誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    マメ科

マメ科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「マメ科」のブログを一覧表示!「マメ科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「マメ科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「マメ科」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

夢彩人_樹木・草やまふじ(山藤)
やまふじ(山藤) ヤマフジ(学名:Wisteriabarachybotrys)はマメ科フジ属のつる性落葉低木。高さは数m、他の木に巻きついて大きく成長する。原産地は日本。本州(関東地方以西)、四国,九州に分布。蔓は上から見ると左回りで、フジとは逆。葉 ... » more
テーマ マメ科 落葉樹

夢彩人_樹木・草しなふじ(支那藤)
しなふじ(支那藤) シナフジ(学名:Wisteria sinensis)はマメ科フジ属の蔓性落葉小高木。高さは20m。原産地は国の東北部。日本へは昭和時代の初期に渡来した。木に巻きついて上る。蔓はヤマフジ(山藤)と同じく左巻きである。葉は奇数羽状複葉で、互 ... » more
テーマ マメ科 落葉樹

インゲン、エダマメ播種 ひまだったので、5月上旬播種予定のインゲン(つるあり)、エダマメ(福成)を播きに行く。(明日から雨のようだし)インゲンは条間30cm、株間40cmで3ケずつ4箇所。エダマメは条間25cm、株間20cmで10か所に播く。インゲンには2 ... » more
テーマ マメ科 家庭菜園 今日の播種

夢彩人_樹木・草えんどう(豌豆)
えんどう(豌豆) エンドウ(学名:Pisum sativum)は、マメ科エンドウ属の耐寒性一・二年草。草丈は200〜300cm。原産地はメソポタミア。古代オリエント地方や地中海地方で栽培化された豆で、原種は近東地方に今日でも野生している。中国に5世紀、日 ... » more
テーマ マメ科 一年草

ミントのみん種から育てたレンゲソウ
種から育てたレンゲソウ もう何代目かの種から育てたレンゲソウです。え!?レンゲソウは田んぼにあるもの、と言われそうですが…。家でゆっくり観るのも、結構いいものです。これは、秋に種を蒔いてしばらくして、寒くなってきた11月30日の様子。 ... » more

クサネム クサネム【草合歓】学名:Aeschynomene indica L.科属:マメ科 クサネム属形態:一年草花期:環境:放棄水田 や沼沢地、河川など分布:生薬名:メモ:類似するものに外来種のアメリカクサネム・ ... » more
テーマ マメ科 植物

散歩道からこんにちは\(^o^)/クララ
クララ クララ【眩草・苦参】学名:Sophora flavescens科属:マメ科クララ属形態:多年草花期:環境:分布:生薬名:メモ: ... » more
テーマ マメ科 植物

ルピナステキセンシス(Lupinus texensis) ルピナステキセンシス(学名:Lupinus texensis)はマメ科ルピナス属の一年草。草丈は20〜40cm。原産地はテキサス。アメリカのテキサス州に固有の種で、州花にもなっている。草地や道ばたなどに生える。葉は掌状複葉で、倒披針 ... » more
テーマ マメ科 一年草

カリアンドラ・ハエマトケファラ (Calliandra haematocephala) カリアンドラ・ハエマトケファラ(学名:Calliandra haematocephala)はマメ科カリアンドラ属の熱帯性常緑低木。高さは2〜3m。原産地はボリビア、ペルー、ブラジル。葉は2回羽状複葉で他に比べて小葉が大きい。12〜3月ご ... » more
テーマ マメ科 常緑樹

ハーデンベルギア ハーデンベルギアマメ科別名コマツフジヒトツバマメ原産地オーストラリア東部タスマニアに分布する蔓性の常緑樹花言葉広き心思いやり ... » more
テーマ 庭の花 マメ科

ふじかんぞう(藤甘草) フジカンゾウ(学名:Desmodium oldhamii)はマメ科ヌスビトハギ属の多年草。草丈は50〜150cm。原産地は日本、北朝鮮、台湾、中国など。山野の林内に生える。葉は互生し、葉身は奇数羽状複葉で小葉は5〜7枚、葉身は長卵形 ... » more
テーマ 多年草 マメ科

豆苗のハバネロとベーコン炒め 先日アップした、カットして再生中の豆苗、かなり成長しました。5日前にほぼ丸坊主だった真中お皿が、結構茂っています。面白いです。よく観るとカットした下の部分の芽が伸びてきていることがわかります。キッチンにこんなグリーン ... » more

