誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    考古学

考古学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「考古学」のブログを一覧表示!「考古学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「考古学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「考古学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

日本の後期旧石器時代の狩猟具の変遷 台形様石器38,000〜32,000年前ナイフ形石器32,000〜21,000年前槍先形尖頭器21,000〜18,000年前細石刃18,000〜15,000年前大形両面加工尖頭器17,000〜15,000 ... » more

四隅突出墓が結ぶ政治連合 出雲[いずも]・伯耆[ほうき]を中心とした山陰地方では、近年の発掘調査で極[きわ]めて重要な成果が続いている。荒神谷[こうじんだに]遺跡では、これまで青銅器の空白地帯であった場所で全国の総数を上回る 358本もの銅剣 ... » more

旧石器時代の主な遺跡 数万年前の人類が生活していた跡旧石器時代の人びとは、食料資源を求めて移動をくりかえしていたとされる。一つの場所に定住する期間は短く、そのため旧石器時代の定住生活の遺跡は少ない。また、日本では、中期旧石器時代(約13万 ... » more

黒曜石・サヌカイト等産地 黒曜石白滝霧ヶ峰・和田峠置戸十勝赤井川男鹿月山佐渡高原山麦草峠霧ヶ峰箱根神津島隠岐姫島腰岳サヌカイト二上山金山・五色台下呂冠山ヒスイ(硬玉)糸魚川 ... » more

食べられる木の実 完新世になって、地球の気候が温暖化すると、東日本はコナラ・クリを主とする暖温帯落葉広葉樹林におおわれるようになり、西日本一帯には常緑のカシ・シイなどを主とする照葉樹林が拡大してくる。照葉樹【スタジイ】【イチイ ... » more

旧石器文化の流れ 私たち日本人の祖先となる集団が、日本列島へ最初にやって来たのは、今から4〜3万年前だったと考えられます。彼らは、およそ10万年前にアフリカで誕生した新人(ホモ・サピエンス)の直接の子孫でした。先ナイフ形石器文化 ... » more

弥生時代の墓制 集落近くの共同墓地←伸展[しんてん]葬土壙墓[どこうぼ]弥生時代の全時期にわたってつくられ、広範囲に分布する。木棺墓[もっかんぼ]弥生前期の出現とされる。古墳時代前期まで広く用いられた。箱式石棺墓[せっかんぼ] ... » more

古墳時代の区分 前期3世紀後半〜4世紀中期4世紀末〜5世紀古墳がもっとも大型化する後期6〜7世紀前方後円墳がつくられなくなる7世紀を終末期とよぶこともある。政治史のうえでは飛鳥時代(『古代史』より) ... » more

ぬるでんぼう川崎市の前方後円墳
2012年 (H24年)、川崎市の高津区蟹ヶ谷地区で小規模だが前方後円墳が一基 発見された。 実は、これが現在市内に実在する未調査で唯一の前方後円墳である。 過去には、川崎市内にも 4〜6世紀に掛けて造られた大型の前方後円墳が複数あった。 ... » more
テーマ 神奈川 考古学

★やまちゃんの古代史雑記埴輪
埴輪 円筒埴輪(前期)壺を置く器台から発達した円筒埴輪は、弥生時代後期の吉備地方で首長墓に供えた壺とその台(特殊器台)が原型であり、ヤマト政権はそれを儀礼に取り入れた。形状的には、口が広がり、表面に前後数対の穴をもち、 ... » more

更新世の化石人骨 山下町洞人[やましたちょうどうじん]1968〜1969年に沖縄県那覇市山下町で発掘された約3万2000年前の人骨。港川人[みなとがわじん]1970年に沖縄県具志頭村(現八重瀬町)で発掘された約1万8000年前の人骨。 ... » more

拝見 髪を横に束ねた結髪形土偶と顔が山形な山形土偶 髪を横に束ねた結髪形土偶と顔が山形な山形土偶地下鉄丸の内線本郷三丁目駅徒歩5分2013年3月12日(火)拝見東大古生物学――130年の軌跡展東京大学総合研究博物館本郷本館東京都文京区本郷7丁目3−1《青森県・ ... » more

行きたいところ<出雲・加茂岩倉遺跡> 加茂岩倉遺跡の正式な住所(当時)は、「島根県雲南市加茂町大字岩倉字南ヶ廻(みなみがさこ)837-28」である。「廻」は「さこ」と呼び、谷間を意味するらしい。関西・九州などでは谷、あるいは谷の行きづまりを「さこ」、または「せこ」と呼び「迫 ... » more

★やまちゃんの古代史雑記石室の構造
石室の構造 竪穴式石室の構造遺体を埋葬したのち密閉竪穴式石室は前期から中期の古墳にみられる。墳丘の頂上に長方形の竪穴を掘り、穴の床を粘土で覆い、壁に石を積む。棺[ひつぎ]・遺体を入れ、天井を石と粘土でふさぎ、さらにその上 ... » more

綜合郷土研究所の考古遺物整理作業 文学部のある豊橋キャンパスには、綜合郷土研究所(略称:郷土研)という研究所があります。設立は1951年で、愛知・岐阜・三重・静岡・長野の東海5県を対象に、歴史・文学・社会学・地理学など、さまざまな分野を研究対象とする研究所です。 ... » more
テーマ 歴史・地理学 考古学 日本史

