誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    重松清

重松清

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「重松清」のブログを一覧表示!「重松清」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「重松清」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「重松清」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜くちぶえ番長〜 題名が気になって買ってまいました。小学四年生に連載されていたらしくて、読み易く二時間程度で読破しましたよ^^番長宣言をした転校生"マコト"と優等生"ツヨシ"の一年間の短い淡い思い出が語られます。誰でも経験のあるような淡い思い ... » more

ピヨピヨパンチきみの友だち
きみの友だち 読んだのに書いてなかった。重松清さんの「きみの友だち」。妹が「私が本っておもしろいって知った最初の作品」と言って貸してくれました。読みやすくておもしろかったです。最後どうなるかと思ったけどこういうわけね。すごいすごい。これは予想できないわw ... » more
テーマ 重松清 君の友だち

☆-- KIMUCO blog --☆涙の理由
涙の理由 タイトルに魅かれて、衝動買いしてしまいました。涙の理由Takarajima Books 重松清 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ茂木健一郎さんと重松清さんが、涙についていろいろ対談しているんですが、涙って奥 ... » more

『誰か教えてくれないか。「幸せ」って、どう定義づければいいんだろう―』重松清著「ブルーベリー」を読みました。あらすじ≪1981年。東京に対する憧れと怯えを抱えて上京した十八歳の僕。いろんな場所で、いろんな人たちと出会い、 ... » more
テーマ 重松清 読書

珈琲Time『ツバメ記念日』重松清
重松清の作品を読むと、哀しいし切なくなるけど、同時になんだか少しだけ据わりの悪いような気持ちになるのです。なぜだろう。この短編集は春を共通項にしているということです。家族やふるさとを題材に、春のうら寂しい心情を描いた作品のオンパレードで ... » more

『人間は前ばっかり向いているわけにはいかないんだよ。下を向いたり後を振り返ったりするのが人間だと思うんだ』重松清著、「カシオペアの丘で」を読みました。あらすじ上巻≪帰ろう、俺たちの丘へ。肺の腫瘍は、やはり悪性だった――。 ... » more

夕芽の EX LIBRISナイフ
ナイフ この本すごいわ。覚悟して読んだほうがいいと思います。5編の短編が入っているんだけど、一つ読み終わるとすぐに次の作品に移れないぐらい胸がいっぱいになってしまって、心の整理が必要だった。『ナイフ』重松清(新潮文庫)共通す ... » more
テーマ 重松清

それがマンガにしろ小説にしろ、DVDにしろ、なんであっても、生徒からそうしたものを借り受けるときは引き締まる思いがする。形はどうあれ、そこには生徒たちの告白がある。僕の内面、私の思い、言葉にできな ... » more
テーマ 教育 子供 重松清

翻訳トラの穴っ!Web.さんにん!
MickとKeithのグリマー・ツインズさながらのTu君とTa君。そこへ登場したのが、彼らの心情と繊細にリンクしていく同学年のMiちゃん。彼女のお母さん曰く、「難しい子」も、実は文学が大好きで人一倍、誠実 ... » more

夢見本棚。ビタミンF
ビタミンF 『ビタミンF』重松清/新潮社この本で、重松清さんの作品を初読。・・・上手い。この人めちゃくちゃ上手い。 リアルだよ。すごくリアル。 これは37・38歳あたりの、仕事もそこそこ、家庭もそこそこな、 ... » more
テーマ 短編集 重松清

毛布と共に貸し出されるレンタル猫と、借り主となり二泊三日を共に過ごす人々のオムニバスドラマです。猫を飼うのでなく借りるというところからして既に暗雲立ちこめています。案の定借り主は様々な問題で病んでおり、わずかな救いをレンタル猫に求めるス ... » more

秋野書庫。送り火
送り火 久しぶりの記事ですね…サボっててすみません。本は読んでるんですが、書く暇がないだけです…。重松清「送り火」重松清の書く家族は、いつもいつもリアリティーがあるんですよね。本当にそんな ... » more

秋野書庫。疾走
疾走 友人に薦められて読んだ本。重松清「疾走」文庫版は、上下巻に分かれてます。一気に読みきりました。いやはや、暗いのなんのって。薦めてくれた人がもともと明るい話好きな人じゃないから、内容は大体想 ... » more
テーマ 重松清 小説

似合わないクツを脱ぎ捨てて送り火
送り火 読みました。送り火/重松清【あらすじ】「昔の親は、家族の幸せを思うとき、何故か自分自身は勘定に入ってなかっんだよねえ……」。女手ひとつで娘を育てた母は言う。そんな母の苦労を知りつつ反発する娘が、かつて家族で行った遊園 ... » more

