誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮部みゆき

宮部みゆき

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮部みゆき」のブログを一覧表示!「宮部みゆき」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮部みゆき」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮部みゆき」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

で、出た…(お化けじゃないです) 先日通勤の電車内で見た吊り広告眼にした途端、一瞬わが目を疑い眼を閉じて3秒…落ち着け、落ち着け自分…もう一度目を開けて確かめる“日暮らし”(上)(中)(下)宮部みゆき ... » more
テーマ 宮部みゆき 江戸の味 読書  コメント(4)

『おそろし 三島屋変調百物語事始』 by 宮部みゆき 袋物屋として名の知れるようになった江戸は神田の三島屋。主・伊兵衛と妻・お民のもとに姪に当たる17の娘・おちかが行儀見習いをかねた奉公に上がった。が、おちかには「人」というもの全てが恐ろしく、人を避け外界との交わりを拒み、そうさせるだ ... » more

レベル7 [宮部みゆき] レベル7宮部みゆき最後まで気を抜かせないサスペンス長編。記憶を失った男女と、失踪した知り合いの少女を追うシングルマザーが、それぞれの謎に迫ってゆく物語。宮部みゆきの作品というと、主人公が謎を解明してゆく際のテンポの良 ... » more
テーマ 宮部みゆき

自由の森学園図書館の本棚理由
★★★★★著者:宮部みゆき出版社:新潮文庫雨の降る中。東京都荒川区の高級マンション、「ヴァンダール千住北ニューシティ」で一家4人の死体が発見されます。3人は殺されたようですが、1人は転落死でした。いったい誰が殺したのだろ ... » more

あじゅまの日記宮部みゆき 理由
宮部みゆき 理由 「火車」以来すっかり、宮部みゆきファンになってしまった私が選んだ第2段がコレ「理由」(結構オーソドックスでっしゃろ?)直木賞受賞してるから外れはないかナと思う単純な奴でして。火車のように一気読みは出来 ... » more

夢にも思わない  ☆宮部みゆき 夢にも思わない (角川文庫)宮部 みゆき角川書店 2002-11売り上げランキング : 23720おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools要旨]毎年、九月末になると「白河庭園」で行われる、虫聞きの会。もう二十 ... » more
テーマ 宮部みゆき

今夜は眠れない  ☆宮部みゆき 今夜は眠れない (角川文庫)宮部 みゆき角川書店 2002-05売り上げランキング : 11347おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools[要旨]母さんと父さんは今年で結婚十五年目、僕は中学一年生でサッカー部 ... » more
テーマ 宮部みゆき

人質カノン  ☆宮部みゆき 人質カノン (文春文庫)宮部 みゆき文藝春秋 2001-09売り上げランキング : 56259おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)「動くな」。終電帰りに寄ったコンビニで ... » more

おっちゃんの備忘録今夜は眠れない
今夜は眠れない これなんか前にも読んだことあるような気がする。最後まで思い出さなかったけど。。今夜は眠れない (角川文庫)角川書店 宮部 みゆき ユーザレビュー:人が殺されないミステ ...五億円の遺産と家族の ...「ミステリーランド」 ... » more

あじゅまの日記宮部みゆき「火車」
宮部みゆき「火車」 いや〜昨日から、一気に読みました。私はあらすじを要約して書くのは苦手なので、興味のある方はコチラを参照してください。10年前に書かれたものとは思えない、現代社会に起こっている様々な事件を通して伝わってくる人々の哀しさ、孤 ... » more

邪悪な力を持つ霧の城は角の生えた子を生贄として求めていた。イコはしきたりに従い、霧の城へ。そこで檻に囚われた少女を発見したイコは、彼女を助け出すがその手を握ると何故か彼の頭の中に様々な幻像が……。不思議な力を持つ少女・ヨルダ ... » more

時間が結晶化しているという時間鉱山で、ひとまず“テーラ”にドレクスラー博士のアドバイスと装備を取りに戻ったマエストロ。その彼と別れ、ヒロム少年と帰依は時間鉱山でさまよっていた。いっぽう、ヒロム少年と心中未遂事件の二人・キエとユキ ... » more

「日暮らし」宮部みゆき 「ぼんくら」の続編になります。自分はこっちを先に読んじゃったんで、「ぼんくら」のあと再読。「日暮らし」宮部みゆき ... » more
テーマ 宮部みゆき

「ぼんくら」宮部みゆき ホントは「日暮らし」の方を先読んじゃったんですけど、時系列的にこちらのが前なんで、「ぼんくら」から。最近、「宮部みゆき」ずっと読んでなかったんです。ま、作品がショーに合わないってのもあるんです ... » more
テーマ 宮部みゆき

似合わないクツを脱ぎ捨ててレベル7
レベル7 読みました《レベル7/宮部みゆき》【あらすじ】レベル7まで行ったら戻れないー謎の言葉を残して失踪した女子高生。記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。 ... » more

