誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    老い

老い

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「老い」のブログを一覧表示!「老い」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「老い」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「老い」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

フジテレビで1月から放送されていたドラマ「最後から二番目の恋」が22日(木)の放送で最終回となった。鎌倉を舞台に、人と人とのつながりを温かい目で描いた心温まるドラマだった。テレビドラマプロデューサー(45歳)の吉野千明(小泉今日子) ... » more
テーマ 老い ドラマ

福井県「幸福度」日本一平均寿命、完全失業率、交通事故件数などのデータにもとづいて評価。北陸三県は家の広さや、家族が2世代〜3世代で住んでいることが多いなどからも幸福度が高いと評価される。これとは直接関係ないことだが、昨今のニ ... » more
テーマ 老い 人生

家の事情で、今年の3月11日、あの震災から1年後にちょうど実家にいました。皆様の中で、ご両親の介護などをされているかたもおられることでしょう。親元を離れて、遠くでお一人住まいの方もおられれば、家庭をお持ちの方もおられるで ... » more
テーマ 両親 老い 介護

井上靖が昭和46年(1971年)5月から翌47年(1972年)4月にかけて朝日新聞に連載した小説「星と祭」を読み始めた。著者64歳のときの作品である。小説は同時に2冊は読まないと決めているのだが、往々にしてその原則を破ってしまう。外 ... » more
テーマ 老い 井上靖

燕三条FMラヂオはーと番組「首藤隆司歌集より」第802回(2012年2月21日)首藤隆司歌集より われ老いて若き日に見し老人の不思議いちいち思い当たりぬこんにちは首藤隆司です。後一歩で3月ですね。いまが一番春 ... » more

この冬は近来にない寒さだ。毎年感じるのだが、厳寒の頃に親しくさせていただいた方の訃報を受けることが増えている。寒さを乗り越えるハードルが一年ごとに高くなるからだ。ちょっとした風邪が肺炎を引き起こしたり、命にかかわる病に直結しやすいからだろう ... » more
テーマ 老い

八王寺だより新潟日報歌壇
新潟日報歌壇 画面をクリックすると拡大します。 ... » more

2月4日に放送された山田太一ドラマ「キルトの家」後編を観た。はっきり言って、前編はそれほどいいと思わなかったが、後編は素晴らしかった。前編は後編のための序章に過ぎなかった。前編は、取り壊しを1年後に控えた古い団地に引っ越してきた若い ... » more

市の文化施設で催された「字幕つき『たそがれ清兵衛』上映会」に出かけてみた。「聴覚障害者やお年寄りら耳の不自由な人たちは、字幕がないとわからないと日本映画を敬遠しがち。字幕をつけてほしいという要望に応えた」(2003年5月3日付「朝日新聞」南 ... » more
テーマ 老い

山田太一脚本によるドラマ「キルトの家」の前編が昨夜、NHKテレビで放送された。山田太一氏の新作ドラマは久しぶりだ。前後編2回のドラマなので連続ドラマとはいえないが、単発ドラマともちがう。連続ドラマとしてはフジで放送された「ありふれた ... » more

寒い日が続く。朝起きるのがつらい。あと10分、あと5分寝ていたいと思う。私はあまり睡眠中に夢は見ないほうなのだが、昨日だか一昨日、変な夢を見た。どんな夢だったが、もう思い出せないが、あまりいい夢でなかったことは確かだ。今年、誕生 ... » more
テーマ 老い 季節 井上靖

しばらくは根無し草 〈きらきら丸〉がホームポートにしてきた西伊豆・沼津市重須(おもす)ヨット泊地との係留契約を2011年12月で、ひとまず解約した。まだ次のホームポートは決めていないので、しばらくは帰るべき定係港がない“根無し草”の身の上になる。写真上 ... » more

OKedok退職
もともと定年までこの職業でいこうと思っていなかった。自分の中では目安として勤続30年以上で50才以上、子供が独立、あとは経済的に目処がつくようであれば、この仕事はやめようと思っていた。その後は関連会社にでもいってアルバイト程度でやれたらいい ... » more
テーマ 退職 老い 介護

OKedok介護
介護 痴呆、徘徊など老いによる症状や不可解な行為は、父や母の老いを見つめるまでは、多少の知識はあったが、実感としてなかった。私は核家族で育った。私の家の近所で祖父母のいる家は、村の地の家(代々その村で生活を営んでいる家)だけで、私達一家で住んでい ... » more

今年9月に79歳で亡くなった俳優・杉浦直樹さんが主演したドラマ「輝く湖にて」(2004年11月放送の再放送)をNHKアーカイブスで観た。しみじみした味わいのドラマだった。原作は、アメリカ映画「黄昏」(1980年、ヘンリー・フォンダ、 ... » more
テーマ 老い ドラマ

