誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮部みゆき

宮部みゆき

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮部みゆき」のブログを一覧表示!「宮部みゆき」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮部みゆき」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮部みゆき」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ninjaおやじのお気楽ブログ小説本
昨日は午後から近くの温水プールに行くことにした。その前に子供達のこども手当てを各人の口座に入金した。郵便局での入金を済ませプールへいつものごとく1時間ほどゆっくり泳いだ泳ぐのも久しぶりだランニ ... » more

宮部みゆき著「火車」 あまり食わず嫌いはいけないと思い、書店で評判の小説を読んでみました。話はクレジットカードローンに生きずまり他人に変身、というお話。一種の推理小説でもあるし、現代のクレジットカード社会を揶揄する小説ともいえます。小生の感想として、巨匠松本 ... » more
テーマ 宮部みゆき

ステップファザー・ステップ 今日は、今ドラマをやっている「ステップファザー・ステップ」の原作です。子供たちも大きくなり、家族の帰宅時間が遅くなるにつれて、私の忙しい時間帯がどんどん夜にずれこんできた。なので、9時や10時のドラマはほとんど見れず、録画して後 ... » more
テーマ 宮部みゆき

『ステップファザー・ステップ』 / 宮部 みゆき 両親が同じタイミングで駆け落ちし、両親不在の状況におかれた中学生の双子の男の子。隣の家に泥棒に入ろうとした男(俺)が雷にうたれ、双子の家に落ち、双子に助けられ、俺は双子の「ステップファザー」(継父)になることに・・・。期待し ... » more
テーマ 宮部みゆき

ハードカバーで読みましたよ、上下。相変わらずの長さです。井筒平四郎シリーズ第3弾。宮部さんの江戸物は好きです、登場人物が本当に暮らしているような臨場感があって。今回の目玉は何と言っても、大叔父上の本宮源右衛門でしょう。彼の存在が、平 ... » more
テーマ 宮部みゆき

『理由』 宮部みゆき (朝日文庫) 今週は宮部みゆきの『理由』を読みました。6月に『火車』を読んだ後、ついでに読もうと思っていたのですが、ついでに読むには長すぎます。何しろ文庫で600ページありますから・・・。で、しばらく忘れていたのですが、先週土曜日、テレビ朝日でオンエ ... » more

火車 宮部みゆき ★★★ 2011/11/12 久しぶりに読みました。宮部みゆきさんの本。何年か前には、宮部みゆきさんの本も数冊読んでいたのですが、「クロスファイヤー」という本だったと思うのですが、指先から火が出る女性の話を読んで、そこで少し引いてしまい、読まなくなっていまし ... » more

白眉なんて大袈裟なとお思いかもしれませんが、宮部みゆき「火車」は原作にかなり忠実で、見ているものを惹きつける力を持っていました。勿論、原作から削った部分や書き加えた部分はあります。しかし、それらは本筋を汚すことなく、むしろ引き立 ... » more
テーマ 火車 宮部みゆき ドラマ批評

ドラマスペシャル 『火車』 宮部みゆき原作 上川隆也 佐々木希 おもしろそうだ。マダ間に合う!・テレビ朝日|宮部みゆき原作 ドラマスペシャル 『火車』http://www.tv-asahi.co.jp/kasha/火車 (新潮文庫)新潮社 宮部 みゆき Ama ... » more
テーマ 火車 宮部みゆき ドラマ

夕芽の EX LIBRIS地下街の雨
地下街の雨 私は実は短編集が苦手だ。一つ読み終えたら次、というふうにさっさと切り替えができなくて、いつまでも前の物語を引きずってしまう。でも今回は、わりとぱんと電源を落としたみたいな終わり方の話が多かったので、あまり疲れずに読めた。『地 ... » more
テーマ 宮部みゆき

本書は、宮部みゆき氏自選の中短編集です。1999年から2010年に発表された5本の作品。幽霊とか幻視とかが出てくるファンタジックなストーリーもあれば、神やら何やらが出てくるSFチックなストーリーもある。ちょっと不思議 ... » more

合計約200万部を売り上げた宮部みゆきの大ヒット原作「魔術はささやく」が、豪華キャストでついに蘇る!過去に大罪をおかした 女が、復讐の魔の手にじわじわと追い詰められていく恐怖の心理サスペンス!罪を背負った主人公は魔術師の報復から愛する弟 ... » more

雑食。友人以上 下
授業中の落書きを元にした話のはずなのにここまでの長編になるって…いったい…自分の文章力のなさにびっくりで、す、*下「シェン」何故、その時呼ばれたのか。何故、そんなにも真面目な瞳 ... » more
テーマ 宮部みゆき

雑食。友人以上 上
ドリームバスター、です。もう本当、宮部さん大好きです。現在進行形で宮部さんの別の作品のネタも書かせて戴いているわけなのです。緩いですけどプラスではないので掛け算表記にさせていただきます。以下、数年前設定小話(マッキー×シェン ... » more
テーマ 宮部みゆき

