誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    H

H

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「H」のブログを一覧表示!「H」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「H」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「H」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ヘンデル(21)オラトリオ「アレキサンダーの饗宴1(H47) 「アレキサンダーの饗宴」はオラトリオではなくオードと呼ばれています。新たにこんな新分野を開拓したのはヘンデルに野心があったと考えるのが普通です。彼はイタリアオペラの不人気に当時悩んでいたからです。1736年の頃です。この間の事情をしるに ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(20)オペラ「シーザー(2)](H46) シーザー(1)はアーノンクール(30)で触れましたが、これは唯一アーノンクールが残したヘンデルのオペラ作品CDです。(浅里公三のリストから)何とか聞きたいものとHMVに注文を半年間も続けました。カタログでは2〜3日で入手可能でしたが、実際は ... » more

ヘンデル(19)オペラ「ロデリンダ」(2)(H45) ロッシュマンこのオペラは(29)で取り上げたが、相変わらずアーノンクールのDVDは出ていまない。しかし日頃似た演奏をするとおもっていたW・クリステイの優れた演奏が出、聞く機会があったので感想をのべます。ヘンデルオペラの演奏にははっ ... » more

ヘンデル(18)オペラ「アルチーナ(2)」(H44) >このオペラはヘンデルの作品として人気があります。私がヘンデル・オペラの魅力にはまったきっかけでした。モーツアルトの「フィガロの結婚」に匹敵するかもしれません。前回参考にしたDVD(シュトットガルト国立オペ)は今一つでした(アーノ ... » more

ヘンデル(17)不人気オラトリオ「テオドーラ」(H43) ヘンデルは敬虔なキリススト教徒ではないと読んでいましたが、どうしてこんなに重い宗教的題材を選んだのでしょうか。私が聞いたのはアーノンクール指揮コンツエルト・ムジークの外にクリステイー指揮エイジ・オブ・エンライトメントの演奏でこれ ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(16)オラトリオ「エフタ」(H42) エフタJephthaは旧約聖書の士師記にあるそうですが、私のもっている「旧訳聖書物語」犬養美智子著新潮社にはエフタの名はありません。サウル登場の初期にアンモン人との戦いが登場しますが、エフタの名はありません。そこでネットを読んでめぼしい話を ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(15)オラトリオ「サウル」2(H41) ブリューゲル「サウルの死」ヘンデルのオラトリオではメサイア(救世主)だけが有名で、30曲ある他の曲は名前さえ知られていませんが、多くが大変な魔力をもちます。私は「サウル」がこんなに面白いとは思いませんでした。前回説明したようにこれは旧訳 ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(14)オラトリオ「サウル」1(H40) サウルはイスラエル初代の王です。創業はサムエルだそうですが彼は神の意思を読むのに長けた人で取りまとめ役ではなく、12部落の長に依頼され、王を探しに行脚し、サウルを探し出しました。油を注がれた(王と神に認められた)後もサウルは粗末な小屋を ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(13)オラトリオ「ベルジャザール」(H39) 画像化されているオラトリオですルネ・ヤコブス指揮「ベルジャザール」。(日本語の字幕はありません。)旧訳訳聖書ダニエル書からとったもので、紀元前553年頃の出来事。割と新しい話です。ベルジャザールは新バビロニアの最後の王ネブカドネ ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(12)オラトリオ「メサイア」(H38) ヘンデルの「ハレルヤ・コーラス」は日本で超有名なクラシックです。これがヘンデルの作品で、オラトリオの一部だと知っている人も多いでしょう。ですが他にオラトリオを知っているのは稀です。音楽の好きな人ならオラトリオとしてヘンデルの「メサイ ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

ヘンデル(11)アーノンクールのヘンデル論(H37) アーノンクールは今でこそ古典からロマン派に至るオーケストラやオペラの大家であり、専門の指揮者に肩を並べる大指揮者とされていますが、出はとっていのセリストでした。彼h楽団を作ってからの全集はいろいろありますが、7枚からなるバロックの部はモンテ ... » more

ヘンデル(10)ラルゴの「セルセ」(H36) ヘンデルのラルゴはオンブラ・フのなでもでも有名ですが、それはこのオペラの冒頭に使われています。曲調の落ち着いた感じとは違って、このオペラは喜劇です。ボタンの掛け違いから、「王様が弟の恋人に恋いをしてしまい、解決に手間暇かけてしまう話です」。 ... » more

ヘンデル(9)「アルチーナ」(H35) アリオスト原作の第3作は「アルチーナ」で同じく1735年の作で、アルチーナは女魔法使の名です。前回書いたように「魔法おぺらです。「魔法オペラ」の多くは場面の急展開で見る楽しみを味わわせ、バロックオペラの機械敵楽しさを強めるものです。ところが ... » more

ヘンデル(8)傑作「アリオダンテ」(H34) jジネウラ[アリオダンテ」は恋する騎士の名前で女性が演じます。「シネウーラ」の恋人で、横恋慕するポリネッソ(これも女性)が演ずる)舞台では女性3人が入り組んでの恋の鞘当で馴れないとwからなくなります。変化に富んで筋として面白い のですが ... » more

ヘンデル(7)「オルランド」(H33) 1729〜37はロンドンオペラの不況期とよばれます。不況期といわれるのは、一つには利益が消えたロィアル;アカデミーが倒産し、新会社が設立されたこと、新会社のためにヘンデルが歌手探しにイタリア旅行に出かけ、その成果は一時的には良かったもの ... » more

