誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    私見

私見

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「私見」のブログを一覧表示!「私見」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「私見」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「私見」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

中国をどうしよう・・・・以前に何遍も現在の中国政権を倒す為の提言をしたが、中国のネットに次ぎのように表現している。『@中国の官僚が海外に持つ資産を凍結する、A米国のパスポートを持つ中国人官僚の名簿を公表する、Bロスアンゼレスにある中 ... » more

「昨日総選挙の争点は国防問題に尽きる」と言ったが、その時経済問題に触れなかったので一言触れておく、デフレを脱却し日本の経済を隆盛に導くと言う事には異論のある政党が有るわけではないので、これはその政策で異なるだけの問題であって総選挙の争点には ... » more

原発はエネルギー問題の一部だ・・・字数に制限されない私のつぶやき・その1211 脱原発とか原発ゼロとか卒原発とか、更に即時だとか20年代だとか30年代だとか、いてろいろな説があるが、何れの場合でも原発は現存するので、又その時の日本産業に対するエネルギー問題として捉えなければならない、原発を単独で論議する事は間違いで、供 ... » more
テーマ 私見 原発とエネルギー問題

嘉田滋賀県知事の立党はどうやら小沢一郎氏の率いる「国民の生活が第一」というスローガンのようなグループを視野に入れたモノのようだが、原発反対では其の程度の差こそあれ全党の主張するところだろう。嘉田滋賀県知事のようにエキセントリックに原発反対を ... » more

「日銀独立して国破れる」が過激な表現だと躊躇いながら書いた人があるが、私は「国破れて日銀のみあり」と躊躇い無く言いたい。日銀については私は以前が何回も意見を述べて、いわば日本のデフレの元凶はインフレを怖がる日銀に有りと主張してきたが、更 ... » more

解散になって第3極各党乱立のようだが、既成政党第3極何れも100%は信用出来ない。原発廃止問題を振りまわしている政党は実現性に疑問を感じて又騙されるのではないかと疑心暗鬼になる。日本維新の会は中央官僚をコントロール出来るか掛け声は良いが、行 ... » more

原発問題は総選挙の一つの争点とし、又第三極の各党の合同の摺り合わせ点ともなっているが、始めに結論ありきの感情論である原発廃止論が言われ、それが力を得つつある。私は原発を存続とも廃止とも何れに味方するモノではないが、現実的にモノを考え ... » more
テーマ 技術開発の奨め 私見 日本の将来

人間が産まれてから死ぬまでの一生を考えてみた。本来の寿命にならないうちに不幸にして事故・病気等によって人生を断ち切られるのを夭折と謂う、これらの不幸は可哀想だが出来るだけ事故にも遭わず死病にも罹らないように気を付けるとしても、他動的 ... » more
テーマ 私見 独り言

>第3極の行政能力(官僚を使いこなす能力)は未知数だ、中央官庁の牙城は計り知れず地方官庁のそれとはレベルが違う。私は第3極の考え方には同調するが考え方と実行力では差があろう。矢張り今の日本は以前から私は主張しているように、「がらが ... » more

16日に解散が決まったらしい。第3極が大同団結出来て選挙時に一つの選挙区に一人の候補を立てるには時間が少ないという人がいるし、嘗ての細川内閣の時のように時間が短い方が良いのだと言う人もいる、しかし少々細川内閣の時とは事情が違うようだ。今 ... » more

田中文科相の3大学不認可問題はどうやら決着がついたようで、御同慶の至りだが、彼女の提起した既存大学に対する意見は傾聴すべきと考える。私は以前から何回かに亘って大学の作りすぎ、と言うより現在の学校制度の抜本的改革を提唱してきた。今回の彼女の意 ... » more

石原前都知事の言う「小異を捨てて大同につけ」では第3極は結集出来ない、所詮百家争鳴に陥る。古代中国の格言では「小異を残して大同につけ」だった、いつの間にか日本では「小異を捨てて大同につけ」に変わってしまったが、小異を残せば大同たる中央官庁の ... » more

石炭エネルギーに付いて・・・・嘗て満州国が日本と同盟時代に父がこう言ったのを憶え居る。「満鉄の管理下にある撫順の露天掘りの石炭を日本に運んで琵琶湖を埋めろ」未だ下っ端だった父のこのアイディアは上層部には取り上げられず夢物語として捨てられた ... » more
テーマ 私見 独り言

やっと「ウエブリブログ」の長い長い緊急メンテナンスが終わった。「気の利いた化け物引っこむ頃」になったけれど、触れておこう。───────────────────────────────────────野田総理よ決断して・・・字数に制 ... » more

ノーベル平和賞がEUに・・・・ノーベル平和賞の受賞者が決まり団体となった。EUの賞を受け取る人は誰になるか揉めているらしいが、アジアでは金輪際無理な話だろう。中国が国際ルールに従わないで自分勝手な主張をしている限り無理だろう。中国の政権が代 ... » more
テーマ 私見 中国問題

