誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮部みゆき

宮部みゆき

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮部みゆき」のブログを一覧表示!「宮部みゆき」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮部みゆき」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮部みゆき」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

本作は時代モノが集められた9つの短編集。亡霊や鬼など、ホラー風味なお話が多いのが特徴でしょうか。 一人語りで話が進められる『影牢』と『安達家の鬼』は独特の雰囲気があり、私はとても気に入りました。 『影牢』は老番頭 ... » more

「十代のための新名作」と銘打たれたシリーズ第2弾である本作には、浅田次郎さん、石田衣良さん、橋本紡さん、星新一さん、宮部みゆきさんの短編が収録されています。浅田氏の『雛の花』は、昭和30年代の西麻布に住む主人公と祖母の物 ... » more

魔術はささやく  ☆宮部みゆき 魔術はささやく (新潮文庫)宮部 みゆき 新潮社 1993-01売り上げランキング : 6505Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人め ... » more
テーマ 宮部みゆき

本作は、宮部みゆきさんの初期作品たちを集めた、時代小説の短編集です。『かまいたち』は、江戸の町で起こる連続辻斬り事件の現場に出くわしてしまった町娘・おようが、「かまいたち」との異名を取る犯人を見極めようと事件に踏み込んでいくお話です ... » more

宮部みゆき ‘今夜は眠れない’ 人生には、全てをなげうってでもやらなねばならない戦いがある。そのように思わせる小説が‘今夜は眠れない’です。‘今夜は眠れない’の主人公はどこにでも居そうなサッカー少年の中学生です。そんな彼の家に突然5億円が振り込 ... » more

魔術はささやく [宮部みゆき] 魔術はささやく宮部みゆき若い女性が追い詰められるように不可解な自殺をする事件が連続して発生。女性の共通点を見出した主人公は、真相を究明するために調査を開始するが、犯人の魔の手が家族にまで忍び寄って来る。著者らしく細か ... » more
テーマ 宮部みゆき

青酸カリのような直接的に作用する毒物以外にも、濃淡の差こそあれ、この世に根深くはびこる様々な毒。本作は、タイトルの通り、「毒」にスポットを当てた物語です。あらすじとしましては・・・・・・・・・頻発する青酸カリ毒殺事件 ... » more

所田良介は、娘よりも年下の女子高生の相談相手になってしまうくらいの優しくて頼られる男。昔から常に女性の影がチラチラしているのに、その妻は怒る素振りも見せず、諦めているようにも見える。娘の所田一美は、そんな母がイラついて仕方ない。そん ... » more

「小暮写眞館」は宮部みゆきの新刊、といっても去年出た本だが。さらっと読めた。主人公が高校生で、話がいくつかに分かれていて、題材も映画向けにちょうどよいかもと思ってしまった。まあまあだったかなあ・・・・。感動うすし・・・。「和菓子 ... » more
テーマ 宮部みゆき

2010.7刊。中央公論新社。¥1800+税。おちかが主人公の物語。「おそろし」の続編。 ... » more

『ICO 〜霧の城〜』 宮部みゆき ゲームのノベライズ版だったりするそうだけど、ゲームの方は全く存じ上げません(汗)角が生えて生まれた子はニエになるという習慣、そしてその習慣に隠されていたこと、また、悲劇の王女のヨルダも一筋縄では行かないことがあり(うーむ、ネタバレになる ... » more

火車-----生前に悪事をした亡者を乗せて地獄に運ぶという、火が燃えている車-----本作は、休職中の刑事、本間のところに、亡き妻の甥っ子が訪ねてくるところから物語が始まります。失踪した婚約者を探してほしいと依頼する ... » more

宮部みゆきのおすすめミステリー小説。おすすめ宮部みゆきの面白いミステリー小説。宮部みゆきのおすすめ作品。面白いミステリー小説、おもしろい傑作ミステリー小説は『模倣犯』宮部 みゆき(著)だ。休職中の刑事、本間俊介は遠縁 ... » more
テーマ 宮部みゆき おすすめのミステリー小説

宮部みゆき日暮らし講談社上・中・下時代物の良さは、人情色とその時代の豊かな風物詩にあると思う。主人公井筒平四郎と、エドガーコナン君みたいな美少年弓之助達が殺人事件の謎解きをしていく物語だ。上巻でいくつかの単発のストー ... » more
テーマ 宮部みゆき 日暮らし

夢にも思わない [宮部みゆき] 夢にも思わない宮部みゆき「今夜は眠れない」の続編。今度は主人公の雅男が恋をする「クドウさん」が事件に巻き込まれる話。クドウさんの従兄弟が殺され、その子の生前の暮らしが明るみに。雅男がクドウさんに持つヒロイン像とは ... » more
テーマ 宮部みゆき

