誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    タイ映画

タイ映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「タイ映画」のブログを一覧表示!「タイ映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「タイ映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「タイ映画」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

パクリであっても、完成度は高い マーキュリーマン マーキュリーマンMERCURYMAN同じタイ映画の「マハウット!」や「タイガーブレード」の流れを汲む、不思議な力を手にしたヒーローの物語だが、こちらはアメコミよろしくしっかりコスプレしているヒーローが登場。コスチュームや動きがあまり ... » more

蒼井そら in 『夏休み ハートはドキドキ!』 観てきました、蒼井そらin『夏休み ハートはドキドキ!』(@第4回アジア海洋映画祭イン幕張)。この映画に関しては、以前チラッと書いた(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200803/art ... » more
テーマ タイ映画 映画祭(日本)

166「マーキュリーマン」(タイ) 善の心が鋼の身体を作る正義感溢れる消防士のチャーンは、ある夜刑務所での火災発生に出動する。そこでは残虐なテロリスト、ウサマ・アリが脱獄を企てており、その現場に居合わせてしまったチャーンは刺される。しかしそれは古代から伝わる秘宝太陽の護 ... » more

楽蜻庵別館<トム・ヤム・クン!> 
2005年タイ110分原題 Tom yum goong監督 プラッチャヤー・ピンゲーオアクション監督パンナー・リットグライ撮影 ナタウット・キティクン出演 トニー・ジャーペットターイ・ウォンカムラオジョニー・グエンネ ... » more

158「アルティメット・エージェント」(タイ) 四角い顔のスーパースター諜報員のカムラオは、任務遂行中に街を破壊するかのようなことをしでかし、上司から大目玉を喰らってしまう。諜報員の仕事は内緒の妻キアウからは、仕事が長続きしないダメ亭主と言われている。そんなカムラオだが、新たな任 ... » more
テーマ タイ映画 映画

155「セルラー・シンドローム」(タイ) 最大の悲しみ、それは・・・携帯電話の修理人をしているケンは、顧客から預かった携帯の動画を盗み取っては、仲間に見せ、その仲間はそれらの動画をサイトにアップしていた。そんな日々に退屈していたケンは、ある日店にやって来た絵画を専攻する大学生ミ ... » more
テーマ タイ映画 映画

意外に爽やか タイ式学園コメディ パクチー学園トム・ヤム君Paxi Hischool Mr.Tom.Yumこの作品を個人で所蔵している人は少ないに違いない。邦題からしてハズレであることは目に見えているので、あえて購入しようというのはよっぽどの物好き。しかし、タイ映画 ... » more

無理せず3人でいいのでは!? マッハ!エンジェルMACH! ANGELS「5人の美女」という宣伝文句が偽りとまでは言えないものの、5人全員が日本人ウケする美女かというとちょっと厳しい。パッケージに期待して作品を見ると、初っ端から「もしかしてニューハーフ?」と思え ... » more

まさにマイペンライ・ムービー! BOA ボアBOAひさしぶりのタイ映画らしい作品。ジャングルに写真撮影に出かけ、行方不明になった大学生を捜すために友人たちがろくに準備もせず、そのくせ飛行船を使ってジャングルに乗り込む。そのあとはただただ大蛇から逃げまどうだけ。飛行船を回収 ... » more

楽蜻庵別館<ダブルマックス> 
2004年タイ95分原題 The Bodyguard監督 ペットターイ・ウォンカムラオパンナー・リットグライ脚本 ペットターイ・ウォンカムラオ撮影 ナタウット・キティクンスタントコーディネート (武術指導)パンナー・リッ ... » more

蒼井そら in タイ映画 “Pidterm yai huajai wawoon” シネマート六本木で、「タイ式シネマ☆パラダイス開催決定!」のチラシをゲットして、帰宅後、この映画祭について、白田麻子さんのブログ(http://blog.goo.ne.jp/siratamako2005)に、何か書いてあるかなあと思って、覗 ... » more
テーマ タイ映画

マイペンライで楽しめ! ロケットマン ロケットマンTABUN FIRE「マッハ!」に「怪盗ブラック・ダイガー」を加え、隠し味に「マハウット」を軽くふりかけたような作品。「七人のマッハ!!!!!!!」のダン・チューポンが主演なのだが、あまりに若々しい雰囲気なので見違えてし ... » more

楽蜻庵別館<七人のマッハ!!!!!!!> 
2004年タイ97分原題 Kerd ma lui(Born to Fight)監督 パンナー・リットグライ原案 パンナー・リットグライ脚本 タナパット・タウィスック撮影 スラチェート・トーンミー出演 ダン・チューポン ... » more

楽蜻庵別館<心霊写真> 
2004年タイ97分原題 Shutter(Kod Tid Vinyaam)監督 パークプム・ウォンプムバンジョン・ピサヤタナクーン脚本 パークプム・ウォンプムバンジョン・ピサヤタナクーン撮影 ニラモン・ロス音楽 チャーチ ... » more

楽蜻庵別館<the EYE 3> 
2005年香港・タイ85分原題 The Eye 10(見鬼10)監督 オキサイド・パンダニー・パン脚本 ダニー・パンオキサイド・パンマーク・ウー撮影 デーチャー・スリマントラ音楽 パヨン・タームシット出演 チェン・ボ ... » more

