誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    薬学

薬学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「薬学」のブログを一覧表示!「薬学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「薬学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「薬学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

‘精神医学・心理学・精神看護学辞典’というタイトルが示す通り、心理学や精神医学に関する用語を集めた事典です。‘精神医学・心理学・精神看護学辞典’はそれぞれの用語ごとに執筆者が記載されています。さらに、それぞれの ... » more

患者さん一人ひとりの遺伝子の違いから薬物の効果の個人差を予測し治療に生かす「テイラーメイド医療」というものが話題になったのは一昔前の話です。近年では、さらに遺伝子に関する研究が進み「テイラーメイド栄養学」という考え方が登 ... » more

佐々木薫 ‘知る・使う アロマ’ アロマテラピーの基本知識からアロマオイルの特徴、アロマを日常生活に取り入れる方法、そして、様々な専門家の見解・・・これらが分かりやすくそして、コンパクトにまとまった本が‘知る・使うアロマ’です。‘知る・使うアロマ’には、アロマテラピ ... » more

スギ花粉エキスを経口的に摂取することで体をスギ花粉に慣れさせて、花粉症の症状が出ない体質にしていくという新薬が登場することを受けて‘花粉症は治せる! 舌下免疫療法がわかる本’が出版されたのだと思います。‘花粉症は ... » more

今回は少し専門的な本です。‘薬物代謝学医療薬学・医薬品開発の基礎として’は薬物代謝に関することを網羅した内容です。実際に体内に入った薬物は様々な反応を受けて代謝されて体外へ排出されています。この本にあげら ... » more
テーマ 薬学

トリアージとは、診断をつけるもではなく、病状の緊急度と重要度から、「OTCで対処する」「受診勧奨をする」「救急車を呼ぶ」などの判断をすることです。‘薬剤師のトリアージ実践ガイド視診・バイタルサイン・問診による病態の捉 ... » more

随分長いタイトルですが、内容は正に、‘こんな時、なんて言う? みんなで考えてみた!! インフルエンザ(タミフル)編’です。タミフルによる異常行動の報道から現場の薬剤師たちも敏感になっているテーマです。この本はタミフル ... » more

様々な薬理学の本がある中で、‘Integrated Essentials薬理学’は薬物の化学構造がしっかり載っておりさらに、図や表を効果的に使用した解説が特徴です。‘Integrated Essentials薬理学’ ... » more

医薬品に関わる法律や制度、さらには、医薬品に関わる業種の人たちがどうあるべきかという倫理的な部分まで論じたのが‘薬事関係法規・制度 薬と社会と法2’です。この本はどういうわけか、索引が無いので調べものをする時に若 ... » more
テーマ 薬学 法律

常々思っていたのです。登録販売者試験に登場する専門用語を平易な言葉で説明するにはどうしたらいいのか?登録販売者試験に登場する専門用語を解説するのに登録販売者試験の出題範囲を逸脱しすぎては意味がありません。 ... » more
テーマ 薬学 資格

「資格のU-CAN」でお馴染のユーキャン株式会社も登録販売者の制度が始まってすぐに一問一答形式の登録販売者試験の問題集を出していました。‘U-CANの登録販売者これだけ!一問一答集 第2版’はその登録販売者試験問題集 ... » more
テーマ 薬学 資格

山田陽城 花輪壽彦 金成俊 ‘薬学生のための漢方医薬学’ 漢方医学は古来からの知識と最新の科学により実は日々進歩しています。漢方医学の基礎や臨床への応用を幅広くまとめたのが‘薬学生のための漢方医薬学’です。‘薬学生のための漢方医薬学’は漢方医学の歴史から、陰陽五行説などの基本理論、さらに、 ... » more

医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用に関する本は、読みにくかったり、情報が断片的だったりすることが結構多いという印象を受けます。‘一目でわかる医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とマネジメント’は、読みや ... » more
テーマ 栄養学 薬学

医薬品の飲み合わせや薬物相互作用に関する本は実に色々出ています。その中でも、疾患別に薬物相互作用をまとめるという発想の本は少ないです。‘絶対覚えておきたい疾患別薬物相互作用’は様々な疾患でよく用いられる薬物の ... » more

本のタイトル自体は長いのですが、解説は要点に絞って簡潔です。そして何より問題数が多いです。本のサイズも新書サイズで持ち運びや電車の中で登録販売者の試験問題の練習に適しています。ちなみに、問題の解答や解説は ... » more
テーマ 薬学 資格

「薬毒同源」これが‘毒草・薬草事典’という本をとおして、著者の船山信次氏が読者に一番伝えたいことだと思います。どんなに、優れた薬でも使い方を誤れば、毒物になりますし、毒物でも使い方次第では薬になることもありま ... » more
テーマ 薬学 植物栽培