瀬戸内寂聴「孤独を生ききる」(光文社文庫) この本は、2007年11月39刷で、初版は、1998年10月。よく読まれている。私は、古本屋で79円で買ったが、、、、こんな本が読めるのも、最近のこと。定年間近で、老親の面倒を見て、しかも独身 ... » more
テーマ 老い 定年後 古本

ぼちぼちいこか^^父の他界
というわけです。父は,見ている間に呼吸が弱くなりました。老齢では,肺炎は仕方ないでしょう。新しいシステムのお陰で,姑は3日ほどデイをお願いできることになりました。奔放な父でした。 ... » more

ぼちぼちいこか^^年末の1日
年末の1日 姑が今日もディに出かけました。今までは2日連続でディに行ったことはないのですが、今回4日連続ですが,本人はニコニコと出かけました。帰宅するとディでやったことや,本人の様子などの記録もあるので,楽しみです。本人は何をしたのかは覚え ... » more

私のお間抜け迷子が引き起こした姑の徘徊は,私にとってかなりショックだったが,それは,何も語らない私以外の人たちも、多分同じではないだろうか。その瞬間まで,誰も姑が徘徊をするとは全く思っていなかったのだった。今まで,一人では一歩も玄関から出な ... » more

ぼちぼちいこか^^道を究める
昨日は,かねてから相談していた友人達と三者会談。奈良県の墨彩画家さんと,我が県トップの紙芝居屋さんと私。画家さんと紙芝居屋さんはお互いに名前は知っているけれど合うのは初対面と言うことで,二人とも意気投合して,なかなか豊かな内容の対話が展開さ ... » more

ぼちぼちいこか^^明日はおでかけ
グッドタイミング,明日は一人で別宅に出かける。夫の机の搬入受け入れのために。何で受け入れが夫の仕事の日なんだろうか。ちっとも深くは考えていなかったのだけれど、第二の人生は,夫も妻もそれぞれ伸びやかに生きればいいのではないかと思う。今 ... » more

ぼちぼちいこか^^懺悔
姑に対しても夫に対しても,私が横着なのはわかっている。私もかなり傷ついている。おやすみ ... » more

8年後の斎島 8年前、斎島(いつきしま)に立ち寄った。島にはの60歳以上の人ばかり31人が住み、夫婦は4組だけ、あとは男性単身者がひとり、残りが女性高齢者だった。私が話を聞いた北瀬さんという単身男性は、その3年後に他界した。斎島のことを『港を回れ ... » more
テーマ 海の文化 老い ひとり旅

各駅停車 日ごとに動きが遅くなっている。といってもエンジンがまた不調というわけではない。あちらを直し、こちらに手を加え、メンテナンスはほぼ仕上がってきた。備讃瀬戸を離れ芸予諸島に入ると、あちらに寄り、こちもらも尋ねたいと一航程が10マイル前後 ... » more
テーマ 海の文化 老い ひとり旅  コメント(4)

ぼちぼちいこか^^ようやく余裕の大垣
ようやく余裕の大垣 虎ちゃんが定年退職して半年以上経った。完全に毎日サンデイではないのだけれど,大きな責任を肩からおろして,今は訳のわからない軽い仕事を少しだけしている。軽いと言っても,仕事に慣れるまではそれなりに大変だった様子だ。今までは別宅に行っても、 ... » more

エンジン修理で丸2週間も停まっている間に、冬の足音がひたひた近づいてきた。半月前6時に出港していたが、いまはもう6時半にならないと夜が明けないし、17時をまわるとあっという間に暗くなってしまう。その薄明、薄暮にものが見えにくい。自分ではそう ... » more
テーマ 老い ひとり旅

ぼちぼちいこか^^共同作業
共同作業 タレントの○山紀之が父親になったことに関するインタビューが流れていた。「育児を手伝いますか?」「ええ、もちろん。共同作業ですから」と彼は答えていた。私は内心「そうだ!!共同作業だ!!」と思った。家事育児は女の仕事と戦前育 ... » more

いつまでも若いと思っていましたが、最近鏡を見るたびに自分が急激に老けていくと感じずにはいられません。もう歳も歳ですからやむを得ないことですが、正直ショックです。野鳥撮影に必要な体力についてはまだ自信があります。髪だけ見ればまるで老人のよ ... » more
テーマ 老い 独り言

ぼちぼちいこか^^一人の週末
やっぱり文体は、常体より敬体の方がいいでしょうか。皆さんの慣れもありますので、これも、ぼちぼちにします。ケアマネさんのお陰で、毎週の週末は姑のショートステイを確保してもらっています。キャンセル可能と言うことなので。今週末は、法事 ... » more

ぼちぼちいこか^^いい天気なのに・・・
明日からは天気が崩れるとか。今日はほんとにいい天気誰かと話がしたくなる(ううむ、思い出してしまった。工藤直子の『のはらうた』の中の詩の一節、私はこの詩が大好き^^)今日は虎ちゃんを法事に送ってから、二人の友人に連絡をしたけれ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 15:22

「老い」のブログ関連商品

» 「老い」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る