誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    直島

直島

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「直島」のブログを一覧表示!「直島」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「直島」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「直島」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

瀬戸内海・直島観光(3):家プロジェクトほか 平成25年10月29日一通り三つの美術館を見終わって、ベネッセの敷地に足を踏み入れてから敷地を出るまで4時間50分を要した。シャトルバスで14:42つつじ荘まで戻り、町営バスに乗り換えて農協前でバスを降りる。バスを降りた直島の本村地 ... » more
テーマ 直島 香川県 安藤ミュージアム

瀬戸内海・直島観光(2):ベネッセ地中美術館 平成25年10月29日リーウーファン美術館 ベネッセの三つの美術館はすべて建築家安藤忠雄氏の設計になるもので、氏の特徴であるコンクリート打ちっぱなしの構造である。リーウーファン美術館は日本でも活躍する韓国の芸術家の名を取ったもので、 ... » more
テーマ 直島 香川県 地中美術館

瀬戸内海・直島観光(1):プロローグ 瀬戸内国際芸術祭2013平成25年10月29日の8:55、小豆島からの高速船で直島の宮浦港に降り立った。秋晴れの下、火曜日にかかわらず港に船が着くたび、大勢の観光客が吐き出されてくる。なにしろ人口3800人の島にこの港だけでも一日29便 ... » more

直島(Naoshima) @瀬戸内国際芸術祭2013夏シーズン 「142Liminal Air-core-」高松港にある約8mの高い2本の柱です。「163ハッピースネーク」高松港に2つ設置されているハッピースネークの一つ。左端の横断歩道の先にある「ようこそ香川へ」と書いてるや ... » more

家プロジェクトとベネッセハウスの直島へ 5月17日 家プロジェクトとは、木村地区に残る古民家を修復保存し、そこに現代美術作家が作品を制作展示したものです。車が通れない狭い路地で、そのため駐車場、車庫等が無く、独特のレトロな雰囲気を醸し出しています。ベネッセハウ ... » more
テーマ ベネッセハウス 直島 家プロジェクト  コメント(2)

芸術の島 直島 と四万十川の子供達 in四国 2012.07.29-08.02 芸術の島直島と四万十川の子供達in 四国です。ウサギの島大久野島から次なる島直島までカブ90を走らせましたが、日の出と共に気温がぐんぐん上昇していきました。オカピー「あぢ〜よ〜。バイクはエアコン無いし渋滞で止まっちまうと灼熱 ... » more

元祖 直島バーガー maimai 瀬戸内国際芸術祭2010では、口コミで広まった、男木島のめおんバーガーがありましたが、今年8月10日に直島にも登場した、ご島地バーガーが、maimaiさんの直島バーガー(640円〜)maimaiさん ... » more
テーマ 直島 カフェ 香川

ベネッセハウス・パーク 安藤忠雄さん設計のベネッセハウスに宿泊もともと、キャンプ場だったところに2006年完成した、パークエリア。客室が一番多いエリアですが、静寂感があります。客室は、全室オーシャンビュー ... » more
テーマ 直島 香川

内藤礼「きんざ/このことを」 家プロジェクトの中でも、なかなか鑑賞することができない、内藤礼さんの「きんざ/このことを」。ようやく鑑賞するチャンスがきました。須田悦弘さんの「碁会所/椿」の隣の蔵になります。鑑賞が難しいのは、金、土、日、祝のみ開館していて ... » more
テーマ 直島 香川 アート

Cafe Restaurant Garden(カフェ レストラン ガーデン) 直島の本村港の目の前にある、自宅を改装したCafe Restaurant Garden(カフェレストランガーデン)では、直島カフェメニューとしては、なかなか無い、ピザをいただけます民家の雰囲気を残しているので、出 ... » more
テーマ 直島 カフェ 香川

ぼんじょーるのー歳時記直島をぶらり!
直島をぶらり! ちょっとしたきっかけで、久しぶりに直島へ行くことにそれも、地元香川なのに、直島に宿泊ですインフォメーションやベネッセ関係者も、香川の高松からということには、驚きのようでした。昨年は、瀬戸内国際 ... » more
テーマ 直島 香川

log-log-log島猫紀行
島猫紀行 前回の続きといいましょうか…。直島です。カフェで食事を始めたのが14:00ぐらいだったんですね。一通り見て回って終わってたので、食事を済ませて帰るつもりだったんですが…船が出るのが14時すぎ。 ... » more
テーマ 直島 旅行

log-log-log秋晴れ
秋晴れ 先週末の土曜日はかなり天気も良く、気持ちいい秋晴れでしたね。ちょっと時間があったのでチャリブラに。全然目的もなく、最近行ってない方角へと進みます。着いたのが「公渕公園」です。適当にのんびりしながら回ります ... » more
テーマ 直島 自転車

