誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    雇用

雇用

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「雇用」のブログを一覧表示!「雇用」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「雇用」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「雇用」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「日経「人手不足経済」中」の次、最終回は「泥縄式の外国人活用」です。まあ、人手不足に対する定番とも言えそうな記事の内容です。外国人技能実習生の話と介護士の話。介護施設で高齢者と直接接触する介護士が言葉が分からなくていいのか、コミュニ ... » more

「人手不足経済」中では「日経「人手不足経済」上」の続きで「かみ合わぬ需給」いうタイトルで介護労働力の不足の問題を取り上げています。最初にハローワークでの声を拾っています。「介護分野?低賃金で重労働。考えたこともない。」働き手 ... » more

日本経済新聞が朝刊一面で「人手不足経済」という3回の連載をしていました。興味を持って呼んだのですが、あまり感心しませんでした。第1回は「成長の天井」というタイトルでした。冒頭は、建設業者が破産した話から始まっています。「公共 ... » more

2月のパートタイム労働者の動きです。賃金から見ていきましょう。2013年の6月以降12月まで前年同月比マイナスが続いていた現金給与総額が、1月には1.5%のプラスに転換しました.。2月も0.4%ではありますがプラスになっています。 ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

「雇用と賃金を考える(2014年1月・フルタイム労働者)」の続きで、2月のフルタイム労働者の動きです。まず、常用雇用からみていきます。産業計でみると、1月に引き続き0.6%の増加です。悪くない数字でしょう。事業所規模別にみると、30 ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

「「雇用と賃金を考える(2014年1月・常用労働者)」の続きです。賃金から見ていきます。%はすべて前年同期比です。2月は、なかなか判断が難しい数字になっています。5人以上の事業所を見ると、現金給与総額は、1月の0.2%減 ... » more

「若者が働いている割合」で書いたように、外食産業では、そして場合によっては小売業もビジネスモデル転換の必要に迫られているようです。背景には景気回復があり、劣等財への需要が減り始め、正常財の需要が増え始めていること、若年者の労働市場がタイト化 ... » more

労働、社会問題若者が働いている割合
「パートタイム労働者の雇い負けが始まった?小売りと飲食店」では、雇う側の企業を対象とした毎月勤労統計からみた労働市場の動きを見ましたので、今回は、雇われる側の労働者(世帯)を対象とした労働力調査からみた動きをチェックしようと思います。 ... » more

毎月勤労統計の2月確報が発表されました。パートタイム労働者の動きを検討してみたいと思います。最初に、時間給に近い1時間当たり所定内給与を見ます。1時間当たり所定内給与の増加率(%)産業5人以上計うち30人以上計全産業1.31.2 ... » more

近所のすき家が人手不足で時短しているなと思っていたら全く開かなくなった。ワタミも人手不足解消のために60店舗を閉鎖すると決めたとか。建設現場でも介護の現場でも人手不足が深刻になっていると聞く。本コラムで西條編集委員が指摘している通り、日 ... » more
テーマ 雇用

テレワークという働き方女性にかぎらず、多くの労働者が共有している悩みの打開策と、未来へ向けての選択肢がひとつ加わった。田澤由利氏の講演要旨を読んだ私の感想だ。現在、解決が困難となっている「待機児童 ... » more

「宿泊業、飲食サービス業のフルタイム労働者比率上昇」と書いたのですが、よく読んでみると、1月にはパートタイム労働者の多い他の産業でも変化が表れていました。パートタイム労働者の人数が一番多いのは卸売業、小売業です。1月に367万人いま ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

宿泊業、飲食サービス業のフルタイム労働者比率上昇 最近になって、飲食店で人手不足が発生しているという話を聞くことが多くなりました。「雇用と賃金を考える(2014年1月・パートタイム労働者)」で「飲食サービス業等」と示したものは正確には「宿泊業、飲食サービス業」です。中身は次の通 ... » more

オリエンタルモーター事件-長野地裁松本支部(平成25年5月24日)労経速2197号7頁東京高裁(平成25年11月21日)労経速2197号3頁○事件の概要X君は、平成22年4月1日に、従業員は2000名以上、資本金は40億円、 ... » more

「雇用と賃金を考える(2014年1月・フルタイム労働者)」に続いて、パートタイム労働者の動きです。賃金から見ていきましょう。注目されるのは、2013年の6月以降12月まで前年同月比マイナスが続いていた現金給与総額が1.5%のプラスに ... » more

