誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    H

H

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「H」のブログを一覧表示!「H」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「H」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「H」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

コリン星夢とH
2013/11/26 13:48火照り 夢見る私早くあなたにお会いしたいわ夜寝るためにお布団の中に入ると身体全身が火照てきてパジャマから下着まで全部脱ぎ棄ててしまうわそしてくまなく両手で全身をなでまくるの。特におっぱいやビーナスの丘をも ... » more
テーマ H 青春

体液で妻の浮気相手を突き止め DNA鑑定のために冷蔵庫にパンツを保存しましたwwwしかしパンツを貸すというのはやはり無理があるwww貸す方も借りる方も間抜けだし・・ ... » more

"尼崎児童暴行事件"こんなの口止めしてもすぐにばれるわ。しかもAVの世界を現実化しようとするあたり、一般の小学生のHのレベルなどすっかり超越している。 ... » more

「家賃は体で払ってもらおうか」エロ大家逮捕 「家賃は体で払ってもらおうか」借りた部屋は結局「安かろう悪かろう」になってしまいましたね。しかし大家がどエロである以外は条件がいいためか、初めのうちはこの女性も少々乗りが良かったようです。しかしこの大家、「青春の若々しさを感 ... » more

宅配業者がトラック内で性行為 宅配業者がトラック内で性行為実はニュースの内容よりも、異常に多いアクセス数とコメント数に惹かれましたww ... » more

Hも不便?身体が硬い女性がモテない理由・4つ 体が硬いと、Hのときに体位を変えるのも一苦労だし、何より動きが鈍くなるからね〜。柔軟性は必要だと思う![2014-11-28 15:11:24 配信 提供:ハウコレ/ タグ: ハウコレ]あなたは身体が硬い方ですか ... » more
テーマ 柔軟 H 硬い

「今年やってない」 赤裸々発言連発も可愛すぎる49歳、いとうまい子! 真剣に見ていなかったが、そんな発言してたんだ。でも既婚だし、アイドルではなくもうすぐ50歳の人妻だから、そんな発言もありだろう。[メンズサイゾー(2014年1月27日14時20分)より]26日に放送された『有吉反省会』( ... » more
テーマ H いとうまいこ SEX

HAIM 『Days Are Gone』 80年代のシンセ・ポップと現在の音楽を上手に融合させているバンドを紹介します。カリフォルニア州出身のエスティ、ダニエル、アラナの3姉妹とドラム担当のダッシュ・ハットンからなるHAIM(ハイム)です! ... » more
テーマ 洋楽 H 10年代

突撃ルポ ワイセツ戦線異状あり2013(3) (週刊文春2013.05.03 18:00 ) 突撃ルポワイセツ戦線異状あり2013(3)25歳女性記者が潜入! 「オンナの性欲」最前線アイドルAV男優、携帯エロマンガ、自慰話女子会…週刊文春2013.05.03 18:00 http://shukan.bunshun.j ... » more
テーマ 突撃ルポ ワイセツ戦線異状あり2013( H 週刊文春

オペラの筋をかきます。アンジェリカ;キャセイ王女古代中国の王女絶世の美女で彼女をめぐる恋の鞘当てが話ロドモンテ(脅迫騎士);ババリアの王オルランド、フランスの騎士(フランス語系でロラン最強の勇士だがアンジェリカへの恋に破れ一 ... » more
テーマ H バロック・オペラ オペラ

イタリアバロック(7)ハイドン「月の世界」(H68) 」ハイドンもイタリアオペラを書きましたが、ドラマ・ジョコウソと称する喜劇もかなり書いています。彼は交響曲や弦楽四重奏曲の創始者として著名ですが、1761年から勤めていたエステルハージ候爵邸でオペラ劇場の責任者となり各種作品のほか自作の指 ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

イタリアバロック(6)サルエリ「ファルスタッフ」(H67) モーツアルト殺人事件の噂があったサルエリのオペラです名は「ファルスタッフ」、ヴェルディの作品で有名ですが、それが出るまではサルエリの作品として名が通っていました。シェクスピアーの「ウインザーの陽気な女房たち」が原作です。台本はヴェルディ‐は ... » more
テーマ イタリアバロック H オペラ

イタリアバロック(4)サルエリ「タラール」(H65) サルエリは(1750〜1825)イタリア生まれですが、ガスマン、グルック、メタスタージヲに教えをうけ、半世紀以上をウイーンで暮らし皇帝の寵愛もうけウイーンの宮廷楽長となり、ベートーヴェン、モーツアルトの時代の支配者となりました。したがって作 ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

イタリアバロック(3)パイジェルロ「セビリアの理髪師(無用の用心)」他(H64) オペラブッファの巨匠にはペルコレージ(1710〜1732)、チマローザ(1749〜1801)のほかパイジェルロ(1740〜1816)がいます。もっともパイジェルロは喜劇だけでなく当時の人気作曲家でした。彼はチマローザの前におかれチマロー ... » more
テーマ イタリアバロック H オペラ

フランス古典音楽(13)グルックの「オルフェとエウレデイーチェ」(H63) イタリア・オペラはイギリスのヘンデルやドイツオペラと違って、時代が早く進みました。後期バロックが1730年には終わっています。この年ヘンデはオペラをまだ書いていました。イタリアではヴィバルディが書き終えています。このあとイタリアは特異な時代 ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

イタリアバロック(2)喜歌劇「奥様女中」「秘密の結婚」(H62) 秘密の結婚ヴィバルディの外スカルラッテイやガルッピ、チェスティなどのオペラセリアがCDできかれますが、DVDでば見られません。彼らは後期バロック1681〜1730)にはいります。喜劇はいくつかのDVDでみられます。イタリアに喜歌劇が生ま ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

