誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    春紫苑の世界

春紫苑の世界

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「春紫苑の世界」のブログを一覧表示!「春紫苑の世界」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「春紫苑の世界」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「春紫苑の世界」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

堀川ひとみ―2 まあ、少しくつろいでお菓子でも。長くなりそうだからね。次に、BGMでも聴きながら・・・少し眼が疲れてるかな?綺麗な模様でも見てみますか?(万華鏡をクリックしてね)var ... » more

空気時計を見詰めながらWhat is a Youth
英語は不得意ながらも、詩を書いている関係で何度か翻訳に挑戦したことがあります。また、逆に自作の詩を英語に翻訳したこともあります。自分の詩を翻訳してみると(web上のサイトを使用して)日本語では見えなかった ... » more

空気時計を見詰めながら五百羅漢経
五百羅漢経 何の因果か「お経」を作っております。● 作品No.1197「阿呆陀羅経」●作品No.1199「五百羅漢万華経」「五百羅漢万華経(鏡)」はこれから作る「五百羅漢経」の一部です。全体の構想としては ... » more

阿呆陀羅経―意訳「地・天の部」 雅擬愚迎合(がぎぐげご)愚を雅と擬え、迎合せん。愚(邪=よこしま)を雅(みやび)と擬(なぞら)え邪と雅を合一せよ暫時図是増(ざじずぜぞ)しばし、是(これ)を増すを図らん。合一した雅邪を増や ... » more

阿呆陀羅経―意訳「人の部」 安以有得悪(あいうえお)いずくんぞ、有るを以って、悪を得ん。どうして、人が生まれ、行き続けているからといって、いつまでも原罪がつきまとうものか、そんなはずはない荷既苦傾行(かきくけこ)荷、既に苦なり、傾きて行 ... » more

空気時計を見詰めながらThe Happy Prince
幸福の王子The Happy Princeオスカー・ワイルド作結城浩訳町の上に高く柱がそびえ、その上に幸福の王子の像が立っていました。王子の像は全体を薄い純金で覆われ、目は二つの輝くサファイアで、王子の剣のつかには大 ... » more
テーマ 春紫苑の世界 空気時計 ひとりごと

寒い冬が北方から、狐(きつね)の親子の棲(す)んでいる森へもやって来ました。或朝(あるあさ)洞穴(ほらあな)から子供の狐が出ようとしましたが、「あっ」と叫んで眼(め)を抑(おさ)えながら母さん狐のところへころげて来ました。「母ち ... » more
テーマ 春紫苑の世界 空気時計 ひとりごと

虔十公園林宮沢賢治虔十(けんじふ)はいつも繩(なは)の帯をしめてわらって杜(もり)の中や畑の間をゆっくりあるいてゐるのでした。雨の中の青い藪(やぶ)を見てはよろこんで目をパチパチさせ青ぞらをどこまでも翔(か)けて行く鷹( ... » more
テーマ 春紫苑の世界 空気時計 ひとりごと

空気時計を見詰めながら春紫苑の世界
この世界を創造したのはもちろん神でも仏でもない匿名性の高いこの世界自分がそう名乗れば「春紫苑」になれるのかも知れない【大地2】(NO.701)すごいですね。雲は風と結婚しましたか・・・。いいですよね。 ... » more
テーマ 春紫苑の世界

空気時計を見詰めながら夜の静寂―5
夜の静寂―5 月はポッカリ群雲の陰どうやら長居し過ぎたらしい黎明がボクを眠りへと誘う眠りは死の分割に足りえるか?否定しながら肯定しているボクが眠りに就いた瞬間に船頭は刮目し櫓を漕ぎ出すMortidoの岸辺で ... » more

空気時計を見詰めながらピンポン玉
言葉だけが表面を流れてまるで彩色されたピンポン玉のようにいくら塗りたてようともそこに美しき絵を描こうともまるで彩色されたピンポン玉のように軽く軽く跳ねてころがる内部に閉じ込められた空気たち開放を欲 ... » more

空気時計を見詰めながら夜の静寂―4
夜の静寂―4 月がポッカリと出ている船頭は白河夜船ボクが目覚めている間いつも彼はそうだ「何処へ行こうかな?」誰とはなしに尋ねる「ここから行くんだ。」誰とはなしに答える船頭とふたりおもいの小船は岸際を ... » more

序曲死ぬるもの――ある日のまぼろし――(地上をあゆみつつ)わしは産まれた。そして太陽の光を浴び、大気を呼吸して生きている。ほんとに私は生きている。見よ。あのいい色の弓なりの空を。そして ... » more

