誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    骨董

骨董

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「骨董」のブログを一覧表示!「骨董」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「骨董」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「骨董」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

ディスプレー道具 近くの骨董屋さん、やまあかりさんに、いってきました。やまあかりさんは本当におもしろいものが、たくさんあって、欲しいものいっぱいです。ディスプレー用にいろいろ買って来ました。印刷用の活字の入ってた箱です。子猫を入れるの ... » more

奈辺の小物たち〜明時代の瓦 一瞬、(鬼瓦かな。)と思ってしげしげと眺めるに、その姿はどことなく可愛らしく、日本のものではないなあ。と裏返してみると前の所蔵者による覚え書きであろうか、「南京」との墨書がある。嗚呼、やはり。中国のものか。だとすれば、この威風ただよう姿はや ... » more
テーマ 骨董 考古 土器

たかぽんつれづれ日記奈辺の小物たち
奈辺の小物たち 「何だろう、これ。」まるで熟(こな)れた古い鉄片か石を彷彿とさせるモノを思わず手に取ってみる。「あ、これ、陶器の箸置きですね。」という私の自問自答に、もの静かな店のご主人が「それ、常滑だとおもいますよ。」と仰る。「上京の折りには是非、行って ... » more
テーマ 古陶磁 食文化 骨董

たかぽんつれづれ日記ある星の終焉
ある星の終焉 2010年3月31日、すなわち今日は特別な日である。昨年の夏、友人との骨董探訪旅行で偶然、或る人から教えて頂いたギャラリー、その名も『ギャラリーブリキ星』が本日をもって閉店してしまうのである。もちろん、お店を知ってからわずか1年と半年。およ ... » more
テーマ 骨董 長谷川竹次郎 ギャラリーブリキ星  トラックバック(1)

銀二の独り言Y嬢
誠に下賤な内容になりますので・・・・この時点で不愉快だと思われる方は、続きを読まないでください。某市場にえたいのしれない吉〇嬢なる人物が、高慢ちきでお前なにさまなんだって感じですが、先輩のなだめもあって我慢をしていま ... » more
テーマ 骨董 ぼやき

ほっぽりぱなし・・・・・忘れたころ思い出した。今週の競り市場で、牙が出た・・・・牙っても正確にはマッコウクジラの歯なんですけど・・・・ちょっと前までは・・・珍重されて・・・高額で取引されていたんだ ... » more
テーマ 骨董 ぼやき

文章のなかに生きる想い出 高校時代にある古本屋さんの棚に見つけた一冊の本。刊行されたのはまだ私がもの心がついたくらいの頃。当然,骨董なんて知らなかった。その本には今日でも有名な骨董文化人の面々が顔を揃える。各人が自慢の骨董を披露している。骨董と一言で言ってもその趣向 ... » more
テーマ 清朝 細川護光 骨董

蓄音機から『昭和の調べ』が溢れ出てきました。 徳島市立木工会館 蓄音機の展示会が徳島市立木工会館で開催されていました。アサガオ型のホ-ンが付いた国産初のものなど20台の貴重な品物を鑑賞することができました。そして、これらの蓄音機による音楽会が催されました。ゼンマイ仕掛けの蓄音機から溢れ出る『昭和りの調べ ... » more
テーマ 骨董 音楽 徳島市

「くつろぎを知る大人の骨董生活入門」 「パキラ」は丈夫らしい。「アンティークモール銀座」知らなかった。行ってみたい。今度、秋田料理を食べに行ったときに「いぶりがっこ」を食べてみる。くつろぎを知る大人の骨董生活入門情報センター出版局 安河内眞美 ユーザレビュー:さ ... » more
テーマ 骨董 雑貨

アンティーーク! しばらくブログを更新してませんでしたが、今日は私の好きな骨董の話です骨董に興味を持ちだしたのは4年くらい前からで、当時職場が一緒だった後輩が、自分のアパートでいわゆる「ボンボン時計{%目覚まし時計we ... » more

