誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書評

書評

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: 書評 書籍紹介  読書感想 読書 お勧めの本 書籍 本・雑誌 本の紹介 書籍・雑誌 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「書評」のブログを一覧表示!「書評」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「書評」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「書評」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

水曜日に買ってきたのに寝かせっ放しだった月刊TV誌、やっと今から読みます〜。★月刊ザテレビジョン◎表紙関ジャニ∞さんが表紙ですが、月刊「嵐」の大野さんと二宮さんもいます。◎月刊「嵐」(p11)大野さんと二宮さんが ... » more
テーマ 大野智 雑誌

【ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女】ダヴィド・ラーゲルクランツ ★★★ スェーデンの夭逝した作家スティーグ・ラーソンの世界大ヒット作【ミレニアム3部作】のダヴィド・ラーゲルクランツによる続編【ミレニアム4雲の巣を払う女】を読んだ。ラーソンは【ミレニアム3部作】を発表後わずか50才で病没してしまったが、遺 ... » more
テーマ 蜘蛛の巣を払う女 書評 ミレニアム4

ぱちの庭この世界の片隅に
良い漫画だ。映画も見た。こうの史代さんは好きな漫画家だ。つげ義春、手塚治虫、大友克洋、松本大洋、高野文子、吉田秋生、浦沢直樹、おーなり由子、原秀則、鳥山明、あだち充、岡崎京子、窪之内英策など好きな漫画家は数え切れないぐらいいっぱいいるが、そ ... » more
テーマ ひとりごと

実物を見て、触れました どこの学校も同じようだと思いますが、ぎーぎーの通っていた学校からは2か月に1度、会報が送られてきます 会報と言ってもほぼ「雑誌」 総合大学のため、在校生でもス ... » more
テーマ 書籍・雑誌 ゆんたく 芸能・文化

27日(土)、オーストラリアのラドブロークスパーク競馬場では、JJハウラハンジャンプチャンピオンシップ第7戦オーストラリアンスティープルチェイス(The Australian Steeplechase)(重賞)(3400メートル:良:5頭) ... » more

『蜜の流れる博士』3 <『蜜の流れる博士』3>図書館で『蜜の流れる博士』という本を、手にしたのです。目次を見てみると、南方熊楠をメインテーマに据えた随筆のようである。ぱらぱらとめくると「ブレードランナー」を絡めて博物学、民俗学を語ったりして・・・ええ ... » more

軍三郎 ‘おにぎり男子’ ‘おにぎり男子’というタイトルを聞いて、おにぎりを作る男子のことかと思ったのですが、実際はおにぎりを擬人化したキャラクターが登場する漫画でした。‘おにぎり男子’は、いわゆる日常系のあるあるをネタにしたギャグ漫画です。しか ... » more

第2部、第1章舞台/第2部は、半年後の夏(6月初旬)に設定されているので、その間の主要な4人(ムィシキン公爵、ロゴ―ジン、ナスターシャ、アグラーヤ)の動向と脇役を調整して、圏外へ去らしめた者と新しく登用した者を、提示している ... » more
テーマ 読書

『私の家では何も起こらない』 恩田陸 連作短編集。時系列と語り手はばらばらだけど、小さな丘の家で起こった出来事、ホラーなお話。ある話で口にされた怪異譚が、別の話ではメインの話になっていたり。とはいえ、当事者たちにとっては、不思議でもなんでもなく、むしろ懸命に暮らして ... » more

「週刊朝日 2017年6/30号」6/20(火)発売週刊朝日 2017年6/30号表紙:大野智週刊朝日 2017年 6/30号【表紙:大野智】[雑誌]朝日新聞出版 2017-06-20 Amazonアソシエイ ... » more
テーマ 忍びの国 大野智 雑誌

預金封鎖に備えよ マイナス金利の先にある危機 小黒一正  ビットコイン 民進党の改憲案に「プライマリーバランスを憲法にうたえ」の原典をこの本を通じて初めて知った。でもこの本どこか変。この本でいいたいのは5章という気がする。仮想通貨。ビットコインがここにきて本格的に市民権を得始めた。航空会 ... » more
テーマ 読書 小黒一正 預金封鎖に備えよ マイナス金利の先にある

トリバゴがうざい。MSNで動画を開こうとすると、表示されるあれ。TVでも時々見る。CMを打つのはいいが、投下しすぎ。バックモニターレーン逸脱警告前方車両近接警告など、無駄な機能の付いた車に ... » more
テーマ 漫画

『英語という選択 アイルランドの今』2 <『英語という選択アイルランドの今』2>図書館に予約していた『英語という選択アイルランドの今』という本を、待つこと20日ほどでゲットしたのです。ぱらぱらとめくると・・・英語帝国主義とか、アイリッシュ・ディアスポラという大使のツボ ... » more
テーマ 歴史 言語

三四郎(夏目漱石) <本の内容>熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気儘な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく……。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、 ... » more
テーマ 読書

行こう、どこにもなかった方法で 下町ロケットならぬ吉祥寺扇風機ですね、これは。しかもノンフィクションで、ご本人がご自分の語り口で書いておられるので迫力が違います。僕の心の中にグサグサと入ってきました。また、離婚しなければならなかったご両親ですが、お母さまが亡く ... » more
テーマ 読書

例えば、国民的アイドルグループの嵐で考えてみても、二宮和也は『GANTZ』の玄野計、松本潤は『花より男子』の道明寺司、大野智は『怪物くん』、櫻井翔は『謎解きはディナーのあとで』(ライトノベル原作)の執事・影山、そして相葉雅紀は現在、ビロード ... » more