今夜は眠れない [宮部みゆき] 今夜は眠れない宮部みゆき学園物のほのぼのミステリ。主人公の家に突然降って湧いた遺産相続事件。母が過去に世話をした男性が、資産を残して死亡。その財産全てを母に寄贈するというもの。浮気性で嫉妬深い父は、ギクシャクする ... » more
テーマ 宮部みゆき

あんじゅう 宮部みゆき 中央公論新社 前作「おそろし三島屋変調百物語事始」の続編です。前作もとても面白かったんですが、今回もその筆の冴えは衰えず。・・というか、ますます冴えて、すっかり時を忘れて読みふけってしまいました。小さいながらも裕福な小間物屋・三島屋に ... » more

宮部みゆき ‘あんじゅう―三島屋変調百物語事続’ 「夏だし、怪談ものでも読んでみようか」と思いました。ちょうど、宮部みゆき氏の新作の‘あんじゅう―三島屋変調百物語事続’が先月発売されたので読んでみました。あおりの文言通り、まこと奇怪な話が集まった短編集である‘あんじゅう ... » more

宮部みゆき ‘レベル7’ 朝起きたら、自分が誰だかわからない。隣には見ず知らずの女性が眠っている。さらに、腕には身に覚えのない「Level7」の刺青が・・・。そして、時を同じくして、「レベル7まで行ったら戻れない。」という謎の言葉を残して1人の女子高生が ... » more

小暮写真館 宮部みゆき 講談社 何だかもう、バタバタと毎日が過ぎていく(汗)どうして、こんなに時間がないんだか・・。ブログの、こんなレビューでさえ、なかなか更新できないのに恐ろしく分厚い小説を書きあげてしまう宮部さんは、ほんとに凄いと思う。(そこに感心する ... » more

誰か [宮部みゆき] 誰か宮部みゆき自転車に跳ねられてなくなった父の自叙伝を書きたいと相談に来た姉妹。日本有数のコンツェルン総裁を義父に持つ主人公が、被害者の足取りを追ううちに、物語は意外な方向へ展開してゆく。どんでん返しは父が姉妹に隠し ... » more
テーマ 宮部みゆき

宮部みゆき ‘小暮写眞館’ ‘小暮写眞館’のストーリーは、少し重たく暗いです。しかし、言い回しとか、表現の手法がかなりの頻度で笑いを誘います。しかも、その可笑しなところが重たいシーンで確実に出てきます。今はやりの「笑える悲劇」とでも言えるかもしれません ... » more

クロスファイア(下) 『クロスファイア(下)』宮部みゆき(光文社文庫)“念力放火”という超常現象を作者がどう結論づけるのか?というところに私はやはり興味があったのだが、それに関しては“ある”でもなく“ない”でもない感じに終わっていた。そりゃまあ当 ... » more
テーマ 宮部みゆき

理由  ☆宮部みゆき 理由 (新潮文庫)新潮社 2004-06-29売り上げランキング : 9800おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)事件はなぜ起こったか。殺されたのは「誰」で、いった ... » more
テーマ 宮部みゆき

クロスファイア(上) お久しぶりの宮部みゆきさんです。上下巻長そうだなぁと思ったけど、全然!退屈することなく、あっという間の上巻読了。『クロスファイア(上)』宮部みゆき(光文社文庫)物語の始まりは、東京都荒川区田山町の廃工場。不良少年 ... » more
テーマ 宮部みゆき

気になる・・・「我らが隣人の犯罪」
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」を読みました。私は、宮部みゆきさんの作品が結構好きで、好んで読んでいるのですが、初めて書いた作品が、「我らが隣人の犯罪」だと知り、読んでみようと思いました。 ... » more
テーマ 宮部みゆき

宮部みゆき ‘楽園’ ‘楽園’の主人公は‘模倣犯’で描かれていた「連続誘拐殺人事件」を追いかけていたルポライターの前畑滋子です。物語は、そんな彼女に奇妙な依頼が舞い込んでくるところから始まります。その依頼内容というのが、三か月前に亡く ... » more

楽園  ☆宮部みゆき 楽園 上 (文春文庫)文藝春秋 2010-02-10売り上げランキング : 142おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools楽園 下 (文春文庫)文藝春秋 2010-02-10売り上げランキング : 125Am ... » more

『模倣犯』以降、あの事件から立ち直れないでいた前畑滋子が、事故で亡くなった子どもに特殊な能力があったという母親の話を聞くことになる。。12歳で亡くなった萩谷敏子の一人息子・等には絵が得意で生前いろいろな絵を描いていたが、その中に ... » more

こりゃま日記宮部みゆき『おそろし』
宮部みゆき『おそろし』 ピアカウンセリングの可能性があったしばらく読まなかった宮部みゆきを読むことになった。『おそろし』を読書会で取り上げたため。読書会の本は県立図書館の10冊セットで借りている。今回、『おそろし』を読み始めて、これは以前読んだ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:10

「宮部みゆき」のブログ関連商品

» 「宮部みゆき」のブログレビュー をもっと探す

「宮部みゆき」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る