誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カフカ

カフカ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「カフカ」のブログを一覧表示!「カフカ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「カフカ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「カフカ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

『ばかもの』絲山秋子が本格小説家へ踏み出す第一歩の小説 絲山秋子の小説『ばかもの』が刊行されたのは、2008年9月25日である。家族に頼まれて図書館で借りた本の中の一冊だったが、ちらっと斜め読みしただけで、そのまま返した覚えがある。その後、「沖で待つ」(芥川賞受賞作品)のドラマ(NHK新日曜名作 ... » more

カフカと聖職者のことの覚書き 聖職者のことをドイツ語でGeistlicheという。ドイツ市民生活におけるキリスト教のウエイトはとても大きいので、この言葉も通常、用いられる言葉として知っていて損はない。 この言葉を自覚したのは、カフカの審判の中の大聖堂の章である。出 ... » more

『掟の問題(Zur Frage der Gesetze)』を読む カフカの八折りのノートの二冊目に記されてあった小編である。‘残念ながらわれわれの掟はあまりよく知られていない。支配者である小さな貴族間の秘密であるからだ。’で始まる奇妙な物語である。 この場合の『掟』に相当するドイツ語は『das ... » more

カフカのデァ・プロツェス(審判)最終章の犬 優れた文学作品には、読者を魅了する殺し文句、呪いの言葉がある。カフカのデァ・プロツェス(審判)最終章の一文もそうだ。»Wie ein Hund!« sagte er, es war, als sollte die ... » more

Waghalsiger(無鉄砲者)の謎 フランツ・カフカの短編『橋(Die Brücke)』を読んでいて小さな違いに気がついた。橋に飛び乗ってきた男の正体を橋である主人公が想像する場面。主人公が見たかった人物であり、・・・にはそれなりのキャラクターが並べられ ... » more

父と娘の物語 感情を直観的に理解する娘が運命のどんでん返し(ワルキューレと城) 東京・初台の新国立劇場で4月12日(日)(午後2時〜7時25分)歌劇『ワルキューレ』を観る。この演目、もちろん、ワーグナーの‘ニーベルングの指輪’シリーズの作品で、新国立劇場では2002年に続き2巡目。私は、その際には観ることができなか ... » more

カフカと賢治と円朝を聴いて楽しむ フランツ・カフカの「城(Das Schloss)」を読んでいる。池内紀さんの翻訳を片手に携帯音楽プレーヤーに録音した朗読を聞きながらである。Ulrich Mattesさんの朗読、2008年に発売されたものだ。この作品、生前は発表 ... » more
テーマ カフカ 三遊亭圓朝 宮沢賢治

なぜか、このところ文庫でフランツ・カフカが脚光を浴びています。もともとカフカは日本では非常に人気の高い作家で、翻訳も古くからたくさんあるのですが、ここにきて光文社古典新訳文庫で『変身』が訳され、ちくま文庫の短編全集全3巻も完結しました。 ... » more
テーマ 光文社古典新訳文庫 カフカ ドイツ文学

秋野書庫。変身
変身 久しぶりの作品を読んでみました。カフカ「変身」昔読んだのとは、全然違う印象でした。カフカのいろんな背景とか、生い立ちとかを知ると、結構違った読み方ができるものです。以前読んだのは、「山月記」を読んだの ... » more
テーマ カフカ 小説

応用編で通すドイツ語講座を楽しむ 〜バラエティのあるNHKの語学講座〜 NHKの語学講座は長らく愛好しているが、今年の10月から17年ぶりでドイツ語講座を聴き始めた。ラジオのアンコールドイツ語講座で、月曜日〜土曜日昼の12時40分〜1時の20分間である。実際には録音し、通勤電車の中で聴くことにしている。アン ... » more

Freakfreak!(鬱時々晴れ)暑すぎ(3)
暑すぎ(3) で、今日買ったスイカをムシャムシャが、↑ウサギて、スイカ食べるの?なんか、夢中で食べていると、少年時代、虫少年でクワガタやカブトにスイカをえさとしてやると、夢中になって、押し合いへし合い、スイカを食っている甲虫に、自分の ... » more

