誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    川端康成

川端康成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「川端康成」のブログを一覧表示!「川端康成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「川端康成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「川端康成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

死のスケジュール天城峠 西村京太郎先生です。これは政治がらみの作品ですが、微妙にリアル。うーーん川端康成。歴史的な作家も話に出てきます。 ... » more

結局、川端康成「古都」に。(平成25年(2013年)8月5日(月・晴)のかもちゃん) どうも脱力することばかり。いけませんな。1週間が始まったばかりだというのに。【結局、川端康成「古都」に。】お嬢さん(ぶぶ子)から、夏休みの課題図書はどうすればよいのかという相談。井上ひさし「吉里吉里人」で ... » more
テーマ 娘(ぶぶ子) 川端康成 読書

マルジナリア川端康成著・眠れる美女
川端康成著・眠れる美女 「眠れる美女」・川端康成著(昭和36年1月・新潮社)昭和35年1月より36年11月まで「新潮」に断続的に発表。川端、61歳の作品である。主人公は67歳、稍々年上であるが、初 ... » more
テーマ 川端康成 文学

マルジナリア川端康成著・浅草紅団
川端康成著・浅草紅団 「浅草紅団 浅草祭」・川端康成著(講談社文芸文庫)昭和初期の浅草をルポルタージュ風に描き出した小説である。川端によると、「浅草紅団」には四種の単行本があるという。先進社版が先発 ... » more
テーマ 川端康成 文学

昨年は京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学賞・生理学賞を受賞し、大きな話題となりましたが、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成氏のノーベル賞受賞時のスピーチが、この「美しい日本の私」。西洋人に「日本文化の美しさ ... » more

再読 川端康成著・乙女の港 再読 「乙女の港」・川端康成著(実業之日本社文庫)ついに出たかという思いである。ライトノベルの百合小説はかなり出回っていると思うが、文豪の書いた百合小説はあまり例がないのではないか。川端康成作となっているが、正確には川端康成監修、中 ... » more
テーマ 川端康成 文学

Pour que?雪国*川端康成
雪国 (新潮文庫 (か-1-1))新潮社 川端 康成 Amazonアソシエイト by 「国境の長いトンネルを抜けると…」のあれです。ちょっと大それたものに手を出しました。こんなすごい本の感想なんて書けるのかな……;で ... » more

マルジナリア川端康成著・遠い旅
川端康成著・遠い旅 「遠い旅」・川端康成著(河内書房)これは近くの古本屋で見つけたものである。初出・月刊「平凡」(昭和33年1月― 12月)で初版が画像の河内書房版(平成2年1月31日刊)である。全集未収録ということであるが、地元図書館で調べたが欠が多 ... » more
テーマ 川端康成 文学

マルジナリア川端康成著・風のある道
川端康成著・風のある道 「風のある道」・川端康成著(昭和34年7月/角川書店)昭和32年「婦人画報」一月号より四月号に連載の家庭小説である。渋谷の松濤に住まう竹島家は高秋(夫)と宮子(妻)とその三人の娘、恵子(長女)、直子(次女)、千加子(三女)の五人家族 ... » more
テーマ 川端康成 文学

一日一編「弱き器」 川端康成
人の夢というのはたいがい退屈なものですが、この作品の夢は面白いです。つまりは夢ではないからでしょう。小説家というのは、嘘つきならぬ嘘書きなわけですが、虚構を夢として提示するいやらしさには、ふたつの理由があると思い ... » more
テーマ 川端康成

鎌倉文学館・川端康成と三島由紀夫 T鎌倉文学館・川端康成と三島由紀夫珍しく野外レポート。行先は鎌倉文学館である。「川端康成と三島由紀夫展」をやっているので散策がてら見に行ったという次第である。家から一時間半ぐらいであるから、さして遠くはないがここは初めて訪れた。午後 ... » more

生きていたいうすぐろい欲望
本物の変態。極北、といった感じこの作品ほど、読んでいて気持ちの悪い小説を体験したことがない。内容から、文体から、気味が悪くて仕方ない。三島由紀夫の「仮面の告白」も大概だが、ここまでくれば本物の変態だ。素材や出来事で猟奇的なものは数あれど ... » more
テーマ 川端康成 小説

一日一編「燕の童女」 川端康成
「燕の童女」 川端康成 日本の文学史上で、アブノーマルな作家というと、まず名前が浮かぶのが、谷崎潤一郎と川端康成です。よりダイレクトなのが谷崎潤一郎で、川端康成のほうは湖水のような静けさのなかに、それを匠に隠しています。変態性とかフェティシズム ... » more

以前,掌の小説 (川端康成) というエントリを書いたのですが,それに対して以下のようなコメントをいただきました.はじめまして、 あの、、、『掌の小説』の中で母の眼という作品について聞きたいことがありまして、 何の意味かなかな ... » more
テーマ 川端康成 小説

マルジナリア川端康成著・古 都
川端康成著・古 都 「古 都」・川端康成著(新潮社)「もみじの古木の幹に、すみれの花がひらいたのを、千重子は見つけた。」 小説「古都」の始まりの文句である。もみじの幹にすみれとは、いったいどうしたのかと思うが、このわけはすぐにわかる。風変りな書き出だし ... » more
テーマ 川端康成 文学

マルジナリア川端康成著・みずうみ
川端康成著・みずうみ 「みずうみ」・川端康成著(新潮文庫)美しいものに引かれるのは人間の本能であるが、とうてい自分の手の届かないところにあると知った瞬間、諦めなければならない。われわれは理性のブレーキで本能の暴走を許さないのである。せめて美の余韻に浸るこ ... » more
テーマ 川端康成 文学