「「雇用と賃金を考える(2014年1月・常用労働者)」で、フルタイム雇用が0.6%増加したと書きました。人数を計算すると17万3千人です。産業によって増加もあれば減少もあります。増加した人数の大きな順に並べると次の通りです。医療 ... » more

労働問題の渦中にいる皆様の力になりたい。会社で長年、労働問題で悩んできた私の偽らざる心情である。「早く、解決したい」「黙っていられない」「泣き寝入りは嫌」「とにかく、話し合いたい。でも、当人同士では感情的にな ... » more

17日が先日書いたように「内示」の日。もう一つの学校は組合の掲示板が生きているので、そっちに内示日のことが書いてありました。18日、授業があったので、そちらの学校へ。授業の時に、「来年度、4月からも多分私はいるようだ。」 ... » more
テーマ 教育 雇用 先生

「雇用と賃金を考える(2013年12月・常用労働者)」から一月たち2014年1月の毎月勤労統計の結果が出ました。今回は、雇用からみていきます。%はすべて前年同期比です。フルタイム雇用とパートタイム雇用を合わせた常用雇用は、2 ... » more

◇ 寒波の影響をどうみるか=アメリカ労働省の発表によると、2月の非農業雇用者数は前月に比べて17万5000人増加した。景気の順調な拡大に必要な20万人は下回ったが、異常な寒波の影響は予想外に小さかったとも受け取られている。失業率は職を求める ... » more
テーマ 雇用

「建設業」で、建設業の常用労働者の動きを説明した。建設業では、常用ではない臨時の労働者が多いのではないか、そちらの変動のほうが大きいのではないかと考える方もいらっしゃるだろう。そこで、総務省統計局などの行った平成24年経済センサ ... » more
テーマ 統計 雇用 労働

1ビジネスキャリアの積み方キャリアの形成で欠かせないのは、言うまでもなく、実務経験を積むことである。介護や医療は日進月歩であり、座学、独学が重要ではあるが、実際に現場に立ち、学んだことを実行していくことは、専門書 ... » more

労働、社会問題建設業
建設業の労働力不足が、何かと世間の話題となっています。少し、長めのタームで建設業の一般労働者(フルタイムの常用労働者)の動きを見てみましょう。厚生労働省の毎月勤労統計でみると、1990年以降の建設業のフルタイム常用雇用のピー ... » more

パートタイム労働者の名目賃金を見ると、現金給与総額は0.6%の減少です。11月は減少していた所定内給与は0.0%と変化なしです。所定内労働時間も0.7%のマイナスですので、1時間当たり所定内給与は、0.7%の上昇ということになります。ここ半 ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

「雇用と賃金を考える(2013年12月・常用労働者)」では、常用労働者全体の動きを見ましたが、今回は、そのうちフルタイム労働者(毎月勤労統計の公式用語では一般労働者)の状況を検討します。現金給与総額は、1.5%増加とかなり高い伸びに ... » more

毎月勤労統計の12月分確報(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2512r/dl/pdf2512r.pdf)の結果を検討します。今回はフルタイム労働者、パートタイム労働 ... » more

昔も今も、個人的にタクシーを利用することなど滅多にない。メーターがカチリと音をたてて上がるのが嫌いだ。仕事で訪問先に行くとき、車を使用できない場合は、交通機関で行く。しかし、バス停も電車の駅も拙宅の前に有るわけではない。 ... » more

低賃金ビジネスモデルからの脱却 「パートタイム労働投入の時給弾力性」で示した表からわかるように、200年代初頭やリーマンショック後の時期には賃金をほとんど上げなくても、あるいは引き下げてもパートタイム労働を中心とする非正規労働力を容易に調達できるという環境が整っていました ... » more

人口の減少について 上記の図及び数字は国立社会保障・人口問題研究所より ホームページhttp://www.ipss.go.jp/私は、これからどう生きていけばいいのかと、常に不安と同居している。それは私自身のことでもあり、日本の社会全 ... » more

(2014年3月5日追記2013年10−12月期を追加しました。)「雇用と賃金を考える(2013年11月・パートタイム労働者)」で考えた弾力性について、少し検討してみました。弾力性の定義ですが、次の通りです。パートタイム労働 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/17 10:31

「雇用」のブログ関連商品

» 「雇用」のブログレビュー をもっと探す

「雇用」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る