誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヨーロッパ映画

ヨーロッパ映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヨーロッパ映画」のブログを一覧表示!「ヨーロッパ映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヨーロッパ映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヨーロッパ映画」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

セラフィーヌの庭 (2008) ヨーロッパ [898]この世のすべては仮説にすぎないのだから、もっと大胆な仮説を!★★★★★☆女ゴッホとも称されるフランスの画家・セラフィーヌ(1864-1942)と、彼女を見出したドイツ人画商・ヴィルヘルム・ウーデの ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画

続・荒野の用心棒 (1966) イタリア [894]ジャンゴが愛した女マリアは史上稀にみる美女だった!★★★★★★懐かしさのあまり、えび反りしそうだよねえ。年末に観たんだけどさ、こんな時にこの映画観てるのは、世界広しといえど ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画  コメント(3)

愛の風景 (1992) ヨーロッパ [893]私がベルイマンの描く母と娘の愛憎劇に惹かれるのはなぜだろ?★★★★★☆敬愛するイングマール・ベルイマンが書いた自伝的な脚本をビレ・アウグスト監督が撮ったもの。もともとテレビドラマらしく、それ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 イングマール・ベルイマン これぞ名画

イタリア旅行 (1953) イタリア [877]夫婦の危機はイタリア旅行で乗り切れ?(笑)★★★★★☆世紀の女優イングリッド・バーグマンが、ハリウッドのエンタメに飽き足らず、ロベルト・ロッセリーニのもとへ走り、撮った中の1本。あのゴダールに ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画 ロベルト・ロッセリーニ  コメント(2)

ライアンの娘 (1970) イギリス [876]私の愛しきライアンの娘は深手を負うことで愛を知った★★★★★☆1916年、アイルランド。反英蜂起が失敗したが、独立を目指す者たちはドイツから武器を密輸入し、再び蜂起の動きをみせていた。 ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画

『California Dreamin'』 - ルーマニアのアメリカへの複雑な感情を喜劇で描く 2007年のルーマニア映画。非常に残念なことに本作を監督したクリスチャン・ネメスク監督の遺作になってしまった。ルーマニアの人々のアメリカへの複雑な感情を喜劇で包んだ作品。日本の戦後の記憶がある人々にとっては共感できる部分も多々あるだろう作品 ... » more

ヨーロッパ映画賞2012 受賞結果! 第25回ヨーロッパ映画賞の結果が発表になりました。(12月1日)う〜ん、そうかあ。そうきたかあ。◆作品賞(European Film 2012)・『SHAME-シェイム-』(英)監督:スティーヴ・マックイーン・『 ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 ヨーロッパ映画賞 2012年度映画賞

ラックス賞2012 結果発表! 第6回ラックス賞(Lux Prize)の受賞結果が発表になりました。(11月21日)【ラックス賞】ラックス賞というのは、欧州議会(European Parliament)によって贈られる映画賞で、ヨーロッパの現状(拡大と交流 ... » more
テーマ ラックス賞 ヨーロッパ映画 2012年度映画賞

モンペリエ地中海国際映画祭2012 受賞結果! 第34回モンペリエ地中海国際映画祭(10月26日-11月3日)の各賞の結果――【モンペリエ地中海国際映画祭】モンペリエ地中海国際映画祭(Cinemed Montpellier International Festival ... » more

セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2012 受賞結果! 第9回セビリヤ・ヨーロッパ映画祭(Festival de Cine de Sevillal)(11月2日-10日)の各賞が発表されました。【オフィシャル・セレクション】・“Good Vibrations”(英・アイルラン ... » more

太陽がいっぱい (1960) ヨーロッパ [857]フランス上流社会と知識映画人たちに牙を剥いたA・ドロンとルネ・クレマンのわれらが名作★★★★★★私がいちばん繰り返し観ている作品。しかしいまだになかなか語る言葉を持てないでいる。誰か教えてよ(笑)。 ... » more

『ある娼館の記憶』 - 滅び行く19世紀文化としての娼館を描く 2011年の東京国際映画祭で上映されたフランス映画。19世紀の終わりを、ある娼館の終焉と共に描く。19世紀のパリでは多くの売春は"Maison Close(娼館)"で行われていた。それは一種の社交の場であり、時に貴族や芸術家たちがそ ... » more

ヨーロッパ映画賞2012 ノミネーション発表! 第25回ヨーロッパ映画賞のノミネーションが発表になりました。(11月3日)◆作品賞(European Film 2012)・『SHAME-シェイム-』(英)監督:スティーヴ・マックイーン・『最強のふたり』(仏)監督:オリ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 ヨーロッパ映画賞 2012年度映画賞

『コンフィデンス/信頼』- イシュトヴァン・サボー監督によるハンガリー映画の傑作 ハンガリーを代表するイシュトヴァン・サボー監督による1979年作品。1980年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞しているほか、アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー候補作に選出。あらすじはこちら(Goo映画)http://movie. ... » more

『As if I am not there』 - ボスニア戦争の悲劇を描くがやや上から目線 2010年アイルランド=マケドニア=スウェーデン共同製作の映画。原作はスラヴェンカ・ドラクリッチが1999年に出版した同名の小説。テーマ的には『サラエボの花』と重なってくる作品。サミラ(Natasa Petrovic)は小学校の新 ... » more

