誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童文学

児童文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 文学
テーマ「児童文学」のブログを一覧表示!「児童文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童文学」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

夏菜の野菜畑ラフ画
今日、某社編集様から、本になるときの「ラフ画」が送られてきました。まだ本描きになる前の段階ですが、それでもなんて素敵なこと。心に染みいる絵の数々、画家の先生に心から感謝の一日でした。午前中にその「ラフ画」を拝見しつつ、文章と ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑新作に取組中
書きかけのまま、ほったらかしていた中編に取組中。私は気が弱いので、もしもつまらんものしか書けなかったらどうしようと思うとヒジョーに気が重い。しかし、そう思って逃げに走っていると、それはそれでヒジョーに辛くなる。どちらに転んでも、 ... » more

早くないかい? 休み明けで、お店に行ったら・・・スノードロップの蕾が!ちと早くないですかい?(^_^;)今まで、スノードロップはあまりにもあまりにもかなぁ〜???ってことで、植えなかったんですが、去年、読書会で、久々 ... » more

クローディア 昨日は、今年初の<子どもの本を楽しむ会>でした(^.^)まずは、ホットワインで乾杯(笑)今回の課題図書は、『クローディアの秘密』(E.L.カニグズバーグ/作岩波書店)クローディア ... » more

三びき荒野を行く(シーラ・バーンフォード/原作・山本まつよ・訳) タイトルは失念したけれど、子供の頃に、愛犬が飼い主を求めて旅をするというドラマを観たことを思い出しました。モデルはこの物語なのでしょうか?それとも動物が飼い主の下へ旅するという物語はもっと前からあるのでしょうか?それとも元になっ ... » more

ごきげんいかが がちょうおくさん 宇治児童文学サークル、12月(2013年)の課題です。清水眞砂子氏の書評『大人が読みたい子どもの本』の中から選びました。ミリアム・クラーク・ポター作松岡享子訳河本祥子絵作者は1886年、アメリカのミネソタ州生まれ。1 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑子供に寄り添う心
子供に寄り添う心 小児科医で児童文学作家の井嶋敦子先生が、このたび紙芝居とアンソロジーを出されました。「食べられないよアレルギー」「ぼくたちの勇気〜心といのちを守る5つの童話」どちらも、小児科医としての目線が温かいです。毎 ... » more

夏菜の野菜畑水面下でいろいろと
現在、ふたつの作品がいろいろと進行中です。今日こんなことがあってね……とか書きたいけれど、やっぱり進行中の話のことをぺらぺらブログで喋るのはいかんですな。というわけで、なんにも書けないけれど、とにかくいろいろ頑張ってます。 ... » more

今年最後の子どもの本を楽しむ会 先日は、今年最後の<子どもの本を楽しむ会>でした(^.^)早いなぁ。。。(^_^;)今回の課題図書は、『ハヤ号セイ川をいく』(フィリッパ・ピアス/作講談社)ハヤ号セイ川をいく (講談社青い鳥文庫 (75‐ ... » more

夏菜の野菜畑光のうつしえ
光のうつしえ 尊敬してやまない、朽木祥先生の新刊です。講談社児童文学新人賞の授賞式でも、大変お世話になりました。憧れの朽木先生は想像した通り、包み込むような優しい笑顔が印象的で。読み終えたとき、あの穏やかな笑顔が目の前に浮かび、目頭が熱くなり ... » more

夏菜の野菜畑義母の喜寿祝い
義母の喜寿祝い 昨日は義母の喜寿祝いでした〜。 持病の悪化で、お友達との蟹食い旅行に行けなかった義母。その代わりに、家でカニ鍋でお祝いしました。いつも家にいないムスコも参加。たまには、バアちゃん孝行しなくちゃね!☆某 ... » more

夏菜の野菜畑お薬よ、ありがとう。
お薬よ、ありがとう。 今日は3か月に一度の病院の日。 私は一応持病があって、その経過観察が必要だし、飲んでる薬のせいでコレステロールなど上がりまくり。先日からそれを下げる薬も飲んでます。けど近頃体にええことしてへんし(--;) 机の前にじいっ ... » more
テーマ 雑感 児童文学

「てのひら咲いた」 別司芳子著 合評会や勉強会で、たびたびご一緒させて頂いている、別司芳子さんの新刊です。いつも珠玉の作品をお書きになる別司さんですが、今回は特に重量感のある一冊です。児童会会長の菜月ちゃん、その母玲子先生、学級崩壊を引き起こす少年、隼人。 ... » more

夏菜の野菜畑季節風大会
東京から帰ってきました〜。いやー、勉強になった、勉強になった。今回は初めて、ファンタジー分科会というのに参加したのですが、とにかく皆さんの的確で鋭いご批評に舌を巻いてしまいました。普段から、どれだけよく勉強なさっているかがし ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑明日から季節風大会
台風、なんとか南の海上へそれてくれたみたい。この分だと新幹線、止まることもなさそうね。あしたあさっては、東京で季節風大会です。全国から作家、書き手が大集合して、互いの生原稿を批評し合うというイベントです。私は「ファンタジー分 ... » more
テーマ 児童文学

