誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    考察

考察

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「考察」のブログを一覧表示!「考察」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「考察」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「考察」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「「日本ブログ村」のトーナメント2014年12月投稿分集計 」について私の漢詩と散文がどこまで通用するかということで「日本ブログ村」のトーナメントに積極的に参加している。与えられたテーマに応じて詩を詠むのは、自分で詩材を探すより ... » more
テーマ 考察 漢詩

漢俳も世界へ広がっていく 段樂三さんは私が所属する漢詩詩社『葛飾吟社』と縁の深い中国の詩人。漢俳の普及に尽力しているが、その段樂三さんから昨年秋に世界の漢俳詩人2人の漢俳を推薦され、段樂三さんの漢俳とともに、葛飾吟社の機関誌『梨雲』2014年12月号 ... » more
テーマ 俳句 考察

詩歌と気象 梅に鶯 改 その1 1はじめに古来、梅に鶯と初春を感じさせる取り合わせとして言い伝えられてきた。気温の上昇とともに移動し、ホルモンの変化とともに、縄張りを主張して鳴く。しかし、生物気象的にはウグイスの初鳴きはウメの開花より後であり、実際とは異なる事が予想さ ... » more
テーマ 考察 漢詩 和歌

ポカンくん描く語りき絵を描く
絵を描く 平日は寒いので絵を描くだけに。活動力が低下しています。---------------------------------------------------------(ツイッターにて思ったこと) ... » more
テーマ 考察

言論の自由は守らなければならない。幸い日本は、人の名誉を傷つけでもしないかぎり、何をいっても大概のことは許される。しかし、私はいいたいことがいえているか、というと必ずしもそうではない。ブログがあるのだから、何でも書いてよさそうだ ... » more
テーマ 考察 漢詩

人は生きているかぎり何かを体験し続けているのだが、それを自覚することはほとんどない。あることに衝撃を受け、それが感動であったり、はっと思う発見や納得であったりするのだが、それが何度か思いだされることで、体験に昇華されていくも ... » more

獅子鮟鱇詩詞十七字詩と三句半
たまたまネットで知った十七字詩を面白いと思い、このところいささかハマっているが、詩友紫陌青猫さんhttp://apple6111.fukuwarai.net//から、十七字詩は、「三句半」と同じですねとメールをいただいた。十 ... » more
テーマ 考察 漢詩

「求めてよ」についてしゅけさんの詩を読むにつけ、日本の詩はこの百年に何をしてきたのか、と思う。日本の詩、というのは少し大げさで、私の管見が思い浮かべている日本の詩のひとつの傾向、繊細で病的な傾向が、この百年の間に、何をして ... » more
テーマ 考察 しゅけさんの詩

「「日本ブログ村」のトーナメント11月投稿分集計」について私の漢詩と散文がどこまで通用するかということで「日本ブログ村」のトーナメントに積極的に参加している。与えられたテーマに応じて詩を詠むのは、自分で詩材を探すよりも実は楽。 ... » more
テーマ 考察 漢詩

6平家物語の作者としての鴨長明(1)藤原行長と鴨長明行長を平家物語のプロジューサーとして、各章段の部分を多くの者が作成を担当したと仮定して、方丈記、平家物語を一応の説で、年代順に並べてみると、1185年壇ノ浦で平家滅亡118 ... » more

和歌と実証 宇治からの眺めに関する考察 金葉集二奏本、三奏本巻第九雑歌上宇治の平等院の主になりて宇治にすみつきてひえの山のかたをながめやりてよめる忠快法師宇治川の底の水屑となりながらなほ雲懸かる山ぞ恋しきという歌がある。平等院から比叡山の距離は、19,735mとか ... » more
テーマ 考察 和歌

5鴨長明と平家物語その周辺(九条家の人々)(1)鴨長明方丈記の作者である鴨長明は、下鴨神社の祢宜の子として生まれ、幼くして父に死に別れ、歌を俊恵に学び、琵琶は楽所預の中原有安に学びつつ、父代わりとも言うべき交わりをしていた。源家長日 ... » more

理想という漢語は英語のidealの翻訳として考えられた言葉であるように思う。もし、そうであれば、東洋が西洋のものの考え方を学習するために作った近世の造語であるのだが、理想という言葉を手に入れたことで、私たちはどれだけ心を豊かにできた ... » more

方丈記と平家物語 完成版 10 方丈記の異本と平家物語 方丈記前田家本(2)方丈記の異本と平家物語方丈記の異本と平家物語の差違をまとめてみると、以下の通りとなる。安元の大火は、平家物語と同じ「牛馬の類」としている前田家本、「三分の一」としている大福光寺本、前田家本、「資財」を使用して ... » more

迷ふべし綺麗の花が咲く辞林 日本人なら誰でも綺麗な花、といい綺麗の花とはいわない。しかし、日本語を話す中国人には、綺麗の花という人が多い。これは、綺麗な花は中国語では綺麗的花というが、的は日本語の「の」にもあたる。国家的危機→国家の危機。そこで ... » more

STG風シミュレーション 雛型戦略Ver1.3を公開しました!【変更点】・画面やメッセージ表示を綺麗にしました・レベルアップ時のアニメーションを改善し、テンポを良くしました・戦闘時、全体マップを参照するときのカーソル移動を8方向+スムーズに動くよ ... » more
テーマ ウディタ 考察

記録媒体の変化とともに言葉も文字も変わる。竹簡は削って作るのが大変。できるだけ簡単に書くのがよく、竹簡の単位面積あたりの情報量も多い方がよい。漢語は一音一義の言語で一音の情報伝達量が大きいが、同音異義を偏旁によって書き分ける ... » more
テーマ 考察 漢詩

方丈記と平家物語 完成版 9 平家物語の異本と方丈記 神戸市兵庫区切戸町清盛塚4方丈記異本と平家物語異本(1)平家物語の異本と方丈記平家物語の異本間の差違と方丈記との関連を見ると、先ず方丈記と類似点が多く、大火の日時、内裏の焼亡箇所以外は他の異本とは異なる合戦状本が上げられ、一番方 ... » more

獅子鮟鱇詩詞青女醉ひ霓裳舞ふや冬の虹
「『冬の虹』」について雅友足柄金太郎さんが、冬の虹を記事にしている。月は秋の季語。しかし、月は春にも当たり前に空に浮かぶ。その場合は「春の月」。春の月とすることで、月は秋の季感を剥がされ、天然自然の月となる。虹は夏 ... » more
テーマ 俳句 考察

吉田松陰が松下村塾で近隣の子弟たちに教鞭をふるったのは、安政三年から安政五年、せいぜい三年、松陰滿26歳から28歳。とても若い。また、久坂玄瑞や高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、吉田稔麿、入江九一、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義など維新 ... » more
テーマ 考察 漢詩

私は日本人で、外国語は得意ではないから、日本語と心中しなければならないのだが、日本語が好きかというとそうではない。なぜ好きでないかといえば、日本語が、よくわからないからだ。まず「てにをは」「は」と「が」がよくわからな ... » more
テーマ 考察

方丈記と平家物語 完成版 8 元暦大地震 (5)元暦の大地震元暦の大地震は、元暦二年(1185年)七月九日午刻に発生した。三月に平家が壇ノ浦で滅亡した直後の事で、「平家の怨霊にて、世のうすべきよし申あへり。」(長門本)と平家の怨霊に因るものとか、この世の終わりが来たと噂され ... » more

無情の雨とはどういう雨なのだろう。たとえば、花に無情の雨が降るのだが、雨にはもともと情はない。花にもない。情は人間の心にあるもので、自然界に内在するものではない。だから、あえて無情の雨という必要はなく、ただ、雨でよいのだが、 ... » more
テーマ 考察 漢詩

獅子鮟鱇詩詞七言絶句『至誠高節』
自由は英語ではfreedomだがフランス語ではliberté。英語はノルマン・コンクエストなどでフランス語の影響を受けlibertéは英語ではlibertyとなった。freedomとliberty。同義の ... » more
テーマ 考察 漢詩

方丈記と平家物語 完成版 7 養和の大飢饉 方丈記前田家本(4)養和の飢饉養和(1181年〜82年)の飢饉は、天変地異の凶作に加え、源義仲軍、武田軍に包囲され、地方からの食糧の供給が途絶えた事も原因となっていると推察される。平家物語では、盛衰記と合戦状本のみ記載があり、そ ... » more

方丈記と平家物語 完成版 6 福原遷都 方丈記前田家本3)福原遷都平清盛は、治承四年六月、一門や多くの貴族の反対を押し切って、摂津國の福原(神戸市兵庫区、北区)へ遷都を強行し、安徳天皇、高倉上皇、後白河法皇の行幸が行なわれた。当時の宋貿易の要である大和田泊港を強化する目的 ... » more

和魂漢才が和魂洋才に変貌したのは明治。和魂洋才が和魂だけになった昭和は、視野の狭い攘夷に走って戦争に負けた。明治の日本人の精神はしっかりしていた。そして、その明治を開いた維新の志士には漢詩をよくした者が多いが、吉田松陰こそは ... » more

方丈記と平家物語 完成版 5 治承の辻風 (2)治承の辻風前田家本方丈記治承四年(1180年)四月二十九日に中御門から六条大路までの約2kmに渡り竜巻が起こり、多くの屋敷が破壊された。治承の辻風の方丈記と平家物語異本の主な差違は表の2の通り。辻風の部分に関し ... » more

方丈記と平家物語 完成版 4 安元の大火 3方丈記異本と平家物語異本の差違方丈記の四大災害一変事の記述は、平家物語の各異本によって取り扱い方はまちまちである事から、それぞれを災害ごとに平家物語の各異本との関係をまとめてみた。前田家本方丈記(1)安元の大火安元の大火( ... » more

獅子鮟鱇詩詞しゅけさんの詩について
しゅけさんの「また恋がきた」について私は仮名まじり文の融通無碍で曖昧なところが性にあわず、漢語だけの詩を詠むことにしたぐらいだから、仮名まじり文の詩は、欠点ばかりが眼について、心から楽しむことができない。とりわけ、詩の自由を信奉 ... » more
テーマ 考察 しゅけさんの詩

 

最終更新日: 2016/11/21 10:54

「考察」のブログ関連商品

» 「考察」のブログレビュー をもっと探す

「考察」ブログのユーザランキング

花鳥風月 2 位.
花鳥風月

テーマのトップに戻る