マルジナリア川端康成著・舞姫の暦
川端康成著・舞姫の暦 「舞姫の暦」・川端康成著(毎日新聞社)夏鳥が南の国へ、サヨウナラ冬鳥が北の国から、コンニチワ狐の恋の季節が近づいた峠の彼方の山深で、弓子「どうしても東京に行ってしまうの ?」国男「東京に行って学問をする、しばらく別れよう ... » more
テーマ 川端康成 文学

川端康成著・ある人の生のなかに 「ある人の生のなかに」・川端康成著(講談社文芸文庫)御木麻之介氏は小説家である。東京の旧市内で妻・順子と二人の子供、好太郎(兄)とその妻・芳子、それに妹のやよいと暮らしている。これだけなら別段変ったところもない一家であるが、御木氏の ... » more
テーマ 川端康成 文学

クリスマスも終わり・・・・さあ!御正月・・日本の美しさを・・・ 思ったより多くの雪になりました。しかしもはや市内にはほとんど雪が残っていません。冬の金沢にしては、今日は青空が広がっています。こんな日は本当に珍しく、年末の大掃除には最高の日です。クリスマスもいつの間にか終わったよう ... » more

川端康成著・美しさと哀しみと 「美しさと哀しみと」・川端康成著(中公文庫)久しぶりに川端康成です。このところ三島由紀夫が続きましたので、胃もたれ気味で体調が悪い。たぶん、こってりした油に祟られたのだと思います。そこでここは油抜きの精進料理で胃の調子を整えることに ... » more
テーマ 川端康成 文学

箱根文庫第36夜 対局・箱根
今回は文豪シリーズ、川端康成の登場です。本因坊の引退碁を観戦した川端康成が描いた『名人』の紹介です。(昭和37年9月刊の新潮文庫版をテキストにしています。)本因坊秀哉名人と大竹七段との半年に渡って行われた対局。それは名人の引 ... » more

東京国際映画祭・「掌の小説」がまあよかった 第22回東京国際映画祭。日本映画・ある視点部門の「掌の小説」を見てきたよ。舞台挨拶つき。文豪・川端康成の、122もの掌編が詰まった「掌の小説」から、「笑わぬ男」「有難う」「日本人アンナ」「不死」4編を若手監督4人の手によりオムニバス ... » more

e-x-m-s古都('80)
古都('80) 川端康成原作、市川崑監督作品、1980年。山口百恵、岸恵子、三浦友和、實川延若、ほか出演。これは川端作品の映像化としては理想的ではないか。川端康成の小説は数多く映画化されているが中々成功しない。もちろん映画としてよくできてい ... » more

e-x-m-s川のある下町の話
川のある下町の話 川端康成原作、衣笠貞之助脚本、監督作品、1955年。 根上淳、有馬稲子、山本富士子、川上康子、ほか出演。モテモテのイケ面インターンをめぐる3人の女性たちの物語。焼け跡の下町。美男で爽やかで誰からも好かれる医者の卵、栗田義三。 ... » more

e-x-m-s舞姫
舞姫 川端康成原作、新藤兼人脚本、成瀬巳喜男監督作品、1951年。山村聡、高峰三枝子、岡田茉莉子、二本柳寛、ほか出演。岡田茉莉子さんのデビュー作です。当初、娘役は杉葉子さんだったのだそうですが母親役の高峰さんがそれを嫌って岡田さ ... » more

切手と文学川端康成の年賀状
川端康成の年賀状 鎌倉文士と言えば、40年前にノーベル文学賞を受賞した川端康成が、もっともよく知られた作家と言えるでしょう。昭和10年、36歳の川端は鎌倉の浄明寺に居を定め、以降、昭和47年4月16日に自らの命を絶つまでの後半生を、鎌倉で過ごしました。 ... » more

一日一編「片腕」 川端康成
「片腕」 川端康成 かなり変な作品です。ある娘が自分の右腕を肩からはずし、主人公である「私」に貸してやるところから物語は始まります。この右腕はしゃべります。また、「私」は娘の腕と自分の右腕を付け替えたりします。疲れているときは読まないほうが ... » more

マルジナリア川端康成著・乙女の港
川端康成著・乙女の港 「乙女の港」・川端康成著(国書刊行会)これは川端康成の少女小説で、昭和12年6月号より13年3月号まで「少女の友」に連載されたものです。この小説を女子学生間の友情と見るか、同性愛と見るかは読者の勝手ですが、少し読み進めば、エスの小説 ... » more

e-x-m-s「雪国」あそび
「雪国」あそび 「雪国」あそび、村松友視著、恒文社刊、2001年。小説雪国の特徴をひと言でいうなら、端的であるということだろうか。恐ろしく省略された文章だという気がする。それは読み足らないのではなく、必要のないから省かれているのだと思う。時間が伸び ... » more
テーマ 川端康成 音楽

e-x-m-s雪国
雪国 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。(雪国より)川端康成原作、豊田四郎監督作品、1957年。池部良、岸恵子、八千草薫、ほか出演。東京在住、妻子持ちで有閑的身分の島村は、旅の雪国で出会った芸者 ... » more
テーマ 川端康成 音楽

 

最終更新日: 2016/11/10 16:21

楽天市場のおすすめ商品

「川端康成」のブログ関連商品

» 「川端康成」のブログレビュー をもっと探す

「川端康成」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る