誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童文学

児童文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 文学
テーマ「児童文学」のブログを一覧表示!「児童文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童文学」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

難しい ちょっと前から、翻訳家の原田勝さんを講師にした翻訳勉強会が、当店を会場にして行われています(^.^)みなさん、本当に熱心に参加されているようで、やる気満々感が、私にも伝わって来ますそりゃー ... » more
テーマ 児童文学 翻訳家 イギリス

子どもの本(古典)を楽しむ会 先週の読書会のことをすっかり書き忘れていました(笑)今回は、『だれも知らない小さな国』(佐藤さとる/作講談社)コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ)講談社 佐藤 さとる Amazonアソ ... » more

北森紀子の“さんぽっく”冒険者たち
冒険者たち 宇治児童文学サークル2015年11月の課題は斉藤惇夫・作『冒険者たちーガンバと15ひきのなかまたちー』でした。なんと、38年の歴史をもつ、我がサークルにおいて、この課題が取り上げられたのは、初めてでした。 ... » more
テーマ 児童文学

あしをなくしたウミガメ悠ちゃん 中谷詩子さんの新刊です。サメに足を食いちぎられたしまったウミガメに、人工ひれを作ったお話。ノンフィクションです。少しでも本物に近いひれを作るため、改良に改良を重ねて努力する人たち。読んでいると、日本人のやさしさととも ... » more
テーマ 児童文学

ウーリー・オルレブ『走れ、走って逃げろ』の映画化(2013年) 戦時下ポーランドにおける実在のユダヤ人少年の逃避行をもとに、ウーリー・オルレフが執筆した児童文学、『走れ、走って逃げろ』(岩波少年文庫・母袋夏生訳)がぺぺ・ダンクァート監督によって映画化された。劇場上映用の邦題は『ふたつの名前を持つ少年』に ... » more

夏菜の野菜畑天と地の方程式 
天と地の方程式  読書の秋と言うことで、このところ新しい本との出会いが多いこの頃です。こちらも、ベテラン作家様の新刊。富安陽子さんの「天と地の方程式」こちらは一巻なのですが、二巻目はすでに発売され、三巻目は来年の三月に刊行だそうです。 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑茶畑のジャヤ
茶畑のジャヤ 今回も、尊敬する作家さんの本をご紹介。ベテラン作家、中川なをみさんの新作。「茶畑のジャヤ」です。私が中川先生に学んだことは数知れないのですが、特にひとつ挙げるとすればそれは、「物書きとしてのあり方」かもしれません。 ... » more
テーマ 児童文学

アサギをよぶ声 新たな旅立ち 高い評価を得た、前作「アサギをよぶ声」の続編です。これは第二巻ですが、完結編の第三巻の発刊も、間もなくのようです。この物語の魅力は、いろいろありますが、私が凄いなと思うのはファンタジー世界を構築しているリアリズムです。古 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑おはなしの森3
おはなしの森3 色とりどりのお話が21編、まるでアソートキャンディみたいに詰まった本を読みました(*^_^*)神戸新聞に連載中の「おはなしの森」が、単行本化されたものです。短いお話が月ごとに並んでいて、「朝読」なんかにぴったり。読者さんに愛され ... » more
テーマ 児童文学

シャーロット発見! うちのお店は、建物が古いせいもあってか、虫がよく入ってきちゃうんですが、ここのところ、クモのシャーロットが、ちっちゃ--いのから、普通の大きさのまで、やけに目立ちます(^_^;)外の植物を取ってきて、花瓶 ... » more

「気になる。行きたい。‥‥行けるか?」その2:佐藤多佳子さん×リンドグレーン 長くつ下のピッピ生誕70周年記念企画児童文学講演会「子どもの居場所−アストリッド・リンドグレーンが残したもの」日時:2015年10月15日 15:00-18:00会場:国際子ども図書館 日英同時通訳付無料詳しくは ... » more

「あの日とおなじ空」三刷です 昨年に上梓した「あの日とおなじ空」あちこちで課題図書やら推薦図書やらにしていただき、すでに三刷になりました。こんなご時世だからこそ、子供たちに知ってもらいたい。そんな気持ちで書いた本です。14や15で戦場に駆り出された、 ... » more
テーマ 児童文学

ご紹介するのを、すっかり忘れていました。名ばかり会員なのですが、「日本YA作家クラブ」に入れていただいています。HPに、会員に同じ質問をする、という「YA★バトン」というコーナー(?)があります。聞くところに ... » more
テーマ 児童文学 YA

「ワンダー Wonder 」  R・J・パラシオ著 ほるぷ出版 2015年 図書館で予約したのが来たんだけど、あれ?こんな本予約したっけ?と思いながら、ぱらぱら。最初の2ページを読んだら、やめられなくなった。そしてほぼノンストップで読了。めちゃ、良かったよ〜!!!ワンダー Wonde ... » more

大きなたまご 先月出版された岩波少年文庫の『大きなたまご』(オリバー・バターワース/作松岡享子/訳岩波書店)大きなたまご (岩波少年文庫)岩波書店 オリバー・バターワース Amazonアソシエイト by 面白かったです(^o^)これっ ... » more

