誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    老い

老い

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「老い」のブログを一覧表示!「老い」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「老い」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「老い」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ShoGのボヤキ念仏老いの甘え
これまで私は,人に甘えたり頼ったりはしたくないと思って生きてきた。逆に,甘えられたり頼られたりする立場を引き受けてきたほうだと思っているのだが,老いて体力が衰えるとともに気力も弱まってきて,最近では,誰かに頼りたい気持ちになることが有る。現 ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

コルビット日誌意味なし
生きている意味がなく生きているように思えることがしばしばある。ただ漠然と生きて老いをいたずらに進めているだけの感じ。頑張るのものが見つけられず惰性で日々を過ごしている感じ。こどもの頃はそれでも何気無くやり過ごせていた ... » more

高血圧の治療に向かう。原因を求めれば老化。暮らしの形を考える。 高血圧の治療について。どのように書いていこうかと思いつつ、なかなか気持ちが定まらない。状況の説明はできるが、その状況をどのようにして受け止めていくのか。それが定まらないと書き始めることが、なかなかできない。いやいや、それは書いているうち ... » more

なぜ、このブログを書き始め、そしてまた書き続けるのか。今日はその紹介です。 どのような動機、経緯でトライアスロンを始めたかについては、当ブログで書いてきたが、なぜこのブログを書くことになったかについては、まだ触れていないことにきがついた。今日はそのことについて紹介します。なお、トライアスロンを始めたことについて ... » more

オリックスのオノラリーチェアマン(名誉会長)宮内義彦氏が、日経新聞系のメディアでの連載エッセイのある回で、今の世の中で最大の差別は、年齢差別ではないか?と書いていた。 オリックッスのような大企業のトップに30年以上も君臨してきた、現 ... » more
テーマ 老い 人間 社会

2015年の正月。バタバタとしてボーっとして情けなく。 貧乏性というのだろうか。ボーっと何もせずに過ごすことが苦手だった。それが、いつからか、ボーっとする時間が増えてきた。あることから、次のことにすぐに移らない。移ることができない。ソファーでボーっとし、あるいは横になる。この正 ... » more

歳のせいだろうが、人の顔の中で、以前より気になる個所がある。 下瞼の膨らみ、である。 ある種の老人の顔の中で顕著なのが、だら〜んと大きく膨らんだ下瞼である。これを英語のスラングで「bag(ベァグ)」という。由来は、袋のように膨ら ... » more
テーマ 老い テレビ

明日は大みそか。この年末は長引く風邪。結局回復までに3週間もかかってしまった。これほど長きにわたったことはちょっと記憶にない。今年の風邪は長引くとはよく耳にするが、果たしてこれは今年の風邪の特色なのか、あるいは老化現象の一つなのか、などど考 ... » more

ShoGのボヤキ念仏寒い日々
冷たい風が吹き,寒さの厳しい日が続く。戸外に出る気になれないだけでなく,家の内にいても,体を動かして何かをしようとする意欲が起こらず,食欲も出ない。これも加齢のせいで,体力の衰えに因ることなのだろうか。齢を取れば,寒い日は,炬燵に入り, ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

ShoGのボヤキ念仏思えば心細い
早くも年の瀬が迫ってきた。昨年末に,「ブログ8年」と題して,ブログを書き始めた経緯を記したことを想起する。「次男のアメリカ赴任を契機に,近況や随感を,次男をはじめ,肉親や知友にメールで発信し始めたのは1998年9月のことだ。以後しだいに内容 ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

先週土曜日は練習後、夜はカラオケ大会だったのだが、どうも練習後にちょっと昼寝をし、目覚めて喉に違和感を感じ、カラオケでも「風邪の到来」を感じ始めていた。それ以来、風邪の症状が続いて、もう1週間となる。症状は第一に咳と痰。そして鼻水。鼻水 ... » more

どうしてトライアスロンを始めたのか。ことの経緯についてはこのブログで綴ってきたが、改めてもともとの動機を振り返れば、60歳以降も続けられる適当な「生涯スポーツ」を探していた、ということがある。生涯スポーツとして、まず関心をもったのが合気 ... » more

仕事の大先輩である吉原順平先生(映像プランナー)が82歳で亡くなり、木曜夜にお通夜にうかがった。私から見ると吉原先生は博覧強記の岩波文化人を絵にかいたような方で、何かの仕事の折に、当時の逓信博物館の解説パンフレットが実によくできていて、とい ... » more

台風19号がこなければ、今頃は伊是名の星空を眺めつつ、明日のトライアスロンへの緊張を高めていただろう。中止のために今日は打合せが11時渋谷、15時丸の内、17時品川と3本。3つとも明日を占う大切な内容で身が引き締まる。19時過ぎには南行 ... » more
テーマ 老い 伊是名 トライアスロン

ShoGのボヤキ念仏階段を降りる
俳優やスポーツ選手が何かのきっかけで飛躍的な進歩を遂げるのを「化ける」と言う。「大化け」することも有る。しかし,そこに至るまでには目に見えない努力の積み重ねが有ってこそのことだろう。学業でも,いろいろな分野での技量にしても,努力をしていても ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

