誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    社労士試験

社労士試験

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「社労士試験」のブログを一覧表示!「社労士試験」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「社労士試験」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「社労士試験」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

みなさん、こんにちは。「休日」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?余暇、旅行、ショッピング、夜更かし、寝だめ、パチンコ、競馬といったとこでしょうか。休日は、法35条により、原則として毎週少なくとも1回の休日と、例外 ... » more

皆さん、こんにちは。今回は労働時間における休憩について説明します。継続して仕事をしていると疲れて能率が上がらなくなりますよね。そういう時は、休憩を取りましょう。労基法では、34条で休憩について規定しています。@労 ... » more

皆さん、こんにちは。今回は労働時間についてお話しします。労働時間って、とても重要ですよね。だって、1日何時間仕事をすれば良いのかわかっていないと、とても不安ですし。労基法では、しっかりと労働時間について決められています。 ... » more
テーマ 社労士試験

皆さん、こんにちは。あさぎです。前回は、解雇が簡単にできないということをお話ししましたよね。今回は、解雇する場合に必要な予告について説明いたします。まずは基本的なことから→使用者は労働者を解雇しようとする場合は、 ... » more
テーマ 社労士試験

皆さん、こんにちは。今回は解雇について大まかにお話しします。『サラリーマンにとって解雇は、死刑宣告をされたのと同じようなものです』と言ったのは、私の勤める会社の顧問弁護士です。解雇とは法律的に表現すると、使用者の一方的な ... » more

みなさん、こんにちは。今回は、労働契約における禁止事項についてお話しします。禁止事項は大きく3つにわかれています。まず、ひとつ目は『賠償予定の禁止』です(法16条)使用者は、労働契約の不履行について違約金を定める ... » more

みなさん、こんにちは。勉強捗ってますか?今回は、労働条件の明示についてお話ししたいと思います。まず、労働条件と聞いて何を思い浮かべますか?なんと言っても賃金でしょう。それから、勤務時間とか、休日ですね。労基法 ... » more

みなさん、こんにちは。今回は、年次有給休暇の比例付与についてお話しします。比例付与ってご存知ですか?受験生のみなさんなら誰でも知っていますよね。そうです。所定労働時間が少ないパートタイマーなどに与えられる年次有給 ... » more
テーマ 社労士試験

こんにちは。今日は、年次有給休暇についてお話ししたいと思います。いわゆる「年休」と言われているものですが、みなさん年休取ってますか〜。ちなみに私は、年に2日〜3日しか取っていません。優良社員でしょう。いえ、そんなことはありま ... » more

みなさん、こんにちは。今回は、労働契約における契約期間についてお話しします。使用者と労働者が締結する労働契約は、期間の定めのないものを除き、長期労働契約による人身拘束の弊害を排除するため、原則として3年を超える期間に ... » more

みなさん、こんにちは。今日は、労働契約の基本事項についてお話しします。まず、労働契約ですが、これはご存知のとおり、使用者と労働者がお互いに使用従属関係が存することを締結した契約のことですが、その内容は、賃金、労働時間、休 ... » more
テーマ 社労士試験

こんにちは、受験生の皆さん。今日も頑張ってますか?私と一緒に頑張りましょう。さて、今日は休業手当についてお話しします。皆さんが会社員だったとします。そこの経営者の勝手な都合でこう言われたらどうしますか?「えっへん ... » more

みなさん、こんにちは。今日は労働基準法の賃金支払い5原則についてお話しいたします。さっそくですが、その5原則というのは、1通貨払の原則2直接払の原則3全額払の原則4毎月1回以上の原則5一定期日払の原則 ... » more
テーマ 社労士試験

今回は、社労士試験の中でも一番先に出題される科目、労働基準法について見て行きましょう。労働基準法は、弱者である労働者を保護することを目的として労働条件の最低基準を定めているものです。労働者は、この法律では社会的、経済 ... » more
テーマ 社労士試験

飯田橋東京しごとセンター 本日はミドル層(35〜54歳)も仕事相談の個別取り扱いがあるという「東京しごとセンター」へと行ってきた。確かに、20代〜36歳までの「ヤングコーナー」とか45歳以上の「高年者向け相談」なんてのは地元せたぎゃー区とかめぐろ ... » more