愛のゴンズイ玉 感動と官能のはざま
感動と官能のはざま いやはや重松清、遅まきながら彼の著書を2作立て続けに読んだのですが、ええ感じでした。「流星ワゴン」で感動を、「愛妻日記」で官能を、それぞれ堪能させて頂きましたわ奥様、であります。上記2作に前後して奥田英朗の「サウスバウンド」も併読していたの ... » more
テーマ COLDCUT 重松清 音楽

『それでええんか?いま目に見えとる世界の先は「終わり」で、ほんまにええんか?あんたが自分の世界の「ここまで」と思うとるものは、ほんまは新しい世界の「ここから」なんや。そない考えたら、広いでぇ、世界、ほんまに。あんたの目の前の水平線は「終わり ... » more
テーマ 重松清 読書

おっちゃんの備忘録小学五年生
予約して半年。待ちに待ったのに。。面白かったらマイサンにも読ませようと思っていたが別にいいか。。最初の短編は、「これ読んだことある!」と感じて、なんでだろう〜と悩んでいたが、何のことはない。立ち読みだ。いやいや、そんな言 ... » more

『「忘れる」という能力を人間が授かったのは、もしかしたら、この世界には「忘れたい」出来事が多すぎるから、と神さまが見抜いていたせいなのかもしれない』重松清著「哀愁的東京」を読みました。あらすじ≪進藤宏。40歳。新作が描け ... » more
テーマ 重松清 読書

おっちゃんの備忘録くちぶえ番長
薄くて重量がないので、天城縦走のお供にもって行ったが、短すぎて往復の2回読んだ。2回泣いた。。くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転 ... » more

珈琲Time『送り火』重松清
重松清という作家の作品が好きなような嫌いなようなです。心を揺さぶられる作品が多いのは認めますが、自分の心の弱いところにダイレクトに触れてくるため時には感動を通り越してつらくなってしまうのです。『送り火』は短編集。いずれも死、孤独とい ... » more

カシオペアの丘で 重松清 講談社 この年齢だから重松さんがこれを出版する気になった、というのを毎日新聞の書評で読みました。『知人の『死』を至近弾の爆風と感じるが自分はまだ無傷−−これが40代半ばの死生観だ』同年代の友人を、亡くされたとか・・。やはり、 ... » more

夕芽の EX LIBRISきよしこ
きよしこ 「きよしこの夜」を「きよしこの、夜」と勘違いして覚えていた少年がいた。クリスマスイブの夜、“きよしこ”はやって来た。『きよしこ』 重松清(新潮文庫)主人公は“吃音”の少年である。これは、言葉がつっかえて自分の気持ちを ... » more
テーマ 重松清

小学五年生 重松清 文藝春秋 何度も書いてることなんですが、重松さんとは、学年が同じです。だからかしらん。そうか〜、重松くんは、こんなこと考えてたんかあ、と同級生と昔語りしてる気分になったりする。主人公は、みんな五年生の男の子。いわゆる、高学年になって、 ... » more

『歩こうなあ、ゆっくりでええけん、歩いていこうなあ』重松清著「卒業」読みました。あらすじ≪「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と ... » more
テーマ 重松清 読書

似合わないクツを脱ぎ捨てて卒業
卒業 今年、7冊目読破でございやす。【あらすじ】「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き ... » more

『知りたいんですよ。みんながなにを未来に残したいのか』重松清著「トワイライト」読みました。あらすじ≪小学校の卒業記念に埋めたタイムカプセルを開封するために、26年ぶりに母校で再会した同級生たち。夢と希望に満ちていたあ ... » more
テーマ 重松清 読書

「「ナイフ」重松清(新潮文庫)」読みました! 「ナイフ」重松清著(新潮文庫)を読みました。重松清さんは、1963年3月6日岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ。 ... » more
テーマ 重松清 人生

「「ビタミンF」重松清(新潮文庫)」読みました! 「ビタミンF」重松清著(新潮文庫)を読みました。重松清さんは、1963年3月6日岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ。 ... » more
テーマ 重松清 人生 幸福

「「エイジ」重松清(新潮文庫)」読みました! 「エイジ」重松清著(新潮文庫)を読みました。重松清さんは、1963年3月6日岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ。本の目次は、 ... » more
テーマ 重松清 中学生

「「その日のまえに」重松清(文藝春秋)」読みました! 9月23日(土)の午後「その日のまえに」重松清著(文藝春秋)を読みました。重松清さんは、1963年3月6日岡山県久米町(現在の津山市)生まれ。山口県で中学・高校を過ごし早稲田大学教育学部を卒業。角川書店OBのフリーライター、直木賞作家だ ... » more
テーマ 重松清 寅さん その日

 

最終更新日: 2016/11/10 14:29

楽天市場のおすすめ商品

「重松清」のブログ関連商品

» 「重松清」のブログレビュー をもっと探す

「重松清」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る