野菜高騰時にも便利な豆苗 寒さの影響もあり、野菜、特に葉物野菜の高値が続いています。仕事帰りの買い物では、「もやし」は大体売り切れになっています。先日TVで、「葉物高騰時には、お鍋にも豆苗(とうみょう)がいい」というようなことを言っていました。なるほ ... » more

薬用植物園 を 見学! 娘の大学の学園祭があり、先週のお休みにちょっと行ってきましたが、さすが薬大だけあって、薬用植物園なるものがありまして、結構広くてこのほかにハウス栽培の植物園などもあり、色々楽しんでいたのですが、思ってもいない木が薬用 ... » more

クロタラリア(Crotalaria) クロタラリア(学名:Crotalaria sp.)はマメ科タヌキマメ属(クロタラリア属)の非耐寒性一年草。草丈は100〜150cm。原産地はインド。葉は互生し、長さ10cm程度の楕円形。9〜10月に黄色い花を咲かせる。花径は約2.5cm ... » more
テーマ マメ科 一年草

夢彩人_樹木・草マメ科(Fabaceae)1
マメ科(Fabaceae)1 ●学名■植物名 ◆写真(クリックで説明表示)▲別名(*印は別に表示、−は不明) 〔樹木/草の区分〕●Acacia baileyana■ぎんようアカシア(銀葉Acacia) ▲ハナアカシア、ミモザ〔樹木〕●Ac ... » more
テーマ マメ科

夢彩人_樹木・草みやこぐさ(都草)
みやこぐさ(都草) ミヤコグサ(学名:Lotus japonicus)はマメ科ミヤコグサ属の多年草。草丈は15〜35cm。日本全土に分布。道端などに見られる野草。茎は根元で分枝して、地表を這う。茎には節ごとに葉をつける。葉は5枚の小葉をもつ奇数羽状複葉 ... » more
テーマ 多年草 マメ科

ヤマフジ ... » more
テーマ マメ科

ちょうせんはぎ(朝鮮萩) チョウセンハギ(学名:Lespedeza maximowiczii)はマメ科ハギ属の落葉低木。高さは1〜3m。原産地は朝鮮半島南部〜中国東北部。葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、2列に互生。小葉の形は長い卵形である ... » more
テーマ マメ科 落葉樹

夢彩人_樹木・草くず(葛)
くず(葛) クズ(学名:Pueraria lobata)はマメ科クズ属のつる性の多年草。草丈は50〜100cm。原産地は日本、朝鮮半島、台湾、中国。日本各地に分布。秋の七草の一つ。葉は3出複葉、小葉は草質で幅広く、とても大きい。つるは年がたつと ... » more
テーマ 多年草 マメ科

ソフォラダヴィディー(Sophora davidii) ソフォラダヴィディー(学名:Sophora davidii)はマメ科エンジュ属の落葉低木。中国原産。エンジュの仲間。花期は4〜5月。淡青色の花が咲く。Sophoraはアラビア語で蝶の意味。木が小さいうちからよく花をつける。長く、鋭い棘が ... » more
テーマ マメ科 落葉樹

ミントのみん豆苗の段々畑!?
豆苗の段々畑!? 先日ある方から、「仕入れの数を間違えた」ということで、某社の豆苗を沢山いただきました。「一度カットして使い、残った部分を水に漬ければ再度伸びてきたものを使える」ことは、とても魅力的です。スプラウトは大好きなので時々つくります ... » more

せんだいはぎ(先代萩) センダイハギ(学名:Thermopsis lupinoides)はマメ科センダイハギ属の多年草。草丈は40〜80p。原産地はシベリア、日本、米国。海岸の砂浜や原野に生える。葉は互生し長さ5〜7pの3小葉からなり、葉柄の基部にある托葉は大 ... » more
テーマ 多年草 マメ科

バーニッシュワトル(Vernish wattle) バーニッシュワトル(学名:Acacia verniciflua)はマメ科アカシア属の常緑低木。高さは1〜5m。オーストラリア原産。低木で成長が遅いので、狭いスペースにも最適なアカシア。細長葉15x3cm。春咲き枝が枝垂れる樹形。3〜4月 ... » more
テーマ マメ科 常緑樹

ストロベリートーチ(Strawberry torch) ストロベリートーチ(学名:Trifolium incarnatum)はマメ科トリフォリウム属の耐寒性1年草。草丈は20〜50cm。原産地はヨーロッパ南部。花期は4〜6月。真っ赤なイチゴの果実に似た花穂を数多く枝先につける。花径は約5cm ... » more
テーマ マメ科 一年草

 

最終更新日: 2016/11/11 04:09

「マメ科」のブログ関連商品

» 「マメ科」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る