誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フランス映画

フランス映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 洋画
テーマ「フランス映画」のブログを一覧表示!「フランス映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フランス映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フランス映画」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

12-294「コロンビアーナ」(アメリカ・フランス) 僕の小鳥は戻ってくる?1992年、南米コロンビア。9歳の少女カトレアは、マフィアの大物が送り込んだ刺客によって目の前で両親を惨殺される。カトレアは決死の逃走の末に追っ手を振り切り、叔父のエミリオを頼ってシカゴへと向かう。両親を殺した ... » more

ルイ・デリュック賞2012 発表! 第70回ルイ・デリュック賞の結果が発表されました。(12月14日)【作品賞】・『愛、アムール』“Amour(Love)”(オーストリア)監督:ミヒャエル・ハネケ・“La désintégrat ... » more
テーマ フランス映画 ルイ・デリュック賞 2012年度映画賞

12-284「ロックアウト」(フランス) いまどきタバコを吸うヤツなんていない2079年。宇宙空間に実験的に作られた脱獄成功率0%の刑務所MS-1。しかしコールドスリープによって管理されていた500人の凶悪犯が一斉に目を覚まし、大規模な暴動が発生する事態に。折しも、刑務 ... » more

「アメリ」は結局、「待っているのを止めて、自らいくことで幸せを求めた。 キリスト教は、全然詳しくないのですが、夏目漱石のどれかの小説で平穏に暮している村人に、キリストが訪れ、「あの山の向こうにもっと肥沃な穏やかな処がある、連れて行って上げましょう」村人たちは、今の暮らしで充分だ、それにあ ... » more

『ある娼館の記憶』 - 滅び行く19世紀文化としての娼館を描く 2011年の東京国際映画祭で上映されたフランス映画。19世紀の終わりを、ある娼館の終焉と共に描く。19世紀のパリでは多くの売春は"Maison Close(娼館)"で行われていた。それは一種の社交の場であり、時に貴族や芸術家たちがそ ... » more

12-240「メゾン ある娼館の記憶」(フランス) 私たちが燃えなければ、夜は暗闇20世紀初頭、華やぐパリ。高級娼館‘アポロニド’の女たちは、毎夜美しく着飾り、男たちの欲望を満たす。しかし、美しく華やかな表舞台とは裏腹に、娼館の日常は女たちの孤独、苦悩、不安、痛みが渦巻いている。 ... » more

ルイ・デリュック賞2012 ノミネーション発表! 第70回ルイ・デリュック賞のノミネーションが発表されました。(10月26日)今回発表されたのは、なぜかルイ・デリュック賞本賞(作品賞)のノミネーションのみで、新人監督部門は近日中に発表されるそうです。第70回ルイ・デリュック ... » more
テーマ フランス映画 ルイ・デリュック賞 2012年度映画賞  コメント(2)

12-235「虚空の鎮魂歌(レクイエム)」(フランス) あなたとは二度と話したくない、と言ってますマルセイユで武器密輸の取締に当たる捜査班のリーダー、ルーカス・スカリ警視。追い詰めた武器密輸業者が麻薬も扱っていた事実が判明、スカリは捜査の網をパリへと広げることに。一方パリでは、ジュリ ... » more

ハードでもソフトでもなく ヒットマン ヒットマンHITMAN【DVD】人気ゲームソフトの映画化ということだが、「バイオハザード」や「TEKKEN」くらい荒唐無稽なゲームらしさを徹底しておらず、中途半端な感は否めない。そして何よりも中途半端なのは主演のティモシー・ ... » more

追悼シルヴィア・クリステル エマニエル夫人 エマニエル夫人Emmanuelle☆【DVD】シルヴィア・クリステルの訃報を聞き、数年前に買った「エマニエル夫人」を見直してみた。いまから40年近くも前の作品なので、公開当時の私は小学生。当然、リアルタイムで見るわけもな ... » more

映画人のための映画 アーティスト アーティストTHE ARTIST☆【BD】第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣装デザイン賞の5部門を受賞。「ヒューゴの不思議な発明」や「マネーボール」、「戦火の馬」などを抑えて2011年の頂点に立った ... » more

食べ物を怖がらせてはいけないはるか昔の物語。親指トムと呼ばれた少年は5人兄弟の末っ子。食べるものにも窮する両親は、ついに子どもたちを森の奥に捨てることを決断する。森の中で迷ってしまったトムたち兄弟は、やがて大きな屋敷にたどり着く ... » more

12-218「恋と愛の測り方」(アメリカ・フランス) 誠実さというくだらないものを信じてるニューヨークのマンハッタンに暮らす結婚3年目の夫婦、ジョアンナとマイケル。互いの愛を疑ったこともなく、結婚生活は順調そのものだった。ところがある日、パーティの席でマイケルが同僚のローラと親しげに言 ... » more

12-212「漆黒の闇で、パリに踊れ」(フランス) 夜の仕事がそうさせるんだ世界的観光地パリには、夜にだけ顔を出す、観光客の知らない裏の世界があった。シモン・ワイスはそんな夜のパリで、犯罪の温床となるクラブやバーを見回る犯罪取締役班のリーダー。ある夜、彼の運転手を務めることになっ ... » more

12-206「LIVIDE リヴィッド」(フランス) それぞれが魂の入口と出口フランスの小さな港町。若い女性リュシーは母の自殺のショックから立ち直ろうと訪問介護ヘルパーの仕事を始める。やがて古い豪邸を訪れた彼女は、女主人ジェセルが彼女の遺言によって昏睡状態のまま生かされ、死んだように眠 ... » more