民主党は媚びている・・・・鳩山首相は夢のような事を言い、中国に媚び米国に媚び、沖縄の民衆に媚び、民主党に媚び民意に媚びた。しかし上手くいかないと憶面もなくパッと方針を転換して新たなことをいう。菅首相も野田首相も同じだ、何れも改革らしき事を言 ... » more

考え方と実行力が共に持つ事が、本来なら政治家にしろ官僚にしろ国の行方を司る者は備えている事が必要であろう。官僚特に国の行く方を司る中央官庁の上部官僚は、現状で見る限り先例を重んじそこから一歩も出ようとしない、たまにそこから踏み出して ... » more

チャイナリスクと言うより・・・・China risk と言うよりChina violence或いはcrisis と言うべきだろう。もはや中国は世界のリスクを醸成していると言うより、世界の危機を助長している。米国議会と内閣の共同委員会は1年間 ... » more

ロシア人は強かった・・・・嘗てプラントを輸出するためソ連(今のRusia)に行った時の事だが、モスクワから飛行機でキエフにとんだ。割と大きな飛行機ツボレフだったがソ連国産の飛行機で、乗るなりロシア人は毛布を被って寝てしまった、寝たのではなか ... » more

法案の成立に野党の同意があろうが無かろうが、党首会談が開かれようが開かれ無かろうが、臨時国会は開くべきであろう。それが内閣の責務であり国会議員に無駄飯を食わせる必要はない。 特例公債法案の成立に野党の同意がなければ国会を開かないと言うの ... » more

新聞の小欄で与野党の党首会談をそつ「口偏に卒」啄の時と書いていたが、私に言わしむればとっくに「そつ啄」の時は過ぎている。 ... » more
テーマ 私見

プロがアマチュアの意志に100%依存すべきではないだろう。勿論アマチュアの意志即ち民意は尊重すべきだがそれはあくまでも参考にすべきモノでそれに100%従うべきモノではない。市民団体は一部の民意を示している意見だろうけど、民意の代表ではな ... » more

鷲尾英一郎農林水産政務官は「尖閣諸島は中国政府が所有してもよい」と発言したそうだが、直ちに免職すべきである。苟も日本政府の一員が領土問題について中国政府の人員であるかのような発言をする事は許される事ではなく、一議員が自由に自分の見解を述べる ... » more

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・・韓国では旭日旗を目の敵にするが、旭日旗は日本でよく使われている図案で、又世界的にもよく使われているが、韓国でも統一協会の旗としても取り入れられている。古来の日本でもよく家紋等にも日足紋として使用され、特に ... » more
テーマ 私見 社会時評 韓国問題

「ニーニカスト」・・・・ ニーニカストとはアルトゥーロ・トスカニーニの事だが偶々新聞を読んでいる時にパガニーニの話題がでていた、その時ニーニから連想してトスカニーニを思い出した、と言うより反対読みのニーニカストを思い出した。トスカニーニはパ ... » more
テーマ 私見 原発とエネルギー問題 独り言

自民党の総裁戦の決着が付き、安倍新総裁と決まった、と共に何時になるか判らないが、安倍総理大臣が目の前に見えてきた。民主党には一番手強い相手が現れたようだが、これは中国に対して手強いだろう。ところで私は以前から安倍さんを推薦していてが嘗ての実 ... » more

CMの種類・・・・CMにもおもしろいモノ・何も感じないモノ・気の利いたモノがある、なかにはテレビを直ぐ切りたくなるようなモノもある、何しろ節電時代だから。勿論これは私の見解で色々と個人差があるモノだが、これらのアンケートを取るなりして、CM ... » more
テーマ 私見 独り言

中国の抗日問題は中国政府が国内デモを収束させ、海洋圧力に切り替えたようだが、現状では尖閣問題は中国が日本の数倍の経費を掛けている。この問題を観光更に経済問題にエスカレートさせようとの兆しが中国に見られが、経済問題に手を付けるとこれは中国とし ... » more

民主党にもの申す・・・字数に制限されない私のつぶやき.・その1209 民主党の3代目の総理大臣である野田さんが民主党代表選で大差で再選された。しかし代表選の投票率は33.7%、野田さんの得票率は72.3%、この数字を掛け合わせると24.4%弱となって党の代表選としては異常に低い投票率の上、その信任率は党内でも ... » more

嘗て外交は「砲艦外交」・「棍棒外交」と続いてきた。砲艦外交は嘗てペリー提督が1853年に軍艦を率いて来日し、その威力を持って不平等な日米和親条約を締結して外交関係を結んだが、もはや過去の外交と思っていた。然るに中国は巡視船をシンガポールまで ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 19:24

「私見」のブログ関連商品

» 「私見」のブログレビュー をもっと探す

「私見」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る