誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大沢在昌

大沢在昌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大沢在昌」のブログを一覧表示!「大沢在昌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大沢在昌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大沢在昌」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『雨の狩人』大沢在昌 大沢在昌の『雨の狩人』(2014年7月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<新宿のキャバクラで、不動産会社の社長が射殺された。捜査に当たった新宿署の刑事・佐江と警視庁捜査一課の谷神は、その事件の裏に日本最大の ... » more
テーマ 大沢在昌

『ライアー』大沢在昌 大沢在昌の『ライアー』(2014年4月刊)を読みました。内容紹介によると、<愛する者のため、誰もが命懸けで嘘をつく――至高のアクション・ハードボイルド! 優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象 ... » more
テーマ 大沢在昌

「雨の狩人」大沢在昌著(幻冬舎 1,944円税込) 「雨の狩人」大沢在昌著(幻冬舎1,944円税込)刑事を殺そうとした極道と、極道を殺そうとした刑事。罪が深いのは、そして生き残るのは、どちらだーー。『新宿鮫』と双璧を成す警察小説シリーズの、最高傑作!地下格 ... » more
テーマ 大沢在昌 雨の狩人 警察小説

『海と月の迷路』大沢在昌 大沢在昌の『海と月の迷路』(2013年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<海に浮かぶ「密室」殺人者はここにいる。昭和34年。満月の夜に不審な死を遂げた少女。若き警察官が追うものは殺人鬼の“幻影”か。わずか ... » more
テーマ 大沢在昌

『眠りの家』大沢在昌 大沢在昌の『眠りの家』(1996年8月9版)を読みました。BOOKデータによると、<学生時代からの友人潤木と吉沢は、外房のひとけのない磯の先端に奇妙な建物を発見した。前面は絶壁の荒磯、背後は通行もままならぬ深い山が迫っている ... » more

ふくろうの読書記録『氷の森』大沢在昌
『氷の森』大沢在昌 大沢在昌の『氷の森』(1989年4月刊)を読みました。内容紹介によると、<冷血――冷酷とも残酷ともちがう。自分を利するためなら、なんのためらいも恐怖もなく、人を殺すことができる――そんな敵に対して、男はたった1人で戦 ... » more

『追跡者の血統』大沢在昌 大沢在昌の『追跡者の血統』(1997年6月5刷)を読みました。BOOKデータによると、<広尾の豪華マンションに住み、女と酒とギャンブルとスポーツでその限りない時間を費す六本木の帝王・沢辺が、突如姿を消した。失踪人調査 ... » more

ふくろうの読書記録『雪蛍』大沢在昌
『雪蛍』大沢在昌 大沢在昌の『雪蛍』(1996年4月2刷)を読みました。BOOKデータによると、<薬物中毒者の相互更正補助施設「セイル・オフ」に、あらゆる感情が「死んで」いる男が入所してきた。男と向き合おうとする佐久間公に、再び「探偵 ... » more

『闇先案内人』大沢在昌 大沢在昌の『闇先案内人』(2001年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<追手の届かない闇先へ。過去も本名も捨てて生きる「逃がし屋」葛原に託された重要人物の行方。国際政治の表と裏、あまりに哀しい愛情、追い ... » more

『罪深き海辺』大沢在昌 大沢在昌の『罪深き海辺』(2009年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<財政破綻寸前の港町に突然現れた、大地主の遺産相続人。激化する暴力団の攻防、相次ぐ不審死、進出企業の陰謀…。敵か味方か。老刑事は命が ... » more

『流れ星の冬』大沢在昌 大沢在昌の『流れ星の冬』(1994年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<最愛の妻はすでに亡くなり、たったひとりの子供も独立をしている。大学教授・葉山英介は平穏な人生の冬を送ることになるはずだった。しかし、 ... » more

『魔女の笑窪』大沢在昌 大沢在昌の『魔女の笑窪』(2006年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<東京で裏稼業のコンサルタントをする水原。彼女には、掟破りの島抜けをしたという、誰にも言えない過去があった-。迫り来る「地獄島の番人 ... » more

気まぐれ日々雑感文庫本^^;
文庫本^^; 久々に文庫本を4冊ばかり買った、半年振りかそれ以上になるだろうか。少し前から井上靖氏の原作の「わが母の記」が映画化されてTVでCMを流している。原作は読んでないが「しろばんば」→「夏草冬涛」→「あすなろ物語」と続く氏の自伝的な小説の最終 ... » more

「鮫島の貌 新宿鮫短編集」(大沢在昌著)を読み終えて 「鮫島の貌新宿鮫短編集」(大沢在昌著)を読み終えて新宿鮫も10巻を数えて、より孤独になっていく鮫島。そんな鮫島の新宿署赴任当時からのサイドストーリーを集めた短編集がこの本。この間読んだ「奇面館の殺人(綾辻行人 ... » more
テーマ 大沢在昌 読書 鮫島の貌

