誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    天童荒太

天童荒太

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「天童荒太」のブログを一覧表示!「天童荒太」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「天童荒太」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「天童荒太」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

家族狩り 天童荒太さんの「家族狩り」家族狩り (新潮ミステリー倶楽部)新品価格¥2,484から(2015/12/29 22:33時点)読むきっかけになったのは、ドラマ化でした。しかし、自宅にこの本が無かったら、たぶん途 ... » more

いろいろ感想文『悼む人』を観て
『悼む人/2015年東映』監督:堤幸彦原作:天童荒太出演:高良健吾、石田ゆり子、大竹しのぶ、椎名桔平ほか映画の冒頭で、「私は死ぬために生きているんじゃない。生きるために(癌と)戦うんだ」と叫ぶシーンがある。 ... » more

「歓喜の仔」上・下(幻冬舎) 天童荒太著を読んで 3人の子供(誠・正二・香)の最後の展開があまりにも切ない。でも、いまどきこのような子どもたちはいるのか?という率直な疑問とシンクロさせて表される戦乱地の子供(リート)との対比が生々しい。先進地及び戦乱地でも子供たちの視点 ... » more
テーマ 天童荒太 読書

悼む人  ☆天童荒太 悼む人〈上〉 (文春文庫)天童 荒太 文藝春秋 2011-05-10売り上げランキング : 47116Amazonで詳しく見る by G-Tools悼む人〈下〉 (文春文庫)天童 荒太 文藝春秋 2011-05-10売り上げラン ... » more
テーマ 天童荒太

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜悼む人 上・下〜 〜文春文庫背表紙より転載〜不慮の死を遂げた人々を"悼む"ため、全国を放浪する坂築静人。静人の行為に疑問を抱き、彼の身辺を調べ始める雑誌記者・蒔野。末期がんに冒された静人の母・巡子。そして、自らが手にかけた夫の亡霊に取りつかれ ... » more
テーマ 日記 天童荒太

還暦の繰言占い師の日常 827
天童荒太の「悼む人」を読んだ。 日本各地を旅し、死者を「悼んで」歩いている男の物語である。 はじめは、またなんと奇妙な設定かと思いながら読んでいたが だんだん引き込まれて、最後は一気読みでした。 今まで読んだ ... » more

さみしがりやのひとりごと悼む人
悼む人 天童荒太さんの本図書館でやっと予約の順番がきたので今読んでます。さすがに奥深い本です。熟読しないとなかなか前に進めません・悼む人の行動の原点はなんなのか?何のためにどうして ... » more

『悼む人』 by 天童荒太 悼む人と呼ばれる男がいる。彼は訪れ得る限りの日本全国の地を旅して廻り、全国不特定多数の「亡くなった場所」を訪れ、個人の縁者に「彼(彼女)が誰を愛し、誰に愛され、どう感謝されたか」をたずねて周るという。名前は坂筑静人。彼が訪れる先々で ... » more
テーマ 日記 天童荒太

本ミシュラン【永遠の仔】天童荒太
【永遠の仔】天童荒太 洋画で、昔スリーパーズという内容の映画があった。なんとなくそれに似ている気がした。辛い過去を背負った3人の少年が17年後に出会う。3人は身を持ち崩すことなく立派に社会人として自立しているかに見えた。しかし過去の傷は3人の心を確実に蝕んでいた ... » more
テーマ 紹介 天童荒太

おっちゃんの備忘録悼む人
悼む人 前に「永遠の仔」で精神的にやられたので、「嫌いじゃないけど〜嫌いじゃないけど〜キライじゃないけど、、」という感じで読んでませんでしたが、あ、「溢れる愛」とかなんとか言うのは読んだな、、とにかく久しぶりの天童さんでしたが、なんか評判いい割 ... » more

