誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    怨霊

怨霊

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「怨霊」のブログを一覧表示!「怨霊」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「怨霊」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「怨霊」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

平将門の死は、関東全域を自分の支配下に収めようとして、最後には承平5年(935年)の合戦で殺害した国香の子である平貞盛や藤原秀郷らに、940年2月に討たれた。討ち取られた将門の首は、京都の東市でさらし首になったとされている。千代 ... » more
テーマ 怨霊 将門の首塚 祟り

保元の乱で敗れ、天狗になった崇徳上皇 「怨霊になった天皇」 竹田恒泰/著 小学館 2009.2.3著者は旧皇族の竹田家の生まれで、明治天皇の玄孫にあたりで、竹田家が皇族に留まっていれば何番目かの皇位継承者となっていた人物である。本書では保元の乱で後白河天皇に敗れ、讃岐に ... » more

「勿体無い(もったいない)」は、元は仏教用語だそうである。「物体(もったい)」を否定する言葉で「物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している」となっている。こんなところで、「なるほど、では美女が年を重ねることを ... » more

大和朝廷始まって以来、親王・内親王は憤死を遂げると、国を滅ぼす怨霊となる。天変地異はすべてその怨霊の仕業と言えるほどの的中率。大地震そろそろかなって、北も南も健全でないと日本列島は海に浮かんでられないよ。 ... » more
テーマ 怨霊

保元の乱から承久の変にいたる一連の流れで、皇室が権力を喪失していくことになった最大の要因を、『逆説の日本史』の井沢元彦氏は、律令制度の根幹である公地公民制が当時の日本の実情に即さなくなっていたからだとしています。これは藤原氏の専横によっ ... » more
テーマ 怨霊 崇徳上皇 皇室

五回に亘って、井沢元彦氏の『逆説の日本史』(小学館)に基づいて、崇徳上皇怨霊化の過程を追ってきました。 私が、西郷隆盛に一見関係のない崇徳上皇に関心を持ち、数回にわたって書いてきたのは、そのことが、西郷隆盛という歴史上の巨人の文明史 ... » more
テーマ 西郷隆盛(南洲) 怨霊 皇室

西郷隆盛崇徳上皇の怨霊化
今回は、あの明治大帝をも恐れさせ、明治への改元にも大きな影響を与えた崇徳上皇の呪いについて述べたいと思います。崇徳上皇の曽祖父は後三条天皇と言って、皇位を白河天皇に譲った後、院政を行って、荘園を整理して藤原摂関家の勢力を抑え、天皇の ... » more

前回、崇徳上皇を取り上げましたが、今回はその続きです。なぜ、崇徳上皇が皇室の精神史を理解する上で重要な存在なのか。日本史の見方にはいろいろな見方がありますが、皇室が世俗政治において権力の中心にあったか否かで区分するのも、ひとつの ... » more

鎌倉ちょっと不思議な物語89回後醍醐天皇の皇子護良親王は、かの「建武の新政」で晴れて征夷大将軍となったのだが、父後醍醐のために、全知全能を傾けて、日本全国の戦場を駆け巡ったにもかかわらず、宿敵足利直義の手によって、鎌倉の大塔 ... » more
テーマ 怨霊 鎌倉

大正時代になっても「祟りで14人を殺した」と言われたのは誰の怨霊? ●●●●●★●問題:●見出しの答えは平将門(たいらのまさかど)です。延喜3(903)年に生まれ、天慶3(940)年に亡くなった関東の武将ですね。平将門の乱は、やがてくる板東武者の時代の前触れに見えます。●日本史で習ったとおり、朝廷 ... » more
テーマ 怨霊 歴史 将門  トラックバック(2)

落雷事故で政府高官2人が死亡。やっぱり祟りじゃ〜? ●●●●●★●問題:●今から1077年前、延長8(930)年6月26日、つまり今日の午後のことでした。京都市右京区の愛宕山の影から黒い雲が突然現われます。雲は風と雷鳴をともなって空を覆います。突然、御所の清涼殿(せいりょうでん)に落雷 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 16:23

「怨霊」のブログ関連商品

» 「怨霊」のブログレビュー をもっと探す

「怨霊」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る