誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    聖書

聖書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「聖書」のブログを一覧表示!「聖書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「聖書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「聖書」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

以前、ネット上で出会った神秘主義的トリニタリアンの「ニュッサのグレゴリウス」さんが作った「神」と題する詩でうたわれている「絶え間なき流れ、愛の流れ、絶え間なき愛の生成」などといった流(動)体のような非実体的でつかみどころのないイメージも、聖 ... » more
テーマ 聖書

旧約聖書において「神」は「得体」が知れているようでいて必ずしも知れていない。それは十戒の第2戒の偶像作り禁止を過剰に意識する傾向があったからだろう。ちょうど第三戒を過剰に意識してYHWHの発音がわからなくなり、アドナイの母音を当てたような背 ... » more
テーマ 聖書

聖書には創造主なる神(=ヤハウェ)の「顔=面」が示されており、それによって「神」が得体の知れないものではなく、我々が対面して人格的関係を持つことのできるお方であることを認識できます。ただし、旧約聖書学者の並木浩一氏が、御著書の『並木浩一著作 ... » more
テーマ 聖書

「『神』はもともと中国語で、人間の霊魂とだいたい等しいような意味をもっていた」(〜『新しい神観の研究』〔星雲社〕72頁)のであり、その点ではGodの訳語としては「上帝」の方がよかったのです。「モリソン博士の辞書によると、神の定義はこうな ... » more
テーマ 聖書

●「聖書のイエスの復活体」と「歴史のイエスの肉体」そもそも、「イエス・キリストの体」を抜きした「神の体」などというものを聖書から読み取ることができるのでしょうか?旧約聖書だけでも「神の体」を読み取ることはできます。たとえば、ちょっと ... » more
テーマ 聖書

「霊」(ルーアッハ/プニューマ)は「風」とか「息」とも訳されますが、物質で言えば気体のような流体に喩えられているともとれます。たしかに「神」は目に見えないので形はありません。しかし人格という比喩に対応するのは流体よりも固体的なイメージです。 ... » more
テーマ 聖書

お前たちは、立ち帰って、静かにしているならば救われる。イザヤ書30:15マルタへのイエスの言葉:あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことは、だだ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。 ... » more
テーマ 聖書 キリスト教 生き方・人生観

ブログ「全一者」は、この合併ブログにおいては、「国木田独歩の神観」まで。実際には、まだまだある。逝き場所としての「(「神の国」の)『神』」 「神の国」に関する諸説引用 「神の国」に関する諸説引用 U 「神の国 ... » more
テーマ 聖書

●『欺かざるの記』より明治26年(9月9日)「~は親しくわが内に在り。わが傍にあり。余は多く知り能はざるのみ。」(9月10日)「靈なる~の前に~の内に吾を見出しぬ。」(同上)「人はパンセイズムの強き信仰を ... » more
テーマ 聖書

以下は、上村静著『キリスト教の自己批判明日の福音のために』(新教出版社)の「第3回黙示思想とコヘレトの書」(p36〜)から抜粋して書き写したものです。「・・・少しでも現実を見るならば、必ずしも応報は実現していない。こうして現実の不条 ... » more
テーマ 聖書

年をとって歩んできた人生を振り返れば、まず感じることは「むなしい」である。実に貴重な時間を浪費してきたと思う。しかし、その浪費の生活もまた創造神ヤハの支配の下にあったのだと思えば救われるのだ。なぜなら全く無意味だったとはならないからだ。何ら ... » more
テーマ 聖書

マスメディアは「独居」を否定的な意味にばかり伝える。独居老人の「セルフ・ネグレクト」といった暗い面ばかりを映し出す。しかし一方では「独り暮らし」が良いと思う人々の現実もある。確かに高齢者や身体に問題を抱える人々にとって「独居」に ... » more
テーマ 聖書

以下、「神」という日本語についての説明文です。重複することがありますが、複数引用します。<一八四二年に締結された南京条約にしたがって、香港に加え(中略)五港が一八四三年から開港されることになった。各地の宣教師たちは、一八四三年、香港 ... » more
テーマ 聖書

実存論的神学者だった故・野呂芳男氏は、『民衆の神 キリスト実存論的神学 完全版』(ぷねうま舎)で、旧版の『実存論的神学』を増補・改訂し、第八章と第九章の二章を新たに書き下しているが、その第8章では次のように述べている。「もう長い期間にわ ... » more
テーマ 聖書

私の関心は本来「神論」にあるのであって、「キリスト論」とか「聖霊論」さらには(「神論」と区別された)「三位一体論」にはないのだが、「聖書的神観」を主題とする以上、これらは避けて通れないので、ここでは以下、キリスト論について自分なりの考え方を ... » more
テーマ 聖書