Banntamanの暇つぶし『天華の剣 下』
門田泰明著『天華の剣 下』(2017年45冊目)夢伝心眼流式部蔵人光芳と、宗次の対決が一番ものなのに。。。なんか、うやむやもやもやした結末。続きが必要なのかな? ... » more
テーマ

『蜜の流れる博士』2 <『蜜の流れる博士』2>図書館で『蜜の流れる博士』という本を、手にしたのです。目次を見てみると、南方熊楠をメインテーマに据えた随筆のようである。ぱらぱらとめくると「ブレードランナー」を絡めて博物学、民俗学を語ったりして・・・ええ ... » more
テーマ 民俗学

ハンタ再開なんか?生きるモチベ上がるなそういや去年の再開時期予想は見事に外したなぁ〜恥ずかしいwどうせすぐ休載だろうけど仮にハンタが休載したあとにワートリが戻ってくる流れならまあ。そうでなかったら絶望だな ... » more
テーマ マンガ

すると亮のズボンがユックリと摺り降ろされて行く・・。其処には初めての感触が亮の股座を襲う、裸体は揺れながらも立っているのに、股座には温かくやわらかな感触が覆われ、亮は堪らず腰を持ち上げてしまう、持ち物に強烈な刺激が電流と化して伝 ... » more
テーマ エッセイ 小説

ミニノベル・なすべきこと・終章 答えを出すのに三日かかった。杏子にもう迷いはなかった。「あたしたちの赤ちゃんの専属保母になることに決めた。それがあたしの結論」「そうか。そう決めたんやな、そう」志島は正直な男である。安堵感と喜びがみるみる顔に溢れでた ... » more
テーマ 保母 小説

大郷番外編・第4弾です。◎真弓刹那の世界動き出した大郷流布。るるらら姉妹を引き連れ、あるtravelerを抹殺しようとしているが・・・?時系列的には16話の後になります。◎田宮行方 ... » more
テーマ デュエル 田宮行方の世界 小説

あああ小説:人類最強のときめき
人類最強のときめきを読みました。西尾維新さんの新刊だったのですが、買い忘れてて最近読みました。今回は短編5つです。どれも雑誌に載ってたやつみたいですね。メフィストってどんな雑誌なんだろう。・人類最強のときめき海底火山の噴 ... » more
テーマ 小説

「嵐のワクワク応援団@熊本」「J Movie Magazine Vol.24」「みんなのえいが」 「嵐のワクワク応援団@熊本」熊本県とジェイ・ストームが主催する無料のイベントです!熊本の子供たちが喜んでくれるといいですね(*´∀`*)毎日新聞熊本支局‏twitter熊本県はグランメッセ ... » more
テーマ 忍びの国 大野智 雑誌

『レコード芸術』に「佐渡裕とウィーン交響楽団のスリリングな1日」という見出しの記事が載っていました。佐渡さんがどうしたのだろうと思って読んでみました。ウィーン交響楽団の演奏会の当日朝、指揮者が病気でいけないという連絡が入り、佐渡さんがウ ... » more

時々、倉知淳の猫丸先輩シリーズを読み返します。とは言い条、「推測」と「推論」だけですけれども。猫丸先輩というキャラクタが魅力的だし、語り口も面白く何度読んでも飽きません。特に「推測」と「推論」には殺人事件が出てこないのがヨイです。猫 ... » more
テーマ 書籍

団塊バカ親父の散歩話『約束』
『約束』 〔庭にあった濃いピンクのサツキ〕以前に紹介したロパート・クレイスのミステリー『容疑者』の続篇『約束』を紹介する。『容疑者』は、ジャーマン・シェパードの警察犬マギーと、相棒の巡査スコット・ジェイムズが活躍す ... » more

魂でもいいから、そばにいて  読書会の効用のひとつに、ふだん自分のアンテナに触れず、縁がないままに終わるだろう本をたまたま手に取ることになる、という意外性の面白さがある。私にとって本書は、そういった類の本だった。まず題名と「霊体験」の一語に抵抗を ... » more
テーマ 読書 社会

進化は万能である:人類・テクノロジー・宇宙の未来 マット・ リドレー  反トップダウン! 自由経済万歳!この本を読んで、ミルトン・フリーマンを思い出した。「選択の自由」だ。経済活動を「利益の為に何でもする悪」の様にイメージするのは間逆で、自由取引が進んでいる国ほど犯罪が少ない事実。トップダウンの施策はことごと ... » more
テーマ 読書 マット・ リドレー 進化は万能である:人類・テクノロジー・宇

CYCLE SPORTS 2017年7月号に目を通しました 5/20(土)に発売されたCYCLE SPORTS 2017年7月号を図書館で確認してきました。第一特集は「極限・激走・限界突破! ヤバいロングライド」。私には縁のない内容かと思っていましたが、通常のロングライドを行う上でも ... » more
テーマ 自転車 書籍

 

最終更新日: 2017/05/27 17:45

「書評」のブログ関連商品

» 「書評」のブログレビュー をもっと探す

「書評」ブログのユーザランキング

毎日3104 1 位.
毎日3104
miaou de chat 15 位.
miaou de chat
岩通信 28 位.
岩通信
海cafe2 34 位.
海cafe2
TALKING MAN 35 位.
TALKING MAN
日記の部屋 43 位.
日記の部屋
月のうさぎ 46 位.
月のうさぎ
Orimuh武勇伝 49 位.
Orimuh武勇伝

テーマのトップに戻る