イタリアバロック(1)ヴィヴァルディ・オペラ「狂乱のオルランド」(H61) アーノンクールはドイツ系の指揮者ですから、ユニークな活躍をしているものの、独欧系の作品に熱が入るのは自然です。本論の最初にモーツアルトのオペラを紹介しましたが最後がハイドンになるのも若干恣意的ですが、自然でしょう。ハイドンにオペラが ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

フランス古典音楽(12)リュリー「アルミーダ」(H60) この題名のオペラは数が」多い。これはタッソ「解放されたエルサレム」(1581)を原本にしています。中世騎士を扱った類似本にはアリオスト「狂えるオルランド」(1559)があります。それらを台本としている、音楽関係の台本をまとめます。マ ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ  トラックバック(1)

フランス古典音楽(11)リュリのオペラ「アティス」(H59) > ジベル音楽悲劇と名付けていますが、通称オペラです。リュリは晩年毎年のように書いています。16曲に上りますがそのうち10曲の台本がキノです。比較的初期の「アティス」(1676)と最後の作「アルミード」(1686)の名曲の誉れ高い ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

フランス古典音楽(10)リュリのオペラ[町人貴族」(H58) 17世紀前半はオペラの歴史ではもっとも古い時代ですが、リュリがフランスオペラを作ったのはその後半です。我太陽王ルイ14世が1登場しヴェルサイユ宮殿をつくらせたことで17世紀です。その王の側近だったのがジャン=パテイスタ・リュリー。リ ... » more
テーマ バロックオペラ H オペラ

フランス古典音楽(9)アーノンクール談「古楽の演奏様式」(H57) 今回はフランスの17世紀の大作曲家リュリーを取り上げるつもりでした。彼はフランス・バロック・オペラの創始者といわれ、ラモーより7〜80年早く活躍した大作曲家で,1632年生まれで、16曲ものオペラを書いています。ラモーを取り上げたアーノンク ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(8)ラモー;オペラ「レ・ボレアード」(H56) 女王と侍女>ラモーはオペラという言葉を使っていません。「抒情悲劇」と呼んでいます。私は抒情悲劇のことを殆どしりませんが、ロマン・ロランの「近代抒情劇の起源」を読んでみますと(眺めて見ますと)フィレンツエの抒情劇に始まり、ココルネイ ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(7)ラモーオペラ;ゾロアストル(H55) アメリート西暦前2000年ともいわれている存命中のゾロアストルの話で神話以前の魔術の世界です。年代は前800年という説もあり不明ですが、こんな話題に関心をもったラモー1683〜1764)の心境にこそ私は惹かれます。彼が制作したのは174 ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(6)ラモー;オペラ「遍歴騎士」(H54) これはまともに紹介できません。時代を代表するので是非紹介したいとおもいますが。それにはバレーのフランスオペラでの重みから紹介します。17〜18世紀にはオペラの幕間にバレーが必ずやられました。イタリアオペラをやるときでもそうです。イタリア ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(5)ラモー;オペラ・バレー;華麗なインド人(H53) オペラバレーという分野はオペラが、宮廷バレーと演劇が支配していた舞台芸術にフランスで登場し、付随しておきた訳は分かりますが、その価値があるかこの作品をみるまでわかりませんでした。大体宮廷バレーなるものは見たことがありません。一見してオペ ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(4)ラモー「イポリートとアリシー」(H52) ラモー最初のオペラであれこれ言われたが傑作との誉が高い。50歳の作品です。「カルメン」オペラでずが、正しくやると大変セリフが多く、「椿姫」と大変違います。例えば導入ですが、カルメンンでの子供たちほ兵隊ごっこはセリフだと分かりますが椿姫で ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(3)ラモーを讃えて(カストールトポリュネクス2)(H51) 「カストールとポリュネクス」1754年の作品ですが、オペラとしては第2作の改訂判で、晩年と言える頃の作品です。既に大家でした。ただ機会に恵まれなかっただけです。これは言われていないことですが、彼は殿様に使えなかった最初の作曲家だったではない ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(2)ラモー・オペラ「カストールとポルネックス」(H50) 双子座の星の話として有名です。二人はゼウスの子です。その妹が美人のへレンです。話はヘレンでなく(オッフェンバック「美しいへレン」)兄弟の友情であるのが,17世紀を感じさせます。ラモーの音楽は私には声よりオーケストラを感じさせますが、 ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

フランス古典音楽(1)ラモーはバロック(H49) ウイーン国立歌劇場の総支配人だったCHドレーぜの「栄光のウイーン国立歌劇場」という本を,最近,遅まきながら読み始めました。10年も前に和訳されていた本です。ドレーゼの日記のような思い出話です。その中にアーノンクールの話がでていました。1 ... » more
テーマ H フランス古典音楽 オペラ

ヘンデル(22)オラトリオ「サムソン」(H48) サムソンとデリラ[救世主]で大当りをしたヘンデルがその直後に書いた作品で、これも大人気でした。サムソンが盲目の力もち。恋人ダリラが妖艶な美人ということで話が有名なこともありますが、音楽も大変良いので有名になりました。そもそも、サムソ ... » more
テーマ H オラトリオ ヘンデル

 

最終更新日: 2016/11/10 20:26

楽天市場のおすすめ商品

「H」のブログ関連商品

» 「H」のブログレビュー をもっと探す

「H」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る