本ミシュラン悼む人 【天童荒太】
悼む人 【天童荒太】 かなり期待して読んだが、期待を裏切らない内容。人間が生きて、死ぬという事を煮詰めると、こういう話になるような気がする。主人公は一人、粗末な格好で日本中を歩き回り、その土地土地でなくなった人を悼み、祈りを奉げている。まったく自分の知らない人で ... » more
テーマ 紹介 天童荒太

この本は私に既視感を感じさせました。主人公・静人の思いと似たものを自分が感じていたと言ったらあまりにもおこがましいのですが。膨大な情報に晒され続ける現代社会。私たちは多くの事件や人の死の報道に慣らされています。かけがえのないはずのひとり ... » more

珈琲Time天童荒太氏が直木賞受賞
天童荒太氏が直木賞受賞 昨日、芥川賞と直木賞の受賞作が発表されました。直木賞を受賞された天童荒太さんの作品は少し読んだことがあり、衝撃の作品だったのでよく記憶に残っています。今回の受賞作は「悼む人」という天童氏の最新作ですが、この作品はまだ読んでいません。私が ... » more

悼む人 天童荒太 文藝春秋  ネットニュースを見たら、この作品が直木賞を取ってはりましたね。さもあらん、というところです。この本をこのタイミングで読んだのはたまたまですが(笑)タイムリーでしたね(笑)天童さんは、この物語を書くのに7年を費やされたらし ... » more

悼む人価格 1,619円 (税込 1,700 円)善と悪、生と死が交錯する。『永遠の仔』以来の感動巨編。全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる ... » more

笑顔がいっぱい悼む人
悼む人 年末であれやこれやと忙しいというのにまたまた本を買ってきてしまった!あーーー読み終わるまでは家事が手につかなくなりそう…。 ... » more
テーマ 天童荒太

読後1週間はたっていると思う。感想を書いておかなかったせいで、内容をきれいに忘れてしまった。「家族狩り」という5部作の第一作目。暗い内容だったと思う。後味が悪いので、もうこの続きは読むのや〜めた、ブックオフに売りに行こう・・・と思っ ... » more
テーマ 天童荒太 読書

珈琲Time『包帯クラブ』天童荒太
今映画にもなっているのでとりあえず読んでみました。まあ一言で言うと学園もの?自分の傷になっている記憶に関わるものや場所に包帯を巻いて癒しを図ろうとしている高校生の話。私にはあまり意味のない発想だけど、今現在も傷つき続けている若い世代には ... » more

珈琲Time『家族狩り』天童荒太
以前天童荒太の『永遠の仔』という本を読んで衝撃を受けました。家族によって負わされた傷の深さがショッキングな事件を巻き起こしていくストーリーでした。家族によって人がいかに傷ついていくかを描いたという点では『家族狩り』も同じと言えるでしょう ... » more

包帯クラブ 天童荒太 筑摩書房 昨日、この本のレヴューを書いて、やれやれアップしようと思ったら・・。メンテナンス中?!おかげでせっかく書いたレヴューも飛んでしまい、もうがっくし・・。気を取り直して、もう一度という悲しさ。もうちょっと時間を選んでメンテナンス ... » more

家族狩り第1部「幻世(まぼろよ)の祈り」から始まるこの物語は、第5部「まだ遠い光」まで続く長編です。子供の家庭内暴力や引きこもりで問題を抱える家庭が、猟奇的な惨殺死体として次々に発見され・・・。恋人と家庭をつくることに強い抵抗を ... » more

聖地巡礼の中に、山に登るというものがある。高野聖といい、修験者といい、山の頂上に何かを求め、その頂点に救いを見るからである。日本に古来から根付いている山岳信仰はかの阿弥陀来迎図にも見られるように、仏教と混ざり高まり一つの大きな理想郷・神・救 ... » more
テーマ 天童荒太 巡礼

 

最終更新日: 2016/11/11 13:48

「天童荒太」のブログ関連商品

» 「天童荒太」のブログレビュー をもっと探す

「天童荒太」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る