誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童文学

児童文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 文学
テーマ「児童文学」のブログを一覧表示!「児童文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

毎日新聞で連載が始まります 今日の毎日新聞に告知が出ていますが、6月1日より「読んであげて」のコーナーに「くじらじゃくし」を連載させて頂きます。上方落語風の童話なんですよ。舞台は江戸時代の大阪。商家の丁稚・定吉が、不思議なペットの世話を任され、いろいろ奮闘 ... » more
テーマ 児童文学

生きてごらん、大丈夫 今年3月『生きてごらん、大丈夫-子どもと本と出会いをつむぐ』(佐々波幸子/著かもがわ出版)という本が出版されました。生きてごらん、大丈夫かもがわ出版 2016-03-10 佐々波 幸子 Amazonアソシエイト by ... » more

14歳のノクターン(さとうまきこ) なんと主人公が母と同じ年。とは言っても田舎のお金持ちではない家でしたけど。読み始めていろいろ思い出しました。そうそう、私が中学生の時に制服のままダラダラしてたら言われましたよ。母が中学生の頃は身なりにそれはもう気を使ったもの ... » more

16日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『宝島』(スティーブンソン/作)とりあえず、福音館か岩波のものを読んでくることになっていました。私は、まず岩波少年文庫(海保眞夫/訳)を読んだんですが、うーーむ ... » more

「ケロニャンヌ」重版です♪ 昨年に講談社さんより出版した、拙著「ケロニャンヌ」が重版になったそうです。今日、担当編集者さんにご連絡いただきました。私にとって、「ナンセンスファンタジ−」という新領域に挑戦した作品なので、とても嬉しいです。「亡くなったペットの ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑プロット
ここんとこ、ずうっとプロットを考えていますが、ハッと気がつくと本文書いてる私(^_^;)ちがうちがう、プロットだ!と思うんですが、本文ぽく書かなきゃ、どうも推進力が出ない。漠然としたイメージだけで本文を書いてるわけですから、当然 ... » more
テーマ 児童文学

先日、Aさんからお知らせいただいたんですが、昨年8月に出版された『ぼくのおじいちゃん、ぼくの沖縄』(上條さなえ/作岡本順/絵汐文社)に誤った記述があるとのこと。で私も図書館で確認しました。p.114にここ ... » more

石井桃子 『ノンちゃん雲に乗る』 宇治児童文学サークル2016年度のテーマは“日本の児童文学をきずいた人たち”四月の課題が、石井桃子『ノンちゃん雲に乗る』です。初めて読んだのは、いつだったのか覚えていないほどなのですが、ノンちゃんが木 ... » more
テーマ 児童文学

2016 年4 月2 日(土) 前から 気になっていた本。 それを 読むのに一番よい時が巡ってきました。 本のタイトルは『アントン 命の重さ』 エリザベート・ツェラー著 中村智子訳 主婦の友社2007年12月発売 ... » more

卒業 ここのところ、某保育園の園長先生が、うちのお店のことを紹介してくださったようで、保護者の方が、ちょこちょこ来てくださいます\(^O^)/先生が紹介された絵本を買いにうちのお店に来てくださったり・・・今日も、お初の ... » more
テーマ 日記 児童文学

奥の手? 昨日は、<子どもの本(古典)を楽しむ会>でした(^o^)今回は、『くまのパディントン』(マイケル・ボンド/作ペギー・フォートナム/絵松岡享子/訳福音館書店)くまのパディントン (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)福音館 ... » more

デージェだっていちにんまえ 2016年3月宇治児童文学サークルの課題はヨーク・ファン・リューベン作/下田尾治郎訳の『デージェだっていちにんまえ』でした。いつも、図書館の本のバーコードに隠れている部分の絵が気になるのですが、カバー ... » more
テーマ 児童文学

ようこそ なぞなぞしょうがこうへ 北ふうこさんの新作。「ようこそなぞなぞしょうがっこうへ」これから一年生になる子どもたちへ、ぜひぜひ紹介したい本が出ました。「小学校ってどんなとこ?」とワクワクしながら、ちょっとドキドキしている子どもたち。この本を読んだら、ワ ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑進行中のお仕事
ただいま、お仕事に取組中です。ひとつめは、某媒体に掲載する、お話の執筆。とっても素敵な画家さんとお仕事させて頂けることになり、ワクワクしているところです。今、仕上げにかかっているところ。ふたつめは、これからゲラが進行して ... » more
テーマ 児童文学

ジンゴジャンゴの冒険旅行 宇治児童文学サークル2016年2月の課題は、シド・フライッシュマン作『ジンゴジャンゴの冒険旅行』です。孤児院に預けられていた少年ジンゴは、ひょんなことから宝の地図がほってあるというクジラの歯を手に入れます。 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑村上ショージさん
あっというまに一月も半ば過ぎました……などというブログを書いてから一ヶ月。はい、またまたあっというまに、二月も半ば過ぎました(笑)今日も、お仕事しています。なーんかちょっと、全体にパンチが足りない気がするんですが、これから日数をかけ ... » more
テーマ 雑感 児童文学

