誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    雇用

雇用

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「雇用」のブログを一覧表示!「雇用」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「雇用」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「雇用」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「「雇用と賃金を考える(2014年1月・常用労働者)」で、フルタイム雇用が0.6%増加したと書きました。人数を計算すると17万3千人です。産業によって増加もあれば減少もあります。増加した人数の大きな順に並べると次の通りです。医療 ... » more

労働問題の渦中にいる皆様の力になりたい。会社で長年、労働問題で悩んできた私の偽らざる心情である。「早く、解決したい」「黙っていられない」「泣き寝入りは嫌」「とにかく、話し合いたい。でも、当人同士では感情的にな ... » more

17日が先日書いたように「内示」の日。もう一つの学校は組合の掲示板が生きているので、そっちに内示日のことが書いてありました。18日、授業があったので、そちらの学校へ。授業の時に、「来年度、4月からも多分私はいるようだ。」 ... » more
テーマ 教育 雇用 先生

「雇用と賃金を考える(2013年12月・常用労働者)」から一月たち2014年1月の毎月勤労統計の結果が出ました。今回は、雇用からみていきます。%はすべて前年同期比です。フルタイム雇用とパートタイム雇用を合わせた常用雇用は、2 ... » more

◇ 寒波の影響をどうみるか=アメリカ労働省の発表によると、2月の非農業雇用者数は前月に比べて17万5000人増加した。景気の順調な拡大に必要な20万人は下回ったが、異常な寒波の影響は予想外に小さかったとも受け取られている。失業率は職を求める ... » more
テーマ 雇用

「建設業」で、建設業の常用労働者の動きを説明した。建設業では、常用ではない臨時の労働者が多いのではないか、そちらの変動のほうが大きいのではないかと考える方もいらっしゃるだろう。そこで、総務省統計局などの行った平成24年経済センサ ... » more
テーマ 統計 雇用 労働

1ビジネスキャリアの積み方キャリアの形成で欠かせないのは、言うまでもなく、実務経験を積むことである。介護や医療は日進月歩であり、座学、独学が重要ではあるが、実際に現場に立ち、学んだことを実行していくことは、専門書 ... » more

労働、社会問題建設業
建設業の労働力不足が、何かと世間の話題となっています。少し、長めのタームで建設業の一般労働者(フルタイムの常用労働者)の動きを見てみましょう。厚生労働省の毎月勤労統計でみると、1990年以降の建設業のフルタイム常用雇用のピー ... » more

パートタイム労働者の名目賃金を見ると、現金給与総額は0.6%の減少です。11月は減少していた所定内給与は0.0%と変化なしです。所定内労働時間も0.7%のマイナスですので、1時間当たり所定内給与は、0.7%の上昇ということになります。ここ半 ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

「雇用と賃金を考える(2013年12月・常用労働者)」では、常用労働者全体の動きを見ましたが、今回は、そのうちフルタイム労働者(毎月勤労統計の公式用語では一般労働者)の状況を検討します。現金給与総額は、1.5%増加とかなり高い伸びに ... » more

毎月勤労統計の12月分確報(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2512r/dl/pdf2512r.pdf)の結果を検討します。今回はフルタイム労働者、パートタイム労働 ... » more

昔も今も、個人的にタクシーを利用することなど滅多にない。メーターがカチリと音をたてて上がるのが嫌いだ。仕事で訪問先に行くとき、車を使用できない場合は、交通機関で行く。しかし、バス停も電車の駅も拙宅の前に有るわけではない。 ... » more

低賃金ビジネスモデルからの脱却 「パートタイム労働投入の時給弾力性」で示した表からわかるように、200年代初頭やリーマンショック後の時期には賃金をほとんど上げなくても、あるいは引き下げてもパートタイム労働を中心とする非正規労働力を容易に調達できるという環境が整っていました ... » more

人口の減少について 上記の図及び数字は国立社会保障・人口問題研究所より ホームページhttp://www.ipss.go.jp/私は、これからどう生きていけばいいのかと、常に不安と同居している。それは私自身のことでもあり、日本の社会全 ... » more

(2014年3月5日追記2013年10−12月期を追加しました。)「雇用と賃金を考える(2013年11月・パートタイム労働者)」で考えた弾力性について、少し検討してみました。弾力性の定義ですが、次の通りです。パートタイム労働 ... » more

