誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮部みゆき

宮部みゆき

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮部みゆき」のブログを一覧表示!「宮部みゆき」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮部みゆき」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮部みゆき」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

誰か-somebody  ☆宮部みゆき table border="0" cellpadding="5">誰か―Somebody (文春文庫)文藝春秋 2007-12-06売り上げランキング : 27397おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ... » more
テーマ 宮部みゆき

来月のクレジットカードの払いが少し多めである。限度額を低めに設定してあるのでそんなに問題はないと思うのだが・・・でもこういうことが続くとやがてカード破産なんてことにつながるのかなと思う。宮部みゆきさん ... » more

宮部みゆき ‘理由’ 家の売買には様々な人間模様があるようです。そのため、家の売買をテーマにした小説やドラマがしばしば登場します。宮部みゆき氏の‘理由’もそんな小説です。‘理由’は少し物騒なストーリーの小説です。荒川区の高級高層マンション ... » more

宮部みゆき ‘名も無き毒’ ‘名も無き毒’のテーマは、「人間の毒」でしょうか?ここでいう「人間の毒」とは、悪意や嫉妬、憎悪などの人間の心の負の部分を象徴したものです。そして、‘名もなき毒’は、「人間の毒」があらゆるものと複雑に絡み合い、得体のしれな ... » more

宮部みゆき ‘ブレイブ・ストーリー’ ‘ブレイブ・ストーリー’の主人公の亘はどこにでもいる小学校5年生のゲーム好きの少年です。しかし、突然、亘の父親に愛人がいることが発覚し、亘の家庭が崩壊し始めます。途方に暮れてあちこち歩き回るうちに、亘は通学路の途中に ... » more

宮部みゆき『初ものがたり』& 「捕り物」小説面白い小説、好きな小説…などの乱読、といっても、膨大なもののなかから「それなりに」選んで読むのだから、ある程度、ジャンルとか作家とかに絞るほうがいい。「江戸時代の捕り物」はぼくにとって不可欠な分野だ。このたび、 ... » more

宮部みゆき ‘英雄の書’ 正義感も行き過ぎれば、本人だけでなく周囲にも危険が及ぶことがあります。宮部みゆき氏の‘英雄の書’は、行き過ぎた正義感の危険性を表現した小説です。‘英雄の書’のストーリーは全体的にファンタジーになっていますが、「いじめ ... » more

宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」 宮部みゆき、一休み江戸時代のチェーン寿司or〇〇ン〇〇ブン(第1話)深川七不思議から新たな物語をつくるという野心的?作品集。冒頭の「片葉の葦」は、江戸の寿司屋のうるわしき自由競争から勝ち抜いたエピソード。閉店間際になった ... » more
テーマ 宮部みゆき

こりゃま日記宮部みゆき『震える岩』
宮部みゆき『震える岩』 『霊験お初捕り物控震える岩』宮部みゆきの「江戸もの」を読み始めてこれが5作め。面白いには違いないが、いささか、疲れる。なぜ疲れるか?まず一、初期作品に「仕分け」できるこれらの作品では、ユーモラスな息抜きが不十分で、 ... » more
テーマ 宮部みゆき

こりゃま日記宮部みゆき『日暮らし』
宮部みゆき『日暮らし』 宮部みゆきをさらに見直す先にも触れたことだが、宮部みゆきの面白さがようやくわかってきた。という印象が、この長編(江戸物)『日暮らし』を読んで、さらに強まった。『日暮らし』は『ぼんくら』『かまいたち』の続編にもなっている。 ... » more

こりゃま日記宮部みゆき『孤宿の人』
宮部みゆき『孤宿の人』 『孤宿の人』を読んで力作と言えば力作宮部みゆきの名はしたしいものだが、作品を読むのは、ここ1週間から10日。『ぼんくら』と、『誰か』(これは、途中で投げ出している)につづいて2、3作目に過ぎない。『孤宿の人』は、面白くて一気 ... » more

宮部みゆき ‘模倣犯’ ‘模倣犯’は心の傷を乗り越えていく人の姿が多くの読者から共感を得られた小説です。公園のゴミ箱から女性の右腕が出てくるという事件がすべての発端になります。この事件を軸に、犯人・被害者・ジャーナリストそれぞれの人間模 ... » more

『蒲生邸事件』 宮部みゆき 『おそろし』に続き、宮部みゆき作品を読みました。じつはこの本…、10年以上前に購入したものです。序盤を読んだだけで、なぜか挫折してしまった一冊です。蒲生邸事件 (カッパ・ノベルス) ... » more

『おそろし 三島屋変調百物語事始』宮部みゆき  凄い久しぶりに、宮部みゆき作品を読みました。いつ以来かな〜?!おそろし 三島屋変調百物語事始角川グループパブリッシング 宮部 みゆき ユーザレビュー:がっかり・・・。宮部 ...おそろしくない宮部 ...おもしろいっそして、 ... » more