きらきらしたせかい。ぐるぐる
ぐるぐる かぼちゃ。ひと。ひと。かぼちゃ。 ... » more
テーマ 直島

直島・護王神社の神域清掃ワークショップ アートの島、直島の家プロジェクトの1つ、杉本博司さんのアプロプリエイトプロポーションを展示している護王神社の清掃活動が、ベネッセより募集があり、こえびネットワークとして参加することに本村ラウンジ&アーカ ... » more
テーマ 直島 香川

きらきらしたせかい。万華鏡
万華鏡 これがこうなる ... » more
テーマ 直島 万華鏡

へいめんのせかい 浮き出る壁 ... » more
テーマ 直島

きらきらしたせかい。そら
そら 何色に変える? ... » more
テーマ 直島

きらきらしたせかい。碧い空
碧い空 きらきらしたせかい ... » more
テーマ 直島

きらきらしたせかい。足跡
足跡 行く道、来た道 ... » more
テーマ 直島

きらきらしたせかい。
朱 耀く空の下。 ... » more
テーマ 直島

きらきらしたせかい。自画像
自画像 SayCheese ... » more
テーマ 直島

瀬戸内のア−トが見られる まもなく(7/19)瀬戸内国際芸術祭が瀬戸内の島々を会場に開かれます。筆者がかつて梅雨明けに繰り出した豊島も入っていましたよ。美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック美術出版社ユーザレビュー:島 ... » more

直島は銭湯までもアーティスティック! 直島銭湯「I ❤ 湯」です(*^-^*) 建物も、内部も、ほんっとに!ファンタスティックな銭湯でした(^-^)前夜、テレビを見ていたら、瀬戸内海の直島に出来た面白い銭湯の映像が流れた。「わー、す ... » more
テーマ 直島 美術館 旅行

直島アートの島に行ってきました! 更紗特派員より クリックの応援よろしく〜〜クリックで順位が上がります感謝します〜にほんブログ村にほんブログ村いつき組長もいっぺん行って見たいとのことでしたhtt ... » more
テーマ 忘年会 直島 なっそ  コメント(47)

[直島」で出会った杉本博司作品に世界文化賞 9月23日のブログアートの島「直島」に掲載した護王神社改装の杉本博司氏が高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。写真家として知られている人で、直島にもかなりの点数の作品が展示されていたが、その表現するところのものはものは「写真」 ... » more
テーマ 直島

「アートの島・直島」 2泊3日の旅 旅と一口に言っても種々の楽しみ方がありますよね。今回の旅は安藤忠雄と現代アートが私にどんな衝撃を与えるか、が目的の一つでした。世界観も変わるような、(たとえば荒川修作の岐阜にある「養老天命反転地」公園のような)そんな期待 ... » more
テーマ 直島

「アートの島・直島」 私の悪い癖/それは・・・。 大体私は文句が多い女らしい。だから夫には直ぐ逃げられ、娘は大学卒業するやトットと結婚。唯一私の見方である猫さえも最近はしばしば脱走する始末だ。そんな私が感激、大満足して帰るわけがない。まァ聞いてください。先ずは褒め言葉 ... » more
テーマ 直島

「アートの島・直島」 何を偉そうに・・・<地中美術館> もともとクロード・モネの「睡蓮シリーズ」を所持しており、「モネの新しい見方を提出して見よう」(秋元雄史・地中美術館元館長・現金沢21世紀美術館館長)という目的ででスタートした美術館とのこと。モネのほか2名のアメリカ現代美術作家だ ... » more
テーマ 直島

「アートの島・直島」 家プロジェクト 古い集落内の廃屋をアーチストに任せて家ごと作品の展示場にしてある。目下5箇所。それを「家プロジェクト」と呼んでいる。私はすっかり勘違いし、現在も家としてある程度の機能を維持しながら、アートと絡めて生活する豊かさを表現しているのだ ... » more
テーマ 直島

 

最終更新日: 2016/11/11 03:03

「直島」のブログ関連商品

» 「直島」のブログレビュー をもっと探す

「直島」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る