ストロベリー・ブルー(香坂直/著) 中1の娘のお勧めの一冊。キラキラ光るプリズムのような青春がつまってました。ドラマっぽすぎず、本当にそこらへんの中学生が過ごしていそうな感じがよかったです。良くも悪くも登場人物がみんな自分に正直。でも自分の中学時代を自分のこと ... » more

きみの友だち(重松清/著) 今まで読んだ重松清さんの作品はどうもお説教臭いような優等生的な感じがしてあんまり好きじゃなかったのですが、これはかなり引き込まれました。思春期の閉塞感を描いた作品はいくつも読んできましたが、この物語も思春期の大変さがよくでているなあ、と ... » more

北森紀子の“さんぽっく”ねずみ女房
ねずみ女房 児童文学サークル10月の課題です。作者はルーマ・ゴッデン1907年イギリス生まれ。1998年90歳で死去。『人形の家』ほか多くの作品が出ています。今回課題として取り上げたのは『ねずみ女房』です。{%クロー ... » more
テーマ 児童文学

夕暮れのマグノリア(安東みきえ/著) 思春期の息苦しさってこんなふうにファンタジーをからめて表現できるんですね。ちょっと優しくちょっとそらおそろしい物語。大きな事件やドラマはないけど、ふとした心の隙間や考えや時間のエアポケットにすべりこむような不思議な出来事たち。も ... » more

夏菜の野菜畑とりあえず書き直し第一稿
もー、駄目。ばったりちと休む〜。我ながらむっちゃ頑張って、書き直し第一稿ができあがった……。けど、わかってますよ。これは、ただのたたき台。これからもっともっと、詰めていかないと。じ ... » more

夏菜の野菜畑楽しいような気がしてきた
胃が痛いよー、胃が痛いよー、と思いつつ付箋だらけの原稿に向かっているが、だんだん気持ちが乗ってきつつある。全体像がぼんやり見えてきたような気もするが、やっぱり見えてないところもある。書いてみないと、わかんないとこもある。(←これ ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑のろのろ
改稿。文章を書いては消し、書いては消し。また書いて、気に入らなくて、また消して。これの繰り返し。自分が気難しい陶芸家のおじいさんになってる気がする。きのう書いたところを、今日また補充して、やっとちょっと気に入った。 ... » more

夏菜の野菜畑頑張るぞ!
9月も今日で終わり。今月で、某原稿の最終チェックが完了した。来月に、季節風大会に持っていく原稿もひととおり書けた。(推敲はまだだけど)明日からは、別の原稿の改稿に集中せねば!きっと、ここがダメなんじゃないかなーと思っていたところ ... » more
テーマ 児童文学

龍のいるまわり道                 昨日
昨夜、SF・ファンタジー研究会の代表・浅井利之さんのお通夜に参列しました。数年前に「季節風」の大会に参加したおり、その分科会の世話人をしてらした浅井さんに声をかけていただいて、ファン研に入れていただきました。わた ... » more
テーマ 日記 物語を書く 児童文学

今日は、かわいい制服姿で、中学生ふたりが来てくれました(^.^)今までは、一家で、前回はお母さんと来てくれたYさん今回は、本好きのお友だちと来てくれました。前回来てくれた時、 ... » more

夏菜の野菜畑塾の教材
塾の教材 私が六年前に書いた本が、塾の教材になったそうです。しかし吃驚したのですが、刷っている冊数が本体の出版冊数よりずっと多い\(◎o◎)/!さすが大手塾さまだと感心しましたが、こんなに刷って余らないのかなあ。そんなにたくさん、生徒 ... » more

復刊 <岩波の子どもの本>創刊60周年記念で復刊された絵本がありますよ(^。^)『みんなの世界』(マンロー・リーフ文・絵/光吉夏弥訳)『スザンナのお人形ビロードうさぎ』(マージェリー・ビアンコ文 高野三三男絵/石井桃子訳)『ア ... » more
テーマ 絵本 児童文学

夏菜の野菜畑海のむこう
海のむこう 以前、季節風大会でお世話になりました、土山優さんの絵本です。 北海道の空気感が、まるごと伝わる絵本です。 短い夏。あっというまに過ぎる秋。そして海がなまり色になり、雪雲が、吹雪がやってくる。 閉ざされた冬。けれども、その ... » more
テーマ 児童文学

プロイスラー 7月の読書会は、プロイスラーの『クラバート』(偕成社)を取り上げましたが、先日『語りべのドイツ児童文学O・プロイスラーを読む』(吉田孝夫/著かもがわ出版)という本をみつけたので仕入れてみました(^.^)語りべのドイツ ... » more

講談社児童文学新人賞 授賞式 講談社児童文学新人賞の、授賞式に行ってきました。いろいろ報告したいことがいっぱいで、あれも書こう、これも書こうと思っていました。 選考委員の先生方が、ほんとうに素敵で、お優しかったこととか。 歴代の受賞者の方々が、キラ星のごとく ... » more

 

最終更新日: 2016/11/26 10:21

「児童文学」のブログ関連商品

» 「児童文学」のブログレビュー をもっと探す

「児童文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫)
光文社 C・S・ルイス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る