誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読書会

読書会

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読書会」のブログを一覧表示!「読書会」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読書会」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読書会」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

読書会・478「ジャン・クリストフ(4)」 -ロマン・ローラン-(岩波文庫) 2016/09/13(火)久しぶりに雨が降りました。朝方はずいぶん涼しくなりました。『ジャン・クリストフ』最後です。「ジャン・クリストフ(4)」ロマン・ローラン 豊 ... » more
テーマ 読書会

平成28年9月の読書会 ご案内 2016年9月の読書会ご案内特別企画公益法人『陽明文庫』・近衛文麿公別邸(虎山荘)参観と共にさてこの度は読書会秋の特別企画の御案内を申しあげます。会員のご紹介によりお知り合いの方々もお気軽にご参加頂きますよう、お待ちして ... » more

読書会・477「ジャン・クリストフ(3)」 -ロマン・ローラン-(岩波文庫) 2016/07/26(火)夏本番です。文化の森では「トクシマ恐竜展」(7/15-9/19)が開かれています。楽しそうな子どもの声が聞こえてきます。「ジャン・クリストフ( ... » more
テーマ 読書会

やっと梅雨が明けたようですねさて、とりあえずやってみるか(^o^)で始めた読書会<子どもの本(古典)を楽しむ会>ですが、なんとか続いていて、今年5年目に入りました(^.^)で今まで読ん ... » more

7月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第8章』と『シルバーバーチの霊訓』より“自由意志について”です。◇霊訓に入 ... » more
テーマ 読書会

子どもの本(古典)を楽しむ会 先日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『ムギと王さま』(エリナー・ファージョン/作エドワード・アーディゾーニ/絵石井桃子/訳岩波書店)ムギと王さま (ファージョン作品集 3)岩波書店 エリナー・ファージョン Amaz ... » more
テーマ ストーリーテリング 児童文学 読書会

6月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第8章』と、「祈りと瞑想」についてです。◇霊訓に入る前の学び◇■地 ... » more
テーマ 読書会

読書会・476「ジャン・クリストフ(2)」 -ロマン・ローラン-(岩波文庫) 2016/06/21(火)しらさぎ台集会所で読書会を開きました。6月4日に梅雨に入りました。20日夜から21日未明にかけて熊本地震の被災地に記録的な大雨が降りました。大きな被害にならないように ... » more
テーマ 読書会

5月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第8章』と、実践の3本柱「苦しみへの正しい対処」、その他です。◇霊訓に ... » more
テーマ 読書会

16日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『宝島』(スティーブンソン/作)とりあえず、福音館か岩波のものを読んでくることになっていました。私は、まず岩波少年文庫(海保眞夫/訳)を読んだんですが、うーーむ ... » more

読書会・475「ジャン・クリストフ(1)」 -ロマン・ローラン-(岩波文庫) 2016/05/17(火)文化の森では新緑が目にさわやかです。梅雨がもうすぐやってきます。この季節を楽しみましょう。「ジャン・クリストフ(1)」ロマン・ローラン ... » more
テーマ 読書会

HITOIKI Blog喋り足りなかった読書会
喋り足りなかった読書会 こんばんは、HITOIKIです。先日、某所で恒例の読書会を開いた。集まったのは6人。新入会のS君は僕の娘と同年。その速読を見込んで誘った。なんと仮往生伝試文を3日で読破したつわものだ。それと、紅一点のNさんは北海道に移動になり今回がお分 ... » more
テーマ 古井由吉 雑記 読書会

「仮往生伝試文」を読む(18) ー仮ながらせっかく立往生に座往生ー 仏さまが迎えにくるのを椙の木末に裸体で縛られながら待っていた聖人は助けられるのを逆らうが、狂ったまま2、3日で死んでしまった(29頁)。今昔物語集巻20第12話伊吹山三修禅師得天狗迎語が出典のようである。仮往生伝試文の仮の往生とは椙の木 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(17) ーあちらの腹の子を嫡男にー 天性淫奔の夫は狐に騙されて自宅の蔵の下に潜り込み、13年の間に子供まで儲けて戻ってみると、13日が過ぎただけだった(295頁)。今昔物語集巻16第17話備中国賀陽良藤為狐夫得観音助語が出典のようである。夫は家では余計者のようで家人は眼中 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(16) ー居ても居なくてもー 六角堂で願をかけた帰りに百鬼夜行に出会って、自分の姿を消された男は家のものからも、さほど不思議がられず、病に苦しむ姫君の前に突然に姿を現した時も大目に見られた(259頁)。今昔物語集巻16第32話隠形男依六角堂観音助顕身語が出典のようである ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(15) ーほうけた真顔ー 官職からはずれた下級貴族が唐人から算木を習い、自分は法師に落ちぶれたが、庚申の夜に女房たちを算木で笑壺に入れてしまう(243頁)。宇治拾遺物語巻第十四一一(一八四)高階俊平が弟入道算術の事が出典のようである。死ぬほどに笑転げてしまう呪術 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

平成28年5月の読書会 ご案内 2016年5月の読書会ご案内「アスニー」へは、中央図書館のある丸太町通りからお入りください。文庫本『心』をお持ちのかたは、ご持参ください。◆読書会:5月22日(日)午後1時〜5時まで。・会場:京都生涯学習センター「京 ... » more
テーマ 読書会 ご案内

