誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    情報システム論

情報システム論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「情報システム論」のブログを一覧表示!「情報システム論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「情報システム論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「情報システム論」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

◆要約「ホスト-端末」といわれたシステムが幅を利かせていた時代、社会組織は主として軍隊を手本に組織されていた。その後、1980年頃から始まる高度情報化社会は、「参加型市民社会」の時代であった。今日の社会では、すべての単位組織 ... » more

情報システム論「本日の講義の要約」と「自分の感想」<要約>一人の人は、家族、学校、地域など、たくさんの組織に所属することができる(メタ組織)。組織は、他の組織と連携し、争い、競争しあう。また、その構成メンバーは、必ずしも固定 ... » more

私たちは必ず何らかの組織、組織の集合体である社会に所属しており、組織なしには生きていけない。組織は多種多様にあり、その中の人も時間も流動的で、常に同じではない。その中で、革新、成長、成功していく組織とそうではなく衰退していく組織がある。その ... » more

「情報社会学、予見と戦略」の要約ベルリンの壁崩壊が目前に迫っていたときインターネットでは国際的情報のトラフィックが急激に増加していた。その後ベルリンの壁は崩壊したのである。現在インターネット空間では「単位組織を持たないフラットな ... » more

<情報システム論>「情報社会学、予見と戦略」シリーズを読んで、「情報システムとは何か―講義前の考え」<「情報社会学、予見と戦略」シリーズ要約>1980年ごろから始まるのは、「市民参加型社会」。その次に来るのは、「人類社会」「地球 ... » more

要約情報社会は「人に近づくコンピュータの時代」から「人類の共生を支援する情報技術の時代」へ、そして「自己実現を支援する情報技術の時代」へと変わってきている。コンピュータの発展により、情報システムは限られた範囲での活動を超え、場所にとらわ ... » more

閃光情報システム論第11回講義
・人工知能とは何か(1)人工知能の歴史コンピュータはいつでも「人工頭脳」「人工知能」などと呼ばれてきたが、その意味(能力)は、「計算が速い」→「文字の読み取りができる」→…とソフトウエアの進歩の旗印として変わってきた。現在の「人 ... » more

閃光情報システム論第10回講義
課題1クイズ―その2<解答>10+9+310+8+410+7+510+7+3+210+6+4+29+8+59+8+3+29+7+69+7+4+29+6+5+29+6+4+38+7+5+2 ... » more

閃光情報システム論第9回講義
・アルゴリズム2)良いアルゴリズムとは、同じ結果が得られるのであれば、コストが最もかからない方法。良いアルゴリズムは場合によって違ってくる。数値計算システム3)良性問題と非良性問題が存在し、良性問題ならば、「ループを減らす」 ... » more

閃光情報システム論第8回講義
課題1・WEB-DBの例人名録KEY PERSON(http://www.person.cbr-j.com/person/main4.shtml)・ASPサービスの例NTT Communications ShareSta ... » more

情報システム論第7回講義<課題2> 課題2<本日の講義の要約>ソフトウエア工学とは何か1.ソフトウエア工学多くのソフトウェア開発の現場では、技術者の経験や勘に頼っていた(いる)が、ソフトウェアの大規模化による開発環境の分散や開発人数の増大などから、これからは認識を ... » more

<要約>人工知能とは何か1、人工知能の歴史初めはただ単にコンピュータ(計算が速いだけ)でも人工知能と呼ばれていた。その後、文字の読み取り機能が発表されると、人間の認識能力に替わるものとして「人工知能だ」と騒がれた。そして ... » more

<課題>10+9+310+8+410+7+510+7+3+210+6+4+29+8+59+8+3+29+7+69+7+4+29+6+5+29+6+4+38+7+5+28+7+4+38+ ... » more

1)人工知能とは何か現在は1956年ダートマス会議「人のように考える機械」がガイドラインになっている。「良いアルゴリズム」、「自然アルゴリズム」の一種。広義では遺伝アルゴリズムのことも含み、自然界を真似て作られたものであるが ... » more

■授業要約健食ネット販売システムの事例少しずつ売り上げが下がる食品業界ネット通販は急成長。健康食品ルート別売り上げ、ダイレクト・セーリングが急成長。ネットビジネスの重要性が高まっているが、競争はますます激化。成功者は ... » more

