誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読書会

読書会

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読書会」のブログを一覧表示!「読書会」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読書会」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読書会」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

読書会・474「風と共に去りぬ(6)」 -マーガレット・ミッチェル-(岩波文庫) 2016/04/19(火)14日夜以来、熊本、大分両県を中心に大きな地震が続いています。各地で大きな被害をもたらしています。相次ぐ余震にさらされている住民の皆さんのことを思うと心が痛みます。熊本地 ... » more
テーマ 読書会

「仮往生伝試文」を読む(9) ー妻に隠して悪業に世を渡るー こんばんは、HITOIKIです。こう始まると、なんでも話せる気がしてくる。きょうは、読書会の話をしよう。本好きの仲間3人で平成23年10月に始めた読書会。最初はエリック・ホッファーの「エリック・ホッファー自伝」を読んだ。3人でその回の当 ... » more
テーマ 古井由吉 雑記 読書会

「仮往生伝試文」を読む(8) ー見知らぬ男を受け入れるー 貧女が観音に参った後、見知らぬ男を受け入れたが、その男が盗人とわかると逃げ帰ってしまう(74頁)。今昔物語集巻16第33話貧女仕清水観音値盗人夫語が出典のようである。その後、女は逃げ去ってから、別の男を夫として安らかな生涯を過ごした。盗人と ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(7) ー妻には告げずー 臨終の時にも妻には告げずにおくようにと弟子に言い残した僧の話である(69頁)。出典は明らかではないが、抄石集や発心集に記述があるようである。妻は夫の菩提を妨げるために連れ添ったとあるから、臨終の時にその往生を撹乱しようと待ち構えていたのだろ ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(6) ー哀しみの火焔ー 大安寺の別当には美しい娘も仕えていた。その娘のところへ蔵人の某が通うようになり、昼寝の中で家の者が熱した銅の湯を呑んで焔と煙を吹き出していた(55頁)。宇治拾遺物語第112話(巻9・第7話)大安寺別当女ニ嫁スル男夢見事が原典のようである。往 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む (5)ー然るべし、然るべしー 沙門蓮待は往生するために高野山に戻って来て、屍体を野に棄てて鳥獣に施せと遺言するが、屍体が浄地を穢すと言われると、「然るべし、然るべし」と答え、下山してしまう(48頁)。出典は「高野山往生伝」だろうか。なんとも、切ない話である。自分の死に場 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

3月読書会 3月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、『霊性進化の道しるべ第6章』と、ニューズレター41号P6“スピリチュアリズム運動の縮図とも言うべき図”からの学びです。 ... » more
テーマ 読書会

「仮往生伝試文」を読む(4) ー食、菩提を障へずー 叡山の成意という僧は心にまかせて、普通なら僧は午後には食さないところを、朝夕と食らった。そして、普段より多い食を自分と弟子に分けて、その日に往生した(41頁)。今昔物語巻15第5話比叡山定心院僧成意往生語が原典のようである。往生のために飲食 ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(3) ーひとり芝居のひとり往生ー 丹後の聖人が毎年大晦日になるとひとり芝居をして、極楽からの使いの手紙を自分で書いて、小僧に持たせ、あたかも極楽からの使者が来たかのように喜ぶ(18頁)。今昔物語巻15第23話始丹後国迎講聖人往生語が原典のようである。ひとり芝居では自分のはか ... » more
テーマ 古井由吉 読書会  コメント(2)

「仮往生伝試文」を読む(2) ー往生していながら往生を求めてやがて往生したー 叡山、東塔の僧、長増が突然、厠から行方知れずになり、門から門へと乞食をしながら数10年が経って古寺の裏手で往生した(17頁)。今昔物語巻15第15話比叡山僧長増往生語が原典のようである。ある日、厠に居る間に、心静かにおぼえて、往生をもとめよ ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

「仮往生伝試文」を読む(1) ー忘失の清浄さの中から、生涯の反復が淡くうかんで棄てられるー 増賀聖人の往生での囲碁の情景と泥障胡蝶の情景を紹介している(12頁)。今昔物語巻12第33話多武峰増賀聖人語が原典のようである。長らく忘れていたことが思い出され、死ぬ前にやってみたくなる。そのことは苦心惨憺、克服されたものでもなく、浄化され ... » more
テーマ 古井由吉 読書会

奥の手? 昨日は、<子どもの本(古典)を楽しむ会>でした(^o^)今回は、『くまのパディントン』(マイケル・ボンド/作ペギー・フォートナム/絵松岡享子/訳福音館書店)くまのパディントン (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)福音館 ... » more

読書会・473”「終戦日記」を読んで” -野坂昭如-(朝日文庫) 2016/03/15(火)昨日は真冬の寒さでした。今日は青空が広がり過ごしやすい1日でした。知識の森ではオオシマザクラが満開を迎えていました。”「終戦日記」を読んで ... » more
テーマ 読書会