宮原桂 ‘漢方ポケット図鑑’ 実際にポケットに入るかどうかはともかく、‘漢方ポケット図鑑’という本は、非常に実践的です。この本は、医療の現場で良く使われる漢方処方の効能効果だけでなく、それぞれの漢方処方の理論を解説も記載されています。さらに、‘漢方ポケット図鑑’ ... » more

この手の本を読んでいると、「生姜」という字の読み方で悩みます。一般的には、「しょうが」ですが生薬学的には「ショウキョウ」と読むのが正解です。「しょうが」せよ「ショウキョウ」せよ殺菌作用や体を温める作用などを期 ... » more

林真一郎 ‘ファーマシューティカル アロマセラピー&メディカルハーブ’ 近年、代替医療に対する期待が徐々に高まっています。しかし、現時点では安全性や有効性に関する研究データが乏しく、資料を探すだけでも骨が折れてしまうというのが現状です。‘ファーマシューティカルアロマセラピー&メディカルハーブ’は、代替医療のハー ... » more

(財)日本医薬情報センター ‘JAPIC医療用医薬品集’ 医薬品集と言っても色々あります。日本医薬情報センターの医療用医薬品集の‘JAPIC医療用医薬品集’は「赤ジャピ」と呼ばれるそうです。この「赤ジャピ」は、他の医薬品集では削除されがちな、薬物の体内動態についてもしっかり記載れています。(普及版 ... » more
テーマ 薬学

セルフメディケーションの重要性が叫ばれるようになって、医療も選択される時代になりました。しかし、代替医療にせよ、サプリメントや健康食品にせよ、セルフメディケーションに関する知識は断片的なものが多いです。書 ... » more

南江堂の‘今日のOTC薬解説と便覧’は、ここ数年の間で何度か改訂され、そのたびに情報量が増えています。この本は、様々なOTC医薬品の成分や選び方をまとめたものです。‘今日のOTC薬解説と便覧’は、OTC医薬品の成分の特徴だけでなく、 ... » more

薬局2012年3月増刊号 ‘病気と薬パーフェクトBOOK2012’ 大幅な薬価改定があった今年度も新しい‘病気と薬パーフェクトBOOK’が発売されました。当然と言えばそれまでですが、去年(2011年)出た新薬もしっかり解説が出ています(「レクサプロ」とか「ザイザル」など)。この本は、情報が多角的で、著者の数 ... » more

―創薬化学―それは、新しい薬を生みだし、化学式から医薬品の薬効や薬理学的な特徴を想定するために必要不可欠な学術分野です。しかし、多くの薬剤師や薬大生にとって不可解なため倦厭されがちな分野です。‘トップ ... » more
テーマ 薬学 化学

なぜ、バスコダガマはインドを目指したのか?なぜ、ナポレオンはロシアに負けてしまったのか?なぜ、ノーベル賞が誕生したのか?上記の三つの疑問をはじめ世界の歴史を語る上でどうしてもぶつかる疑問点を様々な化学物質の発見や合成 ... » more
テーマ 薬学 歴史 化学

化粧品の成分に関する知識は正直なところ混沌の2文字で表せる程度の知識しかありません。なので、化粧品の成分についての辞書のような本を探していました。その結果、ようやく見つけた本が‘化粧品成分ガイド’です。タイト ... » more
テーマ 薬学

青山麻美 ‘図解雑学 よくわかる東洋医学のしくみ’ ブームなのでしょうか?漢方薬や東洋医学を扱った本が巷に溢れています。図解雑学シリーズからもやっぱり出ました。‘図解雑学よくわかる東洋医学のしくみ’が。東洋医学を扱った本はよほど専門性が高いものでない限り有効性ばか ... » more

今西二郎 ‘医療従事者のための 補完・代替医療’ 補完・代替医療には、漢方やハーブ、温泉療法、園芸療法、動物療法、ユーモア療法など様々です。そんな多種多様な補完・代替医療を一冊にまとめた本が‘医療従事者のための補完・代替医療’です。「医療従事者のための」と銘打っているからには様々な ... » more

日本セルフケア支援薬剤師センター  ‘パズルde仕上げ登録販売者試験’ 世の中探せば色々な本があるものです。‘パズルde仕上げ登録販売者試験’はクロスワードパズルと登販の試験問題が組み合わさったユニークな問題集です。しかも、 ‘パズルde仕上げ登録販売者試験’に掲載されている一部の問題は ... » more
テーマ 薬学 資格

多田光毅 入江源太 石田晃士 ‘図解入門よくわかる ドーピングの検査と実際’ ‘図解入門よくわかるドーピングの検査と実際’は実際にドーピング事件を担当した三人の弁護士により書かれた本です。そのようなわけで、ドーピング検査の技術がどうとかこの禁止薬物は体内でどう変化していくかとか禁止薬物の作用機 ... » more

 

最終更新日: 2018/04/15 10:33

「薬学」のブログ関連商品

» 「薬学」のブログレビュー をもっと探す

「薬学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る