巡り逢わせて〜当年骨董買い初め 私が仏教美術第一号として藤原の蓮弁を購ったのは一昨年前。敬愛する詩人にして骨董収集家安東次男の著書に啓発された話を書いた覚えがある。『蜩の亡骸』を置いて無聊を託つ夢は未だ果たしてはいないが、この蓮弁は今もわが貧庫にありて時折、出してみては独 ... » more
テーマ 仏教美術 骨董 安東次男

たかぽんつれづれ日記春待ちの〜
春待ちの〜 ここに一面の硯がある。その材質は陶(すえ)で、まるで宜興紫砂(ぎこうしさ)の茶壺のようであり、彫り出された梅の枝は硯の海までせり出している。よく見ると、硯は巻子本を開いた形をしており、作者は本を開いて咲き零れる花(梅花)を眺めながら詩作する ... » more
テーマ 文房四宝 太平天国の乱 骨董

古玉愛玩〜その16 二匹の猿猴 今、ひとつの箱に二匹の猿猴がなかよく同座している。二匹がともに抱えているのは蕪であろうか。一匹は黄色く、もう一方は蒼い。お互いに合い向き合い似た者同士なのだが、片やフランスのノミの市、クリニャンクールで、片や翌年、上海の文物商店で買ったもの ... » more
テーマ骨董 西遊記

古玉愛玩〜その15 玉佩  春を待つ鳥 「そういえば、頼まれていた箱ができあがりましたよ。」新年の挨拶もそこそこに、「何か入りましたか?」という私の問いにくだんの骨董屋のご主人はいつものごとく物静かに宣う。「頼んであったもの?」すぐには思い当たらない私のうけ答えに「ほら、あの ... » more
テーマ 玉 故宮博物院 骨董

奈辺の小物たち〜色硝子香油瓶 今年もはや数日。ブログを書き始めてはや8ヶ月。こうしてモノへの文字通りつれづれなるままに書き連ねていると時には思いがけない出会いに巡り逢うこともある。東京のあるギャラリーでの偶然の出会いや、モノに燗する情報など、知り得なかった多くの事柄にめ ... » more
テーマ ランプ 骨董 アンティークガラス

奈辺の小物たち〜高麗金銅鈴 私が敬愛する詩人にして骨董収集家の安東次男はかつて雑誌のコラムに大きな金銅鈴を掲げてその想いを綴っていた。その文章の影響を受けたためか私も鈴はなんとなく好きなアイテムのひとつである。また、ときおり忘れた頃にふと訪れたくなるあるアンティークシ ... » more
テーマ 骨董 安東次男

酒器のコレクション〜その44 伝 旦入 黒楽ぐい呑み 骨董の世にありそうであまりないもの。そのひとつが楽(らく)のぐい呑みではなかろうか。そもそも昔はその造る数も厳格に決められたという伝承のある楽代々の作品でぐい呑みは茶碗と同じくらい手間のかかるものらしい。だからその真贋もまた極めて難しい。そ ... » more
テーマ 古陶磁 骨董 酒器

ボクの骨董動物園〜宋胡碌の象 時折、人に訊かれることのひとつに、「あなたがモノを蒐める基準はなんですか。」というものがある。古筆や短冊、酒器をはじめ、骨董とは呼べないような、いわゆるジャンクといわれるものまで、指摘されるまでもなく、私のコレクションは一見、雑多でとりとめ ... » more
テーマ 古陶磁 骨董 動物園

奈辺の小物たち〜鉄の釘 どうみても『和釘』のように思えるのだけれど。これがこの釘を見た時の第一印象である。ただし、いわゆる和釘にくらべてやや扁平である点と、その長さが短いことが違う気もする。「17世紀、オランダの釘。」これが答えだそうである。そういえば、日本の ... » more
テーマ 骨董  コメント(2)

奈辺の小物たち〜鉄の鍵 まるで絵に描いたようなかたちの鍵である。今の子供たちはいざ知らず、ある程度の年代の大人に「鍵の絵を書いてみて。」と言えば、大概の方がこんな感じの絵を書くにちがいない。しかもかなり大きな鍵である、どこの鍵だろう。この何の装飾もないところから宮 ... » more
テーマ オランダ絵画 骨董 鉄仮面

