誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童文学

児童文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 文学
テーマ「児童文学」のブログを一覧表示!「児童文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ガオ とさけびたい ぜんぶどんぐりでできてるって、わかるかな。どんぐりがえにみえるかな。おおきなこえでよんだらびびるかな。ききにおいで。つれておいで。ガオ (こどものとも傑作集)福音館書店 田島 征三 Amazonア ... » more
テーマ 児童文学 朗読

変な感想(^_^;) 猪熊葉子さんの『大人に贈る子どもの文学』(岩波書店)が、先月末に出版されたんですが、発注中に予約が入るということを何度か繰り返し・・・やっとお店の棚に収まりました(^.^)大人に贈る子どもの文学岩波書店 猪熊 葉子 Am ... » more

惜しいっ 先月出版された『プーさんとであった日』(リンジー ・マティック/ぶん ソフィー・ ブラッコール/え山口文生/訳評論社)が入ってきました。プーさんと であった日: 世界で いちばん ゆうめいな クマの ほんとうに あった お話 (児童 ... » more

子どもの本(古典)を楽しむ会 先日12日(月)の読書会は『ジム・ボタンの機関車大旅行』(ミヒャエル・エンデ/作 上田 真而子/訳岩波書店)でした(^.^)ジム・ボタンの機関車大旅行 (岩波少年文庫)岩波書店 ミヒャエル・エンデ Amazonアソシエイト by ... » more

灰谷健次郎『兎の目』 宇治児童文学サークル2016年9月の課題テーマは“日本の児童文学を築いた人たち”この作品が出版された頃教師を目指すひとなら是非読みなさいと薦められた作品まだまだ子どもの家庭環境の差が見えていた頃子どもの家 ... » more

「ゆず先生は忘れない」 白矢三恵 福島正美記念SF童話大賞を受賞された、白矢三恵さんの二冊目です。「なあ、みんな。みんなが住んでいるここで、二十年前に大きな地震が起こり、ものすごい被害があったことは知ってるよな。先生はその日のことを、今でもはっきり覚えている。ぜった ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑今日の朝日新聞
今日の朝日新聞 お友達がわざわざ連絡してくれて知ったのですが、今朝の朝日新聞に「レイさんといた夏」をご紹介頂きました。うちは朝日新聞じゃないので、駅でも買おうと思っていたのに、バタバタして買う暇がなく……。ところが、午後から会議で梅田に出たら、 ... » more
テーマ 児童文学

読書 「きょうも生きて 第2部」 坂本遼著「きょうも生きて第2部」を急に読みたくなってアマゾンで注文して、一気に読みました。私が小学校時代に読んですごく感激してその題名をはっきり覚えていました。そして、私が小学校の先生になりたいと思ったきっかけを作ってくれた児童文学です ... » more
テーマ 児童文学 読書 きょうも生きて

なんでだっけ? 今日は酷いお天気でした(>_月にハミング (児童単行本)小学館 マイケル モーパーゴ Amazonアソシエイト by とても良かったです(*^。^*)対象はYAですね。第一次大 ... » more
テーマ 児童文学

素直に読むべし?(^_^;) 当店でも既にちょこちょこ買っていただいているんですが、『Wonderワンダー』(R・J・パラシオ/著 中井はるの/訳ほるぷ出版)ってご存知ですか?ワンダー Wonderほるぷ出版 R・J・パラシオ Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑7月も末に
7月も末に 7月中旬から、夫のいるタイに行ってました。チェンマイまで行って、少数民族の方々にも会えました。帰ってきてから、「レイさん」のことで、たくさんの人からご感想を頂き、ああ、書いてよかったなあ。ありがたいなあとしみじみ思いました。 ... » more

やっと梅雨が明けたようですねさて、とりあえずやってみるか(^o^)で始めた読書会<子どもの本(古典)を楽しむ会>ですが、なんとか続いていて、今年5年目に入りました(^.^)で今まで読ん ... » more

男子の日? 今日は、めずらしく男性のお客さまが多い日でした(^.^)特にお子たちはみんな男子だったような・・・嬉しかったのは、小学生の時から来てくれているKくんと、Hくんが久々に来てくれたこと(*^。^*)Kくんは、もう ... » more

講談社児童文学新人賞最新刊 去年、講談社児童文学新人賞を受賞された、戸森しるこさん。そして佳作を受賞された、小俣麦穂さん。お二人のデビュー作が、そろって刊行されています。「ぼくたちのリアル」そいつの名前は、秋山璃在。ぼくたちの学年で、リアル ... » more
テーマ 児童文学

子どもの本(古典)を楽しむ会 先日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『ムギと王さま』(エリナー・ファージョン/作エドワード・アーディゾーニ/絵石井桃子/訳岩波書店)ムギと王さま (ファージョン作品集 3)岩波書店 エリナー・ファージョン Amaz ... » more
テーマ ストーリーテリング 児童文学 読書会