みなさん、こんにちは。今日は、死亡一時金についてわかりやすく説明します。たとえば、子のない夫婦がいたとして、第1号被保険者である妻が亡くなったとします。夫は男性ですから、遺族基礎年金はもらえませんよ ... » more
テーマ 社労士試験

皆さん、こんにちは。今日は、第1号被保険者の独自給付である『寡婦年金』について、わかりやすく説明しますね。第1号被保険者として長年保険料を支払った夫が死亡した時に残された妻に子がある場合は、遺族基礎年金が支給されることは ... » more
テーマ 社労士試験

みなさん、こんにちは。今日は、国民年金法の過去問をやってみましょう。タイトルのとおり、争点は受給権の担保と譲渡についてです。さて、問題です。以下の設問は、正しいでしょうか、それとも間違っているでしょうか?【問題】 ... » more

こんにちは。今回は、国民年金基金についてご紹介します。ここは試験の頻出度があまり高くないので、軽く押さえておくだけで良いと思います。最近、新聞などでもこの国民年金基金が広告に出ています。「自営業者やフリーランスの方々に将 ... » more
テーマ 社労士試験

みなさんこんにちは。今日は、老齢基礎年金の支給の繰り上げと繰り下げについて、わかりやすく説明します。老齢基礎年金は、65歳から支給を受けるのが原則ですが、希望すればもっと早くから、もっと遅くから受給することができます。 ... » more

今日は国民年金でもっとも難しい制度と言われている「振替加算」について、わかりやすく説明します。難しいと言われる理由は、厚生年金保険がからんで来るからでしょう。それでは、まず前提となることから、具体的に考えましょう。まず、 ... » more
テーマ 社労士試験

国民年金は原則として全員加入ですが、第1号被保険者(自営業者等)の中にはいろいろな事情により、収入が少なくて、保険料を納付できないという人がいます。これらの方々にも年金を支給できるようにするため、「保険料免除制度」が設けられてい ... » more
テーマ 社労士試験

25年要件の特例 その3  さて、25年要件の特例もこれで最後となりました。今回は、厚生年金保険の中高齢特例についてお話しします。旧法時代は、現在と違って、中小規模の事業所は厚生年金保険の適用事業所ではありませんでした。そのため、、中高齢になってから厚 ... » more
テーマ 社労士試験

さて、年金受給のための絶対条件である25年要件にはさまざまな事情で特例が設けられていることは前回お話ししましたよね。今回は、その続きです。『被用者年金制度加入期間特例』というものがあります。被用者年金というのは、もうご存 ... » more
テーマ 社労士試験

年金を受給するには、3つの要件があって、そのひとつに25年要件というのがありましたよね。25年間、国民年金保険料を納めれば良いわけです。自営業者などの第1号被保険者は直接納付します。サラリーマンなどの第2号被保険者は、厚生年 ... » more

今日は、いよいよ難しいと言われている老齢基礎年金についてお話しします。でも、まだわからないことがたくさんあるので、基本中の基本の話しから始めます。まず、老齢基礎年金って、誰がもらえるのでしょうか?という問題です。答えは、 ... » more

社労士試験まで、あとちょうど200日となりました。あと、6.6ヶ月です。きっと、長いようで短い期間になるのではないかと思ってます。雪が解けて春になって、夏が始まりお盆が終わった頃に試験日を迎えます。きっと、モチベーションの持続 ... » more
テーマ 社労士試験

お父さんがフェリーに乗っていて沈没したとか、飛行機に乗っていて墜落したとか考えたくもないんですが、残された遺族を遺族年金などで経済的に救済するために国民年金法では、いろいろ考えています。具体的には、船舶又は航空機の事故によっ ... » more

いよいよ佳境となる老齢基礎年金の過去問にチャレンジしています。しかし、さっぱりわかりません。いろいろと憶えなければならないことが多すぎてたいへんです。そこで、ちょっと趣向を変えて、初学者向けの参考書を読んでいます。その名も『 ... » more

まだ、しつこく国民年金法をやっています。そこできのうやった問題にこんなのがありました。正しければ○、間違っていれば×です。【問題】第3号被保険者の資格の取得・喪失等に関する届出は、原則として厚生年金保険の被保険者である第2号 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 01:14

「社労士試験」のブログ関連商品

» 「社労士試験」のブログレビュー をもっと探す

「社労士試験」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る