『絆回廊 新宿鮫]』大沢在昌 大沢在昌の『絆回廊新宿鮫]』(2011年7月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<やくざも恐れる伝説的アウトローが「警察官を殺す」との情念を胸に長期刑を終え新宿に帰ってきた。強烈な存在感を放つその男を阻止す ... » more

『パンドラ・アイランド』大沢在昌 大沢在昌の『パンドラ・アイランド』(2004年6月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<南海の孤島に「保安官」として赴任した元刑事。いつしか島の「秘密」に巻き込まれ…。『東京中日スポーツ』連載「海と拳銃」を改 ... » more

『鏡の顔』大沢在昌 大沢在昌の『鏡の顔』(2011年4月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<鏡越しに対峙した男の背後から現れた女性に、フォトライター沢原は息を呑んだ…。表題作をはじめ、鮫島、佐久間公、ジョーカーなど、人気キャラ ... » more

『やぶへび』大沢在昌 大沢在昌の『やぶへび』(2010年12月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<金なし女なしで迎えた、元刑事・甲賀悟郎40歳の年末。そこに「奥さんを保護しました」という電話が。借金苦で戸籍を売り偽装結婚した中国 ... » more

『ザ・ジョーカー』大沢在昌 大沢在昌の『ザ・ジョーカー』を読みました。図書館の内容紹介によると、<着手金は100万。仕事は「殺し」以外のすべて…。私立探偵にも逃がし屋にも依頼できないトラブルを、たったひとりで引き受ける最後のプロフェッショナ ... » more

『亡命者 ザ・ジョーカー』大沢在昌 大沢在昌の『亡命者ザ・ジョーカー』(2007年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<ジョーカーのもとに、長身白髪の英国人男性が訪れた。彼は20年以上前、ジョーカーが先代を継いで二代目となった初仕事の依頼人 ... » more

『鮫島の貌 新宿鮫短編集』大沢在昌 大沢在昌の『鮫島の貌新宿鮫短編集』(2012年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<新宿署異動直後の鮫島を襲う危機を描く作品、腐った刑事や暗殺者との対決、人気コミックのキャラクターが登場する異色作、シリー ... » more

無間人形 新宿鮫W (大沢在昌) 満足度5★★★★★光文社文庫初出版1994年読んだ回数2回★ 光文社文庫−裏表紙の紹介文新宿の若者たちの間で、舐めるだけで効く新型覚せい剤(アイスキャンディ)が流行りだした。シャブ ... » more

「絆回廊新宿鮫X 」(大沢在昌著)を読み終えて前回の「狼花」で宿敵の仙田を失い、一つの決着をみたかに見えた新宿鮫ですが、今回の失うものの大きさを考えたら、これから先どうやって生きていくのかなんて思ってしまう展開でした。<あら ... » more
テーマ 大沢在昌 読書 絆回廊 新宿鮫X

ツンドク本を一冊片づけた勢いで、もう一冊ツンドク本に手を伸ばした。それが、この本。この本も、なかなか読みでがある。闇先案内人 (カッパ・ノベルス)光文社 大沢 在昌 Amazonアソシエイト by 出版社/著 ... » more
テーマ 大沢在昌 読書

『カルテット4 解放者』大沢在昌 大沢在昌の『カルテット4解放者(リベレイター)』を読みました。図書館の内容紹介によると、<大勢の若者を集めてゲリラ的に行われる野外DJイベント「解放区」と、破壊工作を繰り返す一団「リベレイター」。そのふたつに接点を見出したク ... » more

『カルテット1 渋谷デッドエンド』大沢在昌 大沢在昌の『カルテット1渋谷デッドエンド』(2010年12月30日刊)を読みました。2と3を先に読みましたが、これはこれで面白いですね。人物設定が奇抜でユニークです。状況描写も巧みです。3時間ほどで一気に読み ... » more

『ブラックチェンバー』大沢在昌 大沢在昌の『ブラックチェンバー』(2010年3月刊)を読みました。532ページの大作です。登場人物が次第に増えて、私は混乱しました。後記を先に見てしまったので、途中でネタバレ?ちょっと失敗でした。 ... » more

大沢在昌のカルテットの2.3巻を読みました。図書館の予約の関係で、1巻の前に来てしましました。これだけ読んでも、話はつながります。会話が生き生きして素晴らしいです。四人のキャラクターがいいですね。でも ... » more

屍蘭 新宿鮫V (大沢在昌) 満足度5★★★★★光文社文庫初出版1993年読んだ回数2回★光文社文庫−裏表紙の紹介文犯罪者たちから「新宿鮫」と恐れられる、新宿署刑事・鮫島。新宿の高級娼婦の元締め・浜倉が殺された ... » more

毒猿 新宿鮫U (大沢在昌) 満足度5★★★★★光文社文庫初出版1991年読んだ回数3回★ 光文社文庫−裏表紙の紹介文歌舞伎町の女・奈美。孤独な彼女が心惹かれる外国人・楊は、謎の影を持つ男だった。一方、「新宿鮫 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 21:36

楽天市場のおすすめ商品

「大沢在昌」のブログ関連商品

» 「大沢在昌」のブログレビュー をもっと探す

「大沢在昌」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る