誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西村京太郎

西村京太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「西村京太郎」のブログを一覧表示!「西村京太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「西村京太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「西村京太郎」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

智頭急行のサムライ 西村京太郎先生です。これはまた、今までにない感じです。宮本武蔵剣士のお話ですが、奥深いです。ほんとにすごい剣士と言うのはそんな人なんでしょうね?あいかわらず、先生の作品には、あっぱれです。 ... » more

前の記事で書いたように、岩手からの帰りは――。ふつうなら約4時間のところ、10時間かけて・・・。水郡線+常磐線を使う必然性はまったくありません。車内で読む本は、やはり鉄道ミステリーでしょう!ということで、実家の本棚か ... » more

湯河原へ 退職して良い点はどこにでも平日に出かれられることで、湯河原へ1泊旅行に出かけましたが、列車も宿もすいていました。湯河原は文人墨客が滞在したことで有名ですが、町立湯河原美術館には、ゆかりの画家の作品が並んでいます。トラ ... » more

真夜中の構図 西村京太郎先生の作品です。製薬会社の社長が、厚生大臣に任命される為身辺整理で、5人の女性と別れる。その役目を秘書が、実行するが、その背景には、違う動きがあり次々と殺人が起こる。現代にもありそう ... » more
テーマ 西村京太郎 真夜中 ひとりごと

さみしがりやのひとりごと太陽と砂
太陽と砂 西村京太郎先生の作品です。これは十津川警部が出ません。内容的にも、文学的でちょっと難しいな?こんな作品もかけるんだって、しかも40年前ってすごいよ。当時の審査員に、石原慎太郎さんがいたなんて。 ... » more

十津川警部飯田線・愛と死の旋律 西村京太郎先生です。これは官僚が絡む、なんだか実際に起こりそうな事件です。国を守るのか?省を守るのか?それとも自分か?正義を貫くのは、難しい世の中ですね。 ... » more
テーマ 西村京太郎 読書 十津川警部

十津川警部 特急街道の殺人 西村京太郎先生の作品です。一度読んだだけではちょっとわかりにくかったな? ... » more
テーマ 西村京太郎 十津川警部 ひとりごと

途中で犯人がわかるのだが、殺人の動機がわからない。自分が忘れていることで、恨みをいだかれていることがあるのかもしれない。恨みをいだかれないよう、言動には気をつけたい。内容(「BOOK」データベース ... » more

狂気について描かれている。新興宗教の中には、このような団体もあるのかも・・・と思わせる内容だった。そのようなところへ入っていく人達もいるだろう。情熱を傾けることができるから。怖いけど。。。 ... » more

この小説が書かれた1979年ごろの社会問題が出てくる。表面的にしか知らなかったことがほんの少しだけ掘り下げて知ることができた。ちょっと唐突な感じもするけど・・・内容(「BOOK」データベースより)北海 ... » more

さみしがりやのひとりごと兇悪な街
兇悪な街 西村京太郎先生の左文字進シリーズです。これはどうやら一度は読んでました。殺人依頼ビジネスなんだか遠くない、この先に存在しそうな内容です。文明の進化は、必ずしも幸せではないのかもしれません。 ... » more
テーマ 西村京太郎 左文字 殺人ビジネス

十津川警部 猫と死体はタンゴ鉄道に乗って これはおひさ、西村京太郎先生。猫が中心に出てくるお話かな?大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立懐かしいなって、歌がキーになってます。歴史を勉強しなきゃね。 ... » more
テーマ 西村京太郎 天の橋立 大江山

旧家について、考えることができた。守ることは、大変なんだなぁ・・・内容(「BOOK」データベースより)氷雨の浅草寺境内で若い女性の全裸死体が発見された。太腿には、上品な顔立ちとは不釣り合いなバラの刺青が彫られていた。 ... » more

事件を目撃して、その証人になることの難しさを感じた。もし自分がそんなことになったら簡単には証言できないだろう。内容(「BOOK」データベースより)十津川警部は帰宅途中を襲われ、不覚にも誘拐された。彼が気付いたとき ... » more

検察庁の中に、公判中に逃亡した人を追跡して逮捕する部署がある。そのことを知らなかった。その部署の課員が活躍する。次々と意外なことがわかっていき、おもしろかった。内容(「BOOK」データベースより) ... » more