グループ課題(1)構造化プログラミングが、それ以前のプログラム技法よりも優れている点。それ以前のプログラミングでは、プログラミングをする際に決まりやガイダンスなどはなく、技術者がそれぞれ自分の手順でプログラミングをしていた。 ... » more

要約知識ベースの記述方法について、「プロダクションルール」、「事例ベース」、「意味ネットワーク」、「ユニット表現」、「フレーム表現」が挙げられ、その際に「知識ベースを作る際には解の探索がしやすいように作る」ことが重要なこととされた。 ... » more

課題: 問題解決に関するクイズ(警官と泥棒)[修正版]講義録の「川の片岸またはボートの中で、警官の数よりも強盗の数が〜」という表現において、ボートが川岸にちょうど着いて降りようとするときの状態を、「または」という語を考慮して、ボート ... » more

D902i7/10システム論課題
要約知識の記述(1)人工知能のシステムには、解の探索のいろいろの外に、知識ベースがある。大事なことは、「知識ベースを作る際には解の探索がしやすいように作る」こと。(2)知識ベースの記述方法@ルール(プロダクションルール) ... » more

要約今回は人工知能について扱った。まず、人工知能の歴史については第9講、データ/情報/知識などについては情報デザイン論第3講の復習であった。人工知能の応用分野としては、次のものが挙げられた。エキスパートシステムの ... » more

警官と強盗左岸ボート右岸○○○●●●○○○●●●→○○○● ●●○○○●←● ●○○○●● ●○○○●●→●○○○ ●●●○○○←● ●●○○○● ●●○●○○→ ●●○● ○○●●○●← ... » more

課題: 問題解決に関するクイズ(警官と泥棒)図では、以下のように示される。状態番号左岸ボート右岸0○○○●●●1○○●●○●(→)2○○●●○(←)●3○○●○●(→)●4○○●●(←)○●5○●○●(→)○●6○●●(←) ... » more

1)○○●●○●(左岸)(右岸)泥棒と警官が船に乗る2)○○●●○●警官が戻る3)○○●○●●警官と泥棒が船に4)○○●●○●泥棒が戻る5)○●○●○●警官と泥棒船に ... » more

D902i情報システム論7月1日課題
要約データ:観測された事実を数値や記号で表したもの。観測対象そのものではない。また、架空のものではない。情報:データを人が分かりやすい様に整理したもの。データを分類したり、代表的なデータだけ残して間引いたり、相互の関連をつけたり、ま ... » more

D902iシステム論 6月24日課題
課題1(3)クイズ−その2次の式を満足する場合をすべて列挙せよ。1±2±3±4±5±6±7±8±9±10=111-2+3-4+5+6-7+8-9+10=111-2-3+4+5+6+7-8-9+10=111-2+3 ... » more

D902i情報システム論 6月17日課題
課題1(1)1)人工知能人間が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したもの。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムのことをいう。2)よいアルゴリズ ... » more

(3)クイズ−その2次の式を満たす式をすべて列挙せよ。1±2±3±4±5±6±7±8±9±10=11○バックトラック法、22選択法プラスの数の和をA、マイナスの数の和をBとする。A+B=1+2+3+4+5+6+7+8 ... » more

要約アルゴリズムとは、日本語に訳すと算法。要するに計算の方法・手順という意味。その中でももっともコストがかからないアルゴリズムを良いアルゴリズムと言うことができる。ここで言うコストとは時間や、ハードウェア、メモリの容量といったもので ... » more

つい先日まで、自分の中で「なぜ、ブログで提出なのか?」という疑問があった。先生だけが読むのであれば、メールで送れば済む。グループ課題以外なら、他の人のものと独立した内容を書けばいいから、他の人のブログは必要ないように思われる。 ... » more

【課題1】アルゴリズムとは、ある問題を解くための手順、すなわち、公式のことです。もう少し厳密には、明確で有限個の手順を有限回繰り返す計算方法のことです。明確な手順とはその通りの意味です。コンピュータは明確な命令を必要とします。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 18:15

楽天市場のおすすめ商品

「情報システム論」のブログ関連商品

» 「情報システム論」のブログレビュー をもっと探す

「情報システム論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る