誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮部みゆき

宮部みゆき

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮部みゆき」のブログを一覧表示!「宮部みゆき」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮部みゆき」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮部みゆき」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

『日暮らし 上』宮部みゆき 宮部みゆきの『日暮らし 上』(2005年1月刊)を読みました。BOOKデータによると、<本当のことなんて、どこにあるんだよ?江戸町民のまっとうな日暮らしを翻弄する、大店の「お家の事情」。ぼんくら同心・井筒平四郎と、超 ... » more
テーマ 宮部みゆき

ninjaおやじのお気楽ブログ名も無き毒
宮部みゆきの小説「名も無き毒」と「誰か」を読み終えた図書館で借りてきたものレベル7や魔術はささやくそして火車などの小説がありすきな作家の1人だ最近は読んでいなかったがドラマをやって ... » more

ソロモンの偽証 第1部 事件 宮部みゆき 2002年から書き始められた長大作。1部だけで700ページ以上。これが3部まである。読み始めはもわっとしていてどうなる事かと思ったが、どんどんひきつけられる。舞台は中学校。登校拒否生徒が雪の朝死体で発見される、というところから話 ... » more
テーマ 宮部みゆき 読書 ソロモンの偽証 第1部 事件

宮部みゆき本、初読み 有隣堂文庫専門店で本を探していて、この表紙絵が目につき宮部みゆき名で購入しました。この人の本がたくさんの人に読まれているのは、新聞他で知っていたので、一度は読んでみたいと思ってました。読み始めてみると面白 ... » more
テーマ 初ものがたり 宮部みゆき 読書

新聞連載小説 その後・・・ 新聞連載小説「荒神」読んでますよ。ここで問題が・・・小説がだんだんおもしろくなってきました。毎日新聞を手にする、紙面を広げる、「荒神」を探す。一連の動作が、定着してきました。よしよし、これで毎日読める。しかし、し ... » more

筆が遅いと言いつつも、次々に話題作を連発する宮部みゆきと、広汎な知識を持ち、ミステリー作家として確固として地位を築いている東野圭吾の二人。テレビ化映画化の数が半端ではないだけに、原作通りの脚本は有ったためしがないほど、デフォルメ ... » more
テーマ テレビドラマ化 東野圭吾 宮部みゆき

首相公邸に幽霊が出る? 「承知していない」と政府が答弁書、なんのこと? 本日の主要新聞各紙に面白い記事が載っていました。なんと日本国首相公邸に幽霊が出る?との噂について政府が「承知していない」との答弁書を閣議決定したとのことだそうです。首相公邸に幽霊?そんなことあるわけないじゃない(幽霊なんて出ませんよ)が一般 ... » more
テーマ 宮部みゆき 首相公邸 日本史

今日のオススメ本 : 『桜ほうさら』 宮部みゆき 主人公は、古橋笙之介。上総国生まれの22歳。江戸深川の長屋に暮らし、貸本屋の写本作りを生業(なりわい)にしている。しかし、彼が江戸に出てきた真の目的は、父が賄賂の濡れ衣を着せられて切腹した事件の真相を究明することにあった ... » more

うさぎ天国連載小説 「荒神」
連載小説 「荒神」 朝日新聞の連載小説が始まりました。今回は、大好きな宮部みゆきさんの「荒神」です。そもそも私は、連載小説なるものを読んだことがない。根気がないというか、すぐ飽きてしまう。読み始めても、小説がどんどん先に行き、置いてきぼりを ... » more

ソロモンの偽証 今回はまとめて3冊ご紹介・・・と言っても、三部作なのでお話は全て繋がってます。ソロモンの偽証(第1部) [ 宮部みゆき ]価格:1,890円(2013/4/23 16:31時点)感想(28件)ソロモンの偽証(第2部) ... » more

『おまえさん 下』宮部みゆき 宮部みゆきの『おまえさん 下』(2011年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<二十年前から続く因縁は、思わぬかたちで今に繋がり、人を誤らせていく。男は男の嘘をつき、女は女の道をゆく。こんがらがった人間関係 ... » more
テーマ 宮部みゆき

『おまえさん 上』宮部みゆき 宮部みゆきの『おまえさん上』(2011年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<痒み止め薬「王疹膏」を売り出し中の瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。本所深川の“ぼんくら”同心・井筒平四郎は、将来を期待される同 ... » more

ここはボツコニアン2 今年初の読書記録は、宮部みゆきさんの「ここはボツコニアン2 魔王がいた街」ここはボツコニアン(2) [ 宮部みゆき ]価格:1,050円(2013/1/26 22:20時点)感想(0件)です。年末年始少し読書 ... » more

一つの落下「事故」から始まった悪意と犠牲の連鎖が、大きなうねりとなって中学校を飲み込んでいく。子どもたちは、親たちは、大人たちは、学校は、マスコミは事件をどう捉え、どう捌き、裁くのか……。大作も大作。全3巻ですし ... » more