アイヌのことをほとんど知らなかったが、少し知ることができて良かった。内容(「BOOK」データベースより)沖縄出身の歌手・南田ユキが殺された。首には赤いスカーフ、胸には小さな銀色の矢が。その後、捜査本部に、殺人事件をなぞっ ... » more

海洋開発をしている企業の争いと、その中で起こった殺人事件を描いている。海洋開発の様子を少し知ることができた。舞台となった神津島や八丈島へ、行ってみたくなった。刊行順No.17 ... » more

公害問題のなかで、殺人事件がおこる。住民のいろいろな立場、企業の立場、正義感と、エゴイズム。公害がおこると、こんなことになるということを知ることができた。内容(「BOOK」データベースより)伊 ... » more

メグレ・クイーン・ポアロ・明智小五郎が登場して、3億円事件の再現がなされる。全体的に軽いタッチで、楽しく読むことができた。内容(「BOOK」データベースより)「三億円事件を再現してお見せしよう」真犯人逮捕のた ... » more

伊良子岬 プラスワンの犯罪 最近のはやりのような、題名です。プラスワンなんて。内容は、誰が狙われるか?わからない中での殺人事件を防ぐ。米軍の国防総省まで、広がる展開。ハイジャックありの、アクションヒーロもんですよv。 ... » more
テーマ 西村京太郎 米国 伊良子

社会的な問題に取り組んでいる。正義を振りかざすことが、ある意味易しいのかもしれない。建て前と本音・・・誰かが犠牲になること。数年後、どうなるのか。内容武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇 ... » more

松本美ケ原殺意の旅 またまた西村京太郎先生です。これはどうかな?3回目かも?だいぶ内容を覚えてました。とある事件の、証人となった。(偽証)それがきっかけで、殺人事件が起きる。次々と殺人が、一体本当の殺 ... » more

ひかり62号の殺意 西村京太郎先生この作品も多分2回は読んだかな?新幹線を舞台に描かれている作品もかなりあります。2億5千万円相当のダイヤを盗む事件が発生。舞台はフィリピン、マニラにまで展開される。偽装殺 ... » more

先日読んだ「女流作家」の続編である。この作品もまた、一気に読んだ。「女流作家」では、どこまでが真実なのか気になったが、今回これを読んで、真実などどうでもよいと思った。真実は、永遠に西村京太郎さんの胸の内に・・・ ... » more

仙台駅殺人事件 仙台駅殺人事件です。数年前に仙台に行ったなって思いながら読んでました。なんだかそれだけで、懐かしかった。十津川警部の駅シリーズだよ。駅のホームに美女現る。美女はよく似合いますね?人間の ... » more
テーマ 十津川 西村京太郎 仙台

つばさ111号の殺人事件 これも西村京太郎先生です。九州〜東京方面への出張で、読書の時間が多くてすぐに読んでしまった。殺人事件の目撃者が、次々と死ぬ。事件の背景になにが、あるのか?霊感師との、戦い! ... » more

京都駅殺人事件 西村京太郎先生。京都駅を舞台に繰り広げられる事件です。駅に爆弾を仕掛ける。要求金額は2億円。犯人は誰なのか?あっけなく事故で犯人が亡くなるも、意思を引き継ぐ者が新たに現れる。新幹線で、 ... » more

ストーリーに引き込まれて、1日で一気に読んだ。西村京太郎さんと山村美紗さんがモデルとなっている。登場人物各々が、それぞれに才能があり、自分の思うことを言い、思いのままに行動していることに感心した。みん ... » more

鬼女面殺人事件 西村京太郎先生これは、ホントに変わった作品です。十津川シリーズとは全く異なる、作風。20年に一度咲く花?赤い花は死者の血の色孤立した島で、独自の世界が存在し、その問題とは?一人の弁 ... » more

伊勢志摩殺意の旅 西村京太郎先生。今回は、宗教性が強いですが、日本を乗っ取りしようとある集団が画策し、危ないところまで、、、、伊勢という地域での事件に、警視庁がどう戦うか?サスペンスありの、作品でした。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 16:57

「西村京太郎」のブログ関連商品

» 「西村京太郎」のブログレビュー をもっと探す

「西村京太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る