宮部みゆき時代小説の新しさ 『堪忍箱』を読んで『堪忍箱』は、新しい作品ではない。ここまで、順不同に宮部みゆきの時代小説を読んできて、気がついた。それは、宮部みゆきとたの多くの作家が描いていることとの差異は、ひとつに「先祖=親」のとらえ方だ。宮部だけでは ... » more

親不孝長屋−人情時代小説傑作選 「親不孝」ということば「親不孝通り」という地名(通称)は、私の知る限り、福岡と横浜にある。たぶん、ほかにもあるだろう。通称にしろ「親不孝」ということばをつけるのはけっこうむつかしそうだ。だいたい「親不孝」なんて言葉が東アジア以外 ... » more

パンプクリン(宮部+黒鉄コラボ) 宮部みゆきの絵本宮部みゆきの文+黒鉄ヒロシ絵の絵本『パンプクリン』。たあいもないお話だが、「宮部は、気がふさいでいました」ので、できた。まあ、いいじゃないか。ぱんぷくりん (PHP文芸文庫)PHP研究所 宮部 ... » more
テーマ 宮部みゆき

あんじゅう―宮部みゆきの傑作 「あんじゅう」ってなにもの?宮部みゆきのちょうど1年前の作品『あんじゅう』(2010)を読んだ。(その前は新聞連載)これは、彼女の時代(江戸)物としては指折りの、ひょっとしたら最高の傑作かも知れない。先に読んだ『ばんば憑き』 ... » more

これは面白い!宮部みゆきの『ばんば憑き』 軽くて明るい?怪談ものばんば憑き「湯治旅の帰途、若夫婦が雨で足止めになった老女との相部屋を引き受けた。不機嫌な若妻をよそに、世話を焼く婿養子の夫に老女が語り出したのは、五十年前の忌まわしい出来事だった…。表題作「ばんば憑 ... » more

宮部みゆき ‘火車(かしゃ)’ カード破産の事実が婚約者に発覚し姿を消した女性と彼女を追う休職中の刑事の小説が‘火車’です。‘火車’は不自然な勢いで成長するクレジットカード業界とその犠牲となった自己破産者の姿を描くことで現代社会の過剰なまでの便 ... » more

『火車』 宮部みゆき (新潮文庫) 『返事はいらない』で助走をつけ、600ページ近くもある『火車』を一気に読んだのは、半月以上前。いろいろ確かめたいことがあり、記事のアップが遅れてしまいました。まず確かめたかったのは、1992年1月20日の天気。こんな記述があ ... » more

気になる・・・「小暮写眞館」
宮部みゆきさんの「小暮写眞館」を読みました。主人公が高校入学と同時に、引越ししたところは、元写眞館。小暮写眞館と呼ばれるその建物は、噂で写眞館主人の幽霊が出ると言われている。そんな事(?)から、なぜか幽霊がらみの ... » more
テーマ 宮部みゆき

面白かったです、これ。人情溢れる、そしてホロリと切ない江戸市井のあやかし不思議草紙。全6篇が収められています。「坊主の壺」は、コロリ(コレラ)の流行に苦しむ町民のために力を尽くす田屋の主人のもとで働く女中、おつぎの視 ... » more

超(?)長編の『レベル7』。実家から持ち帰ってまで読む気にはなりませんでしたが、短編集なら何とかなります・・・ということで、『返事はいらない』を読んでみました。------------------------------------ ... » more
テーマ 宮部みゆき

久々宮部ワールド 厚すぎる。。。 小暮写眞館 宮部みゆき 久しぶりに宮部みゆきさんの著作を読みました。分厚い。700ページ以上。書下ろし4編。単身赴任先に持って行っても読む暇ないなぁ。まずはタイトルの「小暮写眞館」想像するに、老いた写真館の館主が主人公のお話か、、、と読 ... » more
テーマ 小暮写眞館 宮部みゆき 読書

朝、地震で目が覚めた後、二度寝してしまい、結局起きたのは11時近く。そんな寝ぼけた頭に入ってきたニュースがこれ。下は時事通信の記事からの引用です。--------------------------------------- ... » more

ばんば憑き 宮部みゆき 角川書店 今日、近所の桜のつぼみが、ほころびかけているのを見た。もうすぐ4月とは思えないほど寒い毎日だったけれど、ようやく春の気配が近づいてきているように思う。震災の後、私の中で読める本と読めない本の境目がはっきりしてしまったように思う。それ ... » more

本作は、江戸市井の人情満載、哀愁満載な時代小説8編の短編集です。『堪忍箱』は、近江屋に代々伝わる「堪忍箱」にまつわるお話です。燃えさかる炎の中からも、命を掛けて箱を守ったお駒の母。箱を受け継いだお駒の決断。 ... » more

返事はいらない  ☆宮部みゆき 返事はいらない (新潮文庫)宮部 みゆき 新潮社 1994-12売り上げランキング : 11040Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)失恋からコンピュータ犯罪の片棒を担ぐにいたる微妙 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:10

「宮部みゆき」のブログ関連商品

» 「宮部みゆき」のブログレビュー をもっと探す

「宮部みゆき」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る