誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    観劇記

観劇記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「観劇記」のブログを一覧表示!「観劇記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「観劇記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「観劇記」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「死と乙女」@シアタークリエ 最初にお断りしておきます。この作品にはミステリ的な謎解きの要素があります。終盤について書くと、そのあたりに触れることになります。未見の方にとってはネタばれになるので、その旨ご承知の上で、お読みください。日本での初演は1994年で、そ ... » more

「ボンベイ・ドリームス」@東京国際フォーラム ホールC このミュージカルはロンドンでもブロードウェイでも観ました。もう十年以上前のことなので、物語の記憶はかなりあやふやですが、「シャカラカ・ベイビー」など強烈な印象の曲がいくつかありました。「ムトゥ踊るマハラジャ」のA.R.ラーマンの音楽なので、 ... » more
テーマ ミュージカル ボリウッド 観劇記

「ロミオ&ジュリエット」@シアターオーブ 宝塚版、来日公演もありましたが、今回は日本人男女キャスト版の再演です。宝塚版が違うのは、女性だけで演じる以上は当然のことですが、このバージョンもオリジナル演出版とは違います。 対立する2つの家族モンタギュー家とキャピュレット家に生ま ... » more
テーマ シアターオーブ ミュージカル 観劇記

「小堺クンのおすましでSHOW28」@東京グローブ座 前回がいつだったかは定かでないですが、前にも何回か来たことがあります。年に1回ずつ、もしかしたら休んだ年もあるかもしれないので、少なくとも28年以上は続いていると考えてよさそうです。2部構成で、1部がコント芝居、2部がショーという形はいつ ... » more
テーマ 小堺一機 観劇記 東京グローブ座

「李香蘭」@四季劇場秋 昭和の歴史三部作、連続上演の最後です。初演はこれがいちばん最初だったでしょうか。他の2作と違うのは、主人公が実在の人物の実名であることと、生きて結末を迎えることです。前日に観た「ジャンヌ」とも共通するところがあります。実在の女性が主人公であ ... » more

「我らジャンヌ〜少女聖戦歌劇〜」@サンシャイン劇場 タイトルだけしか知らずに観に行きました。前日の「ジャンヌ」とはだいぶ違う世界ですが、ジャンヌ・ダルクが出てくるところだけは共通しています。少女聖戦歌劇と銘打たれている通り、少女歌劇というかミュージカル仕立てになっています。少数ながら男性キ ... » more
テーマ 観劇記 少女歌劇 サンシャイン劇場

「ジャンヌ〜ノーベル賞作家が暴く、聖女ジャンヌ・ダルクの真実」@世田谷パブリックシアター ジャンヌ・ダルクを描いた演劇というと、まずフランス人ジャン・アヌイによる「ひばり」を思い出します。映画もいくつか観たことがあります。日本人の佐藤賢一が書いた「傭兵ピエール」という小説もありました。アメリカ人マーク・トウェインの小説もありまし ... » more
テーマ 世田谷パブリックシアター 笹本玲奈 観劇記

「コーラスライン」@劇団四季自由劇場 「コーラスライン」は何度観たことか。常に感動して満足して劇場を出てきたわけではありませんが、それでも観るたびに何らかの発見はあります。今回はキャストの大幅な入れ替わりがあったようです。 毎回疑問に思うのは、このオーディションはどう ... » more

「ドラキュラ」@東京国際フォーラム ホールC フランク・ワイルドホーン作曲のミュージカルです。ブロードウェイでの公演は短期に終わってしまいましたが、オーストリアのグラーツでの公演が成功したらしく、この公演も"グラーツ版"と銘打たれています。日本では2回目の公演ですが、初演を見逃していて ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 ワイルドホーン

「10 MILLION MILES」@新国立劇場小劇場 2007年にオフ・ブロードウェイで上演された作品です。出演者は4人。登場人物はもっと多いのですが、メインの2人以外は、あとの2人が次とさまざまな人物に変化して演じていきます。メインの2人が長い旅をしていく物語ですが、タイトルの"10 Mil ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 オフ・ブロードウェイ

「プリズンBLITZ」@赤坂BLITZ どういうものなのかよくわからなかったのですが、途中に彩乃かなみのライブが挟まるというので、それを目当てに行ってきました。会場はTBS前のライブハウスがメインですが、イベントはライブハウスの外へ出た、ビレッジ・サカス一帯まで広がりました。 ... » more
テーマ ミステリー 赤坂BLITZ 観劇記

「ハロー・ドーリー」@東京芸術劇場プレイハウス これも「ドリームガールズ」同様に映画を観たことがあるだけで、舞台を観るのは初めてです。知っている曲が多いのも「ドリームガールズ」と同じです。タイトル曲や「パレードが通り過ぎる前に」にはワクワクしてきます。「日曜日の靴を履いて」は、この曲があ ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 東京芸術劇場プレイハウス

「三銃士」@オーチャードホール 韓国ミュージカルの来日公演です。「三銃士」の物語は各国でミュージカル化されていますが、これはチェコで作られたものなのだそうです。前に帝劇で上演されたのはオランダのものでした。チェコのままなのか、韓国版独自のアイディアが含まれているのかはよ ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 来日公演

「新妻聖子ひとり芝居『青空』」@劇場シアターΧ その名の通り、新妻聖子のひとり芝居です。1時間20分くらい、舞台には彼女ひとりしか出てきません。セリフで演じられる芝居で、何か所か歌う場面があります。ひとりだけでセリフを言い続ける中に歌が挟まるのが、ほどのよい変化になっていると思い居ました ... » more
テーマ シアターΧ 観劇記 新妻聖子