空気時計を見詰めながら墓穴と地雷
手で波の寄せ来るジェスチャーをしながら女性とすれ違う女性は立ち止まり「何ですかそれ?」と私に訊く私は「寄る年波」と答える女性は悔しそうに言葉を捜す「波は寄せ来るだけじゃなくて 引くことありますよ。」 ... » more

空気時計を見詰めながら(閑話)
(閑話) あがた森魚動画ダウンロード»»  Hirai ken - Aika (Elegy)動画ダウンロード»»  岩崎宏美 - 聖母たちのララバイ(紅白)動画ダウンロー ... » more
テーマ 春紫苑の世界 ひとりごと 白詰草

空気時計を見詰めながらDarker Than Black
これから枯れる花より半分枯れた花が愛おしい巷ですれ違いながらそう思う枯れることの意味を一粒の麦の死に様を同時進行の我を含め半分枯れた花が愛おしい本当に枯れてしまって誰も見向きもしなくなっても ... » more

空気時計を見詰めながらa milestone
a milestone ここにまだあの花咲いていた頃ここは楽園だったいまは砂漠時どき種でも残っていたのかあの花萌芽し根付こうとする寄る辺あるはずもなく何度も開花も結実もなくついにつきた種言葉はおもいをこえられ ... » more

日陰の花は花ならず日向なればこそ花なり ... » more

かつて見た夢がそうであったように軒先の雨ダンボールを浸すここにこうしていられた時が幸せだった気がするここにこうしてもいられない自分が幸せなのかも知れない一筋の雨頬を伝い ... » more

安寧の日記(3/25) 経緯 時は過ぎて行く雑踏の中の孤独のようにその静けさが嵐を予感させる時は過ぎて行く大地に浸透する雨のように時は過ぎて行く雑踏の中の孤独孤独の喧騒のようにその騒がしさが不安を呼ぶ ... » more

すべての始まりはすべての終わりへの始まりであると客観的に言えるのかその答えをボクは求めている人が生まれるということは死ぬことへの始まりであると事実として存在し真実、真理であると認めざるをえない ... » more

安寧の日記(2/10) Sollen 世界はたったひとつの真実からできているその真実を知るとき真実はまた新たな真実を求めて拡散する普遍する真実をひとつの真実に束ねるものはやはり真実であるひとつであってひとつ ... » more

マトリューシカ 軒先で雨を凌いでいるよ傘は持っているけどね傘じゃ一人しか雨を凌げないからねでもねこの軒先で雨を凌いでいるのはボクひとり・・・あなたが唱えた永遠がボクにとっては刹那の断続だっただけのこと ... » more

居なくなろうとする気持ちと闘うことそれが生きることそれは存在確かにこの世界はバーチャルな空間だけど居なくなろうとする気持ちと闘い続けることそれが生きることそれが存続 ... » more

空気時計を見詰めながらosiete
ねぇなぜ?一人でも歩ける夜道を二人で歩こうとするのねぇなぜ?二人でなら歩ける夜道を一人で歩こうとするの混沌の中偶然の蟠りが秩序に見えてくる何度も何度も崩壊するその秩序をボクはこ ... » more

スカボロ・フェアに行くのですか七草が揃う時道はひらけるあそこに住んでいる人によろしく伝えてよ私が真剣にあの愛した人にあの人に見えない糸を紡いでもらってください七草が揃う時空間の扉が開かれる心では感じることがで ... » more

スカボロ・フェアに行くのですかダイヤ、スペード、ハートにクローバーあそこに住んでいる人によろしく伝えてよ私が真剣にあの愛した人にあの人に満ち欠けしない月をもらってくださいダイヤ、スペード、ハートにクローバーなぜ満 ... » more

空気時計を見詰めながら神の数列―2
神は最初にあらわれた完全なるものの二乗に意味をお与えになったすなわち36である自然なる数最初の三つを加えたものの2乗であり自然なる数最初の三つを掛け合わせたものの2乗であり自然なる数最初の ... » more

空気時計を見詰めながら神の数列
神は6日間でこの世を創造され私たちの住む地球の周りを回る月が28日間で私たちの住む地球を一周するようにつくられた6、28、?、8128・・・古代の人々はこの「6」と「28」とが完全なる数であるから ... » more

空気時計を見詰めながら反逆する者
生きとし生けるものよ私が与えたこの自然にあるものを食べて生きなさい彼はそう言った人々はそれに従って生きてはいたがやがて自分の好きな場所に種を蒔き農耕をはじめた人間よ自分の力で生きなさいやさ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 03:55

楽天市場のおすすめ商品

「春紫苑の世界」のブログ関連商品

» 「春紫苑の世界」のブログレビュー をもっと探す

「春紫苑の世界」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る