誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヒトラー

ヒトラー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヒトラー」のブログを一覧表示!「ヒトラー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヒトラー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヒトラー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

▼朝、毎、読はみんな知っているはずだ!安倍政府のヒトラー「わが闘争」の教材容認は時事通信の「特ダネ」だ。他のメディアを検索して見たがどこにも載っていない。最初、ニセ情報かと思った。エイプリルフールはとっくに過ぎた。いくら安倍政権 ... » more
テーマ ヒトラー

▼安倍政府のヒトラー容認世界はどう見る?ユダヤ人大量虐殺の引き金となったヒトラーの「わが闘争」の教材使用を容認した安倍政府。銃剣道、教育勅語に次ぐ「わが闘争」容認―。東条英機や岸信介による戦前の軍国主義へと回帰する安倍晋三の超国 ... » more

▼ヒトラーの「わが闘争」教材使用OK!思わず、わが目を疑った!安倍晋三政府は、ヒトラーの「わが闘争」を教材として使っても構わないと言った。いよいよ来るとこまで来た。「わが闘争」はナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝で、ユダヤ人の ... » more
テーマ ヒトラー 戦争

「帰ってきたヒトラー」を見てまさに安倍の手法だと思った。 帰ってきたヒトラー原題Er ist wieder da※彼は今現れたストーリー2014年のベルリンのヒ渡来地下塹壕跡に蘇ったヒトラーは、新聞販売店主人に助けられる。テレビ局「My TV」をクビになったザヴ ... » more

▼“救世主”がいつの間にか独裁者に変身大衆迎合主義(ポピュリズム)の危険性についてローマ法王が警告した。急速に世界を覆い始めた大衆迎合主義の風潮に危険な臭いを感じるのは私だけなのか。韓国。一昨年、日韓両国の政府間で合意し ... » more

▼ヒトラーはドイツの“救世主”だった!大衆迎合主義(ポピュリズム)の危険性についてローマ法王が警告した。急速に世界を覆い始めた大衆迎合主義の風潮に危険な臭いを感じるのは私だけなのか。ポピュリズムの危険性は歴史を振り返れば一目瞭然 ... » more

70年ぶりに蘇ったヒトラーに共感!? …劣化する日本に通じる「不気味な恐ろしさ」の正体 70年ぶりに蘇ったヒトラーに共感!? 劣化する日本に通じる「不気味な恐ろしさ」の正体辻田 真佐憲近現代史研究者現代ビジネス2016年10月14日http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48879 ... » more
テーマ ヒトラー 劣化する日本 辻田真佐憲

佐藤優が説く!いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由…この国は意外とナチスに近い? 佐藤優が説く!いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由この国は意外とナチスに近い?現代ビジネス2016年10月16日佐藤 優作家http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49899 ... » more
テーマ わが闘争 ヒトラー 佐藤優

《モンゴルズシアターカンパニーの『闘争 判断』を観てきた》 モンゴルズシアターカンパニーの『闘争 判断』を見て、アフタートークも聞いてきた。胡桃澤伸さんがその第一部の脚本を書いている。問題児だった6歳のアドルフ・ヒトラーがもし当時フロイトの診断をうけていたらどうなっただろうか?という問題設定 ... » more

ヒトラーに酷似…安倍首相を暗示するパロディー動画の中身 ヒトラーに酷似…安倍首相を暗示するパロディー動画の中身日刊ゲンダイ2015年6月21日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160986 パロディー動画が大人 ... » more

私はハイデガーについてほとんど知らないのですが本書のハイデガー霊は面白い見解を提示しています.アインシュタインやS.ジョブズの霊言が,「らしく」なかったのですが,本書は本物ぽい感じかします.さて,本霊言のP.70中にヒトラー ... » more
テーマ ヒトラー ハイデガー 霊言

ヒトラーとドンジョバンニ ナチス時代に演奏された「ドンジョバンニ」を聴いた。指揮者はカール・エルメンドルフドレスデン管の演奏。1943年、ドレスデンにおける録音。DOKUMENTEBERLINCLASSICSレーベルの3枚組CD。 ... » more
テーマ ヒトラー Mozart ドンジョバンニ

本澤二郎の「日本の風景」2013年7月31日(1359)の記事、『こんなことが許される日本でいいのか』で、本澤氏は、批判力がなく官僚の用意した情報を垂れ流す、駄目なヒラメ記者ばかりになってしまった現状を嘆いている。 ... » more
テーマ ヒトラー 本澤二郎 金支配

「ヒトラーの秘密図書館」 ヒトラーの蔵書から見えてくるもの ノンフィクション「ヒトラーの秘密図書館」2009年アメリカティモシー・ライバック著赤根洋子訳文藝春秋2010年1月10日第一刷2010年3月1日第二刷2013年4月21日(日)読了アドルフ・ヒトラーの死、およびドイツの敗北による ... » more

