誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フランス映画

フランス映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 洋画
テーマ「フランス映画」のブログを一覧表示!「フランス映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フランス映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フランス映画」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

14-274「ある過去の行方」(フランス・イタリア) 死ぬまで苦しんで生き続けるのか別れたフランス人の妻マリー=アンヌと正式な離婚手続きをとるため、テヘランから4年ぶりにパリに戻ってきたイラン人男性、アーマド。空港でマリー=アンヌに出迎えられ、一緒に家へと向かう。彼はそこで、マリー=ア ... » more

「もう一人の息子」の後「そして父になる」が作られた。きっと偶然ですけど フランス映画ですが監督がユダヤ系フランス人なので少しユダヤ人に対して甘く描いていますが、「そして父になる」の日本人同士じゃなく、こどもが6歳じゃなくユダヤ人とパレスティナ人の取り違え、17歳(高校卒業間近)、パレステ ... » more
テーマ フランス映画 ロレーヌ・レヴィ エマニュエル・ドゥヴォス

パルム・ドールの魔力 アデル、ブルーは熱い色 アデル、ブルーは熱い色La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2Blue Is the Warmest Colour☆【BD】2013年のカンヌ国際映画祭で、史上初めて監督と ... » more

14-264「刺さった男」(スペイン・フランス) これが最後の思い出になるかもしれない2年前に失業して以来、職にあぶれたままの元エリート広告マンのロベルト。恥を忍んで訪ねた旧知の会社社長にも冷たくあしらわれてしまう。失意のロベルトは、最愛の妻ルイサと新婚旅行で訪れた場所に足を向ける ... » more

ルイ・デリュック賞2014 ノミネーション発表! 第72回ルイ・デリュック賞のノミネーションが発表になりました。(11月27日)【ルイ・デリュック賞】・『さらば、愛の言葉よ』“Adieu au langage(Goodbye To Language)”(仏)監督:ジャン=リ ... » more
テーマ フランス映画 ルイ・デリュック賞 2014年度映画賞

セザール賞2015 短編映画賞 ショートリスト! 第40回セザール賞短編映画賞のショートリストが発表されました。(10月13日?)・『ニックとアン』“37°4 S”(仏・セントヘレナ/12分)監督:Adriano Valerio物語:物語:Tristan da Cunhaは、大 ... » more
テーマ 短編映画 セザール賞 フランス映画

14-258「美女と野獣」(フランス・ドイツ) 誰よりも愛しい都会で裕福な暮らしをしていた商人一家が、貿易船を大嵐で失い、破産してしまう。一家が田舎に移り住むと、贅沢に慣れきった3人の兄と2人の姉が不満を募らせる。一方、末娘のベルだけは、家族で一緒にいられることに幸せを感じていた。 ... » more

【美女と野獣】(ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、監督:クリストフ・ガンフ)。近場の映画館、何をやっているかしら、何気なくみて、【美女と野獣】と言うタイトルを目にした時、まず信じられない気がしたし、懐かしさが ... » more

セザール賞2015 短編アニメーション賞候補 12作品発表! 第40回セザール賞の短編アニメーション賞候補作品(オフィシャル・セレクション)12作品が発表になりました。(10月7日)セザール賞のアニメーション部門は、2011年に新設されましたが、2013年までは、長編作品と短編作品が1つの部門 ... » more
テーマ セザール賞 フランス映画 アニメーション

「最強のふたり」は、ハリウッド製かと思いました。それほどボクは悲惨なのか 50代と60代の男たちの会話60A「安楽死が選択できる日本になって欲しい。スイス・オランダがやっているのに、超長寿国の日本がしないのはオカシイ」60B「安楽死はいややな、ぽっくり死にたい、自然に、死期を選ぶなんて、で ... » more
テーマ フランス映画 エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ  トラックバック(1)

「アメリ」は「待っている生き方」を「自ら行く」に変えて幸せになるのかも。 キリスト教は、全然詳しくないのですが、夏目漱石のどれかの小説で平穏に暮している村人に、キリストが訪れ、「あの山の向こうにもっと肥沃な穏やかな処がある、連れて行って上げましょう」村人たちは、今の暮らしで充分だ、それにあ ... » more
テーマ ジャン=ピエール・ジュネ フランス映画 オドレイ・トトゥ

プロヴァンス物語 マルセルのお城  はい、こんにちは。本日の映画紹介は「プロヴァンス物語マルセルのお城」です。これは原作はマルセルパニョルの自伝です。マルセルパニョルと言っても日本では無名ですが、フランスの著名な作家です。映画のシナリオライター・監督でもあった。それで、自分の ... » more
テーマ 伝記映画 フランス映画

「自分を葬(おく)る」この世にさよならするとき、誰に会いたいか 「スィミングプール」「まぼろし」を監督したフランソワ・オゾン彼のテーマは,心象風景。現実ではなく、心の中でのいわば生活を描いている。確かに、リアルな1日24時間の出来事と心の中での生活時間は,どっちが多いのでしょうか。実は圧倒的 ... » more
テーマ フランス映画 フランソワ・オゾン ジャンヌ・モロー

14-185「LUCY ルーシー」(フランス) 細胞の目的、それは時を越えること訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまったごく平凡な女性ルーシー。体内に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。ところが、袋が破れて謎の物質が体内にあふれ出し、 ... » more

14-173「ぼくを探しに」(フランス) 暗い記憶は幸せの水たまりに幼い頃に両親を亡くし、その時のショックから言葉を話せないまま大人になったポール。彼はダンス教室を営む風変わりな伯母姉妹アニー&アンナに育てられた。姉妹はポールを世界一のピアニストにしようと必死で、ポールはそ ... » more

