誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    詩歌

詩歌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「詩歌」のブログを一覧表示!「詩歌」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「詩歌」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「詩歌」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

ある晴れた日に第302回てふてふが海峡を飛んで行ったてふてふてふ波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波日 ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ふぁっちょん幻論第93回&広告戯評第21回&バガテル−そんな私のここだけの話op.1962014年6月下旬にミラノ、パリで開催された2015年春夏メンズコレクションは軽さと快適さの追求。ボッテガ・ヴェネタ、トッズ、カルヴ ... » more

No.896 桜の花と「やまと心」 桜を愛でるのも、「義のための勇」を奮い起こすのも、「やまと心」の働きである。■転送歓迎■ H27.04.19 ■ 43,812 Copies ■ 4,001,069Views■__________■400万ページビュ ... » more
テーマ 国柄探訪 詩歌 武士道

ある晴れた日に第300回マンボでマンゴ、マンタがマンポ呑気な象さん、ゆらゆるスカート!ポンポコ、ポンポコ、チンポコリン!古来、家というものは、どっしりと鎮座して動かなかった。ニュートンの万有引力の法則 ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第299回世を呪い、わが身を呪いながら苦しい息の下で、老人は叫んだ要らん、要らん、なあんも要らへん金も女もダイヤも要らへん要らん、要らん、なあんも要らへんごめんで済んだら、警察は ... » more
テーマ 短歌 詩歌

西暦2014年霜月蝶人酔生夢死幾百夜アムステルダム港からルテシア号に乗り込んだカラヤンは、NYに到着したらシベリウスの交響曲4番と5番、それに交響詩フィンランディアを振るつもりでいたが、まさか自分が亡命することになるとは ... » more
テーマ 日記 詩歌

ももいろ。 畑の桃が満開だ。今朝は早く起きて余裕があったから、撮影。雨上がり垣間見えたは春のほほえみカイドウも。我を見よ!桜ばかりが何故モテる? ... » more
テーマ 詩歌 季節感

西暦2015年弥生蝶人狂言畸語輯&バガテル−そんな私のここだけの話op.194「どう生きたか」ではなく、「どう生きるか」だ。山本周五郎「小説日本婦道記」3/2動かない家の時代は終わった。「リトル・ホラーショッ ... » more
テーマ 展覧会 詩歌 発言

広告戯評第19回 &ふぁっちょん幻論第93回自称右翼の国家主義者にして我らが帝国の偉大なる領袖の世界に冠たる経済政策安倍蚤糞の大戦果の御蔭はどうかは知らないが、最近大手の商業新聞に海外有名ふぁっちょんブランドの広告が散見され ... » more

ある晴れた日にある晴れた日に第298回ようやつと去んでくれけり如月尽明治大正昭和平成人間皆迷羊蛇長しされど我らが人世ほど長くはない蛇長く長長き夜をひとりCOME ON寝む冬去りて春来たりな ... » more
テーマ 短歌 詩歌 家族

ある晴れた日にある晴れた日に第297回なにゆえに物価がどんどん上がり行く安倍蚤糞めどですかでんなにゆえに安倍蚤糞は知事を避ける沖縄の最新民意が怖いからなにゆえに線路はどこまでも続いてる僕らの旅がまだ終わら ... » more
テーマ 短歌 詩歌 政治

ある晴れた日に第296回天ざかる鄙の里にて侘びし人八十路を過ぎてひとり逝きたり 日曜は聖なる神をほめ誉えん母は高音我等は低音 教会の日曜の朝の奏楽の前奏無みして歌い給えり 陽炎のひかりあまねき洗面 ... » more
テーマ 短歌 詩歌 家族

ある晴れた日に第295回波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波冬去りて春来たりなば夏遠からじ蝶人 ... » more
テーマ 俳句 詩歌

ある晴れた日に第289回なにゆえにぴけてぃピケティと大騒ぎまたしても流行に飛びつくニッポン人なにゆえに犬やら猫を何匹も飼う犬猫病を病んでいるからなにゆえに下らぬコマーシャルを何度も見せる下らぬ会社と焼きつける ... » more

ある晴れた日に第288回障がいのある息子と並んで剃られている土曜の朝の小林理髪店担当者はどんどん変わるが君だけは同じ所に立っていた40歳の障がい者家中の窓に垂らしたカーテンは白き秘密を外に漏らさず ... » more
テーマ 日記 短歌 詩歌

