誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    蓼科

蓼科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「蓼科」のブログを一覧表示!「蓼科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「蓼科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「蓼科」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

横谷温泉付近(標高1200m)ー8月上旬 マタタビの実。右上に写っている丸いのは実ではなくて、虫こぶ。曲がったのも。まだ白い葉もある。一般にマタタビの葉は花時に白くなり、ミヤママタタビの葉は赤くなると言われているが、ミヤママタタビの葉は、まず白くなっ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳竜神池(8月3日)
竜神池(8月3日) 池の傍のミソハギ。チダケサシ。オオウバユリ。キンミズヒキ。クサコアカソ。葉。よく似たコアカソは茎が木質化し、鋸歯は荒く、片側8個以内。それに対し、クサコアカソの鋸歯は片側1 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

小梨の雑記帳八千穂レイク(8月2日)
八千穂レイク(8月2日) 咲き初めのノリウツギ。装飾花5弁や3弁もある。シモツケ。コオニユリ。コバギボウシ。テガタチドリ。標高は同じくらい(1500m)だが、山荘の周りでは見たことがない。さて、これ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳原村(7月28日)
原村(7月28日) 道路脇に植えられたラベンダー。あぜ道に咲くユウスゲ。道端のセイヨウミヤコグサ。柄の先に4〜6個の花がついている。セイヨウミヤコグサは侵入植物。http://www.nies.go.jp/bio ... » more
テーマ 蓼科  コメント(6)

入笠山ゴンドラ乗り場入り口(7月28日)ー2 サルビアプラテンシス?ヤブカンゾウ。品種名不明のユリ。ルナリアの実。別名:大判草。アブラナ科で花は大根やムラサキハナナに似ているらしい。?まだ7月だというのに早くも紅葉。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

入笠山ゴンドラ乗り場入り口(7月28日) ゴンドラの切符を買って乗り場へ行く階段の周りにはいろいろな花が植えてある。ヤマアジサイは種類が豊富。多分「七変化」ヤマアジサイ「紅」装飾花は初めはほんのりピンクで、咲き進むと真紅になる。日陰だと白いままだそう ... » more
テーマ 蓼科  コメント(6)

ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原(7月28日)ー3 クガイソウ。マルバダケブキ。タカトウダイ。ウド。ヒカゲノカズラ。こう見えてシダの仲間。「日陰の」という名前に反して、日当りのよいところに生える。花穂のように見えるのは、胞子嚢穂 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原(7月28日)ー2 ホソバノキリンソウ。別名:ミヤマキリンソウ。わざわざキリンソウと名札がついていた。ホソバノキリンソウは,山地の草原に生える多年草。キリンソウの基本種でキリンソウが岩場や海岸など,より乾燥した環境に生えるのに対して,ホ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原(7月28日) 富士見パノラマリゾートのゴンドラ山頂駅から湿原に至る道にも、いろいろ咲いていた。ヤマハハコ。ヨツバヒヨドリ。葉が3枚輪生していて、ミツバヒヨドリと呼んだ方がいいような」ものも、たくさんある。オオヤ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

入笠湿原(7月28日)−5 ヨツバヒヨドリにはアサギマダラが来ていた。キアゲハ。咲き初めのシシウド。ネバリノギランの実。イヌトウバナ?季節が早いような気がするけれど。トウバナ。ミゾソバ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

入笠湿原(7月28日)−4 ヤマホタルブクロいろいろ。ワレモコウ。コオニユリ。ミヤマバイケイソウの残り花。ミヤマバイケイソウはバイケイソウの高山型で北海道の中央高地と本州の中部以北の亜高山帯から高山帯下部の湿地に分布する ... » more
テーマ 蓼科  コメント(5)

入笠湿原(7月28日)−3 クガイソウ。入笠湿原ではもう色付いていた。標高2100mの麦草ヒュッテ付近と1700〜1750mの入笠湿原、400mの差は大きい。夏の花、ノアザミと秋の花、ノハラアザミが混在していた。ノアザミとノハラアザミの違いは、 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

入笠湿原(7月28日)−2 カラマツソウ。赤紫の蕾が可愛らしい。カラマツソウには花弁はなく、白いのは雄しべの集まりだそう。初めは赤紫色の萼片が殻のように付いているが、この萼片は、花が咲くとすぐに落ちてしまうとのこと。花の中央部の赤紫のものはめしべ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

入笠湿原(7月28日)−1 再び入笠湿原に行ってみた。すっかり様子が変わって、今はノハナショウブとチダケサシが主役。ノハナショウブ。ノハナショウブ、チダケサシ、コバノギボウシ。チダケサシ。コバノギボウシ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳麦草ヒュッテー7月下旬 5
麦草ヒュッテー7月下旬 5 クガイソウは少し色づいてきたところ。ヤナギランはつぼみ。レンゲショウマの蕾。なにホトトギスかな?シモツケ。シモツケソウ。ワレモコウの蕾はまだ青い。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

小梨の雑記帳麦草ヒュッテー7月下旬 4
麦草ヒュッテー7月下旬 4 サンカヨウの実はもう色付いていた。シラネアオイの実。タケシマランの実。まだ緑なので目立たない。ズダヤクシュの実。コゴメヒョウタンボクの実。実ではないが、これは何だろう? ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