ステップファザー・ステップ  /  宮部みゆき ★★★★冴える宮部ミステリ-。7つの事件が次々と中学生の双子の兄弟が住む家に入り込んだプロの泥棒。まるで父子のような3人が繰り広げる、家庭的なミステリ-。日本版『スイ-トホ-ム殺人事件』と呼べる傑作巨額の遺産を相続した若い独身女性の ... » more

ホタルの本棚・・・迷っています・・・
本棚に加える本です。宮部センセの本です。「ぼんくら」「日暮し」「おまえさん」買おうかなぁ〜〜〜、どうしようかなぁ〜〜〜でも、図書館で、5回借りて読み返してるし・・・宮部センセ・・と言えば、ドラマが始まりました。 ... » more

宮部みゆき 『ソロモンの偽証 第V部 法廷』 この世の不条理に少年・少女たちはどう向き合ったか。 中学校の屋上から墜落した男子生徒の遺体が発見され、警察は事故死と断定しました。ところが………とこの物語は始ります。それぞれが700ページを越える全三巻。とにかくミステリーとしては破格の長さで、重量級では圧倒させられる大長編小説でした。 ... » more

宮部みゆき 『ソロモンの偽証 第U部 決意』 中学生たちの無垢な正義感が燃え上がった? 「第T部事件」のラストは「そして学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう任せておけない!」と決意するところでした。ヒロインの文武両道で学級委員・藤野涼子ちゃんです。「第U部決意」は「保身に身をやつす教師を見限り、学校内裁判を ... » more

宮部みゆき 『ソロモンの偽証 第T部 事件』 久々の現代ミステリーに大いに期待して……… 宮部みゆきの作品はいくつも読んではいるが、ソフトな人情話の時代小説よりは現代ミステリーが好みで、現代ミステリーでもその時代の断面を的確に切り取って見せた初期の作品『火車』『理由』『模倣犯』が代表作だと思っている。『誰か』にはこれら前作の ... » more

今度(2012年8月)の宮部みゆき氏の新作の‘ソロモンの偽証’は‘第T部事件’‘第U部決意’‘第V部法廷’からなる現代ミステリー巨編です。‘ソロモンの偽証’の舞台は公立の中学校です。「事件」は、舞台となった中学校 ... » more

宮部みゆきの時代小説ファンであり、しかも、シリーズファンなので、コメントは甘くなりがちです。(笑)おまえさん(下) (講談社文庫)講談社 宮部 みゆき Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベー ... » more

『ぼんくら』シリーズ第3弾!読了です。おまえさん(上) (講談社文庫)講談社 宮部 みゆき Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベースより)痒み止めの新薬「王疹膏」を売り出していた瓶屋の主人、 ... » more

とっても分厚い一冊なのですが、すぐに2回読み返してしまいました。とても温かい物語。ウルッと来てしまうことも数度。「小暮写真館」に住む花菱家-----長男の英一の視点で描かれる、花菱家のやわらか ... » more

ここはボツコニアン 宮部みゆきさんの「ここはボツコニアン」読み終わりました。(^O^)ここはボツコニアン価格:1,050円(2012/6/16 17:44時点)感想(5件)最近、東川篤哉さんの「烏賊川市シリーズ」が続いていたので ... » more

ボツネタばかりが集められた世界・ボツコニアンで繰り広げられる冒険ストーリー。より良い世界を創るため、ピピとピノが大冒険?!……という物語です。ゲーム大好き、RPG大好きの宮部みゆき氏。明らかに自分の楽しみ ... » more
テーマ 宮部みゆき

「あの日」以来、「レベル7」という言葉には、特別の意味ができてしまったけれど、本作品は、それとは何の関係もありません。文庫化されたころに読んだことがあるのだけれど、それ以降、本棚で眠っておりました。宮部みゆきの作品が4週連続でテレビ ... » more

私が今注目している作家が彼女渡部みなみ 22歳宮部みゆきのようなサスペンスも書けるし乙一のような斬新なホラーも書けるマルチな作家だ。彼女の代表作がこれ渡部みなみ 22歳Facebookから始まる戦慄の ... » more
テーマ 宮部みゆき サスペンスホラー 乙一

ninjaおやじのお気楽ブログレベル7
宮部みゆきさんの小説「レベル7」を読み終えた。「火車」以来久しぶりの宮部作品を読んだがちょっと中だるみな内容だったように感じる。もっと早く終わりがきてもいいかな?またこの本は図書館に寄贈しよう ... » more

名もなき毒  ☆宮部みゆき 名もなき毒 (文春文庫)宮部 みゆき 文藝春秋 2011-12-06売り上げランキング : 9126Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇 ... » more
テーマ 宮部みゆき

魔術はささやく(宮部みゆき) 「それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた・・ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:10

「宮部みゆき」のブログ関連商品

» 「宮部みゆき」のブログレビュー をもっと探す

「宮部みゆき」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る