誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のブログを一覧表示!「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のDVD作成 第23話から第26話:最終回までDVD-ROM形式で収録した。瀬名TSUBASAドラマCDB@Bで...これは「銀色のオリンシス」の第11話と第12話:最終回を同時収録する。【収録】 ... » more

「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のDVD作成 第17話から第22話までDVD-ROM形式で収録した。DVD1栗林みな実United Forceおや?第16話はどうしちゃったんだろう?飛ばしちゃったのかなぁ?【収録】17 ... » more

最終話『終極』真の姿を取り戻したスサノヲは、全人類を滅ぼそうとするオニクスのたくらみを真っ向から否定する。地球を眼下に見下ろす成層圏で対峙する2体のギガンティックの、最後の戦いが始まる。オニクスに取り込まれた神名を救 ... » more

世界をリセットして創り直そうとする、神っぽいオニクス十式。人類は風前の灯で、スサノヲ十式に希望が託される?で、最終回らしくスサノヲ十式がアルゴスの百目を使って、各国のギガンティックをオニクス十式と神名に見せて盛り上がり・・・ってかモ ... » more

第25話『嫩葉』自らを新しい世界の創造神とするべく、最後のギガンティック・オニクスが覚醒する。全てのギガンティックの能力を有するオニクスのコクピットには、死んだと記録されていたパイロット・大黒眞人と、真名の妹・神名が座ってい ... » more

UNに10番目に登録された日本の正式ギガンティックであるオニクス十式が、スサノヲ十式とジュピター2の戦闘の最中に乱入してジュピター2を破壊。何しに出て来たかと思えば、どうやら設定を語りに来てくれたようだ。オニクス十式に操られた眞人や ... » more

第24話『対決』異形の姿をさらすことになったスサノヲが、ジュピター2と戦う。しかしアメリカの威信を懸けて戦うジュピター2のパイロット・ザイオンは、神像に心を喰われまいとして冷静さを欠きつつあった。トランスレータにして ... » more

アメリカ対日本戦が継続中。出来レースであった筈の戦いが、ザイオンの暴走や日本の内輪揉めのせいで予断を許さぬ展開に発展。ギガンティック自体も圧倒的有利であったアメリカのジュピター2であったが、スサノヲもキメラ化してスペックアッ ... » more

第23話『罪智』これが「最も賢明な戦争」の意味することなのだろうか。北アメリカ帝国のジュピター2が、日本に無血上陸を果たす。しかしプラクティカルベースはいまだ統合防衛本部の荏田島参謀長率いる特殊部隊に制圧されたままで ... » more

先週基地を軍部に占拠され、楽市の援助もあって、なんとかスサノヲに辿り付いた慎吾と真名だが、未だ基地が占拠されたままで出撃がままならない。しかも軍部は、基地関係者の家族の生命を盾にしたり、基地に毒ガスを流そうとしたり悪逆の限りを尽くそ ... » more

第22話『誓約』ユーノワXIIIの搭乗者セルゲイとタチアナは辛うじて一命を取り留めていた。治療を受ける2人に、慎吾と真名は面会を果たす。あらためて心を通わせた慎吾に、セルゲイが訊ねる。君はこの国の指導者を信用できるのか ... » more

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ【第22話】 日本の軍上層部が遂に動き出す。アメリカとの密約で、日本が敗北する事に決まっている出来レースである事を明かし、ギガンティック基地を掌握。スサノヲはアメリカとの戦闘で戦えなくするように武装まで解除してしまう。・・・と言う話でした・・ ... » more

第21話『衝動』戦いを終えた慎吾と真名に、束の間の休息が訪れた。残る国家の数は、日本共和国を含めてあと2つ。慎吾を案じて、真名の心は揺れる。一方の慎吾は、スサノヲに関する秘密を真名が打ち明けてくれないことに、もどかしさを感 ... » more

既に感応で覗く相手も居なくなったので、身の回りの話になってしまった。基地は軍が送り込んできた参謀一派が牛耳って息苦しくなり。真名が慎吾の事を慎吾君と呼ぶようになったものの、21話にして男女間の親密度は別段何も変わらず。 ... » more

第20話『試練』統合防衛本部の荏田島参謀長が、プラクティカルベースを訪れ、慎吾たちに東欧ロシアへの出撃を命令する。だがユーノワとの模擬戦による戦績は、芳しいものではない。精神侵食が進んだ真名の心が、精神攻撃に過敏に反応してし ... » more