戦火のかなた (1946) ヨーロッパ [850]この映画を観ると、時代と、映画の現在がよくわかる★★★★★★ロベルト・ロッセリーニが「無防備都市」につづいて撮った作品。構成が当時としては恐ろしく奇抜である。1943年7月、連合軍はシチリア ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画 ロベルト・ロッセリーニ

未完成交響楽 (1933) ヨーロッパ [846]少女マンガのようにたわいないのにホロリと泣かされちゃうのよ(笑)★★★★★☆若き日のシューベルトを描いたいわゆる楽聖映画。「若き日の」と言っても、シューベルトには「若き日」しかなかったわけだが、 ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画

追想 (1975) ヨーロッパ [845]いまとなってはロミー・シュナイダーを追想する作品になっちゃったなあ★★★★★☆「冒険者たち」「若草の萌えるころ」を撮ったロベール・アンリコが、私の大好きなロミー・シュナイダーで撮った復讐アクション・ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画  コメント(1)

無防備都市_2 (1945) ヨーロッパ [843]この容赦ない物語の描き方はいま観ても身震いがする★★★★★★窮地を脱したマンフレディは仲間を引き連れ、護送車を襲撃、フランチェスコら同志を救出する。そして同志を頼ってレストランへ行くと、 ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画 ロベルト・ロッセリーニ

無防備都市_1  (1945) ヨーロッパ [843]この容赦ない物語の描き方はいま観ても身震いがする★★★★★★ロベルト・ロッセリーニが「ヌーヴェル・ヴァーグの父」と目されるようになった記念碑的作品。私は、ロッセリーニはたんにヌーヴェル・ヴァ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画 ロベルト・ロッセリーニ

『トラフィック』- ルーマニア・ニューウェーブ映画発見の契機となった短編映画 先日紹介した、「Bonjour Tristesse」サイトにおける記事によれば、ルーマニア・ニューウェーブ映画の発見の契機になったのは、2004年のカンヌ国際映画祭においてカタリン・ミツレスク監督の『トラフィック』が最優秀短編映画に選ばれた ... » more

ヨーロッパ映画賞2012 ディスカバリー賞ノミネーション発表! 第25回ヨーロッパ映画賞のディスカバリー賞(新人監督賞)のノミネーションが発表になりました。(10月16日)・“Broken”(英)監督:Rufus Norris出演:ティム・ロス、Eloise Laurence、キリアン・マー ... » more
テーマ 映画賞 ヨーロッパ映画 ヨーロッパ映画賞

汚れなき悪戯 (1955) ヨーロッパ [839]私も呼んでみたいよ、「マルセリーノ!」って何度も(笑)★★★★★★当時全世界の人々を感動させたスペイン映画…、と引用した解説にあるが、私も超感動したそのひとりである。いまだ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画  コメント(1)

美しき諍い女 (1991) ヨーロッパ [837]ホンモノの画家の描き方は私ら凡人の想像を超えてるよね★★★★★★顧みられない名作続々編(笑)。大好きな私でさえ通算3度目である。なんでか?う〜ん、いくらなんでも4時間は長すぎるべなあ。今回だ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画

スペイン映画『アマドールからの贈り物』 - 死と生をつないでいくものがたり スペインのフェルナンド・レオン・デ・アラノア監督の2010年作品。南アメリカから来た出稼ぎ家政婦の経験を描く。マルセラ(Magaly Solier)とネルソン(Pietro Sibille)は南米からスペインにやってきた移民夫婦。バ ... » more

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008) ヨーロッパ [831]オスカーは12歳にしてすでに200年の孤独を生きていた!★★★★★★ストックホルム郊外の集合住宅に母親と暮らしている12歳の少年がいる。少年の名は、オスカー。かれは学校で同級生にいじめら ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画  コメント(1)

『俺の笛を聞け』- ルーマニア・ニューウェーブ映画の大傑作 ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した、ルーマニア・ニューウェーブ映画の一作で、監督は、これが長編デビューのフローリン・セルバン。国内で公開されたのを知らずにイギリス盤DVDで鑑賞したが、熱帯美術館の配給で今年8月国内公開されている。おそらく国 ... » more

灼熱の魂 (2010) フランス/カナダ [827]大傑作!レバノン内戦で数奇な運命を辿る、ある家族の物語。★★★★★★オギ(荻原)推薦の映画。ごめん、観るの遅くなって…。カナダに在住するレバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの戯曲をドゥニ・ヴ ... » more
テーマ ヨーロッパ映画 これぞ名画 アメリカ映画

2000年代後半よりルーマニア映画の新しい流れが世界的に注目されている。国内でもこのニューウェーブの一環である『4ヶ月、3週間と2日』(監督)が公開されまたこの流れを汲む、ルーマニア人監督ラデュ・ミヘイレアニュによるフランス映画『オーケスト ... » more

『クリスマスの次の火曜日』- ルーマニア版「ウホッホ探検隊」 『ウホッホ探検隊』という根岸吉太郎監督/森田芳光脚本(主演、十朱幸代、田中邦衛)の映画があった。惜しくも若くして亡くなった干刈あがたの自身の離婚体験を元に描いた同名の小説が原作である。映画も小説も良かったのだが、内容を必ずしもわかりやすく表 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/12 03:35

「ヨーロッパ映画」のブログ関連商品

» 「ヨーロッパ映画」のブログレビュー をもっと探す

「ヨーロッパ映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る