誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アメリカ文学

アメリカ文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アメリカ文学」のブログを一覧表示!「アメリカ文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アメリカ文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アメリカ文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

この小説では、登場人物の精神と肉体の分裂が頻繁に描かれている。「彼の口がそう言ったのだ、その嘘を言ったのだった。自分の心ではまるで返事をする気持などなかったのだ。自分の口がそう言うのを聞き、彼はある種のぎくっとする驚きを感じた。」「 ... » more
テーマ アメリカ文学

magnoria海の精 リジイア
エドガー・アラン・ポーの「リジイア(リージア)」は次のような短編小説です。リジイア(1838年)貴族的な青年がまれな学識と異様な美しさをもつ女性のリジイアと深い恋におちて結婚する。だが彼女は長い病気ののちこの世を去る。深い悲 ... » more

magnoria「レノア」
ポーの「エリオノーラ」が読みたくて図書館に行ってみましたが、文学全集のどれにも「エリオノーラ」は収録されておらず残念でした。でも「リージア(ライジーア」」などを読むと、男女の霊的結合に対する彼の強い憧れというものを考えさせられるし、高い知能 ... » more

この暑い季節に、敢えて熱いストーリーを ―テネシー・ウイリアムズ の 「 欲望という名の電車 」 は、「 ガラスの動物園 」 に続いて、ブロードウエイのヒットとなり、彼は アーサー・ミラー と並んで、ユージン・オニール の跡を継ぐアメリ ... » more
テーマ テネシー・ウイリアムズ アメリカ文学 欲望という名の電車  コメント(8)

「 野生の呼び声 」 は異色のアメリカ文学で、厳しい自然を背景に、リアリズムとロマンティシズムが見事に融合し、一頭の犬の半生を通じて、進化論や遺伝の法則にまで言及している。そして格調高い動物文学として、唯一現代にまで残っている作品である。 ... » more
テーマ アメリカ文学 荒野の呼び声 ジャック・ロンドン  コメント(12)

●ジャック・ケルアックについて○キャラクター・穏やかな性格・付き合いやすくて、話し方もソフト・心の優しい人・疲れを知らない冒険家○オン・ザ・ロード・素晴らしい散文●ブコウスキーの自伝的小説・HOM O ... » more

エミリー・ディキンソンは 19世紀の初め、ニュージャージー州の名家に生まれ、アムハーストの自宅にひきこもって、1775編に上る珠玉の詩を生涯書き続けた。その詩篇は現代も光彩を失うことなく輝き続け、世界中の若者を魅了している。これから ... » more
テーマ アメリカ文学 叙事詩 エミリー・ディキンソン  コメント(2)

〜 sleeping with the corpse.ウィリアム・フォークナー は、60年代、当時のアメリカ文学を専攻する若者に人気があり、特に “ The Sound and the Fury ” や “ Sanctuary ” ... » more
テーマ アメリカ文学 エミリーにバラを ウイリアム・フォークナー

『野生の呼び声』や『白い牙』といった犬を主人公にした小説の作者としてしかジャック・ロンドンを知らない読者は不幸である。威張れるほどのロンドンの愛読者ではないけれども、やはり同じ現代教養文庫から同じ訳者による翻訳で読める『どん底の人びと』は、 ... » more

ブローディガンはかつて「夢のカリフォルニア」の作家として人気を博していたが、時代が夢を失うとともにその小説を本屋の棚で見かけることは、古本屋においてもほとんどなくなっていた。だから、こうして文庫本として再刊されたことを寿ぎたいと思うし、現代 ... » more
テーマ アメリカ文学

ある作品が際立って有名であるために、他の作品が顧みられない作家がいる。『白鯨』のメルヴィルなどはその一人だろう。このことはメルヴィルにとって残念なことであるが、ほんとうに残念に思うべきは読者であろう。何しろ「幽霊船(ベニート・セレーノ)」の ... » more
テーマ ゴシック小説 アメリカ文学  トラックバック(1)

バロウズのいわゆるカットアップとかフォールドインというのがどのような手法なのか詳らかにしないが、本書に収録の短篇はブラックユーモアの毒におかされているというよりも、糞尿やゲロや腐乱などをつきつけてくるようでとにかくおぞましい。それをしてワス ... » more

アメリカの作家や画家や映画監督の中には少年のまま大人になってしまったような人をよく見かける。SFの詩人レイ・ブラッドベリなどその最たるもので、本書『恐竜物語』を読めば、5歳のときに映画館の暗闇の中で初めて「ロスト・ワールド」を見たときにブラ ... » more

実はファンタジーというのは苦手なのだが、『雪のひとひら』だけは別である。作者が『ポセイドン・アドヴェンチャー』(ハヤカワ文庫)の作者でもあるからである。ギャリコはスポーツ記者として、当時のヘビー級チャンピオン、デンプシー(だったかな)のパン ... » more

シオドー・ドライサー アメリカの悲劇 の主人公 クライド・グリフィス はごく平凡な若者である。この主人公がアメリカ社会での成功を賭けて企む殺人・・・ドライサー の円熟期における傑作であるが、どちらかというと堅いアメリカ文学の中にあって、 ... » more
テーマ アメリカの悲劇 アメリカ文学 ドライサー  コメント(3)

遠い昔。或る夏の日だったと思う。サリンジャーの九つの物語を読み終えると、冒頭の「バナナ魚の最良の日」のストーリーに思考が傾いていった。・・・これは糜爛した西欧文明に対する、痛烈な皮肉なんだろうなあ、などと青臭いことを考えながら。でも興味は別 ... » more
テーマ バナナ魚の最良の日 アメリカ文学 サリンジャー

 

最終更新日: 2016/11/11 05:41

「アメリカ文学」のブログ関連商品

» 「アメリカ文学」のブログレビュー をもっと探す

「アメリカ文学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る