ある神学者(というか聖書学者)も次のようなコメントをくれました。これにはいろんな問題が含まれていますので、あとで整理します。 <旧約における一神教が拝一神教止まりだということは私も賛成で、山我哲雄氏は唯一神教が第二イザヤで成立したことに ... » more
テーマ 聖書

右翼的なサイトが以下のことを述べている。参考までに引用させていただく。「今日、すっかり西洋化された私たちにとって、神についての概念も、日本人が古来から持っていたものよりも、より西洋(キリスト教)的な神観に近くなったといえるでしょう。する ... » more
テーマ 聖書

●滝沢克己氏の「三位一体」理解滝沢氏は「三位一体」に関して、八木誠一氏の著書『仏教とキリスト教の接点』を読んだ感想の文脈ではあるが、次のように述べている。「『父』と『子』と『聖霊』と三にして一なる神という、真に在る神・活ける神に ... » more
テーマ 聖書

●機能主義的神論かつて、あるところで高橋敬基という牧師兼聖書学者(当時)の人物に対して、私が、もし自分があなたのような立場だったら、イエスは「神」ではないと人々に伝えるだろう、といったことを申しましたら、彼はその私の発言をたしなめる ... » more
テーマ 聖書

バルト神学の神観は一見すると、人間と質的に断絶する絶対他者ということで、日本における人間との区別が曖昧な神観に対立するようだが、バルトにとっての「神」はまずもってイエス・キリストであり、日本の教会では「キリスト中心主義」の弊害の方が大きかっ ... » more
テーマ 聖書

ヘブル人への手紙の冒頭では、「神」が昔は預言者たちによって父祖たちに対して語られたように、旧約時代の終りにあたっては御子において使徒たちに語られたということが言われている。それはともかく、「神」の啓示は御子においてだけなされたわけではなく、 ... » more
テーマ 聖書

日本に聖書的神観を!以下は遠藤周作著『沈黙』より、フェレイラ司祭がキリシタンの信仰を批判した部分を中略でまとめたもの。「この国の者たちがあの頃信じたものは我々の神ではない。彼等の神々だった。それを私たちは長い長い間知らず、日本人が基 ... » more
テーマ 聖書

●「人格神(観)」について〜京都大学文学部/大学院文学研究科 キリスト教学専修 「2008年度・キリスト教学講義 宗教類型論と人格神 1: 宗教現象としてのキリスト教」https://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/facul ... » more
テーマ 聖書

キリスト教の正統と異端とを分ける最大の基準ともされてきた「三位一体」の教義については、私があえて肯定的な見方をするなら、それは唯一とされる「神」の共同性を顕示することに在るのではないかと思います。聖書が示す創造主なる「神」は「唯一」であるか ... » more
テーマ 聖書

二・二六事件の首魁にして、天皇に対する憤りをもって死んでいったであろう磯部浅一氏らのように、昔の若者たちが「国家」とか「国体」に至上の価値を置き、そこに最大の関心を置いて自己犠牲も厭わず命がけで生きていたことについては、当時の支配的イデオロ ... » more
テーマ 聖書

「全一者」なる「神」とは、聖書的・形而上学的神観であり(「汎(内)在神論=万有(内)在神論」ならぬ)「汎包(外)在神論」における「神」だが、単なる哲学的神観ではなく、同じく聖書解釈にもとづくものではあっても 、ヤスパースの思想における「包含 ... » more
テーマ 聖書

「エヒイェ」(あるいは「エフイェ」)という言葉(出エジプト記3:14)から「神」の名および存在論的な事柄まで説明しようとすること(=所謂「ハヤトロギア」など)は、時代や民族に制約される一つの言語を神秘化する誤りだと考えます。そして「エヒイェ ... » more
テーマ 聖書

主よ、あなたは、いにしえから真実をもって行われた。イザヤ書25:1口語訳約束してくださったのは真実な方ですから、公に言い表した希望を揺るがぬようしっかり保ちましょう。ヘブル10:23ルカ18:1〜8 ... » more
テーマ 聖書 キリスト教 生き方・人生観

わが子よ、主の懲らしめを軽んじてはならない。その戒めをきらってはならない。箴言3:11口語訳完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがた ... » more
テーマ 聖書 キリスト教 生き方・人生観

神をたたえよ。神は私の祈りを退けることなく慈しみを拒まれなかった。詩66:20(5/6の週の聖句)主が近くにいてくだされば、人々は生き続けます。私を健やかにし、私を生かしてください。イザヤ書38:16 ... » more
テーマ 聖書 キリスト教 生き方・人生観

 

最終更新日: 2018/06/19 10:13

テーマのトップに戻る