新刊「レイさんといた夏」 新刊「レイさんといた夏」が、7月6日に刊行となります。 【引きこもりの少女・莉緒の部屋に現れたのは、幽霊になったヤンキー少女・レイさん。ヒッキーとヤンキー、通い合い始めたふたりの心。少女たちは、むき出しの自分の心に触れた――。】 ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑水晶玉を見つめるな
水晶玉を見つめるな 赤羽じゅんこさんの「水晶玉を見つめるな!」を読みました。私がとっても好きなタイプの物語だったので、こちらでもご紹介を。私は子供の本というのは、二つのことが大切だと思っています。@サクサクと読み進むことのできる、読みや ... » more
テーマ 児童文学

「ケロニャンヌ」の嬉しいお知らせです(^^)平成28年度埼玉県夏のすいせん図書に選定されました。http://www.saikyou.co.jp/serieslist/suisen/natu_suisen.html埼玉県の子 ... » more
テーマ 児童文学

くじらじゃくし 連載中です 「珍しいペットが欲しい」と駄々をこねるイトはん。困った旦さんは、定吉を珍獣ハンターとして抜擢するのでした。中西らつ子さんの挿絵が可愛い「くじらじゃくし」ただいま毎日新聞西日本版で連載中です(^^)http://mainichi. ... » more
テーマ 児童文学

毎日新聞で連載が始まります 今日の毎日新聞に告知が出ていますが、6月1日より「読んであげて」のコーナーに「くじらじゃくし」を連載させて頂きます。上方落語風の童話なんですよ。舞台は江戸時代の大阪。商家の丁稚・定吉が、不思議なペットの世話を任され、いろいろ奮闘 ... » more
テーマ 児童文学

生きてごらん、大丈夫 今年3月『生きてごらん、大丈夫-子どもと本と出会いをつむぐ』(佐々波幸子/著かもがわ出版)という本が出版されました。生きてごらん、大丈夫かもがわ出版 2016-03-10 佐々波 幸子 Amazonアソシエイト by ... » more

14歳のノクターン(さとうまきこ) なんと主人公が母と同じ年。とは言っても田舎のお金持ちではない家でしたけど。読み始めていろいろ思い出しました。そうそう、私が中学生の時に制服のままダラダラしてたら言われましたよ。母が中学生の頃は身なりにそれはもう気を使ったもの ... » more

16日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『宝島』(スティーブンソン/作)とりあえず、福音館か岩波のものを読んでくることになっていました。私は、まず岩波少年文庫(海保眞夫/訳)を読んだんですが、うーーむ ... » more

「ケロニャンヌ」重版です♪ 昨年に講談社さんより出版した、拙著「ケロニャンヌ」が重版になったそうです。今日、担当編集者さんにご連絡いただきました。私にとって、「ナンセンスファンタジ−」という新領域に挑戦した作品なので、とても嬉しいです。「亡くなったペットの ... » more
テーマ 児童文学

夏菜の野菜畑プロット
ここんとこ、ずうっとプロットを考えていますが、ハッと気がつくと本文書いてる私(^_^;)ちがうちがう、プロットだ!と思うんですが、本文ぽく書かなきゃ、どうも推進力が出ない。漠然としたイメージだけで本文を書いてるわけですから、当然 ... » more
テーマ 児童文学

先日、Aさんからお知らせいただいたんですが、昨年8月に出版された『ぼくのおじいちゃん、ぼくの沖縄』(上條さなえ/作岡本順/絵汐文社)に誤った記述があるとのこと。で私も図書館で確認しました。p.114にここ ... » more

石井桃子 『ノンちゃん雲に乗る』 宇治児童文学サークル2016年度のテーマは“日本の児童文学をきずいた人たち”四月の課題が、石井桃子『ノンちゃん雲に乗る』です。初めて読んだのは、いつだったのか覚えていないほどなのですが、ノンちゃんが木 ... » more
テーマ 児童文学

2016 年4 月2 日(土) 前から 気になっていた本。 それを 読むのに一番よい時が巡ってきました。 本のタイトルは『アントン 命の重さ』 エリザベート・ツェラー著 中村智子訳 主婦の友社2007年12月発売 ... » more

5年生も終わりのryo・tomo。最近の我が家のブーム(本)は、「灰谷健次郎」元々私が子どもの頃から灰谷さん大好きで、あまりに懐かしくて買ったこの本。『島物語』【中古】 はだしで走れ島物語1 / 灰谷健次 ... » more

卒業 ここのところ、某保育園の園長先生が、うちのお店のことを紹介してくださったようで、保護者の方が、ちょこちょこ来てくださいます\(^O^)/先生が紹介された絵本を買いにうちのお店に来てくださったり・・・今日も、お初の ... » more
テーマ 日記 児童文学

 

最終更新日: 2016/09/23 10:35

「児童文学」のブログ関連商品

» 「児童文学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る