誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    雇用

雇用

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「雇用」のブログを一覧表示!「雇用」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「雇用」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「雇用」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

「男の労働者は余っている」では7月の数字を見ましたが、今回はしばらく前に発表された10月の労働力調査を読んでみました。働き盛りの男性の就業率です。10月の男性の年齢階級別就業率(%)年齢1997年2008年2014年97年と ... » more

労働、社会問題若い正社員の育成
「若い正社員の採用基準」で書いたように、若者を正社員として採用する野であれば、新規学卒でも中途採用でも採用基準に大きな差はないとすると、採用した後の育成の方針には差があるのでしょうか。若年者雇用実態調査では、この点も調べています。 ... » more

労働、社会問題若い正社員の採用基準
旧聞に属しますが、厚生労働省が平成25年若年者雇用実態調査の結果を発表しています。http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/4-21c-jyakunenkoyou-h25_gaikyou.pdf今回の調査 ... » more

雇用の動きを見ると、常用雇用全体では7月、8月と同じ1.7%増加です。内訳をみると一般労働者は1.1%増加で、パートタイム労働者は2.9%増加です。8月と比べるとフルタイム労働者の増加率が小さく、パートタイム労働者の増加率は大きくなりました ... » more

◇ FRBの内部資料を公開=LMCIはLaborMarketConditionsIndexの略。直訳すれば、労働市場状態指数となる。非農業雇用者数や失業率のほか、長期失業者数や平均賃金、労働参加率やフルタイムを望みながらパートで我慢している ... » more
テーマ 雇用 アメリカ

◇ もう1つの労働統計を公表=アメリカの雇用統計は、いつも株価に大きな影響を及ぼす。景気動向をいちばん如実に反映する指標と考えられているためだ。だから投資家だけではなく企業経営者もエコノミストも、毎月初めに発表される雇用統計に注意を集中して ... » more
テーマ 雇用

労働、社会問題人手不足対策の空騒ぎ
「人手不足」という言葉を見聞きすることが多くなった。対策として、女性、高齢者の活用が唱えられ、外国人労働者の受け入れなどが取りざたされている。本当に人手不足か?そのような対策が有効なのか?疑問に思うことが多い。人手不足の象徴のように ... » more

発表からかなり時間がたってしまいました。雇用の動きを見ると、常用雇用全体では7月と同じ1.7%増加です。内訳をみると一般労働者は1.3%増加、パートタイム労働者は2.4%増加です。全体の増加率は変わっていませんが、フルタイムが伸びが ... » more

社員のモチベーションアップは企業にとって関心あるテーマであり、課題だ。わたしも社労士としてときどき事業主に相談を受ける。人の心は千差万別。人の心だけは意のままにはならない。労働環境や待遇を改善すれば、「やる気」が持続的に ... » more
テーマ 仕事 雇用

労働、社会問題労働力調査2014年8月分
「男の労働者は余っている」を書いたばかりですが、8月分の結果が発表されましたので、とりあえず8月の男性の年齢階級別就業率(%)年齢1997年2008年2014年97年との差08年との差25〜34歳93.390.690.0△3.3△0 ... » more
テーマ 雇用 労働 男性

「本当に人手不足?」に続いて、男性の就業率です。7月の男性の年齢階級別就業率(%)年齢1997年2008年2014年97年との差08年との差25〜34歳94.090.289.6△4.4△0.635〜44歳96.293.993.2△3 ... » more

少し遅れてしまいましたが、「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2014年7月確報) その1」の続きです。雇用の動きを見ると、「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2014年7月確報) その1」で示した常用労働者の動きを再度書いておきま ... » more

毎月勤労統計の7月分確報が発表されました。7月の特徴は特別給与の額が6月ほどではないのですが、多いことです。一言でいえば、雇用環境は好調、所得環境は悪化です。まず、雇用の動きを見ると、常用雇用全体では1.7%増加で、内訳をみ ... » more

今回は、所得環境は悪いということを説明しようと考えています。雇用の動きを見ると、「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2014年6月確報) その1」で示した常用労働者の動きを再度書いておきます。常用雇用全体では1.5%増加で、一般労働 ... » more

毎月勤労統計の6月分確報が発表されました。6月の特徴は特別給与の額が多いことです。夏のボーナスが6月分と7月分に反映します。その額は例年6月のほうが多いのです。一言でいえば、雇用環境は好調、所得環境は悪化です。まず、雇用の動 ... » more