ShoGのボヤキ念仏同期の枯れ葉
『同窓生』というテレビドラマがTBS系列で放映されている。私は観ていないので,詳しい内容は知らないものの,副題に「人は、三度、恋をする」と有ることから思うと,「同窓生」(厳密に言えば「同期生」)を巡るおとなの「恋」の物語のようだ。しかし,私 ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

ShoGのボヤキ念仏老いはつらいよ
4月以来待たされていた前立腺がんの放射線治療がようやく始まる(4月20日既述)。私自身の心構えを確認するために,前に受けた注意を復習しておこう。1.毎回,同じ位置に放射線を照射するので,前立腺と密接した位置に在る膀胱の中の尿の量や直腸の ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

人生成り行き、物事勢いだけ、の我がトラライフを反省 世間では今日からお盆休みが始まる。テレビではいつものようにお盆ラッシュを伝えている。私は私で今週はデスクワークとトレーニングに向かおうと思いを定め、今日は朝からパソコンに向かい、打ち込んだ指がいささか痛くなった。8月末締切原稿の第一 ... » more

ShoGのボヤキ念仏老老介護
過日(7月16日)厚生労働省が発表した「2013年国民生活基礎調査」によると,原則自宅で介護されている人の中で,介護する人,される人が共に65歳以上の,いわゆる「老老介護」に該当する世帯がで51.2%,75歳以上だと29.0%になるという。 ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

昨日のブログの追加です。このブログはタイトルのように「トライアスロン」をテーマとしてはいるのだが、それより先に「老い」があり、かといって「老人にとってのトライアスロン」がテーマというより、さらに考えれば、「トライアスロン」はあくまで ... » more

ShoGのボヤキ念仏無為徒食
熱中症への厳重警報が出る蒸し暑い毎日で,何をしようとしても体力が伴わず,気力も湧かない。「無為徒食」と言うと,怠惰を責める意味が感じられるが,昨今の私は,「無為徒食」でいなければならないのを,むしろ苦痛に思う。雨季で徒長した庭木の枝や雑草が ... » more
テーマ 老い  コメント(3)

ShoGのボヤキ念仏無欲
「財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲」を人間の「五欲」と言うそうだ。私には「名誉欲」は初めから無かったけれど,今は,その他のどれもが既に衰えている。認知症の人が,さっき食べたばかりなのに,すぐにまた食事を催促するという事例を聞くことが有るが ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

ブログ休止中に読んだ石川達三の小説「四十八歳の抵抗」が、いまだに澱(おり)のように心のどこかにひっかかっている。石川達三(1905−1985)は「蒼氓(そうぼう)」で第1回芥川賞を受賞した作家として有名だ。「青春の蹉跌」や「人間の壁 ... » more
テーマ 老い 石川達三

昨夜(5月31日)、NHKのEテレで夜11時から放送されたETV特集「学ぶことの意味を探して〜神田一橋通信制中学の歳月」が感動的な番組だった。11時15分頃から何気なく見始めたのだが、どんどん引き込まれて最後まで見た。最初の15分ほ ... » more

ShoGのボヤキ念仏ボヤキは続く
「がん」の原因の一つにストレスが在るというが,「がん」に限らず,ストレスは万病の元のようだ。「私のストレス」については,「最大の要因は,安倍首相を筆頭にした今の政権の独善的な施策がもたらした社会情況だ。世の中の動き全般でも,個々の行為でも, ... » more
テーマ 老い  コメント(1)

ShoGのボヤキ念仏老而還無
生涯を振り返って,紆余曲折,波瀾万丈の一生を送ったと言える人も有ろう。愛一筋に生きた人も在る。そういう人たちの生涯を紹介するマスメディアの記事やドキュメンタリーを見聞きすると,感じ入るとともに,「人生はドラマだ」という思いを深くする。しかし ... » more
テーマ 老い

素っぴん音楽茶ろんまさか!の危機
ジミー・クリフI Can See Clearly Now週末の変な流れは今日の危機につながっていたようだ。金曜日突然、弟の嫁から「お父さんについて話し合いがあります。日曜日4時に来て下さい」と電話がダンナにあったのだ。 ... » more
テーマ 老い 家族 危機

ShoGのボヤキ念仏2本のステッキ
2本のステッキ 厳しい寒さの日が続く。昔から,「紀元節」(今の「建国記念の日」)のころが寒さの峠だと言っていたから,もう暫くの辛抱かと思うけれど,寒いと,心身ともに萎縮してしまう。手足が冷えて,いっこうに温まらないのは,加齢のせいだろうか。北国であればもっ ... » more
テーマ 老い

ShoGのボヤキ念仏つまらない毎日
かつて私が関わっていた市の社会福祉協議会傘下の音訳ボランティア・サークルが設立30周年を迎えるという。定職を退いたあとの12年間携わり,引退したのが20周年を迎える年だったから,あれから早くも10年が経ったことになる。音訳を通して,視力を失 ... » more
テーマ 老い

ShoGのボヤキ念仏9年目のボヤキ
「『金の切れ目が縁の切れ目』という言葉が有るけれど,高齢者の域に入ろうとしている私にとっては,『金の切れ目が命の切れ目』と思うことが有る。」「趣味や娯楽の出費を抑えるのはやむを得ないとしても,それ以上に今の暮らしのレベルが維持できなくなれば ... » more
テーマ 老い

 

最終更新日: 2018/06/15 05:58

テーマのトップに戻る