「ドリームガールズ」@シアターオーブ 当日券があるだろうと期待して、開演の1時間くらい前にシアターオーブへ行ってみました。3階のサイド側(A席)が比較的舞台に近いというので、それを購入。たしかに観やすかったですが、真下を見下ろすとかなりの高さを直視することになりました。 ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 来日公演

「二都物語」@帝国劇場 チャールズ・ディケンズの小説をミュージカル化した舞台です。ディケンズの作品は「オリバー!」「クリスマス・キャロル」「エドウィン・ドルードの謎」などブロードウェイの舞台にかかっているものが多く、「二都物語」はブロードウェイでは初めてですが、宝 ... » more

「アメリカン・イディオット」@東京国際フォーラム・ホールC 国際フォーラム・ホールCのエスカレーターを上がると人込みの真っただ中でした。何かアナウンスをしていることには気づいていましたが、どうやら何かのトラブルがあって、まだ客席には入れないということのようでした。所定の開演時間である7時ちょうどくら ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 来日公演

歌舞伎座納涼歌舞伎第三部です。新しい歌舞伎座になってから初めて1階で観ました。始まってから気づいたことですが、新しい歌舞伎座になってから初めての舞台転換のある芝居でした。今回は転換のたびに暗転していたのですが、これは昭和36年初演の芝居だっ ... » more

「ウィキッド」@電通四季劇場・海 「ウィキッド」を観るのは、たぶん前の東京公演の最後あたり以来です。あれから、「glee」の中でDefying GravityやFor Goodが歌われたり、ガーシュウィン劇場の舞台が映ったりしたので、ミュージカル・ファン以外にも多少は認知度 ... » more

韓国ミュージカル「パルレ(洗濯)Vol.2」@俳優座劇場 2月頃に話題になっていた作品ですが、その時は見逃しました。5月に行なわれたVol. 2は続編というわけではなく、キャストが一部替わっての再演のようです。その後、またキャストちと劇場が替わって8月にはVol.3もあるということです。ソウルでロ ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 俳優座劇場

「五月大歌舞伎 夜の部」@平成中村座 平成中村座、最終月の公演です。いつものように自転車で行くつもりだったのですが、昼過ぎから急に空が暗くなって雨がポツポツ。遠くからゴロゴロと雷鳴が聴こえます。風も強い。仕方がないので、地下鉄で行くことにしました。傘を持って出ましたが、風の強い ... » more

主演の市川月乃助って、誰だろうと思ったのですが、会場に着いてポスターを見て、そういえば段治郎が襲名という記事をどこかで読んだのを思い出しました。その月乃助のほか、元宝塚のトップスター大和悠河がいたり、なかなかの豪華キャストです。この頃、公演 ... » more
テーマ 観劇記 渋谷区文化総合センター大和田

IMAホールへ行くのは初めてです。自転車で行くつもりで、だいたいの場所は調べておいたのですが、山手通りを走っている時に小雨が降ってきました。途中の100円ショップで雨合羽を買いましたが、帰るころまで振っていたら、雨の中をけっこうな距離、走ら ... » more

これも初めて観る芝居。タイトルを見た時は、イングリッド・バーグマン主演の同名映画と同じ原作なのかとも思いましたが、全くの無関係です。あちらはスウェーデン映画、こちらはフランスのジャン・ジロドゥの戯曲です。 20世紀初めのフランスの田 ... » more

「アイーダ」@四季劇場「秋」 ブロードウェイのパレス劇場で観たのは10年以上前のことになります。その年のトニー賞でオリジナル楽曲賞、ミュージカル主演女優賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞と4部門受賞しましたが、なぜかミュージカル作品賞には候補からも外されてしまっていまし ... » more

池袋から移動する途中、"コーヒープリンス”を見物しようと、新大久保へ寄ってみました。店は確かにありました。1号店はなく同じビルの1階から3階へ2号店、3号店、4号店となっています。どう違うのかはわかりません。そんなに混んではいなかったと思い ... » more
テーマ ミュージカル 観劇記 青山劇場

「陽だまりの樹」@サンシャイン劇場 「陽だまりの樹」は手塚治虫が自身の曽祖父・手塚良庵(のちに良仙)を主人公に描いた幕末の物語です。手塚家は蘭方医の家系で、良庵の父は種痘所の開設に尽力した人物で、良庵も緒方洪庵のもとで西洋医学を学んでいます。この手塚親子は医師としては情熱も実 ... » more
テーマ 観劇記 手塚治虫 サンシャイン劇場

ミュージカルと呼ぶのが妥当かどうかは疑問ですが、音楽の生演奏と歌によって物語が進んでいく舞台です。崩壊の危機を迎えている音楽好きの四人家族の物語で、四人は俳優が演じ、同時に四人の演奏家が彼らの分身となっているという構図です。 両親は ... » more
テーマ 音楽劇 観劇記 東京グローブ座

四月大歌舞伎「通し狂言 小笠原騒動」@平成中村座 夜の部ですが開演は3時30分です。通常は4時30分が多く、たまに4時開演ということもあった気はしますが、3時30分で夜の部というのは初めてのような気がします。東京スカイツリーを横目に見ながら、平成中村座へ到着。開演の前に、猿若海苔かつサンド ... » more
テーマ 歌舞伎 観劇記 平成中村座

ヴァーツラフ・ニジンスキーは20世紀初めに活躍し、天才と呼ばれたバレエ・ダンサーですが、後半生は狂気の世界に生きた、決して幸福な人物ではない。彼を主人公にした作品である以上、楽しいものにはならないだろうと想定していきました。 もう踊 ... » more
テーマ 銀河劇場 観劇記 ダンス

 

最終更新日: 2016/11/11 02:05

楽天市場のおすすめ商品

「観劇記」のブログ関連商品

» 「観劇記」のブログレビュー をもっと探す

「観劇記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る