14-168「ラストミッション」(アメリカ・フランス) 俺にクリスマスは来ないベテランCIAエージェントのイーサンはある日突然、余命数ヵ月と宣告されてしまう。そこで危険な仕事から足を洗い、残された時間を別れた家族と過ごしたいと願い、パリへと向かう。ところが、思春期の娘ゾーイとの溝は深まるばか ... » more

女は怖い パッション パッションPASSION【iTunes】昨夜の「危険なプロット」に続き、フランス映画を鑑賞。2010年の「ラブ・クライム/偽りの愛に溺れて」をブライアン・デ・パルマがリメイクし、ベェネツィアでは金獅子賞の候補にもなったという ... » more

邦題はベタだが 危険なプロット 危険なプロットDans la maison 【iTunes】「危険な」とタイトルにつくと条件反射的に「危険な情事」以降のエロティック・サスペンスを連想してしまう。知らず知らずのうちに深みにはまってしまうという意味では同じなの ... » more

姐さんの本棚月夜の恋占い
オドレイ・トトゥ主演、ということで観てみましたが、群像劇、と言った方がより近いかもしれません。『月夜の恋占い』を観ましたので、ご紹介したいと思います。ある人物の行動が誰かの行動を決めたり、あるいは己の行いの結果は、回り回って ... » more
テーマ フランス映画

プロバンス物語 マルセルの夏 イブ・ロベール はい、みなさん、夏休みをいかがお過ごしですか?僕は毎日ビール三昧です。今夏は25メートルプール一杯分のビールを飲んで、誕生日を迎える秋からもう少し健康的な人生を歩もうと決心したのでした。ピーナツは太るので食べません。僕は枝豆派です。海外 ... » more

デ・ニーロの引き出し マラヴィータ マラヴィータThe Family【iTunes】マーティン・スコセッシが製作総指揮でリュック・ベッソンが監督、主演がロバート・デ・ニーロで、ミシェル・ファイファーやトミー・リー・ジョーンズが共演する豪華スタッフ&キャスト ... » more

パリ映画祭2014 受賞結果! パリ映画祭2014(7月5日-12日)のコンペティション部門の受賞結果が発表になりました。◆観客賞(Le Prix du Public 2014)◎“Party Girl”(仏)監督:Marie Amachoukeli、Clai ... » more

実話映画「カミーユ・クローデル」は、事の本質を見出すために、抜き出しフィクション。 スピノザ(哲学者)「知性改善論」(絶対的な善を追求)を途中で投げ出して、 その本の冒頭で「自分はどうしても名誉欲や、所有欲、性欲から抜け切れなかった」と書き出している。絶対的な善てなモノを見つけるのは、 ... » more
テーマ フランス映画 ブリュノ・ニュイッテン イザベル・アジャーニ  トラックバック(1)

パリ映画祭2014 コンペティション部門ラインナップ! パリ映画祭2014(7月5日-12日)のコンペティション部門のラインナップです。【パリ映画祭】フランスには、カンヌ国際映画祭があり、ナント三大陸映画祭があり、アヌシー国際アニメーションフェスティバルがあり、クレモンフェラン国 ... » more

14-115「ハウンター」(カナダ・フランス) 生きている者と関わってはならない15歳の少女リサはある朝、奇妙なことに気付く。朝から昨日と同じ事の繰り返しなのだ。トランシーバーから響く弟のモーニングコール。母の作る朝食のメニューに調子の悪い洗濯機。そしてガレージで車を修理する父。 ... » more

[フェアウェル さらば,哀しみのスパイ],は、サスペンスじゃなくヒューマンにジャンル分けすべき farewell [ fare(旅をせよ)+well(良き)] が、さらば、さようなら、ごきげんよう名詞:いとまごい、告別のあいさつ、送別会 ★good-byより古風で、長旅など長い別れのあいさつに用いる「セーラー服と ... » more
テーマ フランス映画 クリスチャン・カリオン エミール・クストリッツァ

14-106「トカレフ」(アメリカ・フランス) 賽は投げられた裏社会から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送るポール。そんなある日、最愛の娘が何者かにさらわれ、ほどなく死体となって発見される。凶器がトカレフと分かり、ロシアン・マフィアの犯行を確信するポール。昔のギャング仲間の力を ... » more

[仕立て屋の恋」は、あの「髪結いの亭主」を作った同じ監督です ピオレットと言う若い女性が殺されて、刑事は言う。「死ぬのは早いという、22歳で死んだ、”死”に遅いも早いも無い」そうなんです。90で死のうが,遅いもないし、早いもない。生きた時に、いつ死ぬか決まっているのに、人が判断する ... » more
テーマ フランス映画 パトリス・ルコント ミシェル・ブラン

ジャン・ヴィゴ賞2014 発表! 第63回ジャン・ヴィゴ賞が発表されました。(6月12日)【ジャン・ヴィゴ賞】ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。以前は、 ... » more
テーマ 映画賞 フランス映画 2013年度映画賞

[橋の上の娘」は、キリストの「あの山の向こうに連れて行きます」の例示とヴァネッサ・パラディ の魅力 もちろん聖書を読まなくとも有名な教示です。夏目漱石の「こころ」だったか定かではないのですが、大昔、ラジオの朗続を聴いて、未だに残っている言葉があります。イエス「あの山の向こうには、肥沃で平地の豊かな土地があります。」 ... » more
テーマ フランス映画 ヴァネッサ・パラディ パトリス・ルコント

 

最終更新日: 2017/01/10 00:52

「フランス映画」のブログ関連商品

» 「フランス映画」のブログレビュー をもっと探す

「フランス映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る