あんまりそれ自体に囚われすぎてもいけませんが、ヒットラーの予言も凄いものですね。ほぼ当たっています。ここでも2極化を言ってますね。凡人にはわかりにくい速度で確かに格差が拡がっています。2039年の話もしていますが ... » more
テーマ 新人類 ヒトラー 予言

「ミッキー・マウス ディズニーとドイツ」 クリスマス・プレゼントはミッキー・マウス 評論「ミッキー・マウスディズニーとドイツ」1992年ドイツカルステン・ラクヴァ著柴田陽弘監訳眞岩啓子訳現代思潮社2002年12月10日初版第1刷2011年第3刷2012年10月8日(月)読了今年に入ってウォルト・ディズニーの伝記 ... » more
テーマ ヒトラー ディズニー ゲッベルス

「脱出 1940夏・パリ」 忘却と記憶 ノンフィクション「脱出1940夏・パリ」FLEEINGHITLERFRANCE19402007年イギリスハンナ・ダイアモンド著佐藤正和訳朝日新聞出版2008年5月30日第1刷発行2011年9月26日(月)読了非常に面白く読んだ。 ... » more

個人的な感想としては、ヒトラーに似ているとは思えないんだけれど。ただ、記事によれば「東アジアのポップカルチャーや商業アートには、ヒトラーとナチスに魅了されてきた長い歴史がある。」とのこと。潜在的に、問題が生じる余地はあっ ... » more

「ヒトラー最期の12日間」 破滅への意志 ノンフィクション「ヒトラー最期の12日間」2002年ドイツヨアヒム・フェスト著鈴木直訳岩波書店2005年6月21日第1刷発行2005年7月11日第3刷発行2011年7月2日(土)読了この前読んだ「ヒトラー最期の日50年目の新事実 ... » more

ノンフィクション「ヒトラー最期の日50年目の新事実」1995年エイダ・ペトロヴァ&ピーター・ワトソン著藤井留美訳原書房1996年10月10日第1刷2011年6月27日(月)読了ヒトラーの頭蓋骨発見!ロシアで発見された頭蓋骨が ... » more

菅首相の指導力不足は明らかです。記事の題名のように首相が「独善」で「場当たり」的であるということも首肯できます。ただ、ヒトラーにたとえた表現は、どうも議論が飛躍していると思います。首相の発する「ことば」に誠意や重みがない ... » more

第一次大戦後のドイツやイタリア、それに最近では日本の森内閣から小泉内閣にかけての状況を例にあげて、政治の危うさを説明したコラムがありました。読んでみて、確かにそのような歴史であったように思います。となると、今後の日本の政治はどうなの ... » more
テーマ ムソリーニ ヒトラー 政治の貧困

ブルーノ・ガンツ氏のヒトラー観 『ヒトラー・最期の12日間』でヒトラー役を演じ、特に逆切れシーンはYoutubeなどで様々なパターンが作られるほど、忘れられない存在となったブルーノ・ガンツ氏。彼はスイスに生まれ、19歳で映画デビューした俳優さんです。よ ... » more
テーマ ヒトラー 歴史 ブルーノ・ガンツ  コメント(3) トラックバック(1)

太閤殿下の寝言風化
ヒトラーとは誰か?子どもたちが答えた。「重力の発見者」13・5%、「ドイツのサッカー代表監督」7%――昨年、英国の9〜15歳を対象に、20世紀の二つの大戦について聞いた調査の結果です(AFP、多項選択式)。77%は「ナチスの党首」と ... » more
テーマ ヒトラー つぶやき 核爆弾

一体何だこの惑星は…エリア51
エリア51 アメリカ軍の先進技術研究施設。ここではロズウェル事件(別項)の時の異星人搭乗の船の残骸や遺体が収容されたとされている。現在ここはアメリカ国内でありながら接近禁止及び進入禁止区域に指定され、納税しているアメリカ国民でさえ、 ... » more
テーマ 政府 ヒトラー エリア51  コメント(4)

完璧な卵「ワルキューレ」
「ワルキューレ」 映画「ワルキューレ」Valkyrie 2008年アメリカ配給:東宝東和監督:ブライアン・シンガー脚本:クリストファー・マッカリーネイサン・アレクサンダー出演:トム・クルーズケネス・ブラナービル・ナイトム・ウィルキンソン上映時間120分200 ... » more

評論「ナチスと映画ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか」2008年飯田道子著中公新書2008年11月25日初版2008年12月20日再版2009年4月19日読了読書時間105分面白かった。一気に読んだ。ずいぶん昔に読んだ岩崎昶の ... » more

映画「ワルキューレ」感想〜爆破後の会議室の写真と立ち位置 「ワルキューレ」北欧神話に登場する複数の半神「戦死者を選ぶ者」という意味。映画の感想「爆弾、毒物 ... » more

暇つぶしにネットをやっていると面白い物を発見しました。第2次大戦中にナチス・ドイツ総統ヒトラーが描いた複数の漫画(写真)がノルウェーの戦争博物館で、発見 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/15 15:30

「ヒトラー」のブログ関連商品

» 「ヒトラー」のブログレビュー をもっと探す

「ヒトラー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る