ある晴れた日に第287回私は諸国一見の放浪者だったが、野原で捨てられて泣いていた女の赤ちゃんを拾って育てた。食うや食わずの毎日だったが、彼女はすくすくと育っていつのまにか美しい少女になっていた。降っても照ってもい ... » more
テーマ 短歌 詩歌

bowyow cine-archives vol.772高倉健が主演した2005年製作の日中合作映画で、おしもおされぬ大家となったチャン・イーモウが監督している(日本撮影分はお馴染み降旗康男だが、あまり好きではないので無 ... » more

ある晴れた日に第286回持っていた自転車の鍵を、東京駅の新幹線乗り場の改札口の機械に挿入したとたん、私は新大阪の駅に到着していた。電車から降りて無人の改札口を出たところで、前を行く白いチョゴリを着た若い女が幼女と共に道端 ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第285回フリュートをくるくる回しながら「これ1本でどんなBGMでも生録音致します。どうぞなんなりとご用命ください」と云って、真鍋理一郎氏は破顔一笑した。東京文化会館に行くと、武満徹夫妻の姿をよ ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ゆめのとなり風に乗せて
青空を駆けめぐる風の群捕らわれることのないその存在に幼い頃から憧れを抱く隔離された私の世界に風は吹いて 去っていくせめてこの想いだけでも風に乗せて自由に飛べたらやがて来る鎖に繋がれた未来も耐えれるものにな ... » more
テーマ 雑記 詩歌

ある晴れた日に第284回きさらぎ、きさらぎ、寒さの極まりさんさん、さんがつ、ややに近付くひさかたの春の待たるるそのあした妻とふたりで朝夷奈峠おたまじゃくしの卵を求めてうろうろ、うろうろ、鵜の目 ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第283回金曜日の朝、渡辺派がいよいよ私を粛清しようとしている気配を察知した私は、急な坂道を駆けのぼった。追い詰められた私たちは、階段を登ろうとしたが、その階段は途中で終わっていたので、階段のたもとまで ... » more
テーマ 短歌 詩歌

bowyow cine-archives vol.768かの有名なハイヌーンそっくりの邦題で見るのをやめようかと思ったが、意外にもクリント・イーストウッドとシャーリー・マックレーンの凸凹コンビが新鮮で最後まで楽しく鑑賞するこ ... » more

ある晴れた日に第282回なにゆえにベーム、バーンスタインは振らなかったのウイーンフィルのニューイヤーコンサートなにゆえに降誕祭によく似合うバッハのオルガン小曲集「オルゲンビュヒライン」なにゆえに自公に ... » more
テーマ 短歌 詩歌 歴史

ある晴れた日に第281回ムラビンスキーはムラムラさせるホロビッツはホロホロさせるトスカニーニは凸撃隊長フルトヴェングラーは振ると面食らうカラヤンは真昼間から眼をつぶるクライバーは暗 ... » more
テーマ 短歌 詩歌

ある晴れた日に第280回耕君が首長くして待っている鎌養の教師に出した年賀状の返事国立劇場のバスが出てゆくたびに深々とお辞儀している女の子世の中のいっとうはじめの神と人を思いのままに描き出したりフェ ... » more
テーマ 俳句 短歌 詩歌

bowyow cine-archives vol.763大西部を舞台にはじめは処女のごときキャット・バルー(ジェーン・フォンダ)が終りには列車強盗の女頭目になって疾風怒濤の大活躍をするというハチャメチャ西部活劇でげす。 ... » more

悲しいかな口惜しいかな薬よく効く雨降らば傘をば持とう老いゆけば眼鏡も要ろう持病を患う者もあろう誰か大切な人大事な何か失うことさえ数あろう空に雲あり山に谷あり海に波あり陽射しを浴 ... » more
テーマ 詩歌

新進とレトロと『ホイッスラー展』 八王子駅から横浜線に乗って1時間弱。港町横浜の桜木町駅に降り立った。冬の海風は冷たいけれど街ゆく人は颯爽としてランドマークタワーの『動く歩道』に吸い込まれていくお目当ては横浜美術館「ホイッスラー展」です。NHK特別観賞会の抽選に当たったので ... » more
テーマ 詩歌 写真 ブログ

bowyow cine-archives vol.761若尾文子がお姫様とポンポコタヌキの2役に扮して歌って踊る和製ミュージカル映画です。お相手は私の嫌いな市川雷蔵だが、ほとんど存在感はなく限りなく美しく可愛らしいヒロイ ... » more

 

最終更新日: 2017/01/25 10:56

「詩歌」のブログ関連商品

» 「詩歌」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る