翻訳の妙味1 カフカの最初の作品をどう翻訳するか それはカフカの小説の読み方にもつながる 出会いがあり、交わりがある。別れがあって、そしてしばしば再会はない プラハ11月20日フランツ・カフカ(池内紀「カフカの生涯」(p70)2004年、新書館)フーゴ・ベルクマンの家を訪問した時(1897年)の記念帳に記され ... » more

駐在員の悲劇と喜劇? カフカの審判 その日常性 法廷画家ティトレルリの抜け目なさと取り巻きの少女たちの不気味さ、機械のように非人間的に働く銀行員たち、腐敗した法廷など、3時間の舞台はなかなかインパクトのあるものであった。松本修構成・演出の審判の公演が12月8日で終了した。お疲れ様であ ... » more

いろいろ感想文だいこんについて
だいこんが無性に食べたくなった。冷蔵庫に3分の2以上残っていただいこんを短冊に切って特大のどんぶり二杯分のだいこんを食べた。だいこんを食べている途中に思った。「こんなにだいこんばかり食べていたら、明日の朝、目 ... » more

カフカの審判に果敢に挑戦 〜松本修氏構成・演出のリアルな舞台〜 そして私の希望 12月2日(日)の午後2時からの審判を観ました。1週間前は失踪者を観劇。今日は、少し早く三軒茶屋のシアタートラムに着いたので休んでいると、そばで演出家の松本修さんが「今日はダブルヘッダーで大変だよ。」と友人と談笑していました。劇場に ... » more

カフカと宮沢賢治は似ている?  シニカルなドタバタ喜劇に仕上がった松本修さんの演出 「カフカの翻訳は、あの四つの物語が何をやってもうまく行かないヘマな男を主人公とするスラップスティック(ドタバタ喜劇)としても読めるように訳された時、はじめて正確な名訳となる。カフカを読んで笑う読者が増えてくればそれだけカフカは偉大な ... » more

池内紀・訳のフランツ・カフカが再び演劇に〜世田谷シアタートラムで「失踪者」「審判」 池内紀さんの講演を聴く機会があった。世田谷パブリックシアター・シアタートラムで11月から12月にかけて上演される松本修・演出の「審判」「失踪者(アメリカ)」(原作:フランツ・カフカ)の理解を助けるためにと企画された一連の講演会の最初である。 ... » more
テーマ カフカ 文学 演劇

橋本幸博研究室「城」
「城」 文献複写を申し込もうと思って、図書館に行くために共通講義棟の1階通路を抜けて階段を半階分登りました。すると、共通講義棟の前の部分でも耐震補強工事が始まっていて、通行止めになっていました。現場担当者は無愛想に、「通行止めになっているので、大回 ... » more
テーマ カフカ 図書館 職業能力開発総合大学校

G's Bar村上春樹、カフカ賞贈呈式
村上春樹、カフカ賞贈呈式 うれしいニュースをひとつ。村上春樹氏「カフカから多く与えられた」受賞あいさつ(朝日新聞)「カフカからは多くのものを与えられたので、この場所に来られて非常にうれしい」。30日(日本時間31日未明)、プラハの旧市 ... » more

ずっと以前に購入していたにもかかわらず、ほうっておいたままになっていた。2〜30冊そんな本が、机の下の棚に積み上げられている。やっと今日「海辺のカフカ」を読み終えた。通勤などで長く乗り物に乗ることがない私は、とても趣味、読書とは言えないと思 ... » more

「カフカ短篇集」F・カフカ著 なんだかよくわからない小説といえばカフカである。なんだかよくわからないんだけれどときどき読みたくなる。カフカの短篇を読むとなぜか自分はカンディンスキーあたりの絵画を連想してしまう。なぜかはわからない。有名な中篇『変身』 ... » more
テーマ カフカ 岩波文庫  コメント(4)

 

最終更新日: 2016/11/11 02:10

「カフカ」のブログ関連商品

» 「カフカ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る