子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西原理恵子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西原理恵子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

高須克弥さんと西原理恵子さんは世界最強カップルなのでありますッ!平成二八年一〇月六日木曜日十九時☆ 〈文春トークライブ第9回〉最強カップル西原理恵子さん&高須克弥さんが「あなたの質問に答えます」|文藝春秋 http://www.bunshun.co.jp/info/talklive/こっ、これは…ッ?お ... » more
テーマ 高須克弥 西原理恵子

壇蜜さんと西原理恵子さんの「人生問答」最高でしたッ!☆平成二十七年〇九月三〇日水曜日十九時♪ きょう、生涯忘れ得ないであろうイヴェントのハガキが届いた☆それも『手書き』で。まさか当たるなんて…この日に向けて体調を万全に整えるぞ。あああ、待ち遠しい! via ついっぷる2015.09 ... » more

(いじめられている君へ)西原理恵子さん「上手にうそをついて」西原理恵子さん〔朝日新聞〕 (いじめられている君へ)西原理恵子さん「上手にうそをついて」西原理恵子さん2015年8月30日09時07分http://www.asahi.com/articles/ASH8Z5QYFH8ZUEHF00X.html ... » more
テーマ 西原理恵子

日曜の昼にテレビをつけたらたまたまやってた映画をなんとなく鑑賞。「女の子ものがたり」。西原理恵子のマンガを映画化したものだそうで、2009年の作品。TOKYO MX。3月はガールズムービー特集だってさ。自堕落な暮らしをしている漫画家 ... » more

「西原理恵子の人生画力対決(6)」西原理恵子著(小学館 880円)…サイバラひがみ節、絶好調です!! 「西原理恵子の人生画力対決(6)」西原理恵子著(小学館880円)西原理恵子の人生画力対決 6 (コミックス単行本)小学館 西原 理恵子 Amazonアソシエイト by 西原理恵子の人生画力対決(6) [ 西原 ... » more

「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」(文春新書)西原理恵子著(文藝春秋 840円) 「生きる悪知恵」西原理恵子著(文藝春秋840円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年10月9日 掲載<みっともなくても、ウソをついても生き残った者が勝ち>「生きる悪知恵正しくないけど役に立つ60のヒント」(文春新書) ... » more
テーマ 西原理恵子 書籍・書評 日刊ゲンダイ

西原理恵子氏 前夫と最後の半年過ごせたのは高須院長のお陰 西原理恵子氏前夫と最後の半年過ごせたのは高須院長のお陰NEWSポストセブン2012.10.12 07:00女性セブン10月25日号に掲載されている対談記事において、ふたり揃って熱愛宣言をした高須クリニック院長の高須克弥氏と漫画家 ... » more

西原理恵子の娘「高須先生は松潤じゃないもん」と怒っていた 西原理恵子の娘「高須先生は松潤じゃないもん」と怒っていたNEWSポストセブン2012.10.11 06:59女性セブン10月25日号でふたり揃って交際宣言をした高須クリニック院長の高須克弥氏と漫画家の西原理恵子氏。同誌では、そん ... » more

高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年 高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言すでに交際2年NEWSポストセブン2012.10.11 05:00高須クリニック院長の高須克弥氏(67才)と漫画家の西原理恵子氏(47才)が11日発売の女性セブンで熱愛宣言をした。これ ... » more

出会いは10年前。西原氏が週刊誌のエッセイに、「高須クリニックのCMのなんと下品なことか。でも好きだ。あなたのお友達になってやってもいい」と書いたのがきっかけだった。その記事を読んだ高須氏が、西原氏にファンレターを送ると、西原氏も「 ... » more
テーマ 高須克弥 西原理恵子 エンタメ

言いにくいこともズバッと回答するサイバラの人生相談。キレイゴトでは生きていけないことは、みんなわかってる。でもどうしてもキレイゴトや曖昧さに逃げてしまう。言い訳ばかり言って。男と女の話、浮気、就職活動 ... » more

絵本コーナーで探し物をしていたら、本書を発見しました。サ、サイバラさんが児童向け絵本ですか!?!?最初、店員さんが場所を置き間違えたのかと思いましたよ(笑)。不思議な生き物(?)、いけちゃんとぼくの生活。ぼくだけ ... » more

またしても米国に来ております *街のいたるところで広告を見ました。どうやらまた店が出来るみたいっす。どうも全国300万人の女子高生の皆さ〜ん、もとい50人も多分いない違いのワカる皆様、筆者の時計は今20:30を過ぎたところです、またしても米国におります。仏の ... » more

涙なしには読めなかった第4巻。私にはいろいろ衝撃で、続きが読めていませんでした。さて、続く本巻では、強く明るく楽しく育っているお子さんたちが描かれています。お父さんは世界を旅しているから帰ってこない。お父さん ... » more

海と山しかない、何も無い町で暮らす一太と二太、かの子の三姉弟。毎日を生き抜くだけで精一杯の町で、二太はいつも笑顔で暮らしている。「ぼくんち」だった家に戻ることを夢見て。家がなくなっちゃったって、生きていける。店がなくなっ ... » more

