誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    観劇記

観劇記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「観劇記」のブログを一覧表示!「観劇記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「観劇記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「観劇記」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

劇団を主宰する友人による特別公演です。彼は仙台にある大学の出身で、学生時代の仲間に連絡が取れない人もあるということもあり、震災に対する思いが深く、当初予定していた公演をいったんは中止にしていました。しかし、去年の暮まで劇団にいて、宮城県に帰 ... » more
テーマ 観劇記 演劇

チケット難で諦めかけていたのですが、まとまった数の当日券が出るらしいと聞いて、行くだけ行ってみることにしました。公式サイトをちゃんと読むと開演90分前に並んだ人を対象に抽選して販売順を決めて60分前に発売と書いてあるのですが、90分前から抽 ... » more
テーマ 観劇記 演劇 パルコ劇場

公演日程表によると、地震当日、四季劇場は春秋とも昼公演がありました。満席なら2千を越える人がいたことになります。公演は当然中断しただろうけれども、ゆりかもめもJRも動いていなかったので、かなりの人が足止めになったに違いありません。尋ねてみた ... » more

「ウェディング・シンガー」@シアタークリエ 入口に貼ってあるポスターで公演日程を見たら、3月11日には13時30分開演の公演がありました。上演予定時間を考えると14時46分は休憩に入る頃だったのでしょうか。ちょっとの地震なら、そのまま進行だと思いますが、さすがにあの揺れだと中断でしょ ... » more

電車は動いていましたが、いつも通り自転車で行きました。交通量は少なめなのですが、時々クルマの長い列。何だろうと思ったらガソリンスタンドに並んでいたのでした。前日は気がつかなかったので、たぶん震災2日目のこの日から本格化したのでしょう。帰りに ... » more
テーマ 観劇記 演劇

震災当日にもチケットを持っている公演があって、自転車で行こうと思えば行けないことはなかったのですが、さすがに行きませんでした。公演そのものも中止になっていたようです。確認はしていませんが、どこもそうでしょう。昼公演のお客さんが帰れずに劇場に ... » more
テーマ 観劇記 バレエ

観に行ったのは地震の前日でした。ある程度まで日記も書いていたのですが、データを保存せずに電源を落としてしまいました。それだけでも改めて書く気持が薄れますが、震災のニュースの衝撃が大きく、ついそのままにしたまま10日経過。私が観劇記を書いても ... » more

去年の10月にテアトルエコー版を観ました。40年以上前の初演では井上ひさしに脚本を依頼し。演出も手がけた熊倉一雄の主演と演出でした。初演に関わった人はキャストはもちろんスタッフにもひとりもいなかったそうです。(初演の会社員は山田康雄=ルパン ... » more

土曜日は"When tomorrow comes"とか"At the end of the day"とか言っていましたが、日付が替わった時から「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」の放送がありました。もう何度か観ているし、録画もしていたの ... » more

副題に"フィルム、トーク&ライブ!!"と銘打たれたイベントです。HIBARIとは美空ひばりのことで。生前の映像(フィルム)、美空ひばりを知る人や深い思い入れのある人のお話(トーク)、22年前に亡くなった美空ひばりが遺した名曲に現代の歌手やミ ... » more

岩手県の沢内村(現・西和賀町)というのは、昭和30年代に老人医療費の無料化や乳児死亡率ゼロを、当時の村長の主導による住民自治で実現したことで注目されたところだそうです。ここに行ったことはありませんが、隣接する旧湯田町には行きました。ほっとゆ ... » more
テーマ 観劇記 演劇

公演の最終日を間近にして、"黄色いドレスの女"役でバレーダンサーの酒井はなが出演していると聞き、再びの観劇。第一部と第二部は、主要キャストの変更はありませんが、座席の位置が違ったり、こちらの気分次第で何か新たな発見があるかもしれない。そうい ... » more

東京国際フォーラムには、十数台でいっぱいになってしまう程度ではありますが、いちおう駐輪場が設けられています。そこへ置くつもりで、いつものように自転車で行ったら、工事のためということで、一時的に閉鎖されていました。貼り紙があったので、代わりの ... » more

有名な「快傑ゾロ」の物語をミュージカル化したものと思い込んでいたのですが、このミュージカルは2005年に発表された、「快傑ゾロ」の物語以前のゾロを描いた小説「ゾロ」を元にしているそうです。しかし、「快傑ゾロ」の主人公は正体を隠しているし、父 ... » more

およそ一カ月ぶりの再見です。前回は瀬奈じゅんアンナでしたが、今回は一路真輝アンナ。前回の観劇記はこちらです。http://19601106.at.webry.info/201101/article_3.html 前回の観劇で3時間2 ... » more

