誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    吉村昭

吉村昭

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「吉村昭」のブログを一覧表示!「吉村昭」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「吉村昭」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「吉村昭」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

海音寺潮五郎さんの著作権などを管理する「海音寺潮五郎記念館」では、設立間もない昭和57年度より「文化講演会」と称するイベントを主催しています。昨年度は作家の北原亞以子氏が、その前年度は作家の半藤一利氏が講演を担当され、私はその両方とも聴講さ ... » more
テーマ 吉村昭 井伊直弼 有村次左衛門  トラックバック(2)

本日紹介するのは、吉村昭『羆』(新潮文庫)です。吉村昭の動物を題材にした作品(絶版)は、『海馬』『鯨の絵巻』『熊撃ち』『蜜蜂乱舞』『魚影の群れ』と紹介してきましたが、これで最後になるでしょうか。『羆』は動物小説5編収録の短編集です。 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

「これぞプリンシプルのある人生―などと燥ぐと叱られますか、吉村さん?」今月の新潮文庫の新刊、吉村昭『わたしの普段着』(エッセイ集)の帯に書かれた文句です。発売日が待ち遠しく、久々に、その当日に買いに行った本ですが、この文句には、いい ... » more
テーマ 吉村昭 本(復刊・文庫化)

本日紹介するのは、吉村昭『魚影の群れ』(新潮文庫)です。吉村氏は、多くの動物小説を残していて、この短編集もその一つです。新潮文庫には、本書のほかに、『海馬(トド)』『鯨の絵巻』『羆』『蜜蜂乱舞』といった動物小説を収めたものがあります ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

本日紹介するのは、吉村昭『蜜蜂乱舞』(新潮文庫)です。私が小学生のころ、我が家の土地(牧草地の一角)を養蜂家の人に貸したことがありました。夏の終わりごろ、お礼としてハチミツをもらいましたが、そのとき、蜂の巣ごと食べさせていただき、一 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

本日紹介するのは、吉村昭『旅行鞄のなか』『私の引出し』(文春文庫)です。二冊とも吉村氏のエッセイです。好きなんですよねぇ、これが。氏のエッセイは、普段の生活のなかで目にすることや自身の少年時代のこと、酒や食について思うことなど、さま ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

絶版かよっ・その68 本日紹介するのは、吉村昭『熊撃ち』です。「あとがき」には、「この短篇集に書いた小説の主人公は実在する猟師、ハンターであり、物語も実際に起こったことである」とありますが、全部で7話、どれも猟師と熊の息詰まる対峙を描いた作品で、読み ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭  コメント(2)

本日紹介するのは、吉村昭『鯨の絵巻』(新潮文庫)です。短編5編収録の作品集です。前に『海馬(トド)』を紹介しましたが、それと同じく、動物小説集になります。今回は、たいてい、そのテーマと出会い、執筆するにいたった経緯が書かれてある「あ ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

絶版かよっ・その60 本日紹介するのは、吉村昭『私の文学漂流』です。作家・吉村昭の誕生までをつづった自伝です。「文学的な雰囲気はなかった」家に生まれながら、読書に親しんだ少年時代、三島由紀夫など作家たちと交わった大学文芸部時代、大学中退後、会 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭  コメント(2)

絶版かよっ・その48 本日紹介するのは、吉村昭『逃亡』です。この本を知ったのは、同じく氏の著作である『殉国』(文春文庫)の解説の文章です。吉村さんに「逃亡」(文春文庫)という作品がある。これは「殉国」とは正反対で、軍隊から逃亡した男の話である ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭  トラックバック(1)

絶版かよっ・その47 本日紹介するのは、吉村昭『殉国 陸軍二等兵比嘉真一』です。沖縄戦を一人の少年の目から描いた物語です。当時の少年にしてみれば、兵隊として戦に参加するということには、名誉なこと、というか、一人前として扱われている、といった意 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭  コメント(2)

絶版かよっ・その36 本日紹介するのは、吉村昭『海馬(トド)』です。動物を介して、人間社会を描写した作品集です。「闇にひらめく〈鰻〉」「研がれた角〈闘牛〉」「蛍の舞い〈蛍〉」「鴨〈鴨〉」「銃を置く〈羆〉」「凍った目〈錦鯉〉」「海馬〈トド〉」の ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

絶版かよっ・その21 本日紹介するのは、吉村昭『史実を追う旅』です。吉村氏が小説を書くにあたって行った旅やその裏話を披露するエッセイです。氏がどのような態度で小説を執筆されていたのか、よくわかりました。たとえば、4度の脱獄を実行した無 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭

絶版かよっ・その19 本日紹介するのは、吉村昭『磔』です。歴史小説5編収録の短編集です。「磔」・・・長崎の駅前からほど近い西坂公園に、日本二十六聖人殉教記念碑が建っています。これは、秀吉のキリシタン禁止令によって磔刑に処せられた、外国人宣教師 ... » more
テーマ 本(絶版) 吉村昭  コメント(2)

奥様である作家の津村節子氏によると、吉村昭氏は尊厳死によって自ら生命を絶った。今年7月31日・・・三鷹市の自宅で看病をしていた長女に 「死ぬよ」 と宣言して・・・その数時間後に還らぬ人となったそうである。享年79歳。すい臓癌である。今の ... » more

吉村昭氏の死と長英の死 二つの死の容に思うこと 7月31日に他界された吉村昭さんの死の直前の模様が報道された。点滴の管と静脈に埋め込まれたカテーテルポートを自ら引き抜いた覚悟の死だった。病床に伏したときから延命治療を拒否していた。病院から自宅に戻っていたのだそうだ。夫人の津村 ... » more

吉村昭 『長英逃亡』 氏の逝去に哀悼の意を表しつつ 日立デジタル平凡社世界大百科事典高野長英 1804‐50(文化1‐嘉永3)幕末の蘭学者。名は譲、のち長英、号は瑞皐(ずいこう)。陸奥水沢の生れ。幼いころ父と死別し、母方の叔父高野玄斎の養子となる。1820年(文政3)江戸に出て蘭 ... » more

吉村昭 『破獄』 去る7月31日、吉村昭さんが他界された。79歳であった。 日本の夏は死者を追憶する季節でもある。そして戦争の悲惨を語る季節でもある。氏の作品では武士道の悲惨と空虚を描いた『敵討』を読んだだけだが、『敵討』は当時の社会構造の変化をドキュメンタリータッチで、感情を入れず淡々と叙述することが ... » more

この小説を読んでいて主人公佐久間清太郎の叙述があまりにも真に迫っているからモデルがいてもおかしくないのだが、五寸釘の寅吉ではないことがわかったので吉村氏の創造かと思い始めていました。ところがそうではなくやはりモデルがいることがわかりまし ... » more

去る、7月31日、作家・吉村昭さんが他界された。ご冥福をお祈りします。網走刑務所のこと 朝日新聞戦艦武蔵」など綿密な取材に基づく記録文学から、「天狗(てんぐ)争乱」などの歴史小説まで幅広い作風で親しまれた作家の吉村昭(よしむら・あきら)さんが31日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。79歳だった。葬儀は親族のみで行い ... » more

2001年8月3日 いまはやりの「武士道」ではない、吉村昭 「敵討」 構造改革の犠牲者種族保存の本能による実力的復讐行為の私闘として敵討は古くから世界の諸民族に共通して見られるが、儒教の教説(親の敵討は一貫して子の義務、不倶戴天の敵)をバックボーンとし、武士道の勇武,忠義の尊重など武士の倫理と結び ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 01:24

「吉村昭」のブログ関連商品

» 「吉村昭」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る