ヘンデル(6)オペラの衰退(H32) ファルネッリヘンデルの最悪の困難がはじまりました。それはロンドン歌劇場がカストラートやプリマドンナたちの意のままになり、彼らの後援者たちの無法に委ねられたことです。カストラートは去勢された歌手のことで古代に存在したことは知られてい ... » more

ヘンデル(5)全盛期{タメルラーノ}(H31) ;ヘンデルのオペラはテンポの伸びちじみの少ないイン・テンポで演奏されることが多いのですが、この「タメルラーノ」はロマン派を思わせるイン・テンポでしか格調の高いものでした。彼のオペラでテナーが初めて主役に登場しました。私がみたのはバゼットを大 ... » more

ヘンデル(4)全盛期「シーザー」(H30) ヘンデルがイギリス社会に受け入れられるまでにはいくつかのオペラを書き続けました「忠実な羊飼い」(1712)「テセオ」(1712),[シーラ](1718)「ラダミスト」(1720)フロリダンテ(1721)「オットーネ」1723)「ジュリアス・ ... » more

ヘンデル(3)全盛期「ロデリンダ」(H29) >ロンドン「笑う観衆」1719年,王を含めた貴族たちはオペラの興業会社・アカデミー・オブ・ミュージックをロンドンに設立しヘンデルが主役で、歌手集めを主にイタリアで行いました。集めた多数の歌手は人気を博しました。特にイタリアからのカ ... » more

ヘンデル(2)訪英.「リナルド」(H28) ヘンデルの初訪英は1710年です。英国での処女作は「リナルド」で、これを1711年に書きます。一度11年にドイツに帰りますが、再び訪英。彼の長いイギリス生活が始まります。「リナルド」はタッスソ-の名作ですが、台本はコミカルです。それに華 ... » more

ヘンデル(1)登場(H27) バロック時代の人々には言語がどんな障害になっていたのでしょうか。音楽は国際語であるにしてもイタリア語でオペラを書かき、日常語をドイツ語から英語に変えるのは大きな障害があったに違いありません。ヘンデル(1685−)はハレの田舎からハンブル ... » more

パーセル。セミオペラ(アーノンクール26) オペラの誕生はイタリア・オペラについてはよく知られていますが、イギリス・オペラについては殆ど関心がありません。言葉と音楽が結びつくのだから、国語ごとに違って当然です。英語の場合マスクが土台というのは私もしりませんでした。乞食オペラの名で ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

アーサー王〈アーノンクール25〉 ア―ノンクールがパーセルに愛着を抱いていることは前回述べました。アーノンクールは「アーサー王」いう劇音楽を2004年ザルツブルグ音楽祭という晴れの舞台で公演しています。其のDVDを私はみました。解説書がないのではじめ理解に苦しみました。何度 ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

ダイドーとイーネス〈アーノンクール24) アーノンクールは古楽,特にバロックから音楽生活をスタートしました。そこにオペラが入っていたのは当然です。オペラの原点はバロックにあるのですから。オペラはモンテヴェルデイにはじまりますが、アーノンールは彼をもっとあとに取り上げます。198 ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

ネロとポッペア(アーノンクール23) ポッペア ローマ皇帝の中で、悪名高いナンバー・ワンはネロ。知名度もナンバー・ワンでしょう。在位は紀元54年から68年の間でした。ネロから色仕掛けで皇后の地位を獲得したのがポッペアです。モンテヴェルディの名作「ポッペアの戴冠」はネロがポ ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

「ウリッセの帰還」(アーノンクール22) ボネルの ペネロベ ウリッセは、日本で聞きなれた名前ではオデッセイです。ラテン語系とギリシャ語系がギリシャ神の名では我々を悩ませます。日本語系と私がかってにきめた名前を使い、別名を()の中に入れます。前回のオデッセイの話の続きがオペラ ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

オデッセイ(アーノンクール・21) オデッセイ(ウリッセ)はギリシャ神話のスーパースターではないでしょうか。美女へレンの略奪、トロイ攻撃での木馬の話、勝利後の帰宅での20年の流浪。オデッセイを取り扱ったアーノンクールの仕事は、2度のDVDと1度のCDの「ウリッセの帰還 ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

アーノンクール(20)「オルフェ」とマントーヴァ 加藤浩子{黄金の翼」より借用「リゴレット」で観光地化したマントーヴァ、これは16世紀の事件とヴェルディは仮定していますが、ここが古来文化的な中心地だったのは、我々は殆んどしりません。例えば、西暦0年、つまりキリスト生誕のころにマントーヴ ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

アーノンクール(19)ボネルとの「オルフェ」 1975年にドレーゼの誘いでボネルとアーノンクールはチューリッヒ歌劇場でモンテヴェルディのオペラを上演しました。2人はともに1930年前後の生まれですから45歳前後、野心に満ちた仕事をするにには絶好の年齢です。3部作ともいえる、「オルフェ」 ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

アーノンクール(18)オルフェオ 父アポロによるオルフェの救済オルフェ(オルフォイス)の話は誰も知っていますが、このギリシャ神話はさまざまに変形されています。オペラの台本となっアレッサンドト・ストリッジョの話はとてもロマンチックです。新妻に死なれ恋しさの余り地獄を訪ね ... » more
テーマ アーノンクール H クラシック

 

最終更新日: 2016/11/10 20:26

楽天市場のおすすめ商品

「H」のブログ関連商品

» 「H」のブログレビュー をもっと探す

「H」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る