今日は図書館に行ってきました。前回図書館に行った日記を書いてから、もう14日間も経ってしまったなんて!本当に年を取ると月日のたつのが早いです。いや、もしかすると、それは私が寝てばかりいるからかもしれません。(笑)期限内に読み ... » more
テーマ 宮部みゆき 読書 妖怪アパートの幽雅な日常  コメント(2)

読書の梅雨? 以前に図書館で予約していた本が、最近いいペースで順番が回ってきています。梅雨に入って、また少し、読書ペースが脱のんびりになりつつあります。数冊読み終えた中から、今回は宮部みゆきさんの「英雄の書」の読書記録を・・・。【 ... » more

この小説は産経新聞に連載されていた新聞小説とかで、上下巻にわたる700ページで読みごたえはあった。主人公は著者の「模倣犯」内の主人公の「前畑滋子」が主人公である。事件の加害者、被害者、関係者についてはその時はいい意味でも悪い意味でもスポ ... » more

宮部みゆきの作品の登場人物は、「火車」のときも「模倣犯」のときもそうであるが、登場人物全員が、それがどんんなにあくどい行為をした人物だとしても、必ずその人物描写や心の揺れ動きを緻密に描くことで、まるっきりの悪人ではなくて、どこか必ず「ほっと ... » more

5月20日から、入院することになりました 13日の勤務中に、課長さんに呼ばれ、職場の健康管理室に行きました。職場のお医者様に、すぐに再検査を受けるように言われました。それで、昨日は、アルバイトをお休みして、総合病院で、検査を受けました。そこで、すぐに入院するように言われました。血糖 ... » more

健康診断で、蛋白がおりていると言われました さっき、健康診断を受けて帰ってきました。尿に蛋白がおりていると言われました。もしかすると、再検査を受けるかもしれません。昨日の、アルバイトが、かなりきつかったので、それで蛋白がおりたのかもしれません。健康診断を受ける前に、60歳の同僚の方と ... » more

あじゅまの日記宮部みゆき「模倣犯」
宮部みゆき「模倣犯」 う〜〜ん、5冊、長かったけれど、やっぱり宮部さんは凄かった。シビレてます。。。。登場人物が多く、その一人一人の人間を実に丁寧に深く描きつつ、ストーリーの展開が見事なので読み進めながら何度か唸ってました。宮部さんの人間を見る目はす ... » more

「魔術はささやく〔宮部みゆき〕」について 「魔術はささやく〔宮部みゆき〕」について宮部みゆきはなんとなくおもしろそうだけど、なぜか読む機会があまりない。なぜか「ブレイブストーリー」のイメージが強い。ちゃんとしたミステリーのほうが多いのに・・・今度読ませてもらいます。ブレイブ ... » more

英雄の書 宮部みゆき 毎日新聞社 花粉症に、すっかり負けている毎日です・・。脳にもすっかり花粉がまわっているようで薬を飲むと朦朧としちゃうし・・という悪循環ですわ。いやですねえ、ほんとに。でも、がんばって上下巻読みましたよ!いやー、長かった・・。全く ... » more

読書も頑張って?ます!! 読書記録の方も、パソコンが壊れている間に溜まっています。そこで、今回はちょっとタイプが違う本を2冊ご紹介。まず1冊目は、海堂尊さん作品。「ジーン・ワルツ」海堂さんと言えば、田口&白鳥シリーズを始めとする、医療 ... » more

宮部みゆき著の「模倣犯第二部」を読み終わりました。第一部では、墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見され、やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」とい ... » more

思いっきりネタばれです今回も前作同様、いくつかの短編を前置きにして本編「日暮らし」へとお話は続いていく一つ一つのお話は全く別物のように語られているが実は全ては底の底ではちゃんとつながって ... » more
テーマ 宮部みゆき 日暮らし ぼんくら  コメント(4)

長い長い殺人 [宮部みゆき] 長い長い殺人宮部みゆき登場人物達の所有する「財布」が事件を語る、変わった趣向の物語。連続殺人事件をきっかけに、浮かび上がった男女の容疑者。状況証拠からは完璧に二人をクロと断定できるのだが、彼らの目的は別のところにあった。 ... » more
テーマ 宮部みゆき

夕芽の EX LIBRIS理由
理由 今日はかなり分厚い本です。619ページ!中学校の図書室にもあるという有名な小説であります。『理由』宮部みゆき(朝日文庫)これはすごいですよ。ほんと。この重厚な安定感をどう説明したらいいんだろう。ストーリーの核 ... » more
テーマ 宮部みゆき

幽幻倶楽部ささやかな
ささやかな ささやかな忘年会でした今日は、何故かとっても仕 ... » more

還暦の繰言占い師の日常 550
宮部みゆきの「誰か」を読んだ。正直後味が悪い。筋立ては巧みだ。途中息切れすることなく、二本の線をうまくからませラストに導いている。さすがに、ストーリーテラー宮部みゆきの面目躍如たるものだ。だが、私は、この小説の重要な ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:10

「宮部みゆき」のブログ関連商品

» 「宮部みゆき」のブログレビュー をもっと探す

「宮部みゆき」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る