円安になってかなり時間がたつのに輸出数量が増えていません。なぜでしょうか?円安を利用して値下げをしないのが、大きな要因です。通常、円安になると相手国価格では値下げをするものと考えられています。日本で1万円のものは、1ドル80円なら1 ... » more

「所得が減っても消費は緩やかに増えるのか?」で示した疑問に対する答えが日本経済の視点Dで書かれています。現在のマクロ経済学の標準的な消費理論は、「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説その25 」で書いたように、今期の消費は、今期 ... » more

若干、「微妙な」点もありますが、稼働を始めたということです。ミツカン新工場を披露(8月5日NHK)大手電機メーカー、ソニーの工場の撤退などで、雇用を取り巻く環境が揺らぐ岐阜県美濃加茂市で、大手食品メーカー「ミツカン」が、新し ... » more
テーマ 岐阜 仕事 雇用

今日の日経新聞の日本経済の視点、「夏季ゼミナールC」のタイトルは「雇用・所得環境は改善へ」です。書枯れているのは日本総合研究所です。雇用や賃金の過去の動きなどの説明は間違ったことは書いていません。700字に満たない分量ですから、言葉 ... » more

労働、社会問題若者の就業率
総務省の労働力調査の6月分が発表されました。失業率の上昇が話題になっています。「本当に人手不足?」では、「特に、結婚し家族を作る時期の25歳〜34歳の落ち込みは大きなものになっています。ここが95%くらいにならないと結婚したい人や子 ... » more
テーマ 賃金 雇用 労働

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2014年5月確報) その2」までは、比率でみてきましたが、比率でみるのは一段落したとしまして、実数を見てみようと思います。常用労働者が100万人以上の業種別にみてみました。常用労働者の増減(対前 ... » more

次に、労働者数×労働者一人当たり賃金で計算した雇用者所得の動きを見て見ましょう。まず、雇用の動きを見ると、「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2014年5月確報) その1」で示した常用労働者の動きを再度書いておきます。常用雇用全体で ... » more

「雇用と賃金を考える(2014年4月・常用労働者)」の続きです。毎月勤労統計の2014年5月確報が発表されました。一言でいえば、名目好調、実質不十分です。まず、雇用の動きを見ると、常用雇用全体では1.4%増加で、一般 ... » more

「本当に人手不足?」に関連して、労働投入の変化を考えてみたい。毎月勤労統計から月平均の総実労働時間と常用労働者数をとり、二つをかけて月当たりの労働投入量を計算してみる。労働投入年総実労働時間常用労働者数労働投入1997年157.64 ... » more

労働、社会問題本当に人手不足?
「男性の就業率」の続きで、2014年5月版です。数字は次の通りです。5月の男性の年齢階級別就業率(%)年齢1997年2008年2014年97年との差08年との差15〜24歳47.744.141.1△6.6△3.025〜34歳94.4 ... » more

衝撃の「残業代ゼロ」 このところ残業代ゼロの話題が騒がしい。労働基準法では法定労働時間「週40時間、1日8時間」が定められているが、これはいつからのことだろう。私が就職したころは、残業なんて考えは一切なく、入社後数年の間、医療情報関連のSE(シス ... » more

「飲食店の変」で書き忘れたことがあるので、一言。日本の若者の数は減っていく。彼らに若いときに、将来につながる十分な職業経験を積んでもらうことは、本人たちにとっても、日本の社会にとっても、経済にとっても大事なことである。ファー ... » more

労働、社会問題飲食店の変
男性フルタイム労働者について考えたい。男性フルタイム労働者が増えている産業がないわけではない。その一つが「飲食店」である。飲食店全体では、常用労働者数は302万人で、産業計の4,661万人の6〜7%を占めており、無視できるも ... » more

学校や試験で学んだことは、必ずしも実務と一致しない。例えば、社会保険労務士試験で満点を取っても、即、実務ができるわけではない。大学での専攻が、必ずしも、社会で活かせない。いや、活かせることの方少ない。大学で学 ... » more
テーマ 最近の新聞記事 雇用 勉強と学習

「雇用と賃金を考える(2014年4月・常用労働者)」で、毎月勤労統計の常用労働者の増加率を示したのですが、今日は人数を示します。今回は男女別も見ました。常用労働者の増加(万人)男女全体フルタイムパートタイム男女計621843うち ... » more

 

最終更新日: 2016/11/25 09:44

「雇用」のブログ関連商品

» 「雇用」のブログレビュー をもっと探す

「雇用」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る