新妻聖子のひとり芝居です。題名と劇場名で「青」と「赤」の漢字が並ぶのが不思議な感じです。公演は他のところでも行われているので、たまたまでしょうけれども、客席数200以下の小劇場はここだけではないですから、ちょっとした洒落っ気もあったかもしれ ... » more
テーマ 観劇記 演劇 新妻聖子

宝塚歌劇の卒業生と現役生が共演するショーです。卒業生には元トップスターだった人たちも小さなスターだった人たちも並んでいます。"Dream Trail"は単純に訳すと「夢の道」でしょうか。ただ、trailは、道は道でも建設された道ではなく、人 ... » more
テーマ 観劇記 宝塚

持っていながら、ずっと観ていなかった2000年のトニー賞授賞式のアメリカでの放送を録画したVHSテープを久しぶりに発見しました。日本では権利の関係で放送されないPBSで放送されたスタッフ部門の表彰も入っていて、この年の目玉だった「コンタクト ... » more

宝塚宙組の公演です。一年前は「カサブランカ」で、時代も場所も近く、映画版の主演女優は同じイングリッド・バーグマンです。映画は「誰が為に鐘は鳴る」だったので、チケットに印刷されているタイトルを見るまで、「ため」は漢字だと思い込んでいました。調 ... » more
テーマ 観劇記 宝塚

よく知らずに行ったのですが千秋楽公演でした。平日なのに開演が5時だったのはなぜでしょう。そんな時間の開演のわりには、席はだいたい埋まっていました。熱心なファンがついているのかもしれません。私は千秋楽公演ということも知らず、どういう集団なのか ... » more
テーマ 観劇記 演劇

ソノダンとはソノダバンドのソノ(ダ)と立川談笑のダンを合わせたもので、当日のトークによるとかなりの熟考と紆余曲折を経て決まったものなのだそうです。チラシによるとソノダバンドの"器楽演奏"と、立川談笑の"落語"とが並立したものになるようです。 ... » more

吉祥寺シアターには前にも行ったことがあるのですが、前回同様、また場所がわからなくなってしまいました。前はぎりぎりで開演には間に合ったのが、今回は遅刻。演出の都合ということで通さん場になっていて、しばらくロビーで待っていました。見損ねた場面は ... » more

チャイルド・エイド・コンサートというのは2005年からシンガポールで始まったものだそうです。エイドはaid。辞書を引くと「助ける」「手伝う」というような意味が記されています。ひとつは恵まれない子どもたちのためのチャリティであり、もうひとつは ... » more

今年の初日比谷です。開演1時というから3時半くらいまでかなと思っていたら、終演予定時刻は4時15分。一幕が1時間35分、休憩15分、二幕1時間25分。つまり正味で3時間ということです。どうなることかと思いましたが、終わってみると、そんなに長 ... » more

国立劇場の正月歌舞伎公演、初日です。テレビで吉例の生中継があり、それでなくても豪華絢爛なロビーがさらに華やかに賑やかになっていました。開演は12時ですが10時半には開場していて、開演前に鏡開きや太神楽曲芸協会による曲芸があったようです。幕間 ... » more
テーマ 歌舞伎 観劇記

2011年最初の観劇は四季劇場秋の「サウンド・オブ・ミュージック」。このバージョンは3回目です。それでも観たいと思ったのはマリア役が土居裕子の客演になると聞いたからです。過去2回の観劇記はこちら。http://19601106. ... » more

昭和20年の話ということでしたが、いくつか疑問点がありました。浮世離れした貴族的な暮らしぶりのことではありません。どういう時代でも特殊な状況はあるでしょう。基本的な設定から否定していたら、どんなフィクションも受け容れられなくなってしまいます ... » more
テーマ 観劇記 演劇

楽日直前まで来て、ようやく観に行くことができました。ちゃんと読んだわけではありませんが新聞評などでも評価が高く、この日は満員で補助席まで出ていました。新聞評はともかく発表された時点で期待度の高かった公演です。なんといっても新妻聖子と笹本玲奈 ... » more
テーマ 観劇記 音楽 演劇

開演ギリギリに駆け込むのが常なのですが、この日はたまたま早く着き、ゆっくり歩いて入りました。ファミリーミュージカルで子どもたちを対象にした作品ですが、さすがに夜公演となると大人が大部分です。でも、真後ろは席に座布団を置いた小さな子だったので ... » more

前の用事が延び、時計を気にしながら走っていきました。ル・テアトル銀座のエレベーターから出たのは開演3分前。席に座ってからも、しばらくは汗がひきませんでした。 「COCO」はココ・シャネルが主人公のミュージカルです。脚本と作詞はアラン ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 02:05

楽天市場のおすすめ商品

「観劇記」のブログ関連商品

» 「観劇記」のブログレビュー をもっと探す

「観劇記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る