誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    就業規則

就業規則

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「就業規則」のブログを一覧表示!「就業規則」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「就業規則」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「就業規則」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

<就業規則を作るきっかけ>会社を設立し、いつか従業員を雇い入れる予定があるのなら、すぐに就業規則を作るようお勧めします。一人でも適用対象者がいるのであれば、不利益変更という厄介な問題が出てきますが、誰も適用対象者がいないのであれば変 ... » more

<営業手当の意味>営業手当は、営業という業務を担当することにより他の業務には無い負担があるため、その負担に応じて支給される所定労働時間内の業務に対する手当です。ですから、所定労働時間外の残業代の代わりにはなりません。また、営 ... » more
テーマ 就業規則 営業手当 残業代

<労働条件の明示>労働基準法には、次のように定められています。 (労働条件の明示)第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。 ... » more

<違法な就業規則の実在>就業規則を作成した時には適法だったものの、法改正が繰り返されて違法だらけの就業規則になってしまうということはあります。国際情勢、国内情勢、市場動向は変化していますし、政府が継続的に強化している少子高齢 ... » more

<会社に損害が発生するケース>従業員が業務上、自動車の運転をしていて、人身事故や物損事故を起こした場合には、使用者責任(民法715条)により、被害者に対して賠償責任を負うことがあります。その他、自動車の修理代や自動車保険料の ... » more

<労働基準法の規定>労働基準法によると、解雇する場合には30日前に予告しなければならないのが原則です。30日前に予告する代わりに、12日分の解雇予告手当を支払うとともに18日前に予告するなど、足して30日になる方法も取れます ... » more

<休日の振替が許される場合>労働契約で休日の振替が認められている場合には、事前に振り替わる休日と労働日を特定することにより休日を変更することができます。労働契約で休日の振替が認められていると言えるためには、就業規則や労働条件 ... » more

<民法改正>平成29年5月26日に民法改正案が参議院を通過し、成立した改正民法は、6月2日に公布されました。これによって改正民法は、平成32年6月1日までに施行されることになります。民法の改正は、労働関係には影響が無いように ... » more

<労働基準法1条1項>法律の第1条というのは、注目されないものです。しかしその法律の目的や、大原則が規定されていますから、これを踏み外すとお話になりません。労働基準法1条1項には、次のように規定されています。「労働条 ... » more
テーマ 就業規則 労働基準法 最低基準

<具体的なトラブル>円満退社のパート社員が、退職にあたって会社に退職金の支払いを請求する、あるいは、退職後に請求するということがあります。もちろん、パート社員にも退職金を支払うルールなら問題ないですが、会社としては支払わない ... » more

<休憩時間の自由な利用>労働基準法は、休憩時間について、次のように規定しています。 (休憩) 第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも ... » more

<厚生労働省の説明>「職場でつらい思いしていませんか?(職場のハラスメントの解決を労働局がお手伝いします)」というパンフレットには、各ハラスメントが次のように説明されています。セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは … 職 ... » more

<賃金の支払い義務>健康診断を受ける時間が、労働基準法の労働時間にあたれば、賃金の支払い義務があります。 <一般健康診断についての通達>労働安全衛生法66条1項に定める一般健康診断について、次のような通達があ ... » more

<就業規則の有効性>裁判所の判断によると、就業規則はその変更を含め、周知されていないと効力がありません。これは、労働基準監督署長に届出をしていても同じです。このことから明らかなように、届出は法令により義務づけられているものの ... » more
テーマ 就業規則 店舗 営業所

<36協定の抜け道のハズが>新国立工事で自殺した男性が、上限月80時間を超える時間外労働をしたのに、将来代休を取る予定にしてその時間分を差し引くことで、80時間未満と申告していました。この方法は、この職場で長年の慣習だったようです。 ... » more

<無断欠勤なら>多くの会社には、正当な理由なく無断欠勤を続けた場合には懲戒解雇とする旨の規定があります。こうした規定を置かずに行う懲戒解雇は不当解雇となり、解雇が無効となるので、会社が大きな痛手をこうむります。たとえ ... » more
テーマ 欠勤 就業規則 年次有給休暇

平成29年10月1日に改正育児・介護休業法が施行されるのに先立ち、厚生労働省から「育児・介護休業等に関する規則の規定例〔簡易版〕」が公開されました。利用にあたっては、現在の就業規則との整合性や職場の具体的な事情に応じたカスタマイズが ... » more