今月の子どもの本(古典)を楽しむ会 先日の読書会・・・今回は、『あらしの前』『あらしのあと』(ドラ・ド・ヨング/著吉野源三郎/訳岩波書店)あらしの前 (岩波少年文庫)岩波書店 ドラ・ド ヨング Amazonアソシエイト by あらしのあと (岩波少年文 ... » more

夏菜の野菜畑上京してました
上京してました 講談社児童文学新人賞の授賞パーティーのため、上京してました。今年は久々に正賞が出て、佳作も二作という素晴らしい結果に。書籍化が待ち遠しいですね。http://ehon.kodansha.co.jp/literature_awar ... » more
テーマ 児童文学

二分間の冒険 宇治児童文学サークル2015年9月11日の課題は岡田淳『二分間の冒険』でした。1985年の作品です。お話の中の冒険はワクワクしたし、面白いと思いました。でも、どうして、竜の正体がサンショウウオだったの ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑ほぼ日手帳2016
ほぼ日手帳2016 来年の手帳が売り出されるシーズンになりました。毎年、糸井重里さんの「ほぼ日手帳」を愛用していたのですが、唯一の欠点は分厚くて重いこと。で、来年は一冊分を二冊に分冊したavecというものにしてみました。 半年分だから、持ち歩きも楽 ... » more
テーマ 雑感 児童文学

おー!待ってました!一年ぶりだよ!正統派YAか、とみせかけての、ファンタジー→ミステリー→そしてまさかのSF展開!あ、未読の方のため、あんまり言えない。けど、面白いよ!さらに、装画が鶴田謙二さんなんだよ〜! ... » more

映画化 今日、バンサンの「くまのアーネストおじさん」シリーズが映画化されることを知ってしまいました。げげげです予告を少し見ましたが、あの静かな作品がぁーーーーーーーー ... » more

アンソロジー できました(^^) 前からちょっとご紹介していた新刊、見本本が届きました(*^_^*)アンソロジー「秘密」講談社http://www.amazon.co.jp/dp/4062694964 「ホーリーアイ」というお話で、参加させて頂きました。 ... » more

気になる作家 最近の作家だと、なかなか気になる作家は出てきませんが、ベン・マイケルセンは、次の作品を待っていました。そして、いつの間にか新刊が出ていましたぁーーーー『コービーの海』(ベン・マイケルセン/作代田亜香子/訳すずき出版) ... » more
テーマ 児童文学

ガンバの冒険 先日来てくれたMさんとまだ来ないねぇ〜(笑)と言っていた薮内正幸美術館後期企画展の案内が来ました(^.^)今回は、ガンバ関連の展示らしい。。。冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間岩波書店 斎藤 惇夫 Am ... » more
テーマ 児童文学 原画展 美術館

北森紀子の“さんぽっく”冒険絵本
冒険絵本 宇治児童文学サークル2015年7月の課題は冒険をテーマにした絵本を持ち寄りました。外の世界を見に行くことで、自分の役割を知った『チョーシンくんのだいぼうけん』「よかったね」と「たいへんだ!」がくりかえされる ... » more
テーマ 児童文学

飛ぶ教室 先日の<子どもの本(古典)を楽しむ会>は、『飛ぶ教室』(エーリヒ・ケストナー/作)でした(^○^)基本は岩波版を読んできてね〜だったんですが、岩波と言っても今は、もともとの高橋健二さん訳と ... » more

夏菜の野菜畑今日図書室で
今日小学校の図書室で会った男の子が、とっても面白かった。 「オレ、インコ飼うててな、なんでも言うこと聞くねん。めっちゃ、ハッピー!」から始まり、フンフンと聞いているうちに、話がどんどんファンタジーになっていく(^^)「オレが夜お ... » more
テーマ 児童文学 心の肥やし

夏菜の野菜畑新刊情報
8月発売予定の、アンソロジーに参加させて頂きました。架空の中学「区立四葉中」を舞台に、「秘密」をテーマにしたお話が、5編収録されています。こちらです→http://www.amazon.co.jp/dp/4062694964 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑タイに行ってました。
タイに行ってました。 夫が赴任中のタイに行ってました。本屋さんはラノベっぽい本がいっぱい。下の2つは明らかに日本風味のようで、ちょっと違うような(^_^;)フードコートとか、お寿司やうどんがいっばいで日本語の案内もあるんですが、これもちょっと意味わか ... » more
テーマ 児童文学 心の肥やし 美味しいもの

ビーバー族のしるし 宇治児童文学サークル2015年6月の課題本です。エリザベス・ジョージ・スピアの作品。スピアは、アメリカの歴史物語の作家で、『からすが池の魔女』『青銅の弓』ではアメリカでもっとも権威のある児童文学賞ニューベリー ... » more
テーマ 児童文学

 

最終更新日: 2016/11/26 10:21

「児童文学」のブログ関連商品

» 「児童文学」のブログレビュー をもっと探す

「児童文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 魔術師のおい ナルニア国物語 1 (古典新訳文庫)
光文社 C・S・ルイス

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る