阿川佐和子さ〜ん! 中国新聞尾道メディアステーション完成記念阿川佐和子講演会に尾道まで行ってきました。『聞く力』のチカラ読書会のお友達が応募してくれて・・・無料です!阿川さん、TVでおなじみ!とってもチャーミングステ ... » more

2月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、霊優位について・霊の根源についてと、『霊性進化の道しるべ第6章』です。◇霊訓に入る前の学び ... » more
テーマ 読書会

読書会 隔月でやっている<子どもの本(古典)を楽しむ会>ですが、本当は、先月のはずでした。ところが、不覚にも風邪をひいた私のせいで、今月15日(月)に日程変更、させていただいちゃいました(^_^;)すみませんm(__)m ... » more

読書会・472「風と共に去りぬ(5)」 -マーガレット・ミッチェル-(岩波文庫) 2016/02/16(火)土日の暖かさがうそのように、今朝はぐっと冷えました。朝方、雪がちらちらと舞っていました。「風と共に去りぬ(5)」 マーガレット・ミッチェル ... » more
テーマ 読書会

週末の梅 と ランチ 先週末、大寒波襲来、嵐の前のつかの間の日。毎年恒例の『みみずくさん』との合同読書会でした。今年は『蜩の記』葉室麟。新年にふさわしく凛とした武士の生き様。江戸時代の身分の違いの厳しさ。家族の絆。そして何 ... » more

平成28年2月 読書会のご案内 2016年最初の読書会ご案内2月の本年最初の読書会は下記の通りです。なお、読書会の会場が櫻谷文庫画室ではなく、「京都アスニー」に変更となったこと、ご留意いただきます様に。アスニーは病院もありますが、中央図書館のある丸太町通りからお入 ... » more
テーマ 読書会 ご案内

読書会・471「杉原千畝・情報に賭けた外交官」 -白石仁章- 2016/01/19(火)19日、徳島市では初雪と積雪を観測しました。通勤時間には断続的に雪が降りしきりました。9時過ぎには積もっていた雪がかなり解け、幸い読書会には影響がありませんでした。{ ... » more
テーマ 読書会

12月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。内容は、モーゼスの『霊訓』より改宗の難しさ・大変さについて、霊界の導きについて、『霊性進化の道しるべ第6章』です。 ... » more
テーマ 読書会

読書会・470「風と共に去りぬ(4)」 -マーガレット・ミッチェル-(岩波文庫) 2015/12/15(火)12月も半ばになりました。今年は本格的な寒さがまだ来ていません。「風と共に去りぬ(4)」 マーガレット・ミッチェル 荒 このみ/訳岩波文庫 ... » more
テーマ 読書会

平成27年12月 読書会のご案内 平成27年12月 読書会のご案内皆さま、先日の定例会ではご参加有難うございました。新しい会員の方々も増えて何よりと喜んでおります。さて、12月の本年最後の読書会は下記の通りです。今回から会場が変更になります。アスニーは病院もあり ... » more
テーマ 読書会 ご案内

『菜の花の沖』-司馬遼太郎- 2015/12/01(火)2000年、NHKで「菜の花の沖」(原作:司馬遼太郎)が放映されました。原作『菜の花の沖』をいつか読みたいと思っていました。2007年9月、函館に旅行しました。函館は高田 ... » more
テーマ 読書会

11月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。学習内容は、『霊性進化の道しるべ第5章』と、“真理を正しく理解し、実践することの大切さ”です。 ... » more
テーマ 読書会

子どもの本(古典)を楽しむ会 先週の読書会のことをすっかり書き忘れていました(笑)今回は、『だれも知らない小さな国』(佐藤さとる/作講談社)コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ)講談社 佐藤 さとる Amazonアソ ... » more

読書会・469「舟を編む」 -三浦しをん- 2015/11/17(火)小雨が降っていました。雨に濡れた落ち葉に風情を感じます。「舟を編む」 三浦しをん光文社文庫出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや ... » more
テーマ 読書会

読書会・468「風と共に去りぬ(3)」 -マーガレット・ミッチェル-(岩波文庫) 2015/10/20(火)秋らしいさわやかな日が続いています。「風と共に去りぬ」第3巻を取り上げました。第4巻は11月に発行の予定です。「風と共に去りぬ(3)」 マーガ ... » more
テーマ 読書会

10月の関東シルバーバーチの会の読書会に参加させていただきました。以下に、学んだ箇所からいくつかをご紹介いたします。学習内容は、『霊性進化の道しるべ第5章』と、「真理普及に携わる者の心得」です。真理に入る前の学び ... » more
テーマ 読書会

平成27年10月 読書会のご案内 平成27年10月 読書会のご案内10月のみ、読書会は、堺市の「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」へ見学を兼ねて行います。〈さかい待庵〉の茶室も予約してあります。見学の後は講座室で読書の感想を語り合いましょう。今回、特別企画として、 ... » more
テーマ 読書会 ご案内

 

最終更新日: 2016/11/26 09:46

「読書会」のブログ関連商品

» 「読書会」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る