米、露、日と残り3カ国となった戦い、延び延びになっていた日露戦争は、日本の遠征戦かと思ったら、相手が先にやってきた。明日露へ攻め込もうかという時に、戦いもせずに感応なんて事をしていたため慎吾と真名はヘロヘロで休養を取らされる。 ... » more

第19話『惨酷』ロシアのユーノワXIIIが、インドのイシュタル12と戦うべく専用輸送機で飛び立つ。新たな決闘戦の始まりを受け、慎吾と真名は精神感応を行うためスサノヲのコクピット内で待機することに。慎吾の精神侵食は進行しているはず ... » more

ロシアが日本を相手にせずに、先週ベネズエラに勝ったインドに戦いを仕掛ける。インドのギガンティックは、顔どころかふたつの胸の膨らみに危ない物を仕込んでいるらしく、そのエネルギーは地球の消費エネルギーを賄え、下手に壊すとその周辺に危険が ... » more

「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のDVD作成 第8話から第15話までDVD-ROM形式で収録した。DVD1栗林みな実United Force【収録】8 矜持9 無垢10 猟人11 士魂12 遺人13 動機14 ... » more

第18話『慟哭』残るは、日本、アメリカ、ロシア、ベネズエラ、インドの5カ国。そのうちの2国、ベネズエラのケレス4とインドのイシュタル12が、インドのムンバイを舞台に戦いの火蓋を切る。だがそのとき、イシュタルのパイロット・リリ ... » more

ベネズエラ対インド戦。後付で共鳴感応するほうが勝つという法則の通り、怪しい占い師17歳とコナンがパイロットのインドが勝利しました。何時ものパイロットエピソードは、17歳に慎吾や真名を感ずかれてしまった事の方に時間が割かれ、1 ... » more

第17話『出征』ユーノワVIIIとの模擬戦を続けるスサノヲだが、成績は芳しいものではなかった。昼夜を徹した訓練と、システムの点検が続けられる。そこに、他のギガンティックの起動情報がもたらされた。ベネズエラカリブ共和国のケ ... » more

今週はベネズエラ(インドに向かう洋上)でした。搭乗員は親娘で、娘が病気の父の下に居なかった母を恨んでいたが、その原因が軍に有った事を理解し確執が解けると言う話でした・・・ベネズエラは以上。日本側の進展は慎吾とうっちぃが寝起き ... » more

第16話『不穏』かつて日本共和国のOXIIは、適合するパイロットとトランスレータを自ら選んだ。自分たちよりも前に搭乗者に選ばれた「彼ら」のことを想い、真名はかつての出来事の記憶に浸る。2人は真名が守り抜いてみせると誓った、彼女に ... » more

今週はギガンティックの数も減ってきたところで、ピーピングはお休み、身内ネタに。ヘロヘロ慎吾は置いといて、真名が昔話。以前のパイロットとトランスレーターをご紹介、前のパイロットを真名が好きだった事、その時の真名はトランスレーターに ... » more

第15話『全能』スサノヲとの適合率の上昇と共に、慎吾の身体には変化が生じていた。モルモットのように24時間監視される彼に、真名は事の次第の全てを明かしてしまう衝動に駆られていた。そんなおり、ついに北アメリカ帝国のジュピタ ... » more

巨神ゴーグを所有するアメリカが、先週イタリアに勝ったドイツを攻撃。グレートマジンガーの技を持つ巨神ゴーグが、司令部の支援を絶たれたドイツのギガンティックを一蹴し終了。・・・以上ちなみに戦場提供されたベルギーに、巨神ゴ ... » more

第14話『純真』オーストリアが提供した交戦地帯において、ゲルマンドイツ連邦のギガンティック・ミネルヴァスXIとウルカヌス1による激しい決闘戦が続いていた。共鳴感応した慎吾と真名の目前で、ミネルヴァスXIのトランスレータにして天 ... » more

今週の日本の卑怯な真似の対象はドイツ。情報を制する者が勝つと解っていても見ていて気持ちの良い作戦ではない。それは置いといて、ドイツのギガンティック搭乗者は、ドイツの人工天才計画で生み出された少年と15歳にして胸の無いマニアックな ... » more

第13話『動機』スサノヲとの親和性の高まりが、慎吾の身体にも変質をもたらしていた。侵食されてゆく慎吾の姿に、真名は心を痛める。そんな折、ゲルマンドイツ連邦とイタリアローマ共和国が交戦状態に突入したことが伝えられる。ただ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 13:40

「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のブログ関連商品

» 「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」のブログレビュー をもっと探す

「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る