本作は、ゆんぼくんとかあちゃんの、ほのぼのな日常物語。20年以上前に出版された作品ですから、まだりえぞうさんは鉄火場で剥ぎ取られていた頃のはず。ギラギラ、ギリギリの勝負に明け暮れていた頃に、こんなほのぼの作品を描けるとは・・・・・・ ... » more

愛のゴンズイ玉 毎日かあさん
毎日かあさん 諸般の事情により映画「毎日かあさん」を観に行きました。以前ブログで日本のシャネルと勝手に命名したサイバラ先生の半生を描いた作品、彼女の浪花節でもフェミでもない生き方は唯一無二でありますね。面白かったかって?そうっすね、強いて言う ... » more

映画の毎日かあさん、観ました。事前のレビューだと、「あんなことする男の子なんているのか。ちょっと『イタイ』んじゃないのか」などというもの(主に男性の感想)がありましたが、いやーおかしくないですよ。あれぐらい全く当たり前。 ... » more

私にとって、西原理恵子さんとの最初の出会いがこの作品。確か、中学のときに毎月買っていた『近代麻雀』(ゴールドだったかな?)という雑誌に連載されていたと思います。鉄火場での勝負を描いた話が多い「近代麻雀」誌の中で、本作はゆ ... » more

最近の西原理恵子さんの作品の中で一番好きなのがこのシリーズです。本作は、毎日新聞朝刊に週1回連載されています。鉄火場を渡り歩いていた「りえぞう」さんも、今では2児の「母」。『まあじゃんほうろうき』の頃もとても大好きでした ... » more

昨日、群ようこさんと西原理恵子さんの対談集(『鳥頭対談』)についての感想を書いたら、コアな西原さんファンの方がたくさんいらっしゃることがわかったので(笑)、同時に借りた本作の感想についても書いてみようと思います。伊集院静氏と言え ... » more

本作は、軽妙で明るい文体のエッセイスト・群ようこさんと、毒舌・無頼・人情派の漫画家でありエッセイストでもある西原理恵子さんとの対談集です。しかし、この2人が集まったら・・・・・・こんな本になるのか(笑)。浪費の止まら ... » more

「NHKの島津有理子アナウンサーがエッセイ発売です♪」についてNY行ってもガンガレしかしなぜ西原とのタッグなのだろう一見すると誰が原作者なのかわかんないよね ... » more
テーマ 女子アナ 島津有理子 西原理恵子

愛のゴンズイ玉 最後の後悔
最後の後悔 今年も残すところ一日と相成りました。今回は、どーしても今年中に一筆啓上したいと思ったトピックスをお届けです。それは土曜夜にテレ東で放映中のユルい旅番組、以下勝手に略称「ユル旅番組」に関する異変についてであります。2〜3週間前に放 ... » more

まぁほとんどマンガだから「読みました」と言うほどのものではないですが。前はそれほどとも思わなかったのですが最近とみに絵が下手になっております。本人もそれを意識しているかのようなことを書いていましたね。よく素人を対象に雑誌や新 ... » more

『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子 理論社 「毎日かあさん」で有名な著者・西原理恵子さんが、ご自身の生い立ちを振り返りながら「お金」について語っておられる御本です。お金がない場合におきる、人間の心の闇をも、ドキッとするほどズバリ・リアルに書かれていて、そちらに興味がいってしまいがちで ... » more

第703夜 【いけちゃんとぼく】 【いけちゃんとぼく】角川書店2006年8月31日発行西原理恵子我が家はずっと毎日新聞を愛読しています。参考書を選ぶ時も、パッと開いた時に、『見やすい』と思ったもの、つまり第一印象がよかったものを私は選びます。新聞 ... » more

本ミシュラン【ぼくんち】西原理恵子
【ぼくんち】西原理恵子 貧困という現実に気づき始めた世の中で、本当の幸せについて考えさせられる話。最近、面白い本がない・・・。あまり漫画は載せない方針だが、例外として紹介してみる。貧しい町(おそらく著者の故郷である高知の町)に住む家族の物語。母親は家の権利書を持っ ... » more

西原理恵子博覧会 バラハク@PARCO FACTORY 行ってきました。バラハク。ツバッキーさんところで紹介されていて、運良く渋谷へ行く用があり立ち寄りました。会期終了までに行く事が出来、こうして記事にすることも出来てよかった!http://www.parco ... » more

読書日記「毎日かあさん 5 黒潮家族編」 相変わらずさえて(?)るね 西原理恵子のマンガだよん。確か、一昨年出た第4巻は、その年一番泣けたマンガという惹句がついていたね。今回は、泣けないが子供たちの成長振りと、家族の仲良しぶりがよくわかりましたね。私の周りには息子のようなおばかさんでエネル ... » more
テーマ 西原理恵子 読書 鴨志田穣

 

最終更新日: 2016/11/11 16:54

「西原理恵子」のブログ関連商品

» 「西原理恵子」のブログレビュー をもっと探す

「西原理恵子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る