「仮往生伝試文」を読む(14) ー死の呪力ー 鐘堂の内で死んだ真似をした老法師は、穢を恐れた僧の知らぬ間に鐘を盗み出してしまう(203頁)。今昔物語集巻29第17話摂津国来小屋寺盗鐘語が出典のようだ。死んだ真似とはいえ、黄泉に就いた者が地上に湧出する時刻というものがあり、それまでは ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(13) ーいま暫くは人間にー 出典は探せない。自分が往生する夢が疫病のように流行し、本当に往生してしまった。それから、女房の枕元に現れて、いま暫くは人の間に住んで、精進を加えて、極楽に生まれたい、と告げる。往生してから、往生を願う。「それまでのほうがかえって往生していた ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(12) ー博打から往生までー 貧しさ故に僅かな金も自由にならないために博打仲間になれずにいた下端侍が、女房の許しを得て、その女房が自分の着物を質に入れた金で、一度だけの博打で勝って、以前からの希望で出家した(140頁)。古今著聞集巻第十二博奕四百二十三が出典のようである ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(11) ー家にては殺さじー 病気を得た妹を家で死なれては穢のために宮仕えの妨げになると知人宅に預けようとするが断られてしまう(112頁)。今昔物語集巻29第18話羅城門登上層見死人盗人語が出典のようである。 病人を持つ家族の迷いは何時の時代にもある。ついひと昔前ま ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(10) ー羅城門と羅生門ー 芥川龍之介の「羅生門」の原作ともいえる「羅城門」、古井由吉は二つの文を対比して死人の髪を抜く姿にいとうしさを見る(110頁)。今昔物語集巻29第18話羅城門登上層見死人盗人語が出典のようである。「羅生門」では死人と死人の髪をぬく老婆の関 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

4月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第8章』と、『霊の書P312』より利己性・利己心の悪弊についてです。◇霊 ... » more
テーマ 読書会

読書会・474「風と共に去りぬ(6)」 -マーガレット・ミッチェル-(岩波文庫) 2016/04/19(火)14日夜以来、熊本、大分両県を中心に大きな地震が続いています。各地で大きな被害をもたらしています。相次ぐ余震にさらされている住民の皆さんのことを思うと心が痛みます。熊本地 ... » more
テーマ 読書会

「仮往生伝試文」を読む(9) ー妻に隠して悪業に世を渡るー こんばんは、HITOIKIです。こう始まると、なんでも話せる気がしてくる。きょうは、読書会の話をしよう。本好きの仲間3人で平成23年10月に始めた読書会。最初はエリック・ホッファーの「エリック・ホッファー自伝」を読んだ。3人でその回の当 ... » more
テーマ 古井由吉 雑記 読書会

「仮往生伝試文」を読む(8) ー見知らぬ男を受け入れるー 貧女が観音に参った後、見知らぬ男を受け入れたが、その男が盗人とわかると逃げ帰ってしまう(74頁)。今昔物語集巻16第33話貧女仕清水観音値盗人夫語が出典のようである。その後、女は逃げ去ってから、別の男を夫として安らかな生涯を過ごした。盗人と ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(7) ー妻には告げずー 臨終の時にも妻には告げずにおくようにと弟子に言い残した僧の話である(69頁)。出典は明らかではないが、抄石集や発心集に記述があるようである。妻は夫の菩提を妨げるために連れ添ったとあるから、臨終の時にその往生を撹乱しようと待ち構えていたのだろ ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(6) ー哀しみの火焔ー 大安寺の別当には美しい娘も仕えていた。その娘のところへ蔵人の某が通うようになり、昼寝の中で家の者が熱した銅の湯を呑んで焔と煙を吹き出していた(55頁)。宇治拾遺物語第112話(巻9・第7話)大安寺別当女ニ嫁スル男夢見事が原典のようである。往 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む (5)ー然るべし、然るべしー 沙門蓮待は往生するために高野山に戻って来て、屍体を野に棄てて鳥獣に施せと遺言するが、屍体が浄地を穢すと言われると、「然るべし、然るべし」と答え、下山してしまう(48頁)。出典は「高野山往生伝」だろうか。なんとも、切ない話である。自分の死に場 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

3月読書会 3月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第6章』と、ニューズレター41号P6“スピリチュアリズム運動の縮図とも言うべき図”からの学びです。 ... » more
テーマ 読書会

 

最終更新日: 2017/07/23 09:38

「読書会」のブログ関連商品

» 「読書会」のブログレビュー をもっと探す

「読書会」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

すばらしいとき (世界傑作絵本シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル すばらしいとき (世界傑作絵本シリーズ)
福音館書店 ロバート・マックロスキー

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ)
福音館書店 ロバート・マックロスキー

アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち― (連続講座〈絵本の愉しみ〉 1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち― (連続講座〈絵本の愉しみ〉 1)
朝倉書店 吉田 新一

ゆかいなホーマーくん (岩波少年文庫 (017)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ゆかいなホーマーくん (岩波少年文庫 (017))
岩波書店 ロバート・マックロスキー

サリーのこけももつみ (大型絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル サリーのこけももつみ (大型絵本)
岩波書店 ロバート・マックロスキー

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る