小梨の雑記帳麦草ヒュッテー7月下旬 3
麦草ヒュッテー7月下旬 3 ヒマラヤの青いケシ。ーもちろん植栽。葉も蕾もやたら毛深い。チシマギキョウ。ヨツバシオガマ。オオヤマフスマ。オサバグサ。タカネビランジ。カラマツソウ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳麦草ヒュッテー7月下旬 2
麦草ヒュッテー7月下旬 2 クルマユリ。茎の途中で輪生する葉が特徴。写真で見るとオニユリに似ているが、花はずっと小さく花径5〜6cm。ニッコウキスゲ。シナノオトギリ。ネバリノギラン。クリンソウの残り花 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

小梨の雑記帳麦草ヒュッテー7月下旬
麦草ヒュッテー7月下旬 麦草峠はテガタチドリの花盛り。ムカゴトラノオもたくさん。キバナノヤマオダマキも多い。ハクサンフウロ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

小梨の雑記帳蓼科山荘付近ー7月下旬
蓼科山荘付近ー7月下旬 キバナノヤマオダマキ。ニガナ。マルバノイチヤクソウ。特徴は葉に艶があり円形。花柄が赤く、 萼片は短く、先がとがっていない。ところで、新しいAPG植物分類体系では、イチヤクソウ科というのはなくなって ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳入笠山(6月14日)-3
入笠山(6月14日)-3 釜無ホテイアツモリソウ。帰りは森の中を通って帰った。スズラン公園の入り口付近にこんな看板。昨年はなかったけど。釜無ホテイアツモリソウというのは、こういう花。アツモリソウの変種で中部地方の亜高山帯に自生する ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

小梨の雑記帳入笠山(6月14日)-2
入笠山(6月14日)-2 奥の方に咲いている桜のように見えるのは、ズミ(コナシ)。ズミのあたりはやや乾いている。サクラソウ。シロバナヘビイチゴ。咲き始めのゴゼンタチバナ。立ち話しているマムシグサと思 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(5)

小梨の雑記帳八千穂自然園6月15日-2
八千穂自然園6月15日-2 やっとヤマブキソウヤグルマソウの花を見られた。まだこれからだけど。大きな群生があって、これがみんな咲いたら壮観だろう。ラショウモンカズラ。ニワトコ。なんだか軟弱で普通のコンロンソウとはイメージが違 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(5)

小梨の雑記帳八千穂自然園6月15日
八千穂自然園6月15日 久々に八千穂自然園に行ってみた。鹿の食害で見る影もなくなっていて、しばらく行かなかったが、何か対策を立てたかなと思って。入り口付近にあるハルナユキザサ。普通のユキザサに比べると大型で、草丈70〜150pくらいになるそうだ。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

小梨の雑記帳入笠山(6月14日)-1
入笠山(6月14日)-1 入笠湿原にスズランが咲きだしたというので、行ってみた。ここはシーズン中は車の規制があって、ゴンドラで。山頂駅は1780m。そこから少し下ると湿原入口ゲート。ここは非常に厳しく鹿除けしている。入り口付近からの眺め。 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(7)

蓼科(6月10日〜16日)-麦草ヒュッテ3 クモイコザクラ。これもコイワザクラなのかしら?ここにはクモイコザクラとシナノコザクラがあるそうだが、どちらがどちらかよく分からない。ツバメオモト。もう少しで咲きそうな蕾。オサバグサ。まだ蕾 ... » more
テーマ 蓼科  コメント(3)

蓼科(6月10日〜16日)-麦草ヒュッテ2 タケシマラン。地味だけど存在感がある。を等倍で表示します" />サンカヨウ。雨だと開かない。つぼみ花芽オオバキスミレ。上高地では見かけなかった。標高2000mのここで咲いてい ... » more
テーマ 蓼科  コメント(4)

蓼科(6月10日〜16日)-麦草ヒュッテ1 この時期一番沢山咲いていたのは、ミツバオウレン。草原一面に点々と咲いていた。ショウジョウバカマはもう終わりかけ。種ができているものも。ミヤマハタザオ。ヒメイチゲ。コミヤマカタバ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(5)

蓼科(6月10日〜16日)-山荘付近5 斑入り葉のマムシグサ(自生)。マムシグサの葉は2枚と決まっているそう。よく見ると確かに2枚。年々小葉の数が増えている。ユキモチソウ(栽培)緑のマムシグサ?茎にまだら模様がないけど。ハルザキ ... » more
テーマ 蓼科  コメント(2)

蓼科(6月10日〜16日)-山荘付近4 ノジスミレ。タチツボスミレ。なんだかヨレヨレ。距が白いが、白っぽいだけ。オオタチツボスミレではなく、タチツボスミレ。カキドオシ。ジシバリ。シロツメクサ。ムラサキ ... » more
テーマ 蓼科

 

最終更新日: 2017/07/06 13:51

「蓼科」のブログ関連商品

» 「蓼科」のブログレビュー をもっと探す

「蓼科」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る