夏菜の野菜畑あっというまに……
あっというまに…… 一月も半ば過ぎました。日々が過ぎ去る早さに、ついていけない私でございます(^_^;)今、決まっているお仕事がひとつ。決まっていないけど、進行中の原稿が一つ。考えたり書いたり、修正したりしています。原稿に向かっていると ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑創作講座のご案内
創作講座のご案内 明けましておめでとうございます! 今年最初のブログは、創作講座のご案内です。 少人数制のため、昨年は早々にお席が埋まってしまいました。ご希望の方は、どうぞお早めのお申し込み、よろしくお願い申し上げますm(__)m ***** ... » more
テーマ 児童文学

エルマーのぼうけん 宇治児童文学サークル2016年1月の課題です。サークルメンバーの中には、子どもの頃に毎日何度も読んで、“エルマーのぼうけんごっこ”をして遊んだというひとがいました。リュックに、お菓子やおもちゃを詰め込んで、 ... » more
テーマ 児童文学

ツバメ号とアマゾン号 宇治児童文学サークル2015年12月の課題ですアーサー・ランサム作神宮輝夫訳1930年の作品です。登場人物は、作者の身近に実在していた子どもたちをモデルにしていて、実話にもとづいて書かれたお話のようで ... » more
テーマ 児童文学

山のトムさん@wowow 12/8号の「婦人公論」に山のトムさん関連で、松岡享子さんと小林聡美さん、群ようこさんの鼎談が載っています(^.^)ドラマの脚本は、群さんなんですね。現代版に直しているということで、どう?(^_^;)と思って ... » more

夏菜の野菜畑子どもたちと交流を
子どもたちと交流を 先日は市内の小学校に呼んでいただきました。「読書クラブ」の皆さんと、交流するためです。4〜6年で構成される読書クラブは、なんと子どもたちから「作って欲しい」ということで結成されたクラブ。そのため、メンバーの子どもたちはみんな読書が大 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑しゅるしゅるぱん
しゅるしゅるぱん 「しゅるしゅるぱん」おおぎやなぎちか著児童文学ファンタジー大賞・佳作受賞作品です。――いないようで、いるものが住んでいるところ――柳田国男の「遠野物語」や、宮沢賢治の童話を読むにつれ、それが私の東北地方のイメージにな ... » more
テーマ 児童文学

難しい ちょっと前から、翻訳家の原田勝さんを講師にした翻訳勉強会が、当店を会場にして行われています(^.^)みなさん、本当に熱心に参加されているようで、やる気満々感が、私にも伝わって来ますそりゃー ... » more
テーマ 児童文学 翻訳家 イギリス

子どもの本(古典)を楽しむ会 先週の読書会のことをすっかり書き忘れていました(笑)今回は、『だれも知らない小さな国』(佐藤さとる/作講談社)コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ)講談社 佐藤 さとる Amazonアソ ... » more

北森紀子の“さんぽっく”冒険者たち
冒険者たち 宇治児童文学サークル2015年11月の課題は斉藤惇夫・作『冒険者たちーガンバと15ひきのなかまたちー』でした。なんと、38年の歴史をもつ、我がサークルにおいて、この課題が取り上げられたのは、初めてでした。 ... » more
テーマ 児童文学

あしをなくしたウミガメ悠ちゃん 中谷詩子さんの新刊です。サメに足を食いちぎられたしまったウミガメに、人工ひれを作ったお話。ノンフィクションです。少しでも本物に近いひれを作るため、改良に改良を重ねて努力する人たち。読んでいると、日本人のやさしさととも ... » more
テーマ 児童文学

ウーリー・オルレブ『走れ、走って逃げろ』の映画化(2013年) 戦時下ポーランドにおける実在のユダヤ人少年の逃避行をもとに、ウーリー・オルレフが執筆した児童文学、『走れ、走って逃げろ』(岩波少年文庫・母袋夏生訳)がぺぺ・ダンクァート監督によって映画化された。劇場上映用の邦題は『ふたつの名前を持つ少年』に ... » more

夏菜の野菜畑天と地の方程式 
天と地の方程式  読書の秋と言うことで、このところ新しい本との出会いが多いこの頃です。こちらも、ベテラン作家様の新刊。富安陽子さんの「天と地の方程式」こちらは一巻なのですが、二巻目はすでに発売され、三巻目は来年の三月に刊行だそうです。 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑茶畑のジャヤ
茶畑のジャヤ 今回も、尊敬する作家さんの本をご紹介。ベテラン作家、中川なをみさんの新作。「茶畑のジャヤ」です。私が中川先生に学んだことは数知れないのですが、特にひとつ挙げるとすればそれは、「物書きとしてのあり方」かもしれません。 ... » more
テーマ 児童文学

 

最終更新日: 2016/06/01 15:50

「児童文学」のブログ関連商品

» 「児童文学」のブログレビュー をもっと探す

「児童文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語
岩波書店 ミヒャエル エンデ

なおみ (日本傑作絵本シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル なおみ (日本傑作絵本シリーズ)
福音館書店 谷川 俊太郎

生きてごらん、大丈夫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 生きてごらん、大丈夫
かもがわ出版 佐々波 幸子

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
徳間書店 宮崎 駿

坊っちゃん (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 坊っちゃん (新潮文庫)
新潮社 夏目 漱石

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る