12-205「スリープレス・ナイト」(フランス・ベルギー・ルクセンブルク) ママには内緒だぞ転売目的でマフィア相手にコカイン強盗を企てた2人の刑事、ヴァンサンとマニュエル。コカインの強奪には成功したものの、ヴァンサンは腹部を刺されて負傷する。しかも相手にヴァンサンの素性がバレて、一人息子のトマを人質に取られ ... » more

歴史を知らねば 夜と霧 夜と霧NUIT ET BROUILLARD 【DVD】ナチスの強制収容所におけるユダヤ人虐殺を振り返った記録映画。30分足らずの短編映画だが、第二次世界大戦当時のニュース・フィルムやドイツ軍の記録映像と、1955年の撮影当時 ... » more

『僕の妻はシャルロット・ゲンズブール』 2001年・・・☆☆☆☆☆パリに住む35歳のスポーツ記者イヴァンは、妻が一般人でないために日々の生活で悩まされ続けている。彼女は有名女優のシャルロット・ゲンズブール。2人で外出すると、イヴァンは彼女がサインや写真をせがまれる ... » more
テーマ フランス映画

12-166「ザ・インシデント」(アメリカ・フランス・ベルギー) 居心地はどうだ?バンド仲間3人が、高額報酬につられ働き始めた精神病棟のキッチンの仕事。高度セキュリティシステム完備の精神病棟。しかし、ある夜、大嵐がセキュリテイシステムを破壊してしまう。3人は恐怖の夜を迎えることになり。(「go ... » more

12-147「マンク 破戒僧」(フランス・スペイン) 悪魔の力は、我々が与えた力だ17世紀のスペイン、マドリッド。カプチン派の修道院。門前に捨てられていたところを僧に拾われ、この修道院で育ったアンブロシオ。やがて立派な僧に成長した彼は、誘惑に負ける弱い心を戒める力強い説教で人々の尊敬を ... » more

12-144「おとなのけんか」(フランス・ドイツ・ポーランド) 穏やかに話し合おうと思ったのにニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負う。ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われる。お互い ... » more

12-136「HUNTERS ハンターズ」(フランス・ルクセンブルク・ベルギー) 幸福を知っているからこそ人は苦しむ5人の男たち。ロニーたちには密かな愉しみがあった。それは決して口外してはならない、彼らだけの秘密だった。1人の刑事。アフガン帰還兵のルセイントは、証人保護を命じられ、人目を避けられる山奥の会合地点に ... » more

映画「プレイ 獲物」@シネマート六本木 映画レビューサイトCOCOさんがユーザーを招いた独占試写会だ。会場となった89席のシアター2には空席の目立つ6〜7割くらいの客入りだ。映画の話銀行強盗の罪で刑務所にいるフランク(アルベール・デュポンテル)は、先に出所した ... » more
テーマ ブロガー試写会 フランス映画 映画  コメント(1) トラックバック(8)

12-060「禁断メルヘン 眠れる森の美女」(フランス) この世界に独りで来たからある昔、ある王国の国王と王妃に、待望の可愛らしい女の子が誕生した。3人の美しい妖精がその誕生を祝い、姫君アナスタシアはすくすくと成長したが、そこへ魔女がやってきて、不吉な魔法をかけます。「王女は16歳で死 ... » more

アーティスト☆温かい涙、溢れ出す愛。 この感動に世界が喝采――アーティストTHE ARTIST2011年フランス監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス音楽:ルドヴィック・ブールス出演:ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)ベレ ... » more

12-042「ラバー」(フランス) 人生それ自体が理由なきことの連続だ砂漠に捨てられていた古タイヤが、ある日突然、命が宿り、意思を持ち人を殺し始める。(「goo映画」より)ラバー - goo 映画ヒューマントラストシネマ渋谷にて特集上映している「未体験ゾー ... » more

12-027「マーガレットと素敵な何か」(フランス・ベルギー) すべてのものを元に戻すことが大事巨大プラントの海外への売り込みで忙しく働くやり手のビジネスウーマン、マーガレット。恋人との関係も順調で、仕事もプライベートも充実した日々を送っていた。そんな彼女の40歳の誕生日。突然、公証人と名乗るお ... » more

エトワール賞2012 受賞結果 フランスの映画批評家が決める映画賞、第13回エトワール賞が発表されました。(2月23日)◆作品賞(Etoile d’Or du Film)◎『アーティスト』監督:ミシェル・アザナヴィシウス◆監督賞(Etoile d’ ... » more
テーマ 映画賞 2011年度映画賞 フランス映画

海から始まる!?エトワール賞2011 発表!
エトワール賞2011 発表! 第12回エトワール賞の結果が発表になりました。(2月17日ノミネーション発表、3月20日授賞式)エトワール賞(Étoiles d’Or)は、フランスの映画批評家協会の選ぶ映画賞です。◆作品賞(Ét ... » more
テーマ 映画賞 フランス映画 2010年度映画賞

地味な「巨大な陰謀」 ゴーストライター ゴーストライターTGE GHOST WRITER【DVD】99歳の新藤兼人監督の作品に続き、80歳間近の巨匠ロマン・ポランスキー監督による「ハリウッド映画ではない」という一言に尽きる作品。監督が高齢だからというわけではな ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 15:13

「フランス映画」のブログ関連商品

» 「フランス映画」のブログレビュー をもっと探す

「フランス映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る