楽蜻庵別館<the EYE 2> 
2004年香港・タイ96分原題 The Eye 2(見鬼2)監督 オキサイド・パンダニー・パン脚本 ジョ・ジョ・ホイ撮影 デーチャー・スリマントラ音楽 パヨン・タームシット出演 スー・チージェッダーポーン・ポンディー ... » more

257「ロケットマン!」(タイ) 弾丸と共に飛んでくる男1920年代、タイの農耕地帯。ナイホイ(牛飼い)から略奪する牛泥棒を阻止し、牛を貧しい村人に分け与える男がいた。膨大なロケットと己の肉体で戦う彼の正体は誰も知らず、人は彼をロケットマン≠ニ呼んだ。彼は幼い頃冷 ... » more

ビタミン日記タイ映画って?
タイ映画って? 孫社長のブログで、社長がほれ込んだ、タイ映画のお話をされています。韓国で大ヒットした「手紙」という映画で、タイでリメイクしたものだそうです。タイのタイトルは「the letter」。タイ映画ってピンと来ないけ ... » more
テーマ タイ映画 孫社長 レター

切なく 優しい アジアン・ホラー? ホスピタルhospital「背筋が凍る恐怖が襲うアジアン・ホラー最新作!」とジャケットには書いてあるものの、全くの嘘っぱち。アジアン・ホラーのブームに便乗して1人でも多くの客をだましてレンタルさせようと考えたのだろうが、「THE E ... » more

「四次元立方体」は忘れていい テッセラクトTHE TESSERACT最近では感動を得たいとか、スカッとしたいとかいうことではなく、とにかく数多くの映画(DVD)を見ること自体が目的となっている感がある。とはいえ、それほど守備範囲が広いわけではない。学生時代、地方 ... » more

呪いのバリエーションは芸術的!? アート・オブ・デビルTHE ART OF DEVILこの作品の存在自体は以前から知っていたが、タイトルとパッケージの印象で後回しにしていた1本。「女子校生吸血鬼伝説」や「スクール・オブ・ゾンビ」のようなOVレベルの映画だと思い込んで ... » more

タイ美人女優競演 思わぬ拾い物! 悪夢の夜に震える事実偶然、中古レンタルDVDの特売ワゴンで発見。同じくタイ映画の「ホスピタル」とともに購入した。ネットなどで新作のタイ映画はチェックしているつもりだが、レンタル専用の作品まではなかなか手が回らない。ところが、劇場未公 ... » more

それぞれの味わい the EYE トリプルパック the EYE1作目は友人から借りてあまりの恐ろしさに手で顔を覆いながら画面を見つめ、2作目は中国語版VCDを入手して中国語字幕と英語字幕を交互に見ながらストーリーを追い、3作目はお得なスペシャル・パックで3作全てを改めて自分の物と ... » more

169「リサイクル −死界ー」(タイ・香港) 捨てられ、忘れられたものたち人気作家ディンインが次に執筆を進めていたのが霊体験をテーマにした「鬼域」であった。しかし筆は思うように進まず、創作メモを書いてはゴミ箱に捨てていた。「主人公は長い髪で・・」「バスルームに人影が・・」そ ... » more

150「レベル・サーティーン」(タイ) それは人間性を崩壊させるゲーム楽器会社のセールスマン、プチットはある日会社を解雇される。故郷の母親からは金を無心され、彼は破産寸前だった。頭を抱え、己の不幸を呪うプチット。その時彼の携帯が甲高い警報のような着信音を鳴らす。電話の主は ... » more

136「インビジブル・ウェーブ」(タイ・オランダ・香港・韓国) 本当に生きるべきなのは・・・香港のレストランで料理人として働くハマムラ・キョウジは、店主であるボスの妻セイコとの情事に溺れていた。しかし、ボスからの命令で彼女を殺害する。任務を果たしたキョウジは全てを捨ててタイのプーケット島へと逃亡する ... » more
テーマ タイ映画 映画 オランダ映画  コメント(2) トラックバック(7)

The Legend of Suriyothai(2001年)監督:チャートリー・チャルーム・ユコン出演:ピヤパット・ピロムパックディー、マイ・ジャルンプラ、チャチャイ・プレーンパーニット16世紀のアユダヤ王朝時代、命をかけ ... » more
テーマ タイ映画

香港映画の強い影響 タイガーブレードTHE TIGER BLADEこの作品もまた「タイの映画」という先入観を覆す快作。「マッハ!」や「トム・ヤム・クン」に劣らない迫力と面白さだといっても過言ではない。店頭でパッケージを見たことはあったが、これまでアンテ ... » more

最後までタイらしくないホラー映画 心霊写真SHUTTER「THE EYE」や「609」などに代表される独特の雰囲気を持つタイのホラー映画だが、この作品に関してはジャパニーズ・ホラーの影響を強く感じる。期待していたようなタイらしさはほとんどなく、後半に葬儀のシーンが出 ... » more

突き抜けた「おバカ映画」 パラサイト・デビルDVDのジャケットと解説の「エロティック+SF+ホラー」「アジア版『スピーシーズ』」という宣伝文句に惹かれて満を持して鑑賞した。タイの仏教的な世界観を背景にした因果応報のホラーかと思ったが、序盤からどうも様子がおか ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 20:52

「タイ映画」のブログ関連商品

» 「タイ映画」のブログレビュー をもっと探す

「タイ映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る