誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カフカ

カフカ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「カフカ」のブログを一覧表示!「カフカ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「カフカ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「カフカ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

カフカの魅力が満載の「カフカ短篇集」を読了 カフカの短篇20篇を収録した「カフカ短篇集」(池内紀編訳、岩波文庫)を先日読み終えた。「審判」を2013年に読んで以来、3年ぶりのカフカだ。私のブログでいちばんアクセスが多いのが、実はカフカの「審判」について書いたものである。「カフ ... » more
テーマ カフカ

新国立劇場 ヤナーチェク『イェヌーファ』  ベルリン・ドイツ・オペラの高い完成度 3月5日(土)、午後2時から新国立劇場でヤナーチェクの歌劇『イェヌーファ』を鑑賞。劇場のサイトの触れ込みに“魂を揺さぶる濃厚な人間ドラマ”とあるが、その通りといえばその通り、従来歌劇では取り上げてこなかった庶民の人間ドラマを主題としたと ... » more

ソライロノハナ 第5集 宮澤賢治 銀河編  Darieさん『星めぐりの歌』のピアノ弾き語りが印象的 11月14日(土)14時〜16時は、下北沢アレイホールでLABO! in LABO! piece8の【ソライロノハナ第5集宮澤賢治銀河編】である。ソライロノハナ第4集も宮澤賢治の作品だったhttp://steintogil.at.webry ... » more
テーマ カフカ 文学 演劇

フランツ・カフカ短編集の朗読2 判決 NHKラジオ第2放送のフランツ・カフカ短編集の朗読番組で、『変身』以外の短編『判決』『橋』などは、池内紀さんのものである。判決は、ロシアのサンクトペテルスブルクにいる友人とのやりとりを父に伝えているのだが、父はその友人の存在がでっち上げ ... » more

フランツ・カフカ短編集 石澤典夫アナウンサーが『変身』を朗読 NHKラジオ第2放送で、フランツ・カフカ短編集の朗読番組があった。朗読者は、石澤典夫アナウンサー、翻訳は『変身』は高橋義孝さんのもの、そのほかの短編『判決』『橋』などは、池内紀さんのものである。カフカの作品集はドイツ語のものを聞くことはあれ ... » more

死せる歌短歌
Mr.K 手には牛革 ステッキ空へ突きさす恋の black bird ... » more

死せる歌ぢ?
奥まった部屋で朝日纏わぬかカフカなる者ぢを発病す ... » more
テーマ 短歌 カフカ 文学

カフカの魅力をたっぷりに表現するシアタートラム『カフカの猿(「ある学会報告」より)』 5月3日(木)(午後2時05分〜3時04分)、世田谷パブリックシアター・シアタートラムにおける『カフカの猿(「ある学会報告【Ein Bericht für eine Akademie】」より)』の公演を鑑賞した。英国の女優、キャサ ... » more

カフカの地点と “Pfadabhaengigkeit” 「ある地点からはもうもどることができない。しかし、この地点に到達することはできる。」(フランツ・カフカ「実存と人生」辻瑆・編訳)ドイツ語の文献の中に“Pfadabhängigkeit”という単語が出てきた。独和辞 ... » more

フランツ・カフカの日記 スペースシャトルの軌道とほんとうの道 その歴史的使命を終えたスペースシャトル。宇宙で偉大なる仕事をしたということで、高い上空を飛んでいたような印象があるのだが、運用高度は、190キロメートルから960キロメートルのいわば低軌道、一方、静止衛星は、3万6千キロメートルの高軌道にあ ... » more

12月18日(日)、NHKFMの日曜喫茶室を聴いた。一年を振り返ってということで、常連客の人たちがこぞって参加する楽しいひとときであった。日曜日の昼下がりに、音楽を交えての語らいをソファで聴くのは楽しい。今年の話題は、どうしても東日本大 ... » more

理想のフリードリッヒシュトラーセ フランツ・カフカとお互いの作品を批評し合う仲であったユダヤ系ドイツ人作家・ジャーナリストがクルト・トゥホルスキーであった。ベルリン生まれの彼は、「理想」という詩を遺している。(ベルリン)フリードリッヒ通りに面した大きなバルコ ... » more

カフカが期待する善意の普通の人 マックス・ウェーバーの官僚制を取り上げた書籍は多いが、カフカを並べて取り上げたものは珍しい。野口雅弘著「官僚制批判の論理と心理」なのだが、カフカの『審判』は、不当な逮捕に反対し、官僚制的なシステムに戦いをいどんだものの、そのなかで消耗し、次 ... » more

作家と朗読 夏目漱石 そしてカフカの朗読の舞台 8月28日のNHKFM日曜喫茶室は、「寄り添う言葉を探し続けて」というもの。ゲストは、林望氏と中村明氏で、番組の中で明治の文豪を比較していた。耳で聞く夏目漱石と眼で読む森鴎外、それは、落語好きの漱石と漢籍に通じていた鴎外というところ ... » more

カフカの審判の舞台のホテルはベルリン カフカの審判は、フェリーツェ・バウアーとの婚約の過程の中で執筆されてきたのは疑いもない事実。その時のホテルが、今なおベルリン・クーダムに残っている。アスカーニシャーホフ・ホテルであり、執筆活動との板挟みにあったフランツ・カフカに女性は判 ... » more