◇ 雇用統計と政府債務の上限=あさって7日はソチ・オリンピックの開会式。世界の目はロシアに集まるが、この日はアメリカにとっても重大な日となるに違いない。まず1月の雇用統計が発表される。昨年は雇用者数が毎月20万人近く増加して、雇用の順調な改 ... » more
テーマ 雇用 アメリカ 政府債務

死せる歌自民党へ
労働はないものと知るひぐらし ... » more

パートタイム労働者の賃金を賃金を見ると、現金給与総額は0.3%、所定内給与も0.7%のマイナスです。同時に所定内労働時間も1.6%のマイナスですので、1時間当たり所定内給与は、逆に0.9%上昇しています。最近、マスコミでも飲食店など ... » more

「雇用と賃金を考える(2013年11月・常用労働者)」に続き、フルタイム労働者について考えます。賃金面では、いい結果が出ています。現金給与総額は1.3%増加です。2013年では1月が1.1%、6月が1.3%と1%を超す増加が ... » more

毎月勤労統計の11月分確報(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2511r/dl/pdf2511r.pdf)を見て行きましょう。今回はフルタイム労働者、パートタ ... » more

◇ FRBの判定はいかに=経済紙ウォールストリート・ジャーナルは「信じがたい数値が出た」と論評した。米労働省が発表した昨年12月の雇用統計で、非農業雇用者の前月比増加数が7万4000人にとどまったためである。これまでは毎月20万人近く増加し ... » more
テーマ 雇用 アメリカ

数日前にNHKで、クローズアップ現代でNPOの活動についてやっていたので思い出しました。「もやい」の湯浅誠さんが、ちらっとインタビューを受けてたのは見ました。もやい、のHPをリンクしておきます。http://www.moya ... » more
テーマ 仕事 雇用 NPO

1人目は、孫正義。ソフトバンクの会長。もう日本国内のみならず、世界でも名が通る著名人でしょう。私のパナソニックのダメスマホのキャリアは一応ソフトバンクヽ(´∀`。)ノ゚王者NTT(ドコモ)が契約を増やせない中で、契約を増やしてきまし ... » more
テーマ 仕事 韓国 雇用

労働、社会問題就業率から考える
「「雇用と賃金を考える(2013年10月)」 パートタイム労働者」で「労働市場のタイト化は着実に進んでいると見るべきでしょう。」と書きました。あとどれぐらいタイト化が進めば、労働市場の空気が大きく変わるのでしょうか?労働市場のタイト ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

今回は、「「雇用と賃金を考える(2013年10月)」 フルタイム労働者」の続きでパートタイム労働者の動きを見ます。賃金からみていきます。毎月勤労統計の10月確報の調査結果(http://www.mhlw.go.jp/toukei/i ... » more

「雇用と賃金を考える(2013年10月)」の続きで、フルタイム労働者(毎月勤労統計では、「一般労働者」と呼ばれています。)の動きを見てみましょう。まず、賃金の動きです。現金給与総額は、前年同月比0.6%の増加です。常用労働者全体(毎 ... » more

「来春の賃上げを考えるその6」の応用問題です。毎月勤労統計の10月分確報(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2510r/dl/pdf2510r.pdf)を見る ... » more

今日、「ブラック企業(日本を食いつぶす妖怪)」(今野春貴著、文春新書)と言う本を読み終えた。ブラック企業とは、新卒者を大量に採用し、徹底した人事管理によって企業論理に若者を従わせ、厳しい競争の選別状態において、生き残ったものだけを社員とし ... » more
テーマ 雇用 労働 社会

◇ 縮小の決定は今月か来月に?=アメリカの量的金融緩和政策は、リーマン・ショック後の金融不安に対処するため09年春から始まった。FRBが市場から国債などの金融資産を買い取り、その代金が市場に放出される。買い取り額はしだいに増加されて、現在は ... » more

◇ 失業率は7.0%まで低下=アメリカの金融緩和政策は、間もなく縮小に向かう公算が強まった。景気回復の動きが確実性を増してきたからである。たとえば7−9月期のGDP成長率は、速報値の2.8%から3.6%へと大幅に上方修正された。新車や住宅の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/25 09:44

「雇用」のブログ関連商品

» 「雇用」のブログレビュー をもっと探す

「雇用」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る