夢にも思わない さて予告通り、今日は緒方&島崎コンビの続編です。今回はちょっと重い内容になっております。『夢にも思わない』宮部みゆき(中公文庫)エート、いきなりで何ですが、今回、島崎クンがすげーかっこえーです。こんな中1いないって? ... » more
テーマ 宮部みゆき

今夜は眠れない ぽかぽかといい季節でもあるので、今日は、とっても気楽に読めるこんなミステリーはいかかでしょうか。『今夜は眠れない』宮部みゆき(中公文庫)私が持っているこの中公文庫版は、たぶん初版だと思うのだが、かなり古いものである。今は ... » more
テーマ 宮部みゆき

「火車」宮部みゆき なんかの記事で、「この10年間でのミステリーBEST10」みたいのやってて、「火車」が1位だか2位になってました。「あれ? オレ、これ読んだことある!」でも、内容をまったく記憶してないやwってことで、再読。 ... » more

宮部みゆきの『誰か』という本。再読である。自分が最初にその本を読んだときは、この本がシリーズ化されるとは思っていなかった。それが去年だったか『名もなき毒』という名の本が出され、今回の本のシリーズ2冊目だという。それなら、1冊目を読んでから、 ... » more

読書 堪忍箱 宮部みゆき 新潮文庫 たまたま読む本がなく、妻から借りて読みました。宮部みゆきの江戸人情物語、いいですねぇ。NHK時代劇の「茂七の事件簿」の原作者。今回読んだ短編は、どこかこう、最後突き放されたようなものが多かった。後は読者が考え名と。ナゾトキがメイ ... » more
テーマ 堪忍箱 宮部みゆき 読書

おっちゃんの備忘録誰か ----Somebody
名もなき毒を読んでいたら、「誰か」読んだよな〜、読んだ記憶はあんねんけど〜なんか自信ないね〜ん、、となってきたので、急遽読んでみました。やっぱそんな印象に残る感じではないなぁ。名もなき毒はイケますが、、誰か ----Some ... » more

おっちゃんの備忘録名もなき毒
ひっさしぶりの宮部みゆきです。ブレイブストーリーとかICOを読んだあとから、あまりに理解不能な世界、、その後の「誰か」も覚えているような、覚えてないような。。と、宮部みゆきから少し遠ざかっていたのですが、久しぶりに読んでみようと図書 ... » more

超能力+推理のエンターティメント系。宮部みゆきの他の超能力モノといえば「蒲生邸事件」や江戸時代を背景にした時代小説シリーズがあり、そのどれも私は好きなのだけど、この「龍は眠る」もなかなかいい。哀しいかな。。。この本も2日前に読み ... » more

名もなき毒 宮部みゆき著「名もなき毒」を読みました。どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社 ... » more
テーマ 宮部みゆき

エンターテイメントとしては楽しめるけれど、ステレオタイプの登場人物が鼻につく。言ってしまえば、絵空事のお話しを読まされた感? 登場人物が作者の手を離れて一人歩きを始めるくらいの人物描写が欲しいなあ。情景描写がすばらしいだけに惜しいと思う ... » more

久しぶりに、おもしろい小説を読みました。この本が読みたくて、通勤の行き帰りが楽しみになったりして(笑)。 文庫版で5冊です。特に3巻までがおもしろかったな。4巻の前半は中だるみ。作りすぎですよとも思ったけど、5巻になると、あともう少しで ... » more

『稽古な毎日…その中で』小春 公演まで残すところ、後少しです。かなりの勢いで食欲がなくなっています…今日はとろ〜りクリームプリンがぺろっと食べれず、時間をかけて食べました…心配です…自分…と、同情を誘う発言(?)をしてみたものの、普段が異常に食べているので、一般的 ... » more
テーマ 宮部みゆき

珈琲Time『楽園』宮部みゆき
宮部みゆき氏の最新刊。図書館で借りようとしたら百人以上の予約待ちでしばらくは読めないものと諦めていたところ、知人より秘密のルートで借りることができました。平凡な夫婦が非行に走った娘を手にかけて殺し、自宅の床下に埋めたまま時効まで生 ... » more

珈琲Time宮部みゆき考
宮部みゆきの『楽園』を読んでいます。上巻を読み終わったところですが、『模倣犯』の続編的色合いも強いようです。『楽園』の感想は後日に回すとして、今日は宮部みゆきさんの作品について雑感を。宮部みゆきさんは私の好きな作家の一人です。押しも押さ ... » more

楽園 宮部みゆき 文藝春秋 圧巻の上下巻。やっぱり、凄いですね、宮部みゆきさんは。あれだけの分厚い上下巻、一気読みでした。全く筋運びがだれることもなく、たくさんの登場人物が混同することもなく。見事に物語が盛り上がり、クライマックスに向かって収束し、最後に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:10

「宮部みゆき」のブログ関連商品

» 「宮部みゆき」のブログレビュー をもっと探す

「宮部みゆき」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る