カフカが活躍した時代は、日露戦争の後、日本の事情も少なからず伝わっていたに違いない。しかし、どれだけの人々が、どれだけの文化を伝えていたのだろう。カフカは日本の曲芸師のことを知っていた。どのような事情によるものであろう。1910年の日記 ... » more

林光のオペラ作品にカフカの変身があった 作曲家の林光さんがNHKラジオ第2放送水曜日のカルチャーラジオ「芸術その魅力」で「作曲家・林光の音楽世界〜60余年の軌跡」という講演を行っている。3月2日は、『オペラ、そして歌』の1回目で、“虫になった男・変身”。 オペラは、20作を数える ... » more

「ロビンソン・クルーソー」 カフカ/池内 紀訳 《ソース焼きうどん(具なし)》 ... » more

《冒頭》『夜、狭い通りを散歩中に、遠くに見えていた男が、―・・・』夜に狭い通りを散歩する男!これぞカフカです。これだからカフカはやめられません。油断も隙もないとはこのことです。最後のほうにこんな文章があります ... » more
テーマ カフカ

一日一編「使者」 カフカ/池内 紀訳
(全文)王となるか、王におつきの使者となるか、選択を申し渡されたとき、子供の流儀でみながいっせいに使者を志願した。そのため使者ばかりが世界中を駆けめぐり、いまや王がいないため、およそ無意味になってしまったお布れを ... » more
テーマ カフカ

一日一編「橋」 カフカ/池内紀 訳
寒さで目が覚める。とりあえずコーヒーを一杯。目覚めに寝覚めの悪いカフカを。「橋」といえばカフカでしょう。「川」といえばブルース・スプリングスティーンでしょう。薄氷そろりそろりとあばら骨 ... » more
テーマ カフカ

掟の門(カフカ)と張良(能楽) カフカの作品で「掟の門」(Vor dem gesetz)という短編がある。長編「審判」の中にも挿入されている話である。“Vor dem Gesetz steht ein Türhüter. 掟の門前に門番が立っていた。Z ... » more

「中年のひとり者ブルームフェルト」 カフカ/池内 紀訳 耳の痛いタイトルです。本来なら、こんなタイトルの小説を読んでクスクス笑っている場合ではないのです。それでも(それだからこそ)笑ってしまいます。それがカフカです。訳者の池内氏が解説で「つがい現象」について述べてますが、 ... » more

「掟の門」 カフカ/池内 紀 訳 カフカについては様々な人が様々なことを書いていますから、何を言っても、何を今さらと言われそうです。「審判」のなかによく引用される有名なくだりがあります。僧がヨーゼフ・Kに言うセリフです。『書物は不変であって、いろいろな意 ... » more

「断食芸人」 カフカ/池内紀訳 いいなぁー、カフカは。すごいなぁー。特にこの「断食芸人」は見事ですね。一年に一度読んでも楽しめると思います。あまりに完璧な作品なので、余計なことを書くと笑われるか怒られるかしそうです。“悲劇と喜劇が絶妙のバランスで同居し ... » more

「変身」カフカ著/高橋義孝訳 遅刻したときのよくある言い訳として、本書に由来する「起きたら毒虫になってまして」は、カミュの“異邦人”に由来する「太陽が黄色かったもんで」と並ぶ定番であろう。要するに、勤め人の男が毒虫になってえらいめに遭う話で、変身の理由なんてそん ... » more

散歩/富士フイルムとJR東海と不条理と営巣地とチュウチュウトレイン 散歩。穴部用水沿いに下流へ。富士フイルム株式会社の従業員駐車場があった。看板は「従業員F」の駐車場と書いてある。ふーむ。従業員Fか。専用駐車場を提供されているにしては「従業員F」と記されている。F様と ... » more

ただの読書録変身
変身 変身 (新潮文庫)新潮社 カフカ ユーザレビュー:ここまでサクサク読め ...蘇る生きる活力に光明 ...酷すぎる前々から読ん ...Amazonアソシエイト by 簡単に読めてしまう文学。わずか100ページほど。 ... » more
テーマ 非ライトノベル カフカ  コメント(1)

「訴訟」カフカ 丘沢静也=訳 光文社古典新訳文庫 秋が読書の季節だというのは、夜が長いからだろうが、最近は針が天辺を指す頃にはどうにも眠くなってしかたがない。特に、この「訴訟」は、端的に言って、〈読み難い〉本だった。そういう本は眠気が増す。読み難いのは作者のせいではない、と思う。た ... » more
テーマ カフカ 新訳・改訳 読書

「変身/掟の前で 他2編」フランツ・カフカ 丘沢静也=訳 光文社古典新訳文庫 今まで、散々カフカを読んできたブンガクの徒は、解説やあとがきを、読まない方がいいかもしれないね。そういうマジメなヒトは、今まで騙されてきた、とお怒りになるやもしれぬ。訳者が、音楽に例えているが、私(夷洲斎)はブルックナーという作曲家のこ ... » more
テーマ カフカ 新訳・改訳 読書

 

最終更新日: 2016/11/11 02:10

「カフカ」のブログ関連商品

» 「カフカ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る