誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    井伏鱒二

井伏鱒二

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「井伏鱒二」のブログを一覧表示!「井伏鱒二」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「井伏鱒二」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「井伏鱒二」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

A Day in the Lifeへんろう宿 (井伏鱒二)
以前,といってももう2か月も前になるが,私の note で,井伏鱒二について触れた.今回のエントリでは,その作品について,もう少し書いてみたい.井伏鱒二の作品としては,「黒い雨」や,教科書にもよく載る「山椒魚」の二つが最も有名だろう ... » more
テーマ 井伏鱒二 小説

「たま虫を見る」がセンターに出た 井伏鱒二の「たま虫を見る」がセンター試験に出題された。息子が高2なので、少し気になって新聞を見ていたら、偶然目に入った。タマムシを見ていたら警察に注意人物に見なされたり、恋人がタマムシを潰してしまった話がとても面白かった。ちょっぴり自分を見 ... » more

本日紹介するのは、井伏鱒二『集金旅行』(新潮文庫)です。先日の「偏読日記」にも書いたとおり、今年の5月に閉店してしまった古本屋・石川書店で買ったもの。初版が昭和32年ということで、私の本棚のなかでは最高齢記録保持者。さてさて ... » more
テーマ 井伏鱒二 本(絶版V)

本日紹介するのは、井伏鱒二他『井伏鱒二対談集』(新潮文庫)です。井伏氏の好々爺っぷりが微笑ましい対談集。対談相手が知った仲なので、そう深く説明することもなくさらりと話題が移っていくなど読者が置いていかれる場面が多々あるものの、そ ... » more
テーマ 井伏鱒二 本(絶版U)

大所高所から歴史を語ると、得てして人間を見失いがちです。海音寺潮五郎さんが従軍した件も、「太平洋戦争当初、軍に徴用された多くの作家が戦地に赴いた」とでも言ってしまえば、それは無機質な歴史の1シーンに過ぎなくなります。しかしどんな歴史上の事件 ... » more

海音寺潮五郎さんは陸軍報道班員として徴用され、太平洋戦争開戦当初のマレー作戦に従軍しています。当時のことで面白い逸話をいくつか残していますが、事実(史実?)を面白おかしく脚色して世に広めたのは、一緒に従軍した井伏鱒二氏だそうです。おそらく様 ... » more

本日紹介するのは、井伏鱒二『遥拝隊長・本日休診』(新潮文庫)です。わずか135ページの薄さにひかれつつ。小さきものはみな美し、と書いたのは清少納言だったでしょうか。と、それはさておき、本書は、復員後も軍隊生活が身につ ... » more
テーマ 井伏鱒二 本(絶版U)  トラックバック(1)

「屋根の上のサワン」 井伏鱒二 この作品は前半だけで三回も、‘思い屈した心’とか、‘ことばに言いあらわせないほどくったくした気持ち’‘くったくした思想’という言い回しが出てきます。結局それが何なのか最後まで明らかにはなりません。おそらくそれは‘孤独’と関係 ... » more

海音寺潮五郎さんの主要作品の復活は『武将列伝』の後が続かず、残念ながら休止状態にあります。そんな中、海音寺潮五郎さんの短編を収録したアンソロジーの刊行が立て続けにありました。一つは先日紹介した『軍師の生きざま』、もう一つは『九州戦国志』、そ ... » more

御影さんから井伏鱒二に関わって太宰治の話などがありました。昨日紹介した「荻窪風土記」にはナップのことも書かれています。「戦闘文学」準備会に一度だけ参加した井伏鱒二の回想です。「戦闘文学」の連中は、何度か準備会をしているうちに、みんな左傾 ... » more
テーマ プロレタリア文学 井伏鱒二

井伏鱒二の『荻窪風土記』を読みました。プロレタリア文学最盛期の雰囲気が少しだけ書かれています。井伏鱒二がみた多喜二は。「新米の多喜二のことはよく知らないが、もの静かで温厚誠実な男のようであった。ゆっくり席を立って来て、店の給仕人がするよ ... » more

夕芽の EX LIBRIS黒い雨
黒い雨 日本の夏って独特の雰囲気ありますよね。暑いんだけどピーカンな明るさじゃない。お盆には死者の霊が帰ってきたりするし、怪談話とか、あと、戦争のことを抜きにして語れない。私の職場はパン屋である。毎日毎日焼きたてのパンに囲まれて仕事をし ... » more
テーマ 井伏鱒二

海音寺潮五郎さんと親交の深かった作家のひとりに井伏鱒二氏がいます。おふたりは太平洋戦争当時、共に陸軍の報道班員として徴用されて以来の"戦友"とも呼べる間柄です。「四尺の長刀を引っさげて、上官にあたる軍人をどやしつけた」という海音寺潮五郎さん ... » more
テーマ 井伏鱒二

「黒い雨」井伏鱒二 この記事をアップロードする8月6日がたまたまウチの書棚の並びが本書を紹介する順番になっているのは、たんなる偶然にしても気が重い。原爆をテーマにした作品である。なにしろ一瞬にして十万人単位の人命が奪われた災厄だから、ドラマ性を高め ... » more

W杯も終わったことですし、これで不規則な生活を強制されることもなく平穏な日常に戻れそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私は不本意ながら、仕事がかなり忙しくなってきたため、このBlogの更新もままならなくなりそうです。さ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 15:04

楽天市場のおすすめ商品

「井伏鱒二」のブログ関連商品

» 「井伏鱒二」のブログレビュー をもっと探す

「井伏鱒二」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る