奈辺の小物たち〜ペタンク事始め ここまでくると自分でもどうかしている。などと考えてしまう。「いやいや、そもそも球体というものは角(かど)が無く、そのために見る人の精神的安定をうながすので・・・」そんな学説を聞いた覚えはなく、これは私の持論であって普遍的なものではない。 ... » more
テーマ 心理学 骨董 球技

奈辺の小物たち〜石のビー玉 訪れたあるギャラリーでの企画展。振る舞われたワインを片手に片隅の小さな箱の中を覗き込む。そこに佇む小さな数々の玉。「これ、なんですか?」と訊ねる私に「オランダのビー玉です。17世紀の・・・。」と言われ、(へえ〜。ビー玉かあ。)と思わず手 ... » more

奈辺の小物たち〜マーストリヒトの夢のあと 私の愛読書のうちの一冊に直木賞作家の佐藤賢一さんの著書『ダルタニャンの生涯―史実の『三銃士』―』という本がある。ダルタニャンといえば、フランスの文豪アレクサンドル=デュマの名作、『三銃士』の主人公でこの物語もまた我が少年の頃の愛読書であった ... » more
テーマ 骨董 アレクサンドル=デュマ 三銃士

横浜骨董散歩と ・・・ 横田めぐみさんのこと !? 久しぶりに、横浜みなとみらい界隈を歩きました県庁舎前の銀杏飛鳥U遊覧船・プライマリー 1赤レンガの前で見かけた、黄色いカマロと・・・黒のカマロ・・・{%ロケットweb ... » more
テーマ 骨董 横田めぐみ 横浜  コメント(2)

梶原城跡めぐり、2代天皇家墓所お参り 多摩地域は、昨日と違い、雲ひとつない晴天。11/15 七五三日和、ボタリング日和。梶原城跡に向けて出立しましたが、途中、大正天皇、昭和天皇の墓所にもおまいりもしました。浅川でちょっと雰囲気の異なる橋。観光バスもきていて、 ... » more

骨董市めぐり&高月城跡 お祝い事、子供の運動会があり、公開遅れました。9月27日、第4日曜日、立川諏訪神社多摩時骨董市。先日平和島で買った、児島高徳(こじまたかのり)のフィギュアの完品を発見。確かに、筆で木に何かを書いている構図。欲しかったが、 ... » more

今日は、朝早く目がさめてしまったため、いつもより早く出立。ここでは、朝8時頃より、業者だけでなく素人も参加できるオークションが開かれており、参加。特に欲しいものは無かったが、300円とか、500円から始まるため参加はしや ... » more
テーマ 骨董

上海古董哀歓記〜戦国時代 銅盤 実は先日、中国上海へ行ってきた。もちろん、目的は「なにかないかな。」という骨董(中国では「古董」というらしい。)巡りなのだが、「中国で骨董を買おうなんてむざむざ騙されに行くようなものさ。」という諸兄の声が聞こえるようである。事実、(今回も行 ... » more
テーマ 文房四宝 骨董 長谷川竹次郎

平和島・全国古民具骨董まつり 2日目に参戦。児島高徳(こじまたかのり)のフィギュア。年代は、店主によると明治はあるとのこと。鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した備前国出身の武士。江戸時代以降、南朝の忠臣として讃えられ、特に皇国史観の下での学校教育に ... » more
テーマ 骨董

復活、城跡(瀬田城跡、奥沢城跡)めぐり&骨董市めぐり ほぼ普通に歩けるようになり復活です。改めてよろしくお願いします。第二日曜日、布多天神古民具骨董市。特に目ぼしいものが無かったが、分銅が気になった。尺貫法が昭和34年に廃止されているからそれ以前。江戸時代は、形が丸いという ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 17:40

「骨董」のブログ関連商品

» 「骨董」のブログレビュー をもっと探す

「骨董」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る