<常識的な判断>社員が詐欺や障害などの刑事事件を起こし、警察のお世話になって、テレビのニュースに出たような場合、常識的な判断からは、懲戒解雇が当然であり、解雇にならないのは非常識だと思えるでしょう。しかしこれは、会社目線の素 ... » more
テーマ 就業規則 懲戒規定 解雇

<存在について>入社したばかりの新人やアルバイトにとって、そもそも会社に就業規則があるのかどうか不明なこともあります。労働基準法では、「常時十人以上の労働者を使用する使用者は、…就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければなら ... » more

<残業の性質>残業は、会社が命じて社員に行わせるものです。具体的には、上司が業務上の必要から、部下に命じて行わせることになります。少なくとも、部下が残業の必要性を上司に打診し、これを受けて上司が部下に命ずるという形でなければ ... » more
テーマ 就業規則 人件費 残業

<同じ解雇でも>懲戒解雇は、就業規則や雇用契約書、労働条件通知書などに具体的な規定が無ければできません。しかし普通解雇は、これらに規定が無い場合でも民法が適用されるので、一定の条件を満たせば可能です。 〔民法 ... » more
テーマ 就業規則 普通解雇 解雇

<人事院とは>人事院は、国家公務員の人事行政に広汎な権限を有する行政委員会です。国家公務員の人事管理の公正中立と統一を確保すること、ストライキ権など労働基本権制約の代償機能を果たすことの2つを目的としています。人事院 ... » more
テーマ 就業規則 懲戒規定 セクハラ

<定額残業代のメリット>定額残業代は良い仕組みです。労働者にとっては、残業が少なくても定額残業代が保障されていますし、会社にとっては人件費が安定します。しかし、それだけではありません。残業が少なくても定額残業 ... » more
テーマ 就業規則 固定残業代 定額残業代

<国の政策に対する無知>産前産後休業というのは、労働基準法による国全体の制度です。また、育児休業というのは、育児介護休業法による国全体の制度です。ですから、会社の状況に左右されません。むしろ、会社は従業員が産休や育休を取得する前提で ... » more
テーマ 就業規則 産前産後 育児休業

<極めて限定されている管理監督者>管理監督者といえるかどうかは、その人の肩書ではなく、職務内容、責任、権限、勤務態様、待遇などの実態により判断されます。管理監督者といえるための最低限必要な条件はすべて満たしていることが必要で ... » more
テーマ 役職者 管理監督者 就業規則

<所定労働日数が不明>年次有給休暇の付与日数は、原則として1週間の所定労働日数によって決まります。これが何日なのか不明であれば、そもそも年次有給休暇が何日付与されるのかも決まりません。また年次有給休暇は、入社後最初の半年間、 ... » more
テーマ 人件費の削減 就業規則 年次有給休暇

<定年年齢の規制>事業主が定年制を設ける場合には、定年を60歳以上とすることが義務化されています。〔高年齢者雇用安定法8条〕これにより、60歳未満の定年を定めた就業規則などの規定は無効とされます。 <定年後の ... » more
テーマ 就業規則 再雇用 問題社員

<モデル就業規則>厚生労働省のホームページに掲載されている「モデル就業規則」の最初のほうに、次のような規定があります。「この規則に定めた事項のほか、就業に関する事項については、労基法その他の法令の定めによる。」〔モデル就業規 ... » more
テーマ 会社の強化 就業規則 社労士

<法令の規定>「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」〔労働安全衛生法66条1項〕このことから、労働者は健康診断を受診することが義務づけられます。「た ... » more

小さな会社でも就業規則が無いと大変な理由 <就業規則の届出義務>パートやアルバイトなどを含め、常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成して、所轄の労働基準監督署に届け出る義務を負っています。〔労働基準法89条〕ですから、従業員が9人以下の会社では、就 ... » more
テーマ 会社の強化 就業規則 経営者の苦労

 

最終更新日: 2017/09/02 15:23

「就業規則」のブログ関連商品

» 「就業規則」のブログレビュー をもっと探す

「就業規則」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

就業規則を作る、変える。ここがポイント(5) 職場の法律 [ 全国労働基準関係団体連合会 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 就業規則を作る、変える。ここがポイント(5) 職場の法律 [ 全国労働基準関係団体連合会 ]
楽天ブックス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「就業規則」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る