行きたいところ<出雲、荒神谷遺跡> 出雲には行きたいところが多い。先に紹介した砂鉄から玉鋼を製鋼したタタラ遺跡もそうである。出雲にはその製鋼技術につながると思われる青銅器を大量に出土した弥生遺跡が多い。特に銅剣の荒神谷遺跡と銅鐸の加茂岩倉遺跡は是非見てみたい遺跡である。 ... » more

★やまちゃんの古代史雑記古墳の種類
古墳の種類 墳形が示す身分差古墳は、四角と円、それらを組み合わせた形状により、数種類に分類される。墳形と身分には深いかかわりがあり、最上位が前方後円墳、次いで前方後方墳、円墳、方墳の順であったといわれる。前方後円墳日本独 ... » more

謎の庄内式期 「弥生時代」と「古墳時代」の間に、「庄内式期」という時期がある。「庄内式期」は、近畿の庄内式土器の時期なので、近畿以外の地域では、「庄内式併行期」ともいわれる。また、「弥生時代」と「古墳時代」の移行期であるこ ... » more

弥生時代の主な遺跡 【主な遺跡】前期BC 400年〜BC 100年ごろ板付[いたづけ]福岡県菜畑[なばたけ]佐賀県吉野ヶ里[よしのがり]佐賀県土井ヶ浜[どいがはま]山口県妻木晩田[むきばんだ]鳥取県青谷上寺地[あおやかみじち]鳥取県 ... » more

弥生時代の区分 弥生時代は、土器の編年[へんねん]をもとにさらに前期・中期・後期に区分されている。なお最近の北部九州出土の土器に付着した炭化物のAMS法による炭素14年代測定結果を補正[ほせい]した結果では、北部九州で水田稲作が開始 ... » more

縄文時代の区分と土器 草創期BC10000年〜BC 7000年ごろ丸底深鉢[まるぞこふかばち]土器早期BC 7000年〜BC 4000年ごろ尖底深鉢[せんていふかばち]土器前期BC 4000年〜BC 3000年ごろ平底深鉢[ひらぞこふかばち] ... » more

先日観た蜷川幸雄演出のシェークスピア劇「トロイラスとクレシダ」が期待外れだったことは書いたけれど、映画の舞台になっているトロイ戦争や神話の世界は好きだし、そもそも大学時代に美術史を専攻したから題材としてギリシャ神話や宗教に関する知識は必要不 ... » more

いっしょに遊ぼ!明日香へ
明日香へ 今日は風は強かったですが昨日と違って好天になりました。懸案の「橿原考古学研究所付属博物館」へエノモトさんと訪れました。いま、当館では「末永雅雄―末永考古学の軌跡―」という特別展を開催していて明日が最終日。末永先生は私の郷里「大阪狭山市」の名 ... » more

考察祠堂の建造の点からいくつかの点が見て取れる。ムアロタクス寺院において、この観点から以下の点が指摘できる。1. 技術的観点構造材は煉瓦である。その寸法は種々あり、長さは23から26cm、幅は14から15.5cm、厚さ3.5 から4 ... » more

寺院群建設の背景この祠堂はヒンドゥー仏陀時代において発展した聖なる建造物である。この聖なる建造物はヒンドゥー教と仏教の神々にささげる祈祷の設備として建設された。ヒンドゥー教と仏教はインド発祥の宗教であるから、聖なる建造物を建設するた ... » more

建築様式ムアロタクス寺院はリアウに存在する仏教の聖なる建造物の一つである。この聖なる建物が仏教のものであることはストゥーパの存在がさし占めている。ストゥーパの形状はインド芸術が源であり、半円形の煉瓦で覆われているか築山のような小型の ... » more

ムアロタクス(ムアラタクス)寺院群遺跡の紹介 (4) Palangka祠堂この祠堂建造物はMahligaiストゥーパの東側に位置し、5.10m x 5.7m、高さは約2mある。この祠堂は煉瓦で作られており、北側にその入口がある。Palangka祠堂はその昔祭壇として利用されたと考えられてい ... » more

「ムアロタクス(ムアラタクス)寺院群遺跡の紹介 (3)」についてこの寺院も以前はhttp://www42.tok2.com/home/omdoyok/Indonesia/Aind-41/071216-29s.JPGのような形をして ... » more

ムアロタクス(ムアラタクス)寺院群遺跡の紹介 (3) Bungsu祠堂Bungsu祠堂はSulung祠堂とその形状において大きな差はないが、その上部が四角形なだけである。この祠堂はMahligai祠堂の西側に位置し13.20m x 16.20mの大きさがある。東側には白い石で造られた階段が ... » more

ムアロタクス(ムアラタクス)寺院群遺跡の紹介 (2) 「Mahaligaiストゥーパ」Mahaligai祠堂あるいはMahaligaiストゥーパは最も完全な形をとどめている祠堂である。この建造物は基台と胴体部分、屋根の部分の三つの部分から構成されている。このストゥーパは9.44m x 10 ... » more
テーマ 考古学

 

最終更新日: 2016/11/29 15:23

「考古学」のブログ